個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • 海外で携帯電話をかしこく使うには

    海外携帯電話を持っていると大変便利である。日本にいる家族・友人等との連絡はもちろん、現地での連絡用には欠かせない。

    しかしながら、日本の携帯電話を海外で使うには、国際ローミングサービスと言う海外の電話会社のサービスを利用することになるため、利用料金は国内通話と比べ高くなる。

    例えば、NTTドコモの携帯電話で中国から日本にかける場合175円/分かかる。逆に日本からかかってきた場合でも、着信側での負担は145円/分かかる。(相手は国内通話と同じ)

    中国の他、東南アジアのタイ、マレーシア、シンガポール、フィリピンでも同じ料金である。それ以外では、ベトナムは、280円/分、インドネシア、カンボジア、ラオスなどでは380円/分にもなる。

    また、SMS(short message service)で、テキストメッセージを送ることも出来るが、それでも1回当たりの送信で100円程度かかる。

    一方、現地から現地への通話の場合はどうかと言うと、滞在国の国内へ電話をした場合(例えば、宿泊先ホテルとか現地の旅行代理店とか)は75円/分かかる。逆に現地の人から携帯電話に電話をかける場合、まず日本の携帯電話番号へ電話をかけ、その後、日本からその国に返って来るため、携帯電話の持主には着信料金がかかることになる。当然のことながら、現地の人は国際通話料金で電話をすることになる。

    つまり、日本の携帯電話を海外で使用するには、かけるときも、受けるときも非常に高い料金を支払うことになる。

    【PR】
    利用者延べ85179回線突破の海外用携帯電話の購入・レンタルサービス。生涯で10日海外へ旅行する方ならば、月額基本使用料が「一生無料」で全く維持費のかからない海外携帯購入、短期の方にはレンタルと様々なケースに応じてベストな海外での携帯サービスを提供。世界170カ国以上で使え、100%満足保証付で安心して購入できます。イギリス・アメリカ・中国方面なら、さらに通話料金がお得。
    月額0円海外携帯ならモベル


    海外から日本へかける電話料金を安くする方法

    緊急時は別とすれば、通常での連絡用には、SKYPEの利用が一番安くなる。もちろん相手がSKYPEを利用できる場合は無料であるが、相手が固定電話であっても、携帯電話であっても、SKYPEなら格安で電話ができる。

    例えば、東南アジアの国から日本へ電話する場合、下記の料金となる。
    固定電話への通話料金: 接続料金 9.9円 + 3.22 円/分 (3分通話で、19.56円)
    携帯電話、IP電話への通話料金: 接続料金 9.9円+17.5 円/分 (3分通話で、62.4円)

    このサービス利用は、Skypeクレジットと言うプリペイドでのクレジット購入が必要になるが、180日間有効、使用する度に更に180日有効期限が延長されるので、長期的に使えて大変便利。もちろん誰でもどこからでも使える。

    通話以外にはSMS(short message service)で、ショート・メッセージを携帯電話に送信することも可能で、この場合は、7.59 円/回である。(もちろんSKYPEへの送信は無料)

    SKYPEについては、http://www.skype.com/intl/ja/を参照。

     

    海外携帯電話の利用

    一方、現地での電話使用のケースとして、予約したホテルとの連絡(チェックインが遅れる場合など)、現地旅行代理店との連絡(現地ツアーなど)、航空会社への連絡等、使用する場面は案外多い。この場合、ホテルの電話や公衆電話などを使うのは、面倒でしかも使用場所の制限も出てくるので、海外の携帯電話の利用をお奨めする。

    携帯電話を持つと、会話に不慣れで不安になることも考えられるが、海外では、SMS(ショートメッセージ)の連絡が多く、直に電話があるケースは稀である。また、緊急時に備え、所持しているに越したことはない。

    中国旅行での例で、現地の1日ツアーに参加し迷子になった時、この携帯があったため非常に助かったことがある。つまり、集合場所が分からなく探していると添乗員(中国人)から電話が架かって来た。その時、通行人の現地の人に電話を代わってもらい、集合場所を聞いてもらい無事バスまで戻れた。(困った時には、現地の人に助けてもらうにも携帯電話が非常に役に立つと言う例)

    海外の携帯電話利用のメリットはもうひとつある。海外の携帯電話はGSMと言う無線通信方式が使われており、ヨーロッパやアジアを中心に100ヶ国以上で利用されている事実上の世界標準の通信方式を使用している。

    中国・東南アジアでは、台湾中国香港をはじめ、インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ラオスなどで使われている。

    このため、一度、この携帯電話を購入すれば、あとはSIMカード(携帯電話会社が発行する、契約者情報を記録したICカード。携帯電話機に差し込んで利用者の識別に使う)を差換えるだけで、どこの国でも使えると言うメリット。

    ちなみに、日本の携帯電話会社が販売している携帯電話はSIMロックと言って、自社のSIMカードしか使えないようにしているので、海外のSIMカードは使えない。

    海外携帯電話の購入

    現地の携帯電話を利用するには、まず携帯電話の購入が必要である。日本でもインターネット等で販売購入出来るが、価格的、取扱い機種の問題から、海外で購入するのをお奨めする。その方が機種も選べ、また安価に手に入る。

    携帯電話は日本と同じように携帯電話ショップ、ショッピングセンター、電気店などで販売されており、いろんな機種が選べるが、通話とメールが可能なシンプルな機種で十分である。

    DSCF2151

    私の場合、電話とショートメッセージ(SMS)が出来る必要最小限の機能があればよかったので、NOKIA製の約2,000円のものを購入した。

    次に、プリペイド式SIMカードを購入し携帯電話に挿入する。これで直ぐに使用できる。プリペイド式SIMは、利用金額が限定されており、紛失しても安心。頻繁に使わないのであれば、一番安いものでも十分で、有効期限も1年はある。
    私の場合、中国、ベトナム、フィリピンの各国でその国のSIMを購入したが、大体500~1000円程度で販売されており、料金が不足すればチャージも可能である。500円程度のSIMカードでも1ヶ月ぐらいは十分持つ。(電話会社等により料金体系が違う)

    DSCF2155

    SIMカードはそれぞれの国で通信サービス会社から販売されている。
    上段の左右とも中国のSIMカード。下段左はベトナム、右はフィリピンのSIMカード。

    DSCF2157

    カバーを外し、内部の電池を取外せば、SIMカードが挿入できる。SIMカードは購入時、店員に挿入と確認テストを依頼しても良い。プリペイド式SIMカードは面倒な手続きなしで購入出来、すぐに使用出来る。(台湾など一部の国ではパスポートと他に免許証などの身分証明書を要求される)

    これ一台あれば、本当に頼りになります。

     

    日本から海外に格安で電話をかける方法

    一方、日本から海外にいる家族や親しい友人への電話はどうすればいいのでしょうか。相手の携帯電話に電話を入れると相手の着信負担は馬鹿にならない。長電話すると相手もちょっとイライラなんてこともある。一番いいのは、お互いの都合の時間にSKYPEで無料ビデオ電話。

    それが出来ないときは、相手の宿泊先のホテルとかに国際電話をかける。この場合、通話料金が気になる。昔は国際電話となると料金が高いとの評判であったが、今や、1分1円の料金でかけられるようになった。

    電話をかける国によって違うが、中国、台湾、香港、シンガポールの他、USA、カナダ、ドイツ、フランス、スイス、イギリス、イタリア、スペインなども1分1円。韓国、タイ、マレーシアは1分2円、ベトナム、1分7円など。ただし、アクセスポイント(接続番号)までの国内通話料金がかかる。このアクセスポイントは現在、011(札幌)・022(仙台)・03(東京)・042(立川)・043(千葉)・045(神奈川)・048(浦和) ・054(静岡)・052(名古屋)・076(富山)・06(大阪)・082(広島)・092(福岡)の13箇所。詳しくは下記を参照。

    【PR】
    世界18カ国1分1円 基本料金無料! 格安国際電話 TELINK(テリンク)国際電話サービス
    ▼プランA:基本料金0円でなんと18の国と地域へ1分/1円!携帯電話・固定電話から18の国/地域に基本料金0円で1分1円で通話できます。
    ▼プランB:基本料金980円でなんと40の国と地域へかけ放題!携帯電話・固定電話から40の国/地域に基本料金980円でかけ放題できます。