個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2016年3月21日 takashi コメントはありません
    毎年、2月のポーヤデイ(満月の日でここでは、Navam Full Moon Poya Dayと呼ばれる)にコロンボで開催されるペラヘラ祭りがある。今年(2016年)は2月21日、22日に行われた。(昨年開催のコロンボペラヘラ祭りは コロンボのペラヘラ祭り(2015) を参照ください)
    入場料などは不要で、沿道で見ることが出来る。ただし、旅行者用に観覧席が用意されており、これを利用するには、3,000ルピー(約2,400円)のチケットを購入する必要がある。しかしながら、その必要は全くなく、むしろ移動しながら写真を撮るなら定位置の座席は要らない。
    19:00スタートになっているが、30分は遅れるのがスリランカの常識。マウントラビーニアを夕刻7時前に出て、バスでガンガラーマ(寺院)まで行って着いたのが、7時半、始まったのは8時20分だった。

    P1260796ペラヘラの始まり
    さあ、始まった。
    このバナー(垂れ幕)には、「コロンボ、ナワム、ペラヘラ」(上段)「ガンガラーマ」(下段)と書かれている。
    (この程度のシンハラは読めるようになったかな?)

    最初は、WHIPPING(むちで道路を打ち、パチパチと音を立てながら行進する)から始まる。

    P1260847次にドラムス
    太鼓のリズムが聞こえてくると、いよいよペラヘラ祭りの始まりだ。
    この独特の太鼓のリズムに合わせ、金管楽器がメロディーを奏でる。

    P1270289そして象の行進が続く
    このスタイルの行進が特徴で、また次の太鼓、笛の楽団の後、象の行進が続く。

    P1270782神聖な仏陀の歯を運ぶ象
    この象の背中に乗せられたカスケットと言われる飾りケースには、仏陀の歯が乗せられている。仏陀の歯は仏教の国にとって、神聖なもので、通常寺院に納められているが、ペラヘラ祭りの行事にはこのように象の行進に登場する。

    P1270867イルミネーションで飾られた仏陀
    電飾にて飾り立てられた仏陀が搭乗。この後、寄付を募る複数台の車が続く。

    P1280298今年もファイヤーダンスで締めくくる
    ファイヤーダンスが最後を締めくくる。空中高く投げる火の輪、クルクル廻しながら近づいて来る火の輪。
    キャンディと違い直ぐ近くで見るので迫力は満点。火の粉が飛んできそうだ。

    説明かくして、20:00過ぎに始まったコロンボペラヘラ祭りは、22:00過ぎにようやく終わった。

  • スリランカ最大の祭り・・・キャンディ エサラ ペラハラ フェスティバル

    Posted on 2015年10月13日 takashi コメントはありません
    スリランカで最大の祭り、キャンディで行われるエサラペラハラ(象の行進)を見に行った。エサラと言うのは、エサラ月(8月初旬から9月頃)の期間(新月から満月までの間)に行われるため、この名前が付いた。

    P1220281キャンディへは、列車で 
    コロンボからキャンディへは、列車およびインターシティバス(エアコン付き)が利用出来る。チケットの予約は、コロンボフォート駅で2ヶ月前より出来る。
    乗車券料金は、1等座席指定で500ルピー(約450円)で安い(ちなみに、インターシティバスは285ルピー)
    1日に数本あるが、早い目の予約が好きな時間帯を選べるメリットがある。
    P1220306キャンディに到着して 
    約2時間で到着。ペラヘラ祭り期間は、宿を予約しておいた方が良いと考え、予めWEBサイトで予約を入れておいた。
    宿は、キャンディ駅から少し離れており、宿に電話を入れたところ、迎えに来てくれるとのことで昼食をしてから、来てもらった。

    P1220370ペラヘラの会場は道路 
    宿で少し時間を潰し、夕方キャンディの街へ出かけた。
    ペラヘラ祭りで象が行進するルート沿いの歩道は観客席になっており、地元の人で占められている。外国人観光客も割込んで見ても良いが、とにかく狭い。
    このため、外国人観光客のために、座席が販売されており、気に入った座席を購入して行進を見ることが出来る。
    道路を歩いていると、お兄さんから声がかかってくる。最初は一人60USD(8,000ルピー)と言うが、スタートが近づくに連れ安くなる。
    座席は、建物の2階とか3階のベランダに仮設の椅子を設置したもので、道路に面して並んでいる。
    あちらこちらの座席を見て、結局2階のベランダ座席を2,500ルピーで手に入れた。

