個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;
  • 台中から台北へ高速鉄道で ・・・ 台湾一周

    Posted on 2011年5月25日 takashi コメントはありません

    台中から台北へは初めて乗る台湾高速鉄道(台湾の新幹線。高鉄と呼ぶ)で行く。在来線台中駅からは下り線に乗り3つ目の新烏日駅で下車すると高鉄台中駅に接続されている。

    高鉄は台鉄と別の乗車券売場があり、窓口では日本語で応対してくれる。高鉄は頻繁に走っているので、あまり待つことなく次の列車に乗れる。台中-台北の普通車両(指定席)乗車券は700元。他にビジネス1,000元、自由席675元がある。時間は約1時間。

    DSCF5008

    列車は頻繁に出ているせいか、比較的空いていた。

    車内販売のコーヒーは40元(120円)で、日本の新幹線と比べて3分の1程度。

    DSCF5012

    終着駅の台北に到着した高鉄車両。この後高雄に向け、折返し運転される。

    台北駅に到着して前回宿泊したホテル東吳大飯店に地下鉄で行った。台中から台北へ戻って、ようやく台湾一周が完了したところ。

  • 台湾一周29日の旅(その8) ・・・ 台北の観光夜市、士林夜市、寧夏夜市、延三夜市 (Taipei, Night Market)

    Posted on 2011年4月7日 takashi コメントはありません

    台湾の夜市は有名であちらこちらにある。台北市内にも数々の夜市があるが、士林夜市、寧夏夜市、延三夜市に行った。

      1.士林夜市

      士林夜市は、MRT士林駅のひとつ手前(台北より)の駅、剣潭駅で降りる。ここには2つの地区に分かれている。

    DSCF2255

    一つ目は、駅を出てすぐ西側にある。

    ここは、屋台街でテレビなどでよく紹介されているところである。

    人気の店は長い列が出来ている。

    DSCF2253

    列の先はと興味津々で近づくと、「豪大大雞排」との看板。どうやら、鳥の唐揚げのようだ。

    DSCF2242

    中に入ると、食べ物の屋台が軒を並べいろんなものを売っている。

    あちこちから威勢の良い客引きの声。

    DSCF2247

    牡蠣のオムレツを見て、「あっ、これだ!」と思わず店に飛び込んで注文。50元。

    DSCF2245

    少しソースが甘いが、牡蠣の風味がとても美味しい。

       

    DSCF2273

    もうひとつは、駅から北に少し歩き、西に道路を渡ったところにある。先ほどの屋台街から北へ道路を渡ったところ。

    この辺り一体が夜市になっているようだ。

    DSCF2265

    先ほどのかしわ唐揚げ屋がここにも店を出しており、長い列を連ねている。

    なぜ?と思い、列に並んでひとつゲット。55元(台湾ドル=約2.8円)

    カラッとした上げたてで、ぱりぱりして美味しい。だけど、大きいので、食べきれない。

    DSCF2276

    夜市には、服屋、アクセサリー屋、そして食べ物屋以外に、金魚すくい、野球ビンゴ、風船割り射撃などゲームもある。

       

     

    2.寧夏夜市

    寧夏夜市は、MRT淡水線雙連駅で降り、西へ250mほど行ったところ。

    DSCF2476

    民生西路沿いに「寧夏夜市」の看板が出ているのが入口。

    DSCF2446

    屋台街の通路は人で溢れかえっている。

    DSCF2454

    その中で海鮮料理の店があった。エビ、カニ、イカなど新鮮な海産物が並んでいる。

    ここで、エビ、牡蠣を一人前、イカは1パイを注文した。

    DSCF2456

    エビは、ゆで上がって出てきた。

    DSCF2457

    イカは、野菜と一緒に炒めて出てきた。(ジンジャーとペパーが効いている)

    DSCF2458

    牡蠣は小麦粉でコーティング後、ソテーで出てきた。

    これでビール1本と合わせて、計740元(約2,070円)で、とても安い。ここはホテルにも歩いて行ける距離なので、また、台北に戻ってきて、再度寄って見たい。

       

