個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2016年3月21日 takashi コメントはありません
    毎年、2月のポーヤデイ(満月の日でここでは、Navam Full Moon Poya Dayと呼ばれる)にコロンボで開催されるペラヘラ祭りがある。今年(2016年)は2月21日、22日に行われた。(昨年開催のコロンボペラヘラ祭りは コロンボのペラヘラ祭り(2015) を参照ください)
    入場料などは不要で、沿道で見ることが出来る。ただし、旅行者用に観覧席が用意されており、これを利用するには、3,000ルピー(約2,400円)のチケットを購入する必要がある。しかしながら、その必要は全くなく、むしろ移動しながら写真を撮るなら定位置の座席は要らない。
    19:00スタートになっているが、30分は遅れるのがスリランカの常識。マウントラビーニアを夕刻7時前に出て、バスでガンガラーマ(寺院)まで行って着いたのが、7時半、始まったのは8時20分だった。

    P1260796ペラヘラの始まり
    さあ、始まった。
    このバナー(垂れ幕)には、「コロンボ、ナワム、ペラヘラ」(上段)「ガンガラーマ」(下段)と書かれている。
    (この程度のシンハラは読めるようになったかな?)

    最初は、WHIPPING(むちで道路を打ち、パチパチと音を立てながら行進する)から始まる。

    P1260847次にドラムス
    太鼓のリズムが聞こえてくると、いよいよペラヘラ祭りの始まりだ。
    この独特の太鼓のリズムに合わせ、金管楽器がメロディーを奏でる。

    P1270289そして象の行進が続く
    このスタイルの行進が特徴で、また次の太鼓、笛の楽団の後、象の行進が続く。

    P1270782神聖な仏陀の歯を運ぶ象
    この象の背中に乗せられたカスケットと言われる飾りケースには、仏陀の歯が乗せられている。仏陀の歯は仏教の国にとって、神聖なもので、通常寺院に納められているが、ペラヘラ祭りの行事にはこのように象の行進に登場する。

    P1270867イルミネーションで飾られた仏陀
    電飾にて飾り立てられた仏陀が搭乗。この後、寄付を募る複数台の車が続く。

    P1280298今年もファイヤーダンスで締めくくる
    ファイヤーダンスが最後を締めくくる。空中高く投げる火の輪、クルクル廻しながら近づいて来る火の輪。
    キャンディと違い直ぐ近くで見るので迫力は満点。火の粉が飛んできそうだ。

    説明かくして、20:00過ぎに始まったコロンボペラヘラ祭りは、22:00過ぎにようやく終わった。

  • スリランカ最大の祭り・・・キャンディ エサラ ペラハラ フェスティバル

    Posted on 2015年10月13日 takashi コメントはありません
    スリランカで最大の祭り、キャンディで行われるエサラペラハラ(象の行進)を見に行った。エサラと言うのは、エサラ月(8月初旬から9月頃)の期間(新月から満月までの間)に行われるため、この名前が付いた。

    P1220281キャンディへは、列車で 
    コロンボからキャンディへは、列車およびインターシティバス(エアコン付き)が利用出来る。チケットの予約は、コロンボフォート駅で2ヶ月前より出来る。
    乗車券料金は、1等座席指定で500ルピー(約450円)で安い(ちなみに、インターシティバスは285ルピー)
    1日に数本あるが、早い目の予約が好きな時間帯を選べるメリットがある。
    P1220306キャンディに到着して 
    約2時間で到着。ペラヘラ祭り期間は、宿を予約しておいた方が良いと考え、予めWEBサイトで予約を入れておいた。
    宿は、キャンディ駅から少し離れており、宿に電話を入れたところ、迎えに来てくれるとのことで昼食をしてから、来てもらった。

    P1220370ペラヘラの会場は道路 
    宿で少し時間を潰し、夕方キャンディの街へ出かけた。
    ペラヘラ祭りで象が行進するルート沿いの歩道は観客席になっており、地元の人で占められている。外国人観光客も割込んで見ても良いが、とにかく狭い。
    このため、外国人観光客のために、座席が販売されており、気に入った座席を購入して行進を見ることが出来る。
    道路を歩いていると、お兄さんから声がかかってくる。最初は一人60USD(8,000ルピー)と言うが、スタートが近づくに連れ安くなる。
    座席は、建物の2階とか3階のベランダに仮設の椅子を設置したもので、道路に面して並んでいる。
    あちらこちらの座席を見て、結局2階のベランダ座席を2,500ルピーで手に入れた。

