個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • バンコクからマンダレーへエアーアジアで飛ぶ

    Posted on 2017年7月7日 takashi コメントはありません
    バンコクに30日間滞在した後、6月10日マンダレーへ向かった。フライトはエアーアジア、運賃は片道6,000円で1時間のフライトだ。

    バンコクからドンムアン空港へは地下と空港バスを利用する。地下鉄チャトゥチャック駅(またはBTSモーチット駅鉄)で降りると、空港行きバス乗り場がある。

    ドンムアン空港行きエアポートバス乗り場

    ドンムアン空港行きエアポートバス乗り場

    ドンムアン空港へ空港バスで行く
    MRTチャトゥチャック駅、またはBTSモーチット駅で降りると、バス停がある。A1とA2が止まり、運賃30Baht(約105円)で、約40分で空港に到着する。国際便はターミナル1、国内便はターミナル2で降りる。

    バンコクのBTS沿線かMRT沿線であれば便利に使えるが、タクシーが安いバンコクでは3人乗れば、タクシーの方が安いかもしれない。

    エアーアジアでマンダレーへ

    エアーアジアでマンダレーへ

    マンダレーへはエアーアジアが便利だ
    ヤンゴンへはノックエアーなども飛んでいるが、ヤンゴンはこの時期、雨季で観光に適さないので、今回はマンダレーへ往復とした。

    エアーアジアを予約する場合、割引価格で座席を予約するには早い目に予約する必要がある。割引価格の座席には数量が限られているからだ。今回のフライトは、6月10日だったが、4月27日に予約をしておいた。予約の時に、委託手荷物の20kg、座席指定、食事のセットも手配しておくと個別で注文するより安くなるのでお得。

    マンダレー空港へ着陸するエアーアジア機

    マンダレー空港へ着陸するエアーアジア機

    マンダレー空港に到着
    マンダレーまでのフライトはおよそ1時間50分。時差は30分ミャンマーが遅いので、時刻を30分遅らす。

    マンダレー空港から市内まではシャトルバスとシェアタクシー(7人乗りワゴン車)がある。順に3USD(4,000チャットでも可)、4,000チャットだった。宿泊ホテル名をドライバーに告げるとホテルまで送ってくれる。

    このとき、空港で旅行者をタクシーに案内する職員風の人がいる。親切に荷物も持ってくれるが、タクシーに乗るとチップを要求してくる。私は200チャット(約17円)あげたが、他の中国系の旅行者は無視していた。

    マンダレーのホテルはどこに泊まるか?
    マンダレーでは、バンコクへの往復で2箇所のホテルに泊まった。バンコクから到着のときは、旧王宮の堀の南西部に、そしてバンコクへ戻る時は、マンダレー駅近くのホテル。

    最初に宿泊したホテルは、ホテルサハラ(Hotel Sahara)で、「地球の歩き方」やクチコミなどを参考にして決めた。ロケーションも良いと思っていたが、実際には到着した当日夕食を取るためレストランを探したが、周囲には全く何も無かった。外出すると外灯も店の灯りも無いので道路は真っ暗。マンダレーのような大きな街でこんなに暗いんだと驚いた次第。仕方なくベーカリでハンバーグを夕食にする羽目になった。

    2度目は、ホテルヤダナーポンマンダレー(Hotel Yadanarbon Mandalay)。マンダレーで4泊していたので、少し土地勘が出来、ショッピングセンターとかナイトマーケット、レストランなどがあるマンダレー駅近くのホテルを探していて、最終的にここに決めた。実際に泊まってみると、徒歩圏内に大型ショッピングセンターがあり、みやげ物を買ったり出来る。また、夜遅くなっても明るく、レストランもたくさんあるので便利だった。ホテルの屋上レストランは、見晴らしが良く、朝日、夕日がきれいに見れる。また、夕方には人形劇を上演しており夕食を取りながら楽しめる。ビュッフェ形式の朝食もこのレストランで取れるが、品数も多くて良かった。これで1泊朝食込みで大きい部屋(24m2)で約2,500円はお得感があった。

