個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • インレー湖からマンダレーへ飛行機で向かう

    Posted on 2017年8月7日 takashi コメントはありません
    インレー湖に4泊してマンダレーへ戻ることに。マンダレーからはタイ、バンコク経由で日本へ帰国。

    マンダレーへの選択肢として、列車、バス、飛行機があったが、列車はターズィでで乗換える必要があり、乗継ぎが良くないのであきらめる。バスは、10時間もかかるため、結局飛行機とした。。

    早速航空券予約のため、WEBサイトでフライトを探してみるが、オンラインで予約を扱っている航空会社は少なかった。その中で見つけたのが、ゴールデンミャンマーエアーラインズ(Golden Myanmar Airlines)で、運賃は、53USDだった。

    しかしながら、ミャンマーでのオンライン予約に少々不安があったので、ホテルか町の旅行会社で聞いてからにしようと、明くる日ホテルのフロントでフライトの料金を聞いた。直ぐに旅行会社へ問合せをしてくれ、「50USDです」との返事があった。代理店等が手数料を取ってもオンラインより安いのには驚いたが、直ぐに予約をした。

    空港に着いてみると

    空港の駐車場からロビーまで歩くの?

    ヘーホー空港に着く
    ニャウンシュエのホテルから空港までタクシーをお願いした。料金は20,000チャット(≒1,680円)と少し高い目?
    ニャウンシュエのホテルを出て30分ほどでヘーホー空港に着いた。ところが、車を降りたのは、空港のロビーではなく、道路向いの駐車場だった。そこから歩いて空港ロビーへ行くらしい。それも未舗装の道路を・・・。

    空港のチェックインカウンターで

    空港のチェックインカウンターで

    空港のチェックインカウンターで
    懐かしい雰囲気の空港のチェックインカウンター。荷物の重量を計量するのも一昔前の重量計り。
    受付のコンピュータもなければ、ベルトコンベアなども見られない。チェックインでは手書きの搭乗券を渡され、荷物は係員が運ぶ。

    出発ゲートの待合ロビー

    出発ゲートの待合ロビー

    出発ゲートの待合ロビー
    出発ゲートへのセキュリティチェックもゆるい。ペットボトルの水を持ち込んでも何も言われない。
    待合室では、自分のフライトがどこのゲートから出るのか表示もされていない。

    目の前をバスのように発着する飛行機

    目の前をバスのように発着する飛行機

    目の前をバスのように発着する飛行機
    滑走路の直ぐ近くに出発ゲートがあるので、目の前を航空機が頻繁に発着する。
    まるでバスターミナルのようだ。

    航空機まで歩いて行き、搭乗

    航空機まで歩いて行き、搭乗

    航空機まで歩いて行き、搭乗
    やがて搭乗の番が来た。乗客は搭乗便毎に色分けのシールを胸に貼っているので、同じ色のシールを貼った現地の人をチェックしていると間違わない。
    出発ゲートを出て、滑走路近くで駐機いている飛行機まで歩いて行く。
    航空機は双発ターボプロップATR-72で、72人乗りだ。

    機内は全て自由席だ

    機内は全て自由席だ

    機内は全て自由席だ
    乗客が少ないのか、全て自由席と言う。早い者勝ちで好きなところに席を取る。
    むしろ、コンピュータ管理していないので、座席予約システムは存在しないのでは?

    機内サービスはおしぼりとキャンディだった。(35分のフライトなので)

    マンダレー空港に到着

    マンダレー空港に到着

    マンダレー空港に到着
    約35分のフライトでマンダレー空港に到着。
    マンダレー空港から市内まではシャトルバスとシェアタクシー(7人乗りワゴン車)が利用出来る。どちらも4,000チャットで、指定したホテルまで送ってくれるのは便利なサービスだった。

  • ミャンマーへ個人旅行、まずLCCでバンコクへ行く

    Posted on 2017年7月5日 takashi コメントはありません
    今回ミャンマーへ17日の旅行を計画した。旅程は、まずタイ バンコクへ行き、バンコクからミャンマーのマンダレーに行く。復路は、マンダレーからバンコクへ戻る。

    バンコクまでの航空券の手配は、下記webサイトで調べた。

    ミャンマー マンダレーへの格安航空券

    表示される格安航空券では中国東方航空などの中国系航空会社が多い。諸費用を入れても30,000円代と安い。しかしながら、中国経由の場合、中国の都市(たとえば、上海、北京など)で一度乗り継ぎをし、またミャンマーなどでは、もう一つの都市(昆明、広州など)で2回目の乗り継ぎが必要となり、同日乗継が出来ないので宿泊をしなければならない。したがって、中国経由はあきらめ、LCCを使ってバンコク経由でマンダレーに行くことにした。

    まず、関空からバンコク(ドンムアン空港)はスクート(シンガポールエアラインのLCC会社)を、そしてバンコクからマンダレーはエアーアジアを利用した。決め手はともに運賃が一番安かったからである。

    ちなみに、関空-バンコク間往復が、38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、食事込みの運賃)。バンコク-マンダレー間往復が、12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、食事込みの運賃)。合計で50,000円と中国系と比べ少し高めの金額となるが、滞在日数、乗り継ぎなど全旅程を考えると納得出来る金額だった。

    シンガポールエアーラインのLCC会社スクート

    シンガポールエアーラインのLCC会社スクート

    スクートでバンコクへ行く
    スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。LCCの場合、座席数限定でプロモーション価格があるので、早い目の予約が必須となる。今回は、5月12日の出発に対し、約1ヶ月前の4月17日に予約をした。

    スクートの機内

    スクートの機内

    機体は新しい
    機体も大きく、新型のスクートエアーの機内は新しく快適だ。カラフルな照明は空を飛んでいることを忘れさせてくれる。また、窓のシェードもLCDを使っっており、透過光を無段階にコントロール出来る新しい電子式機構。

    機内販売はシンガポールエアーと同じで、シンガポールドル払い。日本円とかタイバーツでも換算してくれるがレートは悪い。お奨めは、予約時に同時に機内食などを購入予約しておくこと。

    ドンムアン空港へ到着

    ドンムアン空港のLCC便

    LCC専用空港ドンムアン空港に到着
    6時間のフライトでバンコク、ドンムアン空港(Don Muang Airport)に到着。

    ドンムアン空港はバンコクにあるもう一つのスワンナプーム空港とともに国際空港として利用されるが、特にLCC空港として使われており、エアーアジアを中心に多くのLCCが発着する。

    バンコク市内へはタクシーの利用が便利
    ドンムアン空港は大変便利になった。昔はタクシーを利用するのに混雑する列に並んでいたが、今はバスや鉄道も利用できる。しかし、初めてのホテルなどで場所が良くわからない時にはタクシーが便利。空港の「ロビーを出て、左の方へ進んで行くとタクシーカウンターがある。そこで、受付にホテル名を告げるとドライバーに説明してくれホテルまで連れて行ってくれる。50バーツ(約175円)が加算して、ドライバーに支払う。

  • ハノイからジェットスターでダナンへ・・・ところが、とんでもないことが!

    Posted on 2017年7月1日 takashi コメントはありません
    ハノイで3泊した後、ジェットスターでダナンへ向かうため空港へ行った。空港でチェックインを済ませ、待合室で待っていたところ、出発時間が変更となった。その後、その時間になっても搭乗案内がないまま、1時間経過した。何度かゲートの係員に聞いてみたが、「まだ」と言うばかり。後の便が、次から次へと搭乗案内される中、この便は出発時間とゲートが何度も変更され、結局17:25の出発便が約2時間遅れの19:00に「出発」と表示された。