    P1220336 (2)ペラヘラの準備に取り掛かる象使い 
    ペラヘラが始まるのは夕方7時ごろ。その1時間ほど前から、象使いは衣装の着付けに忙しい。
    座席を確保した後は、仏歯寺の周辺に出てみよう。衣装を身に付ける象が見られる。

    P1220363 (2)キャンディアンダンサーも出番を待つ 
    ペラヘラ祭りでは、象の行進はもとより、キャンディアンダンサーの踊りも見もの。
    ドラム、ラッパなどのリズムと共に、独特のキャンディダンスをしながら、街を練り歩く。 

    P1220463 (2)スタートはファイヤーダンスから
    やがて、ペラヘラが始まる。
    ここキャンディでは、ファイヤーダンスから行進が始まる。

    P1230025 (2)その後に続く、ドラム、ダンス、そして象の行進 
    ファイヤーダンスの後、 ドラムが続き、そしてやっと象の更新が始まる。
    最初は、まず一頭。衣装に身を包み、電飾を施した象がゆっくりと進んで行く。

    P1230455 (2)仏歯を載せた象が三頭立てで行進 
    仏歯を載せた象が行進。

    P1230871 (2)ブルーのイルミネーションで飾られた象 
    ドラムのリズムに合わせて、象もダンスをしながら行進。

    P1230955 (2)まだまだ続く象の行進
    19:00過ぎに始まり、2時間が過ぎようとしているが、まだまだ行進は続く。

    P1240033 (2)赤に電飾された象 
    青、黄色、赤と色とりどりに電飾が施された象の衣装。

    P1240117 (2)最後は白色LEDの電飾で飾られた三頭立ての象 
    最後の方は、シンプルながら格調の高い白色LEDで飾られた象。
    その背中には、国の宝物である仏歯が載せられている。

     

  • ベントータのウミガメ保護センター

    Posted on 2015年5月15日 takashi コメントはありません
    P1180639SEA TURTLES CONSERVATION CENTER
    Sea Turtles Conservation Research Project in Bentota south Sri Lanka と書かれ、ここでウミガメの保護研究プロジェクトが進められている。
    入場にはRs.500/=が必要。高いと思うが、ドネーションと考え、気持ちよく支払いたい。
    コロンボからインターシティバスでベントータで降りるが、インドゥルワの直前で降りると近い。ゴール道路沿いにある。
    P1180631ベイビータートル
    水槽で泳いでいるウミガメの赤ちゃんは、タッチでき、手の平ですくい上げて観察することが出来る。
    しかし、少し大きくなると、噛み付くことがあるので、注意が必要。

    P1180647ウミガメが産卵した卵の管理 
    ウミガメが砂浜で産卵したのち、外敵から保護するため、この管理区域に移される。
    各産卵毎にタグが付けられ、管理されている。

    P1180648外敵から保護するために特別のネットで囲まれている
    鳥などの外敵から守るため、このエリアはネットで覆われている。

    P1180640ハッチング(孵化)後ベイビータートルは水槽に移される
    水槽内には、生まれたばかりのベイビータートルが元気よく泳いでいる。

    P1180653ここでも赤ちゃんカメと触れ合うことが出来る
    水槽には、カバーがかけられ、鳥などの外敵から保護されるようになっているが、赤ちゃんカメと触合うことも可能。

    P1180720大きくなったウミガメは別の水槽に移される
    赤ちゃんウミガメは、海に放されるが、一部のウミガメは研究のため別の大きな水槽にて飼育されている。水槽は1匹毎に与えられ、広い水槽で気持ちよく泳ぎ回っていた。

    P1180649MARINE TURTLE EDUCATION AND RESEARCH ZONE 
    「ここでは、5種類のウミガメが生息しています。教育と研究のため、ウミガメの種毎に最大10匹の赤ちゃんウミガメを管理育成しています」と書かれています。

    ベントータから南隣の街、インドゥルワにもウミガメ保護センターがある。この辺り一帯は、ウミガメの産卵場所として知られ、多くの保護センターがあり、大学などが中心となり、教育・研究プロジェクトが進められている。
  • ヤーラ国立公園のサファリツアー、料金と期待するもの