    3.延三夜市

    この夜市は、延平北路三段にあり、MRT大橋頭駅で降り、西側の出口で北に出たところ。ここは、宿泊している東呉ホテルの近くにあり、何度か行ってみた。

    食べ物の屋台が中心であるが、他の夜市とは違って、道路自体は歩行者天国でないため車の通行も多い。屋台は、歩道に沿って出ている状況。地元の人が多いようだ。道路沿いにも食べ物屋さんが連なっているので客入りの多い店を探してみた。

    で、嘉義雄雞肉飯を見つけ入った。(延平北路三段61号)

    粥料理を初め鳥、魚、肉類の料理がいろいろ。地元の人でにぎわっており、値段も安く美味しかった。

  • 台湾一周29日の旅(その6)・・・ 鉄道チケットの購入

    Posted on 2011年4月4日 takashi 1 comment

    台湾一周には主に鉄道を使う予定なので、列車の切符を予約購入する必要があった。日本で購入しようと調べたところ、購入後駅まで切符を取りに行く必要があるとのことなので、台湾到着後に購入することに。そして、昨日台北駅(台湾鉄道)まで行った。

    DSCF2351台北駅の切符売り場では長い列をなしている。自動販売機もあるが、対面式の方が買い易い。

    10分程度してやっと自分の番が回ってきて、窓口で予め書いていたメモを渡した。

    購入切符は、台北-基隆、瑞芳-花蓮、花蓮-台東、台東-芳寮の4区間。この中で、台北-基隆、瑞芳-花蓮の自強号(特急)切符が売切れで取れなかった。

    他の電車がないかと聞いてみても、台北7:00の列車があるだけとの返事であった。予約切符は6日前から販売しており、少し遅かったかなぁと反省しながら、あきらめた。

    その後、ホテルに戻りインターネットで再度列車の予約をして見ると、瑞芳-花蓮間は希望した列車の一つ前の自強号に空席があり予約出来た。

    予約内容をプリントアウトし、台湾鉄道の切符売り場にて料金を支払って切符を手に入れることが出来た。

    インターネットの予約は非常に簡単で、英語のモードでも可能である。ただし、英語の場合、駅名が中国読みと台湾読みで違うときがあり、その場合、英文表記も違うので注意が必要。この場合、中国語(繁体字)での駅名の方が分かりやすい。

    例:瑞芳は中国読みでの英文表記Ruifeng(ルイフヲン)に対し、台湾読みでの英文表記JuiFeng(ジュイフヲン)

    台湾鉄道のインターネットでのチケット予約サイト

    台湾鉄道のホームページ

  • 台湾一周29日の旅(その5)・・・台北 市内観光

    Posted on 2011年4月3日 takashi コメントはありません

    市内観光は、MRT龍山寺駅から始め、徒歩とバスを使って、MRT市政府駅で終えた。ルートは、龍山寺→総統府→二・二八和平公園(二二八紀念館と紀念碑)→中正紀念堂→(バス)→TAIPEI101がほぼ一直線に並んでおり、効率がいい。

    DSCF2390

    まず、最初に龍山寺。

    今日は土曜日でもあり、たくさんの参拝客で混んでいた。

    DSCF2378

    屋根の上には幾つもの龍が見られる。

    DSCF2379

    流石に龍山寺と言う名にふさわしい。

    DSCF2402 次に総統府。この建造物は日本の建築家によるもので、日本統治時代に建てられたが、戦時中に大破し、戦後修復された。建物の中は見学ができる。制服の警備兵は身動きひとつせず立っているが、その他に警備の人は平服でたくさんいた。入場時もセキュリティチェックがあり、台湾で初めての検査だった。
       

     

    DSCF2405

    次に二・二八和平公園にある二二八紀念館と紀念碑。

    ここで台湾の悲しい歴史を知る。日本との関わりも詳しく展示されており、台湾を知るためにも一見の価値がある。

       