    ホテルヤダナーポンマンダレー

    屋上レストランで毎日上演されている人形劇

    屋上レストランで毎日上演されている人形劇

    ホテルヤダナーポンマンダレーで人形劇を観る
    人形劇は、毎日6時と7時半の2回上演されるが、時期により変更されることもあるので、現地で確認を。

  • ミャンマーへ個人旅行、まずLCCでバンコクへ行く

    Posted on 2017年7月5日 takashi コメントはありません
    今回ミャンマーへ17日の旅行を計画した。旅程は、まずタイ バンコクへ行き、バンコクからミャンマーのマンダレーに行く。復路は、マンダレーからバンコクへ戻る。

    バンコクまでの航空券の手配は、下記webサイトで調べた。

    ミャンマー マンダレーへの格安航空券

    表示される格安航空券では中国東方航空などの中国系航空会社が多い。諸費用を入れても30,000円代と安い。しかしながら、中国経由の場合、中国の都市(たとえば、上海、北京など)で一度乗り継ぎをし、またミャンマーなどでは、もう一つの都市(昆明、広州など)で2回目の乗り継ぎが必要となり、同日乗継が出来ないので宿泊をしなければならない。したがって、中国経由はあきらめ、LCCを使ってバンコク経由でマンダレーに行くことにした。

    まず、関空からバンコク(ドンムアン空港)はスクート(シンガポールエアラインのLCC会社)を、そしてバンコクからマンダレーはエアーアジアを利用した。決め手はともに運賃が一番安かったからである。

    ちなみに、関空-バンコク間往復が、38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、食事込みの運賃)。バンコク-マンダレー間往復が、12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、食事込みの運賃)。合計で50,000円と中国系と比べ少し高めの金額となるが、滞在日数、乗り継ぎなど全旅程を考えると納得出来る金額だった。

    シンガポールエアーラインのLCC会社スクート

    シンガポールエアーラインのLCC会社スクート

    スクートでバンコクへ行く
    スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。LCCの場合、座席数限定でプロモーション価格があるので、早い目の予約が必須となる。今回は、5月12日の出発に対し、約1ヶ月前の4月17日に予約をした。

    スクートの機内

    スクートの機内

    機体は新しい
    機体も大きく、新型のスクートエアーの機内は新しく快適だ。カラフルな照明は空を飛んでいることを忘れさせてくれる。また、窓のシェードもLCDを使っっており、透過光を無段階にコントロール出来る新しい電子式機構。

    機内販売はシンガポールエアーと同じで、シンガポールドル払い。日本円とかタイバーツでも換算してくれるがレートは悪い。お奨めは、予約時に同時に機内食などを購入予約しておくこと。

    ドンムアン空港へ到着

    ドンムアン空港のLCC便

    LCC専用空港ドンムアン空港に到着
    6時間のフライトでバンコク、ドンムアン空港(Don Muang Airport)に到着。

    ドンムアン空港はバンコクにあるもう一つのスワンナプーム空港とともに国際空港として利用されるが、特にLCC空港として使われており、エアーアジアを中心に多くのLCCが発着する。

    バンコク市内へはタクシーの利用が便利
    ドンムアン空港は大変便利になった。昔はタクシーを利用するのに混雑する列に並んでいたが、今はバスや鉄道も利用できる。しかし、初めてのホテルなどで場所が良くわからない時にはタクシーが便利。空港の「ロビーを出て、左の方へ進んで行くとタクシーカウンターがある。そこで、受付にホテル名を告げるとドライバーに説明してくれホテルまで連れて行ってくれる。50バーツ(約175円)が加算して、ドライバーに支払う。

  • チェンマイ・ロングステイ エアーチケットの手配

    Posted on 2013年7月1日 takashi コメントはありません

    チェンマイ・ロングステイを準備しているが、宿泊はコンドミニアム(Chiang Mai Riverside Condo )を1ヶ月で契約し、予約金を支払った。その後、契約書を送ってきたので中身を確認し、当方の要望も盛り込み最終的な状態になったが、サインは到着してからとした。

    次に航空チケットの手配。これは今回もエアーアジアで行くことにした。他の航空会社(中国東方航空)はもっと安かったが、途中トランジットが2回(上海と昆明)もあり、到着までの時間が長かったのであきらめた。ちなみに、関空-チェンマイ往復が47,330円だった。このフライトはオープンジョー可能で、他の都市、例えばベトナム、カンボジア、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、スリランカなどの主要都市から関空に戻って来ることが出来る。ただし、この間の移動は自費となる。中国東方の航空チケットは下記の見積だった。