    Posted on 2015年4月30日 takashi コメントはありません
    P1190401ジープで交通渋滞のサファリツアー
    ティッサマハーラーマは、ヤーラ国立公園のサファリツアーの拠点と言われている。街を歩いていても、あちらこちらでジープを見かける。
    一般には、ホテルやゲストハウスでサファリツアーの予約をするのだけど、この料金が非常に高額。初めて参加した場合、相場も分からないのでそれが妥当かどうか分からず、「折角来たんだから」と申し込んでしまう。
    我々も、ティッサマハーラーマのバス停に到着した時、サファリツアーのドライバーが声をかけて来た。他のツーリストとシェアするので安くなると言い、3人で最初33,000/=と言い出した。交渉して、Rs.22,000/=まで下がり、どうしようかと考えていたが、結局断った。

    P1190313 チャーターバスで乗り込んで来るローカルピープル
    翌朝、道を歩いていたら、多くのジープがサファリツアーから帰って来たところ。利用客はローカルピープルだったので、多分安いのではと思い、その中の一台のジープに値段を聞いてみた。
    すると、3人で1台のジープを貸切でジープ代がRs.4,500/=、入場料がRs6,000/=で合計Rs.10,500/=だった。正に半額となった。しかも貸切で。
    つまり、バス停で声をかけて来たドライバーは、外国人を見付けて、相場の2倍の料金を提示して稼ごうと言う魂胆だったことが分った。
    P1190386ローカルピープルはとにかく安くする
    バスでの乗り込みもビックリだが、一般にジープでもローカルピープルは、10人は乗っている。すると一人Rs.400~500/=、入場料はローカルピープル料金でRs100~200/=だから、合計でRs500~600/=になると思う。したがって、外国旅行者はその10倍も払っていることになる。

    P1190320さて、何が見られるのかな!
    料金が高くとも、それに見合っていれば・・・。期待するのは、勿論象だろう。
    しかし、「右に鹿が見える。左にイノシシ。クジャク・・・。水牛はここではどこでもあるので、無視される」
    「象はどうなの?」「今日は天気が悪くて、お家に帰っている」と、ドライバーの答え。
    こんな、ジープやらバスやらが悪路をガタガタと音を立てて走っていては、野生の象は近づかないだろうと思いながら、ひどく揺れるジープにしがみ付いていた。
    P1190394他にはワニがいるけど
    ワニなら、ここスリランカでは、普通の池や川でも見られる。
    ドライバーは一生懸命になって、野生の動物を探してくれるが、なかなかこちらの期待する動物に遭遇しない。

    P1190356景色は中々のもの
    ジャングルの中は、自然そのもの。風景は何とも言えないぐらいきれいだった。

    P1190442サファリ内は交通渋滞
    サファリツアーは朝と夕方の時間帯がある。動物が水を飲みに来る時間だ。
    ティッサマハーラーマからヤーラ国立公園まで約1時間かかる。朝の部は、5時出発、6時にサファリに入り3~4時間見て、11時頃帰って来る。一方、夕方のコースは、2時半に出発し、3時半から日没まで約3時間見て、7時半頃帰って来る。
    サファリ内では、道路(未舗装)が数本公園内を巡回するように走っていて、ドライバーの判断で動物の良そうな場所を探しながら移動する。そこでは、車の総数が規制されていないので混雑渋滞するのはいいとしても、園内のあちらこちらで騒音を立てて走っているため、野生動物(特に象)と遭遇できるのかと疑問を感じる。現地のサファリツアー関係者は、とにかく金儲けが先で、ツーリストのことなど考えていないようだ。
    「昨日は10mほどのところに象がいた」と期待を持たせる話しで客を引くが、運が良くてもほとんど期待できないのではないか。高くても良いから、もう少し質を上げて欲しいと思う。
  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年3月8日 takashi コメントはありません

    スリランカのペラヘラは、ここコロンボでも行われる。今年は2月2~3日の夜、19:00~3時間程度続く。入場料等の料金は不要で、道路沿いからでも見学できる。ただ、席を確保しようとすると、ツーリスト用の座席料金がかかる。(3,000ルピー≒2,700円)。

    ちなみに、ペラヘラはキャンディが一番有名であるが、その他にもスリランカ各地で開催されている。時期も各地の事情によりまちまち。私の場合、ここコロンボの他に、昨年12月にベントータのペラヘラを見に行ったことがある。

