個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • インレー湖、ニャウンシュエの街歩き

    Posted on 2017年8月4日 takashi コメントはありません
    ニャウンシュエは、インレー湖の北にある観光拠点の街です。今回、このニャウンシュエの街歩きを紹介します。

    ニャウンシュエの街は、歩いて廻れるほどの大きさだが、自転車を借りれば、更に便利。自転車は、ホテルなどで借りることが出来、レンタル料は、1日1,500チャット(≒130円)だった。

    ヤダナマンアウンパヤー

    ヤダナマンアウンパヤー

    ヤダナマンアウン・パヤー
    まず、マーケットから南に2つ目の交差点にある大きな寺院ヤダナマンアウン・パヤーを訪れる。この寺院は、ニャウンシュエで最も古く1866年に建立された。階段状になった仏塔がシャンの伝統的な建築として知られている。

    周囲にある建物は、彫刻品、漆塗り工芸品、舞踊衣装などを展示している。

    本堂に安置されている黄金の仏像

    本堂に安置されている黄金の仏像

    本堂に安置されている黄金の仏像
    仏塔の中に入るとぐるっと一周廻れるようになっている。四方に違った表情をした仏像が安置されているが、この仏像が一番輝いていた。

    シュエヤンピイ僧院

    シュエヤンピイ僧院

    シュエヤンピイ僧院(Shwe Yan Pyay)
    ニャウンシュエの北1kmのところにあるチーク材で造られた木造僧院。現在もなお使われており、内部には数々の装飾を凝らした台座の上に仏像が安置されている。

    シュエヤンピイ仏塔

    シュエヤンピイ仏塔

    シュエヤンピイ仏塔
    シュエヤンピイ僧院と同じ敷地内にある仏塔。仏塔自体は四角い塀に囲まれており、外からは仏塔の先端しか見えない。仏塔台座部分の窪みに小さな仏像が埋め込まれているのが見える。

    仏塔の窪みに埋め込まれた数々の小さな仏像

    仏塔の窪みに埋め込まれた数々の小さな仏像

    シュエヤンピイ仏塔の窪みに埋め込まれた数々の小さな仏像
    仏塔自体は四角い塀に囲まれており、外からは仏塔の先端しか見えない。中に入ると回廊の壁から仏塔台座部分まであらゆるところに窪みがあり、小さな仏像が埋め込まれている。

    ニャウンシュエのミンガラーマーケット(生鮮食料品)

    ミンガラーマーケットで売られている生鮮食料品

    ミンガラーマーケットで売られている生鮮食料品
    町の中心にあるニャウンシュエのミンガラーマーケット。マーケットでは、生鮮食料品の他、衣料品、日用雑貨など生活に必要なものが売られていた。

    ニャウンシュエのミンガラーマーケット

    ミンガラーマーケットで売られているお土産品

    ミンガラーマーケットのお土産屋さん

    一方で、旅行者も多いことから、旅行者向けのお土産品を扱う店も多く、ネックレス、ブレスレットなどの民芸品、アクセサリーなどが並んでいた。

    ミンガラーマーケットで見かけた木彫り人形

    ミンガラーマーケットで見かけた木彫り人形

    ミンガラーマーケットで見かけた木彫り人形
    このような古ぼけた木彫り人形を見かける。出土したような感じを出しているのかも知れないが、土に埋まっていたのなら、木が腐って来るだろうし。単にホコリをかぶっているだけかも知れない。確かにピカピカに光っているより味わいがあるのも事実。

    ニャウンシュエナイトマーケット

    ニャウンシュエのナイトマーケット

    ニャウンシュエのナイトマーケット
    ヤダナマンアウンパヤー前の通りを西へ300mほど行くとニャウンシュエナイトマーケットがある。

    屋台フードを売る店の他、お土産品なども売っている。中には、ミンガラーマーケットで見かけた店も出店していた。

    ナイトマーケットのお土産屋さん

    ナイトマーケットのお土産屋さん

    ナイトマーケットのお土産屋さん
    アクセサリー、ネックレス、ブレスレットなどの民芸品の他、ロングネック少数民族の木彫り人形などが目を引く。

  • マンダレー観光(3)・・・街歩き(その2)

    Posted on 2017年7月11日 takashi コメントはありません
    マンダレーの街歩き(その1)に引き続き、今回は、マンダレー最大の寺院マハムニパヤー、その近くにある大理石工房、そして、マンダレー駅、マンダレー最大の大型ショッピングセンター、ナイトマーケットなどを訪れた。

    マハムニ仏像

    マハムニ仏像

    マハムニパヤーはマンダレー最大の寺院。
    マハムニパヤーはゼーヂョーマーケットを南5kmほど行ったところにある。バイクタクシーで1,500チャット(約126円)。

    ここはマンダレー最大の寺院で、中にマハムニ仏像が祀られている。
    中に入ると、多くの参拝客が金箔を仏像に貼るため並んでいた。

    マハムニ仏像にお参りする女性信者

    マハムニ仏像にお参りする女性信者

    マハムニ仏像にお参りする女性信者
    男性信者と共に、沢山の女性信者もお参りしているが、女性信者は手前から拝んでいる。(男性信者は仏像近くの段へと上がり金箔を貼っている。一方で女性は禁じられている)

    大理石から仏像に仕上げる職人

    大理石から仏像に仕上げる職人

    大理石工房で仏像を彫る職人
    マハムニ寺院近くには、大理石工房が軒を連ねている。
    小さいものから大きな仏像まで、職人がグラインダーを持って削っている。
    辺りは削られた大理石の粉塵が飛散して、作業防具を着けていない職人さんの作業環境は良くない。
    マンダレー鉄道駅

    マンダレー鉄道駅

    ホテルがマンダレー鉄道駅
    マンダレーの鉄道駅までバイクタクシーで戻る。ここはホテルマーベル。このホテルの下が鉄道駅になっている。
    ホテルの両サイド(北と南側)は鉄道をまたぐ橋になっていて、切符売り場がある。
    バガンへの鉄道利用は、列車便の内容を駅員に聞き、断念した。(便数1日1本、等級はACのないアッパークラスのみ)
    マンダレー最大のショッピングモール

    マンダレー最大のショッピングモール

    マンダレー最大のショッピングセンターで土産を買う
    マンダレー駅から南に少し下がったところにマンダレー最大のショッピングモール、ヤダナーポンがある。
    1階には銀行や外貨両替コーナーなどもあり、利用出来る。2階以上は、衣類、化粧品、ブランド品などの専門店が並んでいるが、衣類は、タイ製のものが多かった。
    地下に行くと「オーシャン」と言う大型スーパーマーケットが入っており、生鮮食料品、酒類から衣類、家具まで品揃えも多い。また、工芸品、民芸品などもあり、お土産を探すにも調度良い。コーヒー、紅茶、ドライフルーツなどを纏め買いした。

    マンダレーのナイトマーケット

    マンダレーのナイトマーケット

    マンダレーのナイトマーケット(夜市)
    ショッピングセンター南の通り(34st)を東に2つ目の通り(76st)では、夕刻よりナイトマーケットが開催される。主に果物野菜などを売る店が多いが、中華料理を主体とした屋台も出ている。

    外貨の両替は銀行で
    外貨両替でよく利用したのは、KBZバンク。ミャンマーでは日本円の両替を行う銀行はなく、米ドル(USD)の持参が必要だ。しかも、紙幣の額面でレートが異なるため、出来れば100USDか50USDを用意した方が良い。通常日本で両替する場合、100USDパックを購入した場合、高額紙幣として20USDが入っているが、レートは悪くなる。この場合、額面によらず同じレートの他の銀行も当たって見る価値はある。

  • ベトナムの避暑地ダラットを歩く

    Posted on 2017年4月8日 takashi コメントはありません
    ダラットはホーチミンから飛行機で1時間のところ。ジェットスターやベトジェットエアーのLCCが飛んでいる。
    今回、ジェットスターでダラット空港(リエンケオン国際空港 )に到着、空港から街までは30Kmほどで、シャトルバスが利用出来る。
    街の中心部まで約40分。手荷物受取コンベアー近くにカウンターがありチケットを買う。料金は40,000VND (約200円)。