    そして、ついにアナウンスがありゲートに人が集まりだした。「やれやれ」と思っていたところ、何だかゲート近辺で人が騒いでいる。しかも、搭乗している気配もない。

    何かあったのかと思い、ゲートの人だかりに行ってみた。すると、「今日の便は機体にトラブルがありキャンセルとなりました。返金などの手続きは、ロビーのカウンターでして下さい」と言っている。搭乗客は、「キャンセルと言われても、どうすれば良いんだ。ハノイへ戻るのか。宿泊費は負担してくれるのか。他の飛行機はあるのか・・・」など矢継ぎ早に問いかけ、係員に詰め寄る。
    しかし係員の答えは、「詳しいことはロビーで聞いて欲しい。返金は一律200,000VND(約1,000円)です」との一点張り。
    しかしこの金額には、みんな愕然とした。7,000円ほどで買った航空券が1,000円に、それも航空会社側の問題でキャンセルされたのに、まるで詐欺にあったみたいだ。ジェットスターはもっと信頼出来る航空会社だと思っていたが、今後のフライト予定もあり、不安になって来た。

    埒が明かない・・・とにかくなんとか他のフライトを探さなければ、と出発ロビーへ戻った。これは少々大変だった。通常と逆の動きでセキュリティチェックを通過しなければならない。

    まず、返金手続きのため、ジェットスターのカウンターへ。案の定、カウンターはキャンセルされた乗客で一杯。長い列を作っていた。しかたなく、列に並び順番を待った。手続きは書類を一枚発行してくれただけだった。これで「カード会社から返金される。もし返金がない場合は、ここに電話をして下さい」との説明。全てベトナム語でかかれており、意味不明の文書だったが、とにかく受け取り、フライト予約のため、ベトジェットのカウンターへ。

    ベトジェットはベトナム航空の系列会社で、ジェットスターと競合するLCCだ。最初からここにすれば良かったと思いながら、ジェットスターをキャンセルした乗客が並んでいるカウンターへ並んだ。ハノイからダナンの便は2便あり、幸い後の便に空席があり、チケットを手に入れることが出来た。そして、チェックインのため、ラゲッジをコンベアから受取らなければならない。
    到着ロビーに行き、荷物受取コンベアへ入るが、係員にパスポートを見せ事情を説明して中に入る。他の乗客も身振り手振りで入っている。やっとの思い出ラゲッジをコンベアから取出し、ベトジェットのチェックインカウンターへ行き、チェックインが終了。出発まで1時間以上ある。

    ジェットスターからベトジェットへ乗り換える

    ジェットスターからベトジェットへ乗り換える

    ジェットスターが機体にトラブルがあり、キャンセルとなった。そのため、ベトジェットのカウンターでフライトを予約、やっとチェックインが出来、ダナンへ向かうことが出来た。

    結局、23時過ぎの飛行機に乗り、ダナンに到着したのは0時を過ぎていた。

    ちなみに、2月22日、クレジットカード会社から銀行口座に返金があった。1月7日のキャンセル発生から1ヶ月半後だった。手数料が引かれているのは納得行かないが、返金されるかどうか、不安だったので、その点では取合えず良かった。
  • ダラットを後に、ジェットスターパシフィックでハノイへ

    Posted on 2017年5月3日 takashi コメントはありません

    ハノイへは長距離バス(オープンバス、スリーピングバスなど)があるが、今回ジェットスターにて空路で向かった。ダラット街中からリエンケオン国際空港までは約30kmで、シャトルバスが出ている。

    シャトルバスは、ホテル、ゲストハウスに頼むと電話予約をしてくれる。料金は40,000VND(約200円)で、ホテル・ゲストハウスの近くまで迎えに来てくれるのが普通のようだ。

    こちらの飛行機の便を告げ、その2時間前に来て欲しいと言っても、1時間前になっても来ないので非常に心配になったが、実際には搭乗予定便が遅れており、その情報を知っていたシャトルバス側もそれに合わせたようだ。そもそもこの空港は便数が少ないためか、シャトルバスに乗る旅行者はほぼ同じ便に乗ることになるので、バス側もそれを承知しているようだ。