     

    DSCF2330 次に中正紀念堂。ここは中国国民党政府の総統であった蒋介石を記念して建造した建物である。30分毎(定かではないが頻繁だったので)の衛兵交代式も見逃せない。
       

    中正紀念堂から信義路一段側の道路に出て東に少し行くと信義路二段へ出る。この通りの信義路二段194号には、小籠包で人気のある鼎泰豊(ディンタイフォン)があるので、遅い目の昼食を取った。昼を過ぎていたので待つことなく3階の席に案内された。

    DSCF2412

     

    ここから台北101まではバスで移動。バスは「下車収票」と書かれており、その意味は、「降りる時に料金を受取る」ということ。

    したがって、降りる時は運転席の横(前のドア)から、お金を払って降りる。(プリペイド式の悠遊カードでも同じ)

       

     

    DSCF2441 TAIPEI101は、高級なブランド店が入っており、ウィンドウショッピングが楽しめる(人もいるが・・・)。夕方になるとイルミネーションが点灯、薄暗くなって行く空に一段とその存在を誇示しているようだ。
       
  • 台湾一周29日の旅(その4)・・・SIMカードを購入

    Posted on 2011年4月2日 takashi コメントはありません

    海外でも携帯電話があると便利である。ホテルとの到着時間の連絡、航空会社のフライトの連絡、また、現地ツアーとかレストラン予約などにも連絡用として使える。ただし、日本の携帯電話は通話料金が高いため、現地の人には敬遠される。となれば、現地で購入した携帯電話の利用がお奨めである。

    現地で携帯電話を購入して利用するには、ここを参照。

    私の場合、現地で購入した携帯電話を使っており、SIMカードの入替えだけで日本と韓国以外のほぼどこの国でも使える。今回は、台湾のプリペイドSIMカードに差換えればOKである。

    DSCF2301そこで、台湾のSIMカードをどこで買えばいいかホテルのフロントに聞くと、近くの「台湾大哥大myphone」(タイペイダーガダー)を教えてくれた。この店はチェーン店らしく、台北のいたるところに見られる。

    購入に際しては、身分証明としてパスポートと別にIDカード(運転免許書など)を要求される。これまで購入した中国、ベトナム、フィリピンでは、身分証明書の提示はなかったが、台湾は日本と同じで、本人確認が厳しそうだ。(犯罪に使用されないように?)

    DSCF2364

    価格は600NTDで、これが一番安いと言う。もっと安いのがあると思って何度か安いものを要求したが、言葉の限界であきらめた。地元の人の協力が得られれば、また違うと思うが、仕方なく購入。(でも、満足)

    その場でSIMカードの装着と電話の発信と受信の確認をしてもらい完了した。

    【関連記事】

    携帯電話



  • ■台湾への格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    1 位
    ¥12,000~
    格安航空券ランキング
    《IHトラベルお薦め》★直行便で台北に行こう!(中国語対応可能)
    航空会社:未定格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    2 位
    ¥14,000~
    格安航空券ランキング
    出発前日まで予約可/中国国際航空/香港・台北♪/1ヶ月有効/北京での途中降機可!
    航空会社:中国国際航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    3 位
    ¥14,000~
    格安航空券ランキング
    羽田発/出発前日まで予約可/中国国際航空/香港・台北♪/1ヶ月有効/北京での途中降機可!
    航空会社:中国国際航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    4 位
    ¥16,000~
    格安航空券ランキング
    ≪燃油サーチャージ不要≫直行便利用 台北 3ヶ月有効@10-3月@成田発
    航空会社:ジェットスター・ジャパン格安航空券
    販売会社:グリフィンツアー
    5 位
    ¥16,000~
    格安航空券ランキング
    手数料不要/カード決済可《成田発着》★ ジェットスタージャパン ★ 台北(桃園)往復航空券
    航空会社:ジェットスター・ジャパン格安航空券
    販売会社:フレックスインターナショナル/フレックスくらべるトラベル