             都市         月日(曜日)   時間    便名    予約   座席  所要時間 備考
    -------------------------------------------------------------------------------------
     大阪/関西              7月1日(月) 09:40  MU730 /Q OK             2H15
     上海/浦東                         10:55                         NOSTP   
    
     上海/虹橋              7月1日(月) 15:10  MU9455/Y OK             3H10
     昆明                              18:20  *FM*                   NOSTP   
    
     昆明                   7月1日(月) 20:00  MU2595/Q OK             1H30
     チェンマイ                        20:30                         NOSTP   
    
     チェンマイ             8月1日(木) 21:35  MU2596/Q OK             1H05
     昆明                              23:40                         NOSTP   
    
     昆明                   8月8日(木) 10:30  MU5805/Y OK             3H00
     上海/虹橋                         13:30                         NOSTP   
    
     上海/浦東              8月8日(木) 18:25  MU729 /Q OK             2H05
     大阪/関西                         21:30                         NOSTP   
    
    -------------------------------------------------------------------------------------
     MU:中国東方航空西北公司                   
    
    運航航空会社:
     *FM* 上海航空                             
    
    ・航空運賃:15,000円
    ・日本空港施設使用料:2,950円
    ・現地空港税:7,280円
    ・燃油サーチャージ:17,900円(航空保険料含む)
    ・予約発券手数料:4,200円
    
    合計(お一人様):47,330円

    これに対して、エアーアジアは片道づつ予約が可能であるが、まず往路は関空-クアラルンプール-チェンマイの経路で予約した。この場合、クアラルンプールの乗継はエアーアジアが責任を持ってくれるので、安心である。もし、飛行機が遅れ乗継便に乗れなかったら次の便に乗せてくれる。また、結構となった場合も、ホテル等を準備してくれるとのこと。別々に予約するとこの保証はされない。下記はエアーアジアの関空-チェンマイの片道2名の料金である。1名26,540円となる。

    ご利用明細 / Statement
    
    旅行代金 / Flight
    お客様 41800 JPY 
    
    追加料金 / Services & Fees
    ケータハムのピットストップパニーニ (チキン)  240 JPY
    受託手荷物 15kg まで  5600 JPY
    事前座席指定料金  4000 JPY
    支払い手数料  1200 JPY
    サンドイッチ盛り合わせ  240 JPY 
    
    --------------------------------------------------------------------------------
    
    お支払い済金額 (税込) / Total Amount (with tax) 53080 JPY
     

    エアーアジアの場合、委託手荷物(チェックイン時に預ける手荷物)、機内食、座席指定などは全て有料となる。もちろん利用しなければ料金は発生しない。通常、委託手荷物(往路15kg、復路20kg)は仕方ないが、座席指定などはなくても良い。

    また、復路はチェンマイから先の予定が未だ決めてないので、とりあえず、クアラルンプール-関空のみ購入した。下記にKL-関空の片道2名分のエアーアジアのチケット料金を示す。日本円で1名12,000円程度である。

    ご利用明細 / Statement
    
    旅行代金 / Flight
    お客様 538 MYR 
    
    追加料金 / Services & Fees
    受託手荷物 20kg まで  130 MYR
    INSA 36 MYR
    事前座席指定料金  70 MYR
    支払い手数料  16 MYR 
    
    --------------------------------------------------------------------------------
    
    お支払い済金額 (税込) / Total Amount (with tax) 790 MYR 
    

    クアラルンプールまでのフライトは、チェンマイで1ヶ月過ごす間に決めたいが、選択肢としては、ミャンマー(雨季で交通が心配)かスリランカを考えている。フライトはエアーアジアの他、ローカルのLCC(ノックエアー、タイガーエアー、スリランカ航空等)を検討中である。