    ゲストハウスの人は「大丈夫、飛行機は遅れているそうだから」と言ってくれるが、こちらは搭乗時間に遅れるのでは、と不安がつのるばかりであった。

    やがてバス側から電話がかかって来て、近くの道路にて待っていたマイクロバスに乗ることが出来た(やれやれ)。それから更に何箇所かのホテル・ゲストハウスに寄って、ある大きなホテルの前に停車した。ここでバスを乗換えるようだ。マイクロバスから少し大きめのシャトルバスに乗換え、空港に向かった。

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    案の定、ジェットスターは遅れており、空港にてチェックインした時、まだ搭乗予定の飛行機は到着していなかった。結局17:55発のジェットスター・パシフィックハノイ行きは、20:00に搭乗することが出来た。

    1時間50分のフライトで、ハノイ空港に22:00過ぎに到着。ホテルに迎えの車をお願いしていたので、すんなりとホテルまで辿りつけた。

  • ホーチミンから高原の街ダラットへ

    Posted on 2017年4月3日 takashi コメントはありません
    ホーチミンで3泊した後、ダラットへ向かう。ダラットは海沿いの街が多いベトナムでは珍しい高原の街。フランス統治時代に避暑地として開発されたそうだ。
     
    P1380454タンソンニャット空港への交通
    【市内から空港までの交通機関と料金】
    1.ホーチミンのホテルで車を頼むと、旅行社のチャーター車が来るが、タクシーより高い(タクシー150,000VNDに対し,チャーター2,000,000VND、750円と1,000円)
    2.したがって、ホテル前のタクシーに乗るか、道路で捕まえる。または、フロントて「タクシーを呼んで」と依頼するのが良い。
    3.バスはシャトルバスと路線バスが利用出来る。(シャトルバス 40,000VND=200円、路線バス10,000VND=50円)

    ジェットスターは遅れることが頻繁にある。今回も15:20発予定が、20:00出発となった。(約5時間の遅れ)理由は、使用機材到着便の遅れによるものだった。

    空港では、ジェットスターがLCCのため、搭乗ゲートを出てバスで搭乗口まで移動となる。 

    1時間のフライトでダラット空港に到着した。街まではシャトルバスが走っており、手荷物受取ターンテーブル近くでバスのチケットが売られている。(一人40,000ドン=約200円)係員の指示でバスに乗るとホテル名を聞いてくる。住所等を合わせて告げるとその辺りで降ろしてくれる。 

     
    P1390134ゲストハウス 
    時間的に夜遅くなったが、降車したところで出店の人に聞くとVILLA DOC MAYに辿りついた。
    宿はVILLA DOC MAYと言う家族経営のゲストハウス。 このゲストハウスはホテル予約サイトで探して予約を入れていた。

    ホテルの写真、詳細は下記。
    Villa Doc May

    ベトナムではこのような家族経営のホームステイとか、ゲストハウス、ホテルが増えている。家族経営なので、部屋も掃除が行き届き、親切で暖かい雰囲気。しかも値段も安い。
    ちなみに、このゲストハウス、1泊1室、25USD(約2,900円)。
    今回のベトナム旅行では、ほとんどがこのような家族経営のゲストハウスに泊まった。
    支払は、現地でチェックアウト時に払うのが一般的。現地通貨で支払う方が、レートの関係では得になる。

     
    【現地通貨への両替で得をする】
    地方都市に行く前に必要となる現地通貨を両替しておいた方が、良い。ホーチミンとかハノイは外貨の扱いも多く、両替商や、やみの金融業も多くレートが良い。
    両替の実績値として、タンソンニャット空港での変換レートは、1円が193.4VND(10,000円で1,934,000 VND)
    ホーチミンの両替商(ベンタイン市場内)では、200~200.5 VND(10,000円で2,000,000 – 2,005,000 VND)
    ハノイの両替商(ハーチュン通り)では、199 VND(10,000円で1,990,000 VND)
    ちなみに、現地で使用したクレジットカードのレートは、192.5 VNDであった。
    総合的に見て、両替商のレートと同日銀行で聞いたレートを比較してみて、両替商のレートが5%以上も違うことから、両替商のレートはかなり良いと考えられる。
     

  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;