中国・東南アジアの個人旅行

個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon

中国の個人旅行

中国の自然遺産や文化遺産など世界遺産めぐり。また、成都のパンダや、古都を訪ねるのも楽しい。中国は広い国。鉄道、パスで個人旅行を楽しもう。個人旅行の計画から実践までのティップスを紹介するエンジョイアジア!

中国の個人旅行 中国の個人旅行

台湾の個人旅行

台湾は海に囲まれた島、サンゴ礁、奇岩、大理石の浜、白いサンドビーチなどのきれいな海岸がいっぱい。また、3000~4000m級の険しい山がそびえ、美しい森林と渓谷を造り出している。一方、お腹が空けば台湾グルメ。全国いたるところで夜市が楽しめる。個人旅行の計画から実践までを応援するエンジョイアジア!

台湾の個人旅行 台湾の個人旅行

ベトナムの個人旅行

ベトナムは南北に長く、東は東シナ海、西はカンボディア、ラオスと国境を接する国。ホーチミン、ハノイなどの都市を中心に多くの観光スポットがある。北から南へは鉄道も通っており、のんびりと鉄道の旅も楽しい。ベトナム個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

ベトナムの個人旅行 ベトナムの個人旅行
  • マンダレー観光(6)・・・マンダレー郊外インワを観る

    Posted on 2017年7月15日 takashi コメントはありません
    タクシーをチャーターして、マンダレー郊外の観光スポット、アマラプラ、ザガイン、インワを訪れた。
    アマラプラ、ザガイン観光の後、約400年間にわたり栄えたビルマ王朝の都跡インワを訪れた。

    渡し舟でインワへ渡る

    渡し舟でインワへ渡る

    ミッンゲー川を渡し舟で渡りインワへ
    エーヤワディ川の支流ミッンゲー川を渡し舟に乗って渡るとインワ遺跡の町。渡し舟料金往復1400チャット(約118円。(インワへは橋を渡る方法もあるが、こちらの方が一般的らしい)

    インワでの観光馬車

    インワでの観光馬車

    インワでは馬車に乗って観光
    船着場に着くと馬車が並んで待っている。不案内だし、他に手段がないので、ここは乗るしかない。料金は、1台(2人乗り)10,000チャット(約840円)で、何も言わなくとも、一連の観光スポットを巡ってくれる。
    ただし、道は舗装していないのでデコボコ。馬車の揺れはかなり酷い。

    バガヤー僧院

    バガヤー僧院

    チーク材で造られたバガヤー僧院
    馬車に揺られて15分ほどすると、バガヤー僧院に到着する。ここでは、入域カードの提示が必要。マンダレーの王宮などで購入しておれば、携行を忘れないように。ない場合、10,000チャット(約840円)必要。
    建物がチーク材で造られており、入口の扉の彫刻なども見応えがある。

    タイトル
    説明

    ヤタナーシンメ寺院

    ヤタナーシンメ寺院

    ヤタナーシンメ寺院
    バガヤー僧院から北へ5分ほど行くと、田園地帯の風景にうまく溶け込んだヤダナーシンメ寺院の姿見られる。

    ヤダナーシンメ寺院の仏像

    ヤダナーシンメ寺院の仏像

    ヤダナーシンメ寺院の仏像
    寺院を左のほうへ入ると、石柱が並ぶ囲いのなかに何体かの仏像が見える。写真撮影には、お奨めのスポットである。

    ナンミイン監視塔

    ナンミイン監視塔

    ナンミイン監視塔
    ヤダナーシンメ寺院を出て、東の方へ(船着場へ戻る方)10分ほど行くと、ナンミインの監視塔がある。
    この塔は27mの高さがあり、1822年のバーヂードー王宮の一部である。1838年の地震で塔頂部が倒壊したが復元された。
    この辺りに来るとみやげ物屋の売り子が待っていて、観光どころではなくなる。「これかって、あれかって・・・」とうるさいくらい。ヒスイの腕輪や、旧日本軍の軍票、古銭の銀貨などが多い。
    マハーアウンミェ僧院

    マハーアウンミェ僧院

    マハーアウンミェ僧院
    監視塔から更に船着場の方へ5分ほど行くと、マハーアウンミェ僧院がある。この辺りまでくると馬車に揺られているせいか、もう限界に近くなる。でもこの寺院が最後なのでもうひと頑張り。寺院の中は真っ暗なので、灯りが必要。中には仏像が何体か安置されている。