    P1220336 (2)ペラヘラの準備に取り掛かる象使い 
    ペラヘラが始まるのは夕方7時ごろ。その1時間ほど前から、象使いは衣装の着付けに忙しい。
    座席を確保した後は、仏歯寺の周辺に出てみよう。衣装を身に付ける象が見られる。

    P1220363 (2)キャンディアンダンサーも出番を待つ 
    ペラヘラ祭りでは、象の行進はもとより、キャンディアンダンサーの踊りも見もの。
    ドラム、ラッパなどのリズムと共に、独特のキャンディダンスをしながら、街を練り歩く。 

    P1220463 (2)スタートはファイヤーダンスから
    やがて、ペラヘラが始まる。
    ここキャンディでは、ファイヤーダンスから行進が始まる。

    P1230025 (2)その後に続く、ドラム、ダンス、そして象の行進 
    ファイヤーダンスの後、 ドラムが続き、そしてやっと象の更新が始まる。
    最初は、まず一頭。衣装に身を包み、電飾を施した象がゆっくりと進んで行く。

    P1230455 (2)仏歯を載せた象が三頭立てで行進 
    仏歯を載せた象が行進。

    P1230871 (2)ブルーのイルミネーションで飾られた象 
    ドラムのリズムに合わせて、象もダンスをしながら行進。

    P1230955 (2)まだまだ続く象の行進
    19:00過ぎに始まり、2時間が過ぎようとしているが、まだまだ行進は続く。

    P1240033 (2)赤に電飾された象 
    青、黄色、赤と色とりどりに電飾が施された象の衣装。

    P1240117 (2)最後は白色LEDの電飾で飾られた三頭立ての象 
    最後の方は、シンプルながら格調の高い白色LEDで飾られた象。
    その背中には、国の宝物である仏歯が載せられている。

     

  • ベントータのウミガメ保護センター

    Posted on 2015年5月15日 takashi コメントはありません
    P1180639SEA TURTLES CONSERVATION CENTER
    Sea Turtles Conservation Research Project in Bentota south Sri Lanka と書かれ、ここでウミガメの保護研究プロジェクトが進められている。
    入場にはRs.500/=が必要。高いと思うが、ドネーションと考え、気持ちよく支払いたい。
    コロンボからインターシティバスでベントータで降りるが、インドゥルワの直前で降りると近い。ゴール道路沿いにある。
    P1180631ベイビータートル
    水槽で泳いでいるウミガメの赤ちゃんは、タッチでき、手の平ですくい上げて観察することが出来る。
    しかし、少し大きくなると、噛み付くことがあるので、注意が必要。

    P1180647ウミガメが産卵した卵の管理 
    ウミガメが砂浜で産卵したのち、外敵から保護するため、この管理区域に移される。
    各産卵毎にタグが付けられ、管理されている。

    P1180648外敵から保護するために特別のネットで囲まれている
    鳥などの外敵から守るため、このエリアはネットで覆われている。

    P1180640ハッチング(孵化)後ベイビータートルは水槽に移される
    水槽内には、生まれたばかりのベイビータートルが元気よく泳いでいる。

    P1180653ここでも赤ちゃんカメと触れ合うことが出来る
    水槽には、カバーがかけられ、鳥などの外敵から保護されるようになっているが、赤ちゃんカメと触合うことも可能。

    P1180720大きくなったウミガメは別の水槽に移される
    赤ちゃんウミガメは、海に放されるが、一部のウミガメは研究のため別の大きな水槽にて飼育されている。水槽は1匹毎に与えられ、広い水槽で気持ちよく泳ぎ回っていた。

    P1180649MARINE TURTLE EDUCATION AND RESEARCH ZONE 
    「ここでは、5種類のウミガメが生息しています。教育と研究のため、ウミガメの種毎に最大10匹の赤ちゃんウミガメを管理育成しています」と書かれています。

    ベントータから南隣の街、インドゥルワにもウミガメ保護センターがある。この辺り一帯は、ウミガメの産卵場所として知られ、多くの保護センターがあり、大学などが中心となり、教育・研究プロジェクトが進められている。