個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • スリランカ長期滞在のための事前準備

    Posted on 2014年5月26日 takashi コメントはありません

    予防接種を受ける

    先日行った健康診断の結果特に問題がなかったので予防接種を受けることになった。予防接種は、A型肝炎、B型肝炎、破傷風の三つを受ける。

    予防接種については、世界各国の推奨予防接種をリストアップした厚生労働省検疫所の関連サイト フォートラベラーズヘルスFORTH が参考になる。

    スリランカの場合、上記の3種の他、日本脳炎、狂犬病を受ける方がいいとされているが、上記3種のみ受けることにした。予防接種は2回でセットになっており、初回を受けてから1ヶ月後に2回目を受けて終了。料金は医療機関により異なるが私の場合、加古川ノザキクリニックで初回16,700円だった。保険は適用されない。

    スリランカへの滞在で推奨されている予防接種:
    A型肝炎B型肝炎破傷風、(狂犬病*1)、(日本脳炎*2)
    • *1:犬や野生動物との接触が予想される場合には推奨
    • *2:農村部に長期滞在する場合は推奨

     

    留守宅のメンテナンス

    今回のロングステイに際して、自宅を健全な状態にしておきたいので、家屋の点検修理(屋根、外壁、シロアリ予防など)、防犯対策(ドア、勝手口など)、庭木伐採、外構工事などを行っておく。

    後は、誰かに留守宅の管理を委託する。ただし、重要書類は全て貸し金庫で保管しておく。

    また、自家用車の譲渡、携帯電話の停止または解約処理(スリランカで使えないので)なども必要。

    海外からの国内アクセス

    スリランカから日本国内への必要なアクセスとして、日本国内への電話、銀行管理、郵便物、日本のテレビ視聴、現地での現金入手などがある。

    • 電話連絡・・・ SKYPEでの通話。(日本の携帯電話は停止または解約)
    • 銀行管理・・・インターネットバンキング
    • 郵便物・・・管理人とSKYPEにて現物確認、必要により処理を依頼。
    • 日本のテレビ視聴・・・自宅テレビをインターネット経由で視聴・録画。
      (参考記事・・・海外で日本のテレビ放送を見る
    • 現地での現金入手・・・クレジットカードによるキャッシング、SBIレミットによる国際送金。
      (参考記事・・・チェンマイ・ロングステイを計画する
  • バリ島の印象と旅行情報

    Posted on 2012年1月6日 takashi 2 comments

    バリ島はヒンドゥー教が90%を占めており、インドネシアでも他の島とは違った雰囲気がある。印象を下記に記す。

    1.観光地として人気があり世界中から観光客が訪れる。中でも欧米人、特にオーストラリア人が多い。

    2.地元の人は母国語のインドネシア語以外に一般的に英語が話せる人が多い。一部の人は日本語も話す。

    3.物価は観光客向け価格で一般的に高い(日本の1/2程度)。一方でローカル向けの価格は安く前者の1/2程度。

    4.治安は概して安全であるが、過去にイスラム系テロリストによるダンスクラブ爆破事件が発生しているので、特に欧米人(豪州人を含む)の多い場所は避けたほうがいい。

    そのほか、現地の情報を下記に示すと、

    1.両替は街に多くある両替商で可能で一般的にレートは良い。しかしながら、みやげ物屋に併設している両替商はかなり良いレートを提示しているが、お札の枚数をごまかしたりすることがあるので要注意。また、デンパサール空港での両替所軒を並べているが、3%ほど高い。(街では1JPY116.5IDRが、空港では113IDR)

    2.現地通貨はIDR(インドネシアルピー)であるが、USD、日本円も流通している。ただ、現地の人は概略換算として、1USD=10,000IDR=100JPYと計算することがあり、円よりルピー、ルピーより米ドルで払う方が得。

    1USD(9,100IDR)<10,000IDR<100JPY(11,600IDR)。

    3.現地ツアーは、プライベートツアーと言って、車を1日ドライバー付でチャーターする方式が一般。希望する観光地に連れて行ってくれる。金額は、車、ドライバー、ガソリン込みで、1日(8~10時間)で30USD(または300,000IDR)程度。

    DSCF9494 バリ島でお世話になったドライバーのネンガーさん。
    CCI20120106_00001 ネンガー(NENGAH)さんは、日本人の女性と結婚し、可愛いお子さん(男の子)がいる。いつもその写真を持って自慢していた。
  • 【速報】上海で地下鉄追突事故、270数人ケガ

    Posted on 2011年9月28日 takashi コメントはありません

    今日、豫園に行こうと地下鉄10号線に乗っていたら、2時45分ごろ南京東路で突然停止したまま動かなくなってしまった。駅の様子から何かおかしいと思い、混雑する人混みを掻き分け外へ出た。すると、道路は消防車がサイレンを鳴らしながら豫園の方へ走って行く。「やはり地下鉄で何かあったんだ」と察知し、消防車の向う豫園に行ってみた。

    DSCF8699 2時50分頃、けたたましくサイレンを鳴らしながら数台の消防自動車が走って行く。
    中国では信号無視の車やら歩行者が多い中、クラクションを鳴らしながらすさまじく切り抜ける。

     

    地下鉄豫園駅の1号出口付近に消防自動車が止まって、警察官が現場を規制している。その中で、レスキュー隊が酸素ボンベを背中に、カッターなどの道具を持って数十人が駆け込んで行った。

    DSCF8719 多数の警察官が地下鉄10号線豫園駅1号出口の周囲を規制し始めた。
    DSCF8768 3時10分頃、消防車が次々と到着して辺りは騒然となって来た。
    DSCF8712 3時15分頃、自力で脱出できる乗客が地下鉄駅から出てきた。頭から血を流していたり、足を引きずりながらの人も多く見られた。
    DSCF8718 3時半頃、レスキュー隊が酸素ボンベを担いで次々と地下鉄駅に入って行く。
       
    DSCF8762 しばらくして、重症者が担架で運び出される。
    DSCF8771 負傷者は応急手当てを行った後、救急車で病院へ搬送される。
    DSCF8777 4時30分頃、最初は消防車で埋まっていたが、負傷者が運び出されるに連れ、救急車が次々と到着し、道路を埋め尽くした。

     

    中国のテレビ放送で事故のニュースを見たが、原因は信号故障で停止していた列車に後から来た列車が追突したためのようだ。7月23日に発生した事故原因と同じ事が起きた。これは、信号故障時の安全に対する考え方に問題があるとの報道。

    真の問題がどこにあるのか、これからの報道に注目したいが、高速鉄道、地下鉄など、我々がよく利用する交通期間だけに、今後の報道に着目し、安全への取り組みを確認していきたい。