    船着場から対岸へ渡る

    船着場から対岸へ渡る

    インワ鉄橋とヤダナーポン鉄橋を見ながら川を渡る
    船着場近くに着き、料金を払い、渡し舟を待つ。渡し舟はピストン運行しているので10分も待つことはない。

    川を渡る途中、インワ鉄橋とヤダナーポン鉄橋が直ぐ近くに見える。

  • マンダレー観光(5)・・・マンダレー郊外サガインを観る

    Posted on 2017年7月14日 takashi コメントはありません
    タクシーをチャーターして、マンダレー郊外の観光スポット、アマラプラ、ザガイン、インワを訪れた。
    アマラプラ観光の後、ザガインに寄る。ザガインは、エーヤワディ川を渡るインワ鉄橋、ヤダナーポン鉄橋、カウンムードー寺院、ザガインヒルを観光した。
    そして、インワでは約400年間にわたり栄えたビルマ王朝の都跡を観て廻った。

    エーヤワディ川にかかるインワ鉄橋

    エーヤワディ川にかかるインワ鉄橋

    エーヤワディ川にかかる2つの鉄橋
    エーヤワディ川にかかる橋は少ないが、ここには2つの鉄橋がある。ひとつは遠くに見えるインワ鉄橋で、中央に鉄道レールが敷かれ、両側が車用になっている。
    1934年にイギリスにより建設されたが、第二次大戦中、侵攻工してきた旧日本軍に利用されないよう、1942年爆破された。その後、1954年復旧されている。
    手前は2008年に完成した新しい鉄橋、ヤダナポン鉄橋。

    対岸に見えるザガインヒル

    対岸に見えるザガインヒル

    エーヤワディ川の対岸に見えるザガインヒル
    エーヤワディ川の向こうにザガインヒルが見える。ザガインヒルは小高い丘のこと。ここに150以上の仏塔、寺院が点在する。

    カウンムードー寺院

    カウンムードー寺院

    カウンムードー寺院
    インワ鉄橋を渡って約9kmのところにあるカウンムードー寺院は46mあり、ザガインで最大の仏塔。ザガインに都が置かれた1322年に建造された。
    仏塔の形状はミャンマーでは珍しいが、元はスリランカのアヌラダプラにあるルワンウェリサーヤ大仏塔をモデルにしている。
    【世界遺産】アヌラダプラを観る
    スリランカの仏塔と同じくこの仏塔も長く白い色をしていたが、軍事政権時代に金色に塗り替えられた。
    カウンムードーパヤーの内部

    カウンムードーパヤーの内部

    寺院の内部は鏡貼り
    内部の装飾も素晴らしい。キラキラ輝く壁は、鏡の小片をモザイク状に貼り合せていたもの。非常に手が込んだ造りとなっている。

    仏塔の周囲には小さな石柱が配置されている

    仏塔の周囲には小さな石柱が配置されている

    仏塔を囲むナッツ神の像
    仏塔を囲む多くの石柱のうち、120は民族信仰のナッツ神の像が見られる。

    参道に並ぶ店ではタナカが売られている

    参道に並ぶ店ではタナカが売られている

    参道のみやげ物店に並ぶ化粧品タナカ
    ザガインではミャンマーの伝統化粧品タナカが産地として有名。参道にある多くのみやげ物店がタナカを販売している。
    良く見ると、タナカ(樹木)の端にはブランドを表示するスタンプが押されている。

    ウーミントンゼー寺院

    ウーミントンゼー寺院

    ウーミントンゼー寺院
    ザガインヒルを下がったところにウーミントンゼー寺院ある。寺院は、斜面上の参道を上るようになっていて、45体の仏像などが並んでいる。頂上には仏塔があるが、ここからの眺望も素晴らしい。

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院

    ザガインヒル頂上のサンウーポンニャーシン寺院
    ザガインヒル頂上にあるのがサンウーポンニャーシン寺院。遠くからでも良く見えるこの仏塔は

    ザガインヒル頂上からエーヤワディ川を眺める

    ザガインヒル頂上からエーヤワディ川を眺める

    サンウーポンニャーシン寺院からエーヤワディ川を眺める
    サンウーポンニャーシン寺院のテラスからの眺めは素晴らしい。エーアヤワディ川には2つの鉄橋、ヤナダーポン鉄橋とインワ鉄橋が見える。
    その右手には、約400年栄えたビルマ王朝の遺跡インワの町が見える。

  • マンダレー観光(4)・・・マンダレー郊外アマラプラを観る

    Posted on 2017年7月12日 takashi コメントはありません
    タクシーをチャーターして、マンダレー郊外の観光スポット、アマラプラ、サガイン、インワを訪れた。

    アマラプラでは、ミャンマー最大の僧院マハーガンダーヨン僧院での托鉢の様子をはじめ、夕暮れ時のウーベイン橋、マヌーティア(上半身が女性で下半身がライオンの伝説上の生き物)が守るチャウットーヂー寺院など。
    また、サガインでは、エーヤワディ川を渡るインワ鉄橋、カウンムードー寺院、サガインヒルを、
    そして、インワでは約400年間にわたり栄えたビルマ王朝の都跡を観て廻った。

    タクシーの手配はホテルにお願いした。料金は、35,000チャット(2,940円)。ホテルでは、最初40,000チャット(約3,360円)と言っていたが、この時期(6月)はローシーズンなので、街で事前に聞いていた相場、35,000チャット(2,940円)にしてもらった。

    マハーガンダーヨン僧院

    マハーガンダーヨン僧院

    マハーガンダーヨン僧院
    マンダレーから南に11kmほど下がったところにあるミャンマー最大の僧院。ここでは現在もなお、多くの修行僧が全国から集まり生活している。
    観光地としても有名になったためか、朝早くから多くの観光客が訪れていた。

    托鉢から戻ってくる修業僧侶

    托鉢から戻ってくる修業僧侶

    早朝の托鉢から戻ってくる僧侶
    丁度、托鉢から戻って来た修業僧侶。この後、みんなで食事を取る。

    托鉢の様子などを見るには、訪問時間は朝10:00頃が良い。

    托鉢から帰って来た僧侶におねだりする子供達

    托鉢から帰って来た僧侶におねだりする子供達

    周辺の子供達が托鉢をおねだりしている
    近くに何人かの子供達が群がり、托鉢を終えた僧侶達に物乞いをしていた。
    これに応える僧侶もいたが、ほとんどの僧侶は無視してやり過ごす。事情は良くわからないが、子供達の将来のため、何らかの対策が必要なのではと思った。

    ウーベイン橋

    ウーベイン橋

    ウーベイン橋を渡る
    マハーガンダーヨン僧院から南に500mほど行くと、タウンタマン湖にかかるウーベイン橋がある。前兆1.2kmもあるこの橋は、160年も前に当時の市長ベイン氏が架けたと言われている。
    橋には欄干が無く気を付けて渡る必要があるが、途中に休憩所などもあり、ゆっくり渡ることが出来る。

    ウーベイン橋のボート遊覧

    ウーベイン橋のボート遊覧

    ウーベイン橋のボート遊覧
    橋の中央部では湖畔に降りる階段があり、レストランで休憩したり、ボート遊覧なども出来る。

    シルエットが美しい夕暮れのウーベイン橋

    シルエットが美しい夕暮れのウーベイン橋

    シルエットが美しい夕暮れのウーベイン橋
    夕暮れにボートに乗るとこのようなウーベイン橋の美しいシルエットが見られる。

    チャウットーヂー寺院を守るマヌーティア

    チャウットーヂー寺院を守るマヌーティア

    マヌーティアが守るチャウットーヂー寺院
    ウーベイン橋を渡り、少し行ったところにチャウットーヂー寺院がある。
    渡って直ぐに別の寺院があるので、そこを通り過ぎ左に曲がると、マヌーティアと言う上半身が女性で下半身がライオンの像が見えてくる。

    チャウットーヂー寺院の五百羅漢像

    チャウットーヂー寺院の五百羅漢像

    チャウットーヂー寺院の五百羅漢像
    大理石で造られた五百羅漢像が寺院の壁面にズラリと並ぶ。

    マンダレー郊外観光スケジュールのポイント
    アマラプラのマハーガンダーヨン僧院の托鉢の様子と夕暮れのウーベイン橋を見るには、朝10:00過ぎにマハーガンダーヨン僧院を訪れた後、先にサガイン、インワを見てから夕暮れにもう一度アマラプラに戻りウーベイン橋を訪れるようドライバーにお願いすると良い。