    P1170657象の行進が始まる
    これまでのペラハラとは違い、象の衣装がいたってシンプル。イルミネーションが施されていない。 当然、これが元々のスタイルで、昔はこうだったんだろうなぁと思う。
    そのせいか、道路の照明を各所に設け、明るく象を照らすようになっている。

    P1180144ドラムに合わせてダンサーが踊る
    象の行進の後に続く、ドラムと管楽器の軽快なリズム。それに合わせて踊るダンサーは、民族衣装を身にまとい、独特のステップで見事なパフォーマンス。

    P1180177ツーリスト用観客席
    手前はツーリスト用に設けられた特設観客席。多くの観光客が見に来ていたが、それより地元の人が圧倒的に多い。
    ちなみに、地元の人用の座席もあり、無料。

    P1180184仏歯を乗せた象の行進は最大のイベント
    最後の方で、仏歯(Buddha’s Tooth)を乗せた象が登場。
    行進する間、地元の観客は総立ちして、祈りを捧げる。
    スリランカは70%が敬虔な仏教徒なので、
    P1180222なぜか、最後はファイヤーダンス
    いずれにしても、ファイヤーダンスがあったのは、良かった。
    他のペラヘラ祭りでは、比較的最初にあるが、ここコロンボのペラヘラ祭りでは、どうしてか、最後の締めくくりのようになっていた。

    P1170535ベイラ湖に浮かぶシーマ・マラカヤ寺院
    ベイラ湖の上に建つ小さな寺院は、シーマ・マラカヤ寺院。斬新なデザインは、地元のアーティストジェフェリー・パワの設計による。
    ペラヘラ(行進)は、このイルミネーションに飾られたこのシーマ・マラカヤ寺院からスターとする。

  • ベントータのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年1月8日 takashi コメントはありません
    P1150904ベントータ(Bentotha)のペラヘラ祭り
    キャンディのペラヘラ祭りは、スリランカで最大の規模を誇るが、ここベントータ(Bentotha)でも12月の中旬にペラヘラ祭りが行われる。
    今年は12月20日(土)に開催された。規模はキャンディに比べると非常に小さいが、その反面、すぐ近くで見ることが出来たので、別の意味で迫力があり、また違った印象を持つことが出来た。
    スリランカの常識?かも知れないが、この日も10時15分に始まると言うので、9時45分ごろ到着し、待っていた。
    P1150368ペラヘラ祭りの行進行われるメイン会場の道路
    夜9時50分、メイン会場の道路前の特設観客席には、多くの見物客が待ち構えていた。
    外国人旅行者も少なからず見られたが、ほとんどは地元の人。
    始まるのは、10時15分と聞いているが、本当は?
    P1150380行進が始まった
    9時40分から待つこと3時間、12時40分になって、やっと行進が始まった。(と言うより、地元の人の説明では、10時に寺を出て、はるばるここまでやって来たと言うことだ)
    最初は、寄付を集めるための募金箱の一団。

    P11504505歳ぐらいの子供も
    伝統的な祭りのため、小さい子供にもこのファイアーダンスを教える。
    近くで見るので、火の粉が飛んでくることや、タイマツ自体を受け損ね観客席まで落ちて来ることがある。これが迫力と言うか、安全に配慮を欠いた非常に危険な祭りだと実感する。

    P1150557足で火の輪を操る
    ファイアーダンスには、いろんな芸があるが、代表的な物のひとつに、足で火の輪を廻すものがある。

    P1150658竹馬に乗り頭で火の輪を廻す
    こちらは、3mの竹馬の上に乗り、頭につけた紐で二つの火の玉を同時に反対方向に廻すと言った離れ業。
    一度廻すと止められない非常に危険な芸当だ。

    P1150726タムタムビッター
    火のダンス(ファイアーダンス)の後に、タムタムを叩いて行進するビターの列が続く。
    独特のリズムでタムタムを打ち、祭りは盛り上がる。

    P1150823象の行進
    キャンディと違って、象は一頭づつ行進する。
    イルミネーションも控えめである。
    しかしながら、連日のペラヘラで疲れ気味のキャンディの象に比べ、こちらは一日だけなのんで、まだ元気そうに見える。
    P1150898ブルーにイルミネートされた象の行進
    象の数はそれほど多くはなく、30頭前後であるが、イルミネーションを施し、豪華さがうかがえる。

    P1150972赤にイルミネートされた象の行進
    今度は赤色のイルミネーション。
    キャンディでは3頭が並んでの行進であるが、ここは1頭づつ。