個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • マンダレー観光(6)・・・マンダレー郊外インワを観る

    Posted on 2017年7月15日 takashi コメントはありません
    タクシーをチャーターして、マンダレー郊外の観光スポット、アマラプラ、ザガイン、インワを訪れた。
    アマラプラ、ザガイン観光の後、約400年間にわたり栄えたビルマ王朝の都跡インワを訪れた。

    渡し舟でインワへ渡る

    渡し舟でインワへ渡る

    ミッンゲー川を渡し舟で渡りインワへ
    エーヤワディ川の支流ミッンゲー川を渡し舟に乗って渡るとインワ遺跡の町。渡し舟料金往復1400チャット(約118円。(インワへは橋を渡る方法もあるが、こちらの方が一般的らしい)

    インワでの観光馬車

    インワでの観光馬車

    インワでは馬車に乗って観光
    船着場に着くと馬車が並んで待っている。不案内だし、他に手段がないので、ここは乗るしかない。料金は、1台(2人乗り)10,000チャット(約840円)で、何も言わなくとも、一連の観光スポットを巡ってくれる。
    ただし、道は舗装していないのでデコボコ。馬車の揺れはかなり酷い。

    バガヤー僧院

    バガヤー僧院

    チーク材で造られたバガヤー僧院
    馬車に揺られて15分ほどすると、バガヤー僧院に到着する。ここでは、入域カードの提示が必要。マンダレーの王宮などで購入しておれば、携行を忘れないように。ない場合、10,000チャット(約840円)必要。
    建物がチーク材で造られており、入口の扉の彫刻なども見応えがある。

    タイトル
    説明

    ヤタナーシンメ寺院

    ヤタナーシンメ寺院

    ヤタナーシンメ寺院
    バガヤー僧院から北へ5分ほど行くと、田園地帯の風景にうまく溶け込んだヤダナーシンメ寺院の姿見られる。

    ヤダナーシンメ寺院の仏像

    ヤダナーシンメ寺院の仏像

    ヤダナーシンメ寺院の仏像
    寺院を左のほうへ入ると、石柱が並ぶ囲いのなかに何体かの仏像が見える。写真撮影には、お奨めのスポットである。

    ナンミイン監視塔

    ナンミイン監視塔

    ナンミイン監視塔
    ヤダナーシンメ寺院を出て、東の方へ(船着場へ戻る方)10分ほど行くと、ナンミインの監視塔がある。
    この塔は27mの高さがあり、1822年のバーヂードー王宮の一部である。1838年の地震で塔頂部が倒壊したが復元された。
    この辺りに来るとみやげ物屋の売り子が待っていて、観光どころではなくなる。「これかって、あれかって・・・」とうるさいくらい。ヒスイの腕輪や、旧日本軍の軍票、古銭の銀貨などが多い。
    マハーアウンミェ僧院

    マハーアウンミェ僧院

    マハーアウンミェ僧院
    監視塔から更に船着場の方へ5分ほど行くと、マハーアウンミェ僧院がある。この辺りまでくると馬車に揺られているせいか、もう限界に近くなる。でもこの寺院が最後なのでもうひと頑張り。寺院の中は真っ暗なので、灯りが必要。中には仏像が何体か安置されている。

    船着場から対岸へ渡る

    船着場から対岸へ渡る

    インワ鉄橋とヤダナーポン鉄橋を見ながら川を渡る
    船着場近くに着き、料金を払い、渡し舟を待つ。渡し舟はピストン運行しているので10分も待つことはない。

    川を渡る途中、インワ鉄橋とヤダナーポン鉄橋が直ぐ近くに見える。

  • マンダレー観光(5)・・・マンダレー郊外サガインを観る

    Posted on 2017年7月14日 takashi コメントはありません
    タクシーをチャーターして、マンダレー郊外の観光スポット、アマラプラ、ザガイン、インワを訪れた。
    アマラプラ観光の後、ザガインに寄る。ザガインは、エーヤワディ川を渡るインワ鉄橋、ヤダナーポン鉄橋、カウンムードー寺院、ザガインヒルを観光した。
    そして、インワでは約400年間にわたり栄えたビルマ王朝の都跡を観て廻った。

    エーヤワディ川にかかるインワ鉄橋

    エーヤワディ川にかかるインワ鉄橋

    エーヤワディ川にかかる2つの鉄橋
    エーヤワディ川にかかる橋は少ないが、ここには2つの鉄橋がある。ひとつは遠くに見えるインワ鉄橋で、中央に鉄道レールが敷かれ、両側が車用になっている。
    1934年にイギリスにより建設されたが、第二次大戦中、侵攻工してきた旧日本軍に利用されないよう、1942年爆破された。その後、1954年復旧されている。
    手前は2008年に完成した新しい鉄橋、ヤダナポン鉄橋。

    対岸に見えるザガインヒル

    対岸に見えるザガインヒル

    エーヤワディ川の対岸に見えるザガインヒル
    エーヤワディ川の向こうにザガインヒルが見える。ザガインヒルは小高い丘のこと。ここに150以上の仏塔、寺院が点在する。

    カウンムードー寺院

    カウンムードー寺院

    カウンムードー寺院
    インワ鉄橋を渡って約9kmのところにあるカウンムードー寺院は46mあり、ザガインで最大の仏塔。ザガインに都が置かれた1322年に建造された。
    仏塔の形状はミャンマーでは珍しいが、元はスリランカのアヌラダプラにあるルワンウェリサーヤ大仏塔をモデルにしている。
    【世界遺産】アヌラダプラを観る
    スリランカの仏塔と同じくこの仏塔も長く白い色をしていたが、軍事政権時代に金色に塗り替えられた。
    カウンムードーパヤーの内部

    カウンムードーパヤーの内部

    寺院の内部は鏡貼り
    内部の装飾も素晴らしい。キラキラ輝く壁は、鏡の小片をモザイク状に貼り合せていたもの。非常に手が込んだ造りとなっている。

    仏塔の周囲には小さな石柱が配置されている

    仏塔の周囲には小さな石柱が配置されている

    仏塔を囲むナッツ神の像
    仏塔を囲む多くの石柱のうち、120は民族信仰のナッツ神の像が見られる。

    参道に並ぶ店ではタナカが売られている

    参道に並ぶ店ではタナカが売られている

    参道のみやげ物店に並ぶ化粧品タナカ
    ザガインではミャンマーの伝統化粧品タナカが産地として有名。参道にある多くのみやげ物店がタナカを販売している。
    良く見ると、タナカ(樹木)の端にはブランドを表示するスタンプが押されている。

    ウーミントンゼー寺院

    ウーミントンゼー寺院

    ウーミントンゼー寺院
    ザガインヒルを下がったところにウーミントンゼー寺院ある。寺院は、斜面上の参道を上るようになっていて、45体の仏像などが並んでいる。頂上には仏塔があるが、ここからの眺望も素晴らしい。

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院
    ザガインヒル頂上にあるのがサンウーポンニャーシン寺院。遠くからでも良く見えるこの仏塔は

    ザガインヒル頂上からエーヤワディ川を眺める

    ザガインヒル頂上からエーヤワディ川を眺める

    サンウーポンニャーシン寺院からエーヤワディ川を眺める
    サンウーポンニャーシン寺院のテラスからの眺めは素晴らしい。エーアヤワディ川には2つの鉄橋、ヤナダーポン鉄橋とインワ鉄橋が見える。
    その右手には、約400年栄えたビルマ王朝の遺跡インワの町が見える。

  • マンダレー観光(2)・・・街歩き

    Posted on 2017年7月10日 takashi コメントはありません
    マンダレーは碁盤の目のように区画が整理され、通りにも番号で表示される。一方、凄く広いので徒歩では思うように目的地に辿り着けないのも確か。
    交通機関として、バス、ピックアップ(トラックの荷台を乗客用に改造した乗り物)、タクシー、バイクタクシーなどがあるので、有効に使うと便利だ。一方、レンタル自転車もあるので利用出来るが、道路状況(右側通行、路肩駐車など)も考えて利用したい。また、埃っぽい街なのでマスクなども用意した方が良いかもしれない。

    一般的に、マンダレーでは、タクシー、バイクタクシーが多く、ドライバーから声をかけて来るケースが多い。乗る前に目的地を示し、料金を交渉してから利用するのが良い。また、バスは多くは日本製で、乗降口は車体の左にある。しかしながら、車は日本と違って右側通行なので、乗車時は道路の真ん中まで行って乗らなければならない。大変危険なので、出来れば避けたいが、どうしてもと言う時は十分注意して乗ろう。

    街歩きでは、まず、最初に、マンダレーヒルの麓にある3つの寺院、旧王宮、ぜーヂョーマーケット、エーヤワディー川を訪れ、次に、マンダレー最大の寺院マハムニパヤー、大理石工房、マンダレー駅、ショッピングセンターなどを訪れた。

    KyaukTawGyeePaya(チャウットヂーパヤー)の仏像

    KyaukTawGyeePaya(チャウットヂーパヤー)の仏像

    大理石の仏像
    マンダレーヒルの直ぐ手前にある寺院チャウットヂーパヤー。境内は広いので仏像の場所がわかりにくい。緑色に照明された参道が目印となるので、そこを進むと大理石の仏像に辿り着く。
    仏像は巨大な大理石で出来ており、荘厳な感じがする。

    白亜の仏塔が並ぶサンダムニパヤー

    白亜の仏塔が並ぶサンダムニパヤー

    1774の仏塔が並ぶサンダムニパヤー
    チャウットヂーパヤーの東(道路を渡ったところ)に多くの仏塔が並ぶ寺院、サンダムニパヤーがある。入口で履物を脱いで中に入る。
    一つ一つの仏塔には石版が建てられている。

    クトードーパヤー(KuthodawPaya)

    クトードーパヤー(KuthodawPaya)

    クトードーパヤー(KuthodawPaya)
    サンダムニパヤーを反対側に抜け、道路を渡ると、クトードーパヤーがある。こちらは、同じく白亜の小仏塔が729塔あり、それぞれに仏典を刻んだ石版が収められている。

    旧王宮正面にあるオーディエンスホール(謁見の間)

    旧王宮正面にあるオーディエンスホール(謁見の間)

    旧王宮にあるオーディエンスホール(謁見の間)
    マンダレーヒルから旧王宮まで歩いて行けるがバイクタクシーで1,000チャット(約84円)。しかし堀を渡った旧王宮入口までしか行かない。
    入口ではパスポートを提示(場合により預ける)し、入域量として10,000チャットを支払う。(このチケットは他の観光地でも有効なので携行するのが良い。ここは軍管理の施設なので物々しい雰囲気である。
    中に入ると旧王宮建物まで約1km、歩いて十分行ける距離にあるが、旧王宮内専用の車のドライバーが声をかけて来る。片道約1,500チャット(約126円)。タクシーは1kmほど走って旧王宮の建物を一周し、往復の場合入口付近で待ってくれる。ゆっくり見るには片道で十分、タクシーには返ってもらおう。

    監視塔から旧王宮を臨む

    監視塔から旧王宮を臨む

    旧王宮監視塔へ昇る
    旧王宮敷地内に監視塔があり、ラセン階段があるので、昇ってみた。近くは、旧王宮内の建物の位置関係が良く分かる。また、遠くは、マンダレーヒルの仏塔までも良く見える。

    ぜーヂョーマーケットの時計台

    ぜーヂョーマーケットの時計台

    ぜーヂョーマーケットは時計台を目指して行こう
    王宮を出て、ピックアップ(500チャット≒42円)、またはバイクタクシー(1,000チャット≒84円)で26thストリートまで出て、西の方へ進むと、時計台が見える。ここがぜーヂョーマーケットである。

    エーヤワディ川

    エーヤワディ川

    エーヤワディ川に辿り着く
    ぜーヂョーマーケットを2kmほど西に進むとエーヤワディ川に出る。ピックアップやモーターバイクなどを利用しても良いが、途中にあるエインドーヤーパヤーなどに寄って歩いて行くのも良い。(約30分)

    バガンへの船旅のため、エクスプレス運航会社(パイオニア)の事務所を訪れ聞いてみた。しかしながら、エーアヤワディ川はこの時期(6月)水量は少なく運航はしておらず、7月から再開するとのことだった。

  • ダナンの街歩き

    Posted on 2017年7月3日 takashi コメントはありません
    ホイアンへ行く途中、ダナンの街に2泊した。ダナンではの街歩きは、ハン川沿いを歩いてみた。
    ダナン大聖堂

    ダナン大聖堂

    フランス統治時代に建てられたカトリック教会。ミサの時間に合わせれば中に入れるそうだが、あいにく閉まっていた。ピンク色をした外観は大変美しい。
    ココナツゼリーは地元でも有名

    ココナツゼリーは地元でも有名

    スイーツの店、ズア・ベンチェー(Dua Ben Tre)。ここの名物は、ココナツゼリー。地元の人も好んで食べるココナツジュースをゼリー状に固め、ココナツの殻に入れたスイーツ。冷蔵庫で冷やしているので、冷たくて美味しい。ひとつ、₫27,000(約135円)。写真のメニューにあるCoconut Jellyと言って注文しよう。
    ロンブリッジ(竜の橋)

    ロンブリッジ(竜の橋)

    ダナンのシンボル、ロン橋。夜はライトアップされてきれい。火を吹く演出も曜日限定で見ることが出来る。
    チャム彫刻博物館の展示物

    チャム彫刻博物館の展示物

    チャンパ王国時代に造られた多くの遺跡から発掘された彫刻品を展示している。入場料₫40,000(約200円)

    ヒンドゥー教で祀られている多くの彫刻品が見られる。

  • ベトナム国境の街ラオカイから中国へ入る

    Posted on 2017年6月4日 takashi コメントはありません
    サパへ行く途中、ラオカイの街を通るがこの街は中国と国境を接しており、国境の街として知られる。
    中国側の国境の街は河口(ホンコウ)と言い、ベトナムと川を挟んでおり、徒歩で橋を渡って中国に入ることが出来る。
    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイの街から歩いて約15分、ベトナム側のイミグレーションに到着する。ベトナムでは再入国する時にはマルチエントリービザが必要となる。(つまり、14日の観光ビザで出国すると再入国するにはビザが必要)
    マルチエントリービザの取得は、日本を出国する前にベトナムの旅行会社にビザオンアライバルを申請しておけば、入国時に必要な機関のビザを得ることが出来る。
    関連記事:ベトナムのビザ取得
    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムのイミグレーションを抜けると国境の川を橋を通って渡る。
    国境を渡る多くの人は、中国から商品をベトナムへ持込む商人だったり、中国観光客である。
    日本人も欧米系観光客も見かけることはなかった。英語もほとんど通じない様子。
    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口(ホンコウ)に入ると、そこは中国。言葉も通貨も食事も全て中国だった。
    まず、街をブラブラして、中国料理のレストランに入った。メニューを見て餃子が5圓とか書いてある。
    店員に聞くと向いの両替商でベトナムドンから中国元に変えてくれると言うので、20万VNDを60元に変えてもらった(約1000円)。
    この店で餃子とビールを飲んで、32元(約500円)を支払った。
    街自体は大きくないが、中国の雰囲気を味わえる。国境の街だけに中国製品を安く売っている。ベトナムからここで安い中国製品を買い、ベトナムで売っているのだろう。少数民族の民芸品として売っているのも、安い製品は中国から来ていると少数民族の人が言っていた。

    中国側から国境を見る

    中国側から国境を見る

    中国側からベトナムを見る。国境の街を表わすモニュメントもベトナムに比べ、立派。明るい照明と大きなディスプレイで中国の偉大さをベトナムに見せている。
    過去において、越中戦争があったので、この国境は封鎖されていたが、開通後は中国がベトナムに対し威圧しているようにも見える。
    中国側から国境の川を渡る

    中国側から国境の川を渡る

    中国側からベトナムを見ると、ベトナムの建物が貧弱に見える。前の写真と比べてみても、中国はかなりお金をかけ、立派なビルディングを建て、その優位さを誇示しているように見える。

    サパからラオカイへは、バスで1時間。(30,000VND=約150円)
    ラオカイには適当なホテルが少ない。何とか探したホテルは、三ツ星のKim Cuong Hotelで朝食付き400,000VND(約2,000円)だったが、他との競争がないのか活気のないホテルだった。約2,000円も出せば、ハノイでももっと良いホテル、ゲストハウスに泊まれる。

    ラオカイも河口も英語は通じない。中国に渡った時、昔覚えた中国語を久しぶりに使ってみた。これは相手によるが、若い人には受けない(と言うか、スマホいじりで忙しく、相手をしてくれないし、そんなやる気のない若い中国人が増えているのは分かっていた)。でも、中年のおばさんには、結構この変な中国語が受ける(多分、発音が分からないので、いろいろと想像たくましく興味を持ってくるのだろう)楽しい食事の時間だった。

  • 世界遺産の街 カムペーン・ペッ

    Posted on 2013年9月13日 takashi コメントはありません
    P1050049タークからカムペーン・ペッへ向かうソンテオ
    メーソートからタークへはミニバス(ロットゥー)で78バーツ、1時間半で行き、タークからソンテウに乗換え、カムペーン・ペッへ向かう。100バーツ、1時間半。ソンテオは人数がほぼ満員となると出発する。
    P1050320カムペーン・ペッ バスターミナル 
    カムペーン・ペッバスターミナルは町外れにある。ここから町の中心までは、ソンテウかトゥクトゥクに乗換える必要があるが、ソンテオもトゥクトゥクもほとんど見られず、モーターサイがある程度。
    P1050074シーニック・リバーサイド・リゾート 
    カムペーン・ペッの遺跡公園近くにあるシーニック・リバーサイド・リゾートを予約した。
    広い敷地内の中に、馬がいたり、にわとりなど放し飼いされていたり、牧場の雰囲気もある。
    町からは2kmと離れているが、バイク(自転車)が無料だったので、特に問題はなくアクセス出来た。
    P1050068メルヘンチックな室内
    各位部屋はコテージになっており、室内はメルヘンチックに飾り付けられている。スタンダードコテージ(Bavaria Cottage)は朝食付き1泊26.2USD(約2,600円)だった。
    このホテルの値段をagodaで調べる。
    P1050123ピン川を渡ったところにある時計塔
    ホテルの自転車に乗って、町に出る。ピン川に架かる橋から東へ向かって町に入ると時計塔がある。ここから北部分が遺跡公園、南部分が繁華街となっている。
    P1050104繁華街にあるマーケット
    繁華街を川沿いに南に下がると公園があり、その南隣りにマーケットがある。このマーケット内に多くの屋台があり、タイフードが楽しめる。その上、ビールを販売している店もあるので嬉しい。
    P1050117ピン川の夕暮れ
    カムペーン・ペッの町を流れるピン川沿いは市民の憩いの場。公園や運動施設があり、また、川辺では多くの人が散歩を楽しんだり、犬と水浴びをする人達もいた。