個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • 台湾一周29日の旅(20) ・・・ 澎湖島 島巡り

    Posted on 2011年4月29日 takashi コメントはありません

    澎湖群島は、大きく分けて本島地区(澎湖島とその近辺の島々)、北海地区(吉貝嶼、鳥嶼など北部の島々)、および南海地区(桶盤嶼、虎井嶼、望安嶼、七美嶼など南部の島々)から成る。これらの島々を観光するには、島巡りのツアーがあり、これを利用するのが時間的、予算的にもベターと考え南海旅客服務中心(南海旅客センター)へ情報収集に行った。

    1.島巡りツアーに参加

    DSCF3547a

    南海旅客服務中心の中に、島巡りツアーを催行する船会社のカウンターが並んでいる。

    この中で東北航運が南海地区4島(桶盤嶼、虎井嶼、望安嶼、七美嶼)の島巡りツアーを催行していたので申込んだ。

    料金は700元(昼食なし、ホテルまでの送り迎えあり)

       

    朝、7:10にホテルに迎えが来て、フェリー乗り場へ。7:30出航。

    DSCF3560

    ツアー客のほとんどは、中国からの団体客(と思われる)

       

    2.桶盤嶼

    最初に向ったのは桶盤嶼。ここは下船せず、船から島を見るだけであった。船のキャビンから外に出れないので、窓越しに写真を撮るがきれいに撮れない。

    DSCF3559

    玄武岩の柱状節理が見えるが、船室から窓越しに撮影したため、鮮明な写真は撮れなかった。

       

     

    3.虎井嶼

    次に虎井嶼へ。ここは下船したが、みんなバスに乗る人とオートバイをレンタルする人に分かれ観光に出かけて行く。船内のアナウンスもガイドも全て中国語のみでさっぱり分からない。どうするのかなぁと思いつつ、オートバイを借りようとしたら、バスに乗れと言う。どうやらバスはピストン運行しているようで、団体客はバスで移動しているようだ。

    フェリー会社の提供している島巡りツアーには、バス代は含まれていないようで、100元を支払った。やっとバスで島の小高い丘の上に行くことが出来た。オートバイの連中もみんなこの丘に登っていた。

    DSCF3581

    バスは柱状節理の岩肌が見られる小高い丘に上がって行く。ここからの360度にわたり、周囲の海が見渡せる。

    DSCF3577

    ここは、かつて旧日本軍の要塞があったところ。「日軍山本五十六大将南進指揮所」との表示がある。

       

    4.望安嶼

    次に望安嶼へ。この島は、アオウミガメの生態保護区に指定されており、毎年5月から10月の間、産卵に戻ってくるアオウミガメの故郷として管理されている。ここでも島案内のバスがあり、150元を支払った。

    DSCF3588

    港近くにアオウミガメ観光保育センターがあり、アオウミガメの生態を紹介している。

    DSCF3598a

    望安嶼の最高点、標高53mの天台山に上がれば、美しい海の景色が見られる。

       

    5.七美嶼

    最後に七美嶼。ここは、七美人塚、大獅、小台湾、双心石滬などの見所があり、人気のある観光スポット。特に双心石滬はツインハートと呼ばれ、二つのハートが一つに重なることから、結婚式を上げるカップルも多く、2005年には99組が挙式を上げたとの記載がある。この島でも100元のバス代を支払った。

    DSCF3620

    大獅の形状をした岩。見ようによっては・・・

    DSCF3629

    小台湾と言われている平らな岩の台。形状は台湾に見える。

    DSCF3637

    ツインハートの形状をした双心石滬。かつて漁に使われた石で作られた仕掛け。

    その形状からカップルに大変人気のあるスポットとなっている。

       

    やがて、7時間のツアーは終わり、船は馬公に戻った。島巡りは、船の便のみを利用し、団体バスに乗らず、オートバイをレンタルするのがベター。しかしながら、国際運転免許証を事前準備しておく必要がある。このため一般には、ツアーを利用せざるを得ないが、グループツアーでの時間制約と中国人団体との行動は疲れる。