  • エアーアジアでバンコクからクアラルンプールへ

    Posted on 2013年2月9日 takashi コメントはありません

    バンコクで6泊した後、エアーアジアで帰国のため、KL(クアラルンプール)へ戻った。エアーアジアから日本へのフライトは全てKL発となる。

    バンコクでは、エアーアジアなどのLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)のフライトは、スワンナプーム空港ではなく、ドン・ムアン空港の発着となる。ドン・ムアン空港は市内により近く、タクシーで30分ぐらいのところにある。タクシー料金は市内(MRTプラ・ラーム・ナイン駅近く)から約160THB(約430円)だった。

    DSCF6752 ドン・ムアン空港では、スワンナプームの出来る前のバンコクの国際空港だっただけに、非常に大きな空港である。もちろんボーディング・ブリッジからの搭乗である。
    KLまでは、約1時間半のフライト。
    DSCF6757 KLに着くと雨だった。
    エアーアジア専用ターミナル(LCCT)にはボーディング・ブリッジがないのでタラップを降りて歩いてターミナルビルまで移動しなければならない。

    【関連記事】
    特集:エアーアジアに賢く乗ろう!
    ブログ:エアーアジアを含む記事

     

    LCCTからKL市内までは、シャトルバスが出ている。KLセントラルまで約1時間、料金は8MYR(約210円)。
    ホテルは、帰国便が早朝のため、KLセントラルに近い、徒歩圏内のホテルを予約した。

    DSCF0947 マイ・ホテル@セントラル(My Hotel @ Sentral)は、KLセントラル駅から徒歩5~6分と近く歩いて行ける。
    DSCF0945 部屋は、バスルーム、エアコンがり、テレビ、テーブル、コーヒーメーカーなどが備わっている。

    DSCF6778 おとなりはOLD TOWN(カフェ)。24時間営業しており、夜遅い便で到着しても利用できて便利。
    チェーン店でKL市内の他、LCCT(空港)にもある。
    DSCF6776 OLD TOWNはおしゃれなカフェ。なかなかオールドな雰囲気が出ている。 定番メニューはホワイトコーヒーだが、食事メニューもある。
  • エアーアジアでタイ・プーケットへ

    Posted on 2012年12月29日 takashi コメントはありません

    エアーアジアは日本からKL(クアラルンプール)へ飛んでいるが、KLから乗り継ぎをしてタイを始め、東南アジアの各国に行くことが出来る。

    今回、関空からKL経由にてプーケット(タイ)へ向かった。航空運賃は、関空-KLが11,900円(サーチャージ、空港税、15kg手荷物2,000円、諸費用を含む)、KL-プーケットが4,680円(同、15kg手荷物含む)で合計16,580円だった。

    DSCF0928 エアーアジアの座席予約は有料(1500円)。
    関空発のフライトでは、窓側3人がけ席であるが、後部数列は2人がけ席となっているので、2人で並んで座りたい場合ここを予約すると良い。
    予約をしなかった場合、チェックイン時、システムで自動的に席が決められ、離れた席になってしまう。
    DSCF0933 エアーアジアの機内食は有料。予め予約しておくと安くなる。7時間のフライトなので予約しておく方がベター。外部から持込の飲み物、食べ物の飲食は一応禁止となっている。

     

    KLはLCCT(エアーアジア専用のターミナル)に到着する。

    DSCF0941 KLには、LCCT(ローコストキャリアターミナル)に到着。
    乗客は、飛行機から歩いて空港建物へ行く。

     

    LCCTは24時間オープンで乗り継ぎのため時間を潰すことも可能である。

    DSCF0952 LCCTの待合ロビー。
    LCCTにはレストラン、コーヒーショップなどが24時間営業しているので、乗り継ぎで時間待ちも大丈夫。

     

    シャトルバスでKL市内へ出て1泊すれば、ゆっくり休むことも出来る。シャトルバスは、KLセントラル行きで8RM(約210円)。

    DSCF0947 KLセントラルに駅近くに、徒歩圏内のホテルが数軒ある。遅い便で到着したり、早朝の便に乗る場合は便利。

     

    DSCF0960 LCCTでプーケット行きフライトに乗る。
    LCCTでの搭乗は全て歩いて行く。搭乗する飛行機を間違えないように注意が必要。

     

