個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • バガンからポッパ山・サレーへ日帰り旅行(One Day Trip from BAGAN)

    Posted on 2017年7月29日 takashi コメントはありません
    バガンの郊外にあるポッパ山とサレーに日帰り旅行を行った。観光中に町で出合ったタクシードライバーに値段を聞き、1日チャーター(プライベート)で50,000チャット(≒4,200円)で交渉した。

    ポッパ山・サレー日帰り旅行ルート
    スタートはホテルピックアップ7:30で、終了は15:30の8時間の旅だった。

    ポッパ山麓にそびえる天空の城

    ポッパ山麓にそびえる天空の城

    ポッパ山麓にそびえる天空の城
    ポッパ山はバガンの南東約50kmにあり、バガンから約1時間で到着した。

    その山麓に突如現れる巨大な岩石の山、タウンカラッ。その頂上にあるのが天空の城、ミャンマーの土着宗教ナッ神の聖地で、寺院・仏塔が神々しくそびえ立つ

    タウンカラッへはこの入口から昇る

    タウンカラッへはこの入口から昇る

    タウンカラッへはこの入口から昇る
    車がポッパ山麓の町に着いた。直ぐ近くにそびえるのが、タウンカラッと言う岩石の山。ポッパ山は霧がかかっていて見えない。天空の城は、タウンカラッの頂上にある。タクシーを降り、入口へ向かった。

    仏像と一緒に祀られている地元の聖人

    仏像と一緒に祀られている地元の聖人

    仏像と一緒に祀られている地元の聖人たち
    ここでは、仏像と同様に崇拝されている地元の聖人達が安置されている。
    ボーミンガウンはそのひとりで、この整地を造るのに貢献したそうだ。

    土着宗教ナッ神の像

    土着宗教ナッ神の像

    土着宗教ナッ神の像が祀られている
    階段をあがっていくと、数十もの土着宗教ナッ神の像が祀られている。

    頂上への階段は急なところも

    頂上への階段は急なところも

    頂上への急な階段を昇って行く
    777段と言われる階段を昇って行く。途中随所に仏像や地元宗教の聖人像などが祀られており、それを見ながらゆっくり昇って行けば、苦にはならない。
    ところどころ、急な階段もあるが、手摺を掴んで昇ろう。

    階段ではお猿が多く、紙に包んだピーナッツを餌として餌を売っている人がいる。猿は中身のピーナッツのみ食べて紙を捨てるので、辺りはゴミが散乱している。宗教の聖地としてもう少し配慮が欲しいところ。

    また、階段途中のあちらこちらで掃除をしている人達が「私はボランティアで掃除をしている。寄付を下さい」と声をかけて来る。上り下りに十人以上いるのでキリがないので相手にしない方が賢明かも。

    頂上に着くと金色の仏塔が

    頂上に着くと金色の仏塔が

    頂上に着くと金色の仏塔が
    やがて頂上に到着する。そこにはいくつかの金色の仏塔が設置されている。
    標高も高いので天候によっては、今日のように霧になることが多い。

    参道にはおみやげ物屋が並ぶ

    参道にはおみやげ物屋が並ぶ

    参道にはおみやげ物屋が並ぶ
    昇りはお参りするところが多かったが、下りは一転みやげ物屋さんで参道が埋め尽くされている。
    昇りはお布施で、帰りはお買物と明確に分かれている。

    別の角度で見てみると

    別の角度で見てみると

    別の角度で見てみると
    タウンカラッの昇り口から頂上まで良く見える。

    タイトル
    説明

    遠くから見るポッパ山

    遠くから見るポッパ山

    遠くから見るポッパ山
    ポッパさんを離れサレーに向かう途中で見ると改めてその大きさが良く伝わる。

  • サパ(Sapa)少数民族黒モン族のお家を訪れる

    Posted on 2017年5月25日 takashi コメントはありません
    サパの街に出ると、多くの少数民族の人々が村から出て来て商売をしている。主に露店商で内職で作った刺繍製品などを販売しているが、それ以外にもガイドをしたりもしている。
    それも小さい頃から始める子供もおり、普通のベトナム人との生活のレベルに大きな差を感じることが出来る。
    小さいころから金儲けを覚える少数民族の子供

    小さいころから金儲けを覚える少数民族の子供

    教会周辺を歩いていると、幼い子供がお土産