     

    P1380560湖の街ダラット
    ダラットにはスアンフーン湖と言う大きな湖がある。湖畔の直ぐ近くまでホテルが林立し、ちょっとした避暑地の趣きがある。
    湖は約5kmの平坦な道で囲まれており、のんびりと散歩するにはもってこいのところ。
     
    P1380549ダラット大教会
    一方で、ダラットの街は丘陵地なので平地は少なく小高い丘と谷が込み入った地形となっている。
    曲がりくねった道を歩いて行くと、小高い丘の上に教会がある。

    この教会は、チャントア教会と言い、フランス統治時代の1943年に建てられた。

    47mの高さがあるこの教会は遠くからでも良く見える。

     
    P1380574湖畔を歩いて
    湖畔を一周すると1時間以上かかるが、途中に公園があったり、Big-C(スーパーマーケット)があったりで、散歩しながら、ショッピングなども楽しめる。

    あいにくの雨だったが、左回りに少し歩いてみた

     
    P1380611ナイトマーケット
    外国人観光客が少ないダラットでは、ナイトマーケットは地元の人で賑わう。

    ナイトマーケットは毎晩開かれ、夕方7時頃になると、屋台、夜店などが店開きをして賑やかになって来る。値段もローカルプライスで安い。

     
    P1380615屋台フードもすごい
    写真は、バンチャンヌン(Banh Trang Nuong)と言う、「ベトナム風ピザ」として人気屋台フード。
    ライスペーパーの上にトッピング(ウズラの卵、エビ、ネギ、ひき肉など)をして、炭火でパリパリに焼く。味付けはマヨネーズとチリソース。
    色とりどりのトッピングがカラフルで地元の人に人気の屋台フード。

     
    P1380597LangFarmでスイーツバイキング
    ダラットは、花やイチゴの栽培が盛んなところ。花屋さんや果物を売る店が多い。

    ここLANGFIRMは、地元で採れた果実を乾燥させ、健康食品として販売している。
    また、この店の2階では、商品のドライフルーツをバイキング形式で提供している。
    コーヒー・紅茶などの飲み物の他、アイスクリームなどもある。スイーツの食べ放題で、40,000VND(約200円)。甘党や健康志向の人には大歓迎。

     
    P1380474夕食は、お鍋にダラットのワイン
    ダラットはフランス植民地時代の影響もあり、ワイン醸造では有名で、ベトナム国内はもちろん、海外にも輸出するほどのワイン生産国となっている。

    ダラットのワインはVang Dalatと呼ばれ、赤と白のワインが手ごろな価格で楽しめる。 酒類は、Dalat Red Wine、 Dalat Wine for export、 Dalat White Wine、 Dalat Strawberry Wineなどがある。

    ちなみに、お奨めはDalat Red Win(赤ワイン)、美味しくて飲みやすいし、90,000VND(約450円)と値段も手ごろ。ダラットの冬は寒いので鍋物が合うが、ワインと一緒に楽しむとその美味しさは倍増。

     
  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;
  • チェンライ街歩き ナイトマーケット

    Posted on 2013年9月11日 takashi コメントはありません

    チェンライはチェンマイの北180kmにあり、13世紀のランナータイ王国の都だった。チェンマイからVIPバスで288バーツ、3時間半。バスターミナルは2ヶ所あるが、市内へは、第1バスターミナルが便利。第2バスターミナルは郊外にあるため、ソンテオ、トゥクトゥクに乗換えて市内へアクセスする必要がある。

    町の中心は、第1バスターミナル近辺で、ナイトマーケット、ゲストハウス、レストランなどが集まっている。ゲストハウスも多く、エアコン、ホットシャワー、WiFi付きで500バーツ程度で見つけることが出来る。

    P1040199チェンライのゲストハウス
    チェンライに到着してまずゲストハウスを探す。何軒か当たって見たが、TripAdvisorで人気のゲストハウスは高くて満室のところが多かった。そこで、チョットヨート通りを時計塔に向かって歩いていると、こぎれいなゲストハウスを見つけたので、部屋を見せてもらった。KanLaya Place (053-6017756)
     
    P1040190ゲストハウスの室内
    ゲストハウスは新しく建ったばかりで、部屋はきれいだった。WiFi、エアコン、ホットシャワー付き500バーツ。朝食は付いていないが、トースト、コーヒー、バナナがフリーなのでコンビニでヨーグルトなどを買って来れば十分だった。
    なお、ここのオーナーは日本に居たことがあり、片言で日本語が出来る。そのため、日本からのお客も多いそうだ。
    時計塔から南100mぐらいのところにあり、ナイトマーケットにも、サタデーマーケットにも近くて便利。
    P1040250サタデーマーケット
    サタデーマーケットは文字通り土曜日にのみ開催される。通りには屋台が並び、通りの長さは約600mにもなる。途中の公園にはステージが設けられ、前には野外フードコートとしてたくさんのテーブルが並ぶ。
    サタデーマーケットは地元の人が多く、日用品、服などがメインで、みやげ物などは少ない。
    P1040276チェンライ・ナイトマーケット
    サタデーマーケットに対し、ナイトマーケットは観光客を対象としており、毎日開かれる。みやげ物などの屋台が並ぶ他、フードコートもあるので、タイ料理やホットポット(タイすき)などを楽しむことが出来る。
    P1040299ワット・プラ・シン 
    ワットプラ・シンはチェンマイのワット・プラ・シンと同様14世紀に建てられた。名前の由来となったプラ・シン仏が収められている。時計塔から北へ500mほどのところにある。
    P1040308ワット・プラ・ケオ
    バンコクにあるワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)にあるエメラルド仏がかってここに収められていたことから、ワット・プラ・ケオと呼ばれる。現在はカナダ産のヒスイを加工したエメラルド仏(写真)が祀られている。 ワット・プラ・シンから西へ200mほどのところにある。
    P1040355メンラーイ王の像(King Mengrai Monument) 
    ランナー・タイ王国を建国したメンラーイ王は現在もなお人気があり、王像の前には多くの参拝者が訪れ、花束を捧げている。
    IMGP6615ワット・ロン・クン (ホワイトテンプル)
    チェンライからチェンマイへ方向へ行く途中14kmのところにあるワット・ロン・クン。地元のグラフィックデザイナーが私財を投じて建設中の寺院。1997年に建設が始まったが、いまだに完成はせず、増改築を繰り返している。
    チェンマイ行きのバスに乗り、途中下車するか、トゥクトゥクで行く。
  • 歴史の街 ランパーン 観光

    Posted on 2013年8月4日 takashi コメントはありません

    ランパーンはモン族により開かれた後、ハリプーンチャイ王国により長年支配を受けた。その後も、ランナー王国、ビルマ軍に支配されたため、寺院、建物がタイ・ビルマの両文化の影響を受けている。
    市内観光にはレンタサイクルは少々きついのでモーターバイクか、ソンテオを交渉するのがいい。モーターバイクは200バーツ程度。ソンテオをチャーターして市内の観光スポット3箇所(ワット・チェディ・サオ、ワット・プラケオ・ドーンタオ、バーン・サオ・ナック)を廻って250バーツだった。ただし、ワット・プラ・タート・ランパーン・ルアンは離れているので別料金。

    P1010014ワット・チェディ・サーオ
    町の中心からソンテオで5分ぐらいのところにある。
    寺の中には、ランナータイ様式の白いチェディが20基ならんでいる。
    P1010028奥にある池の上に建っているお堂には15世紀に作られた黄金の仏像が祭られている。
    P1010156ソンテオをチャーターすれば1台250バーツで市内の主な観光スポットを廻ってくれる。
    P1010047ワット・プラケオ・ドーン・タオ
    ハリプーンチャイ様式の仏塔にビルマ風の屋根をもつ本道。
    ワット・チェディ・サーオから近い。入場料20バーツ。
    P1010115バーン・サオ・ナック
    118年前の1895年に建てられ、タイとビルマの建築様式が組み合わされた美しい木造建築物。チーク材の柱を使った建物の中は骨董品が展示されている。
    入場料は50バーツで飲み物付き。町からは近い。