    DSCF1423 プーケット空港へ到着。
  • エアーアジア(LCC)が大阪-KL就航。格安でバリ島へ

    Posted on 2011年12月16日 takashi コメントはありません

    格安航空会社(LCC)で東京-クアラルンプール(KL)間に航路を持つエアーアジアが、11月大阪(関空)-KL間の航路を就航した。就航記念として関空-KLが3,931円の破格値で発売された。早速この航空券を購入し、インドネシアのバリ島へ行くことにした。

    航空運賃は、関空-KLが3,931円、KL-バリ島(デンパサール)が、6,740円の合計10,671円であった。(サーチャージ込み)関空16:55出発、KL22:40着、最短のバリ行きが、9:25でKLでの乗継は約10時間であるが、KLで宿泊して18:30の便とした。

    エアーアジアはLCC(LowCostCarrier)では老舗であり、徹底的なコスト低減によりこのような低価格が可能となっている。したがって、他の航空会社と比べると、下記の点が有料となっている。
    1.機内サービス(機内食、毛布、エンターテイメントなど)
    2.委託手荷物は、重量によって料金が異なる。
    3.座席指定
    4.空港カウンターでのチェックイン
    5.搭乗保険
    これらは利用しなければもちろん、無料、しかしながら利用しても金額は高くはない。

    例えば、機内での食事については、飲食物の持込利用が禁止されており、機内で販売されている機内食を利用することになる。金額は1,000円程度で、事前に予約しておけば少し安くなる。
    また、手荷物については、委託する手荷物がない場合(機内持込手荷物のみ)は無料であるが、機内持込荷物も重量制限(7kg)以内かどうかチェックされる。委託手荷物の料金は15kgから5kg毎に重量に応じて変わる。
    座席指定は、有料で事前予約することが出来る。この場合、足元の広い席は高くなっている。
    チェックインも空港で行うと有料、自宅等で事前に行い、ボーディングパスを印刷して持参すれば、手荷物のみを預けて正規の搭乗券に交換してもらう仕組みになっている。

    今回搭乗した関空-KL間のフライトは、6時間45分の飛行。機内は1/3程度の乗客で非常に空いていた。
    フライトアテンダントは日本人が4人搭乗しており、計8人程度で十分な人数。機内放送も日本語で問題なかった。
    シート間隔も普通の航空会社とそれほど差は感じなかった。(機材はAIRBUS A330-300)
    今回チケットを購入したのは8月の初めであったが、ユーザー登録をしておくとメールでプロモーション情報が得られる。

    エアーアジアはKLをベースに世界各地に航路を持ち、日本からKLに出れば東南アジアはもちろん、ヨーロッパ、オーストラリアへのアクセスが格安で可能となる。
    関空での手荷物ドロップカウンターでは、委託手荷物と機内持込手荷物ともに厳重に重量をチェックされる。

     

    DSCF8820 関空での手荷物ドロップインカウンター。
    チェックインはWEBで行うと安い。カウンターでは手荷物を預け、搭乗券を受け取る。
    手荷物の重量計測はシビア。委託手荷物と機内持込手荷物両方とも重量を計っていた。
    DSCF8821 赤い期待が特徴のエアーアジア。
    DSCF8831 機内は空いていた。
    DSCF8833 機内食は有料。事前に申込めば安い。日本の弁当は900円。
    DSCF8867 クアラルンプールのLCCT(ローコストキャリアターミナル)はエアーアジア専用のターミナル。

     

    クアラルンプール到着で、市内へ移動する。タクシーまたはシャトルバスが利用出来る。

    DSCF8859 LCCTとクアラルンプール市内までは、タクシーの他シャトルバスが30分に1本運行している(8RM=約200円)
    タクシーはチケット制で74.3RM(約1,828円)

     

    クアラルンプールのホテルで2泊後、エアーアジアでバリ島へ移動。

    DSCF8866 LCCTは非常に広い。チェックインカウンターの数も多い。
    DSCF8870 搭乗待合室では、便毎にゲートがあるが、バスの待合室のような感じ。
    DSCF8872 赤い色が特徴的なエアーアジアの機体。
    DSCF8876 搭乗ゲートでは、チケットを見せて、歩いて搭乗機まで行く。
    DSCF8878 機内では、飲食物が販売されている。