    でも、最終的に、観光スポットを回ることが出来、ほっとした。

  • 台湾一周29日の旅(19) ・・・ 澎湖島 台湾のリゾートアイランド

    Posted on 2011年4月26日 takashi 2 comments

    1.フライト

    台湾には7つほどの離島がある。その中で澎湖島は、いくつかの島で構成され、長く伸びた白いサンゴの砂浜、柱状にならぶ玄武岩の島、二つのハートがひとつになる双心石滬などが有名である。

    DSCF3490

    澎湖島へは船便もあるが、時間的に飛行機が便利。

    高雄-馬公間はプロペラ機が一日12~15便飛んでいる。立榮航空のプロモーション価格で1,299元(約3,600円)

       

    2.宿泊

    空港到着して、宿泊先のピックアップサービスで民宿へ。宿泊は、緑的民宿で1,000元。朝食はないが、無料WIFI付き、空港までの送迎付きでお得感あり。詳しくは、緑的民宿を参照。

    フロントの女性は、中国語以外はほんの少しの英語が話せる。こちらは中級英語とほんの少しの中国語。この両者の会話で部屋でのWIFIが繋がらない苦情から始まり、最終的に部屋を変えるまでに至った。

    3.街歩き

    澎湖島群の本島にある馬公は小さな街であり、主なところは歩いて廻れる。

    DSCF3511

    街の中心にある天后宮。海の神として崇拝される媽祖が祀られている。

    DSCF3665

    天后宮のすぐ右から老街が続いている。みやげ物、アクセサリー、小物、小吃などいろんな店が並んでいる。

    DSCF3669

    その中のひとつ。嶋の玄武岩やサンゴの化石で作る印鑑の店があった。堀代は無料。玄武岩以外にもいろんな種類の石が選べる。100元からある。

    DSCF3670

    店内には多種多様の材料、形の印鑑がある。

       

    4.サイクリング

    、しかし、自転車があれば、海岸線に沿ってサイクリングが楽しめる。さっそく民宿の自転車を借りて・・・

    DSCF3538

    自転車で海岸沿いのサイクリングロードを北上すると、遠くに全長2,494mの跨海大橋が見える。

    DSCF3532

    観音亭近くにある西瀛虹橋。この橋は歩いて渡れる。

       

    5.海の幸

    DSCF3548mix

    民宿で教えてもらったレストラン「許媽媽」光復路を玉山銀行から少し上がったところにある。

    新鮮な海の幸が美味しい。イカのさしみ、海鮮ヌードル、ウニと玉子の炒め物、海草スープ、そしてアサリの炒め物。

    ビールも飲んで880 NTD(約2,640円)。

    DSCF3658mix

    地元の人で賑わう「馬路益小吃」。中正路を仁愛路から少し上がったところにある。

    この店は牛ステーキなどが人気のメニューだが、牡蠣オムレツ、ハマグリ湯麺、臭豆腐などを注文した。

       


  • ■台湾への格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    1 位
    ¥12,000~
    格安航空券ランキング
    《IHトラベルお薦め》★直行便で台北に行こう!(中国語対応可能)
    航空会社:未定格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    2 位
    ¥13,000~
    格安航空券ランキング
    【成田発】《IHトラベルお薦め》ジェットスタージャパン直行便で台北に行こう
    航空会社:ジェットスター・ジャパン格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    3 位
    ¥14,000~
    格安航空券ランキング
    【成田発】★片道★スクート航空直行便で台北に行こう(中国語対応可)
    航空会社:トランス・ブラジル航空格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    4 位
    ¥14,000~
    格安航空券ランキング
    羽田発/出発前日まで予約可/中国国際航空/香港・台北♪/1ヶ月有効/北京での途中降機可!
    航空会社:中国国際航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    5 位
    ¥14,000~
    格安航空券ランキング
    出発前日まで予約可/中国国際航空/香港・台北♪/1ヶ月有効/北京での途中降機可!
    航空会社:中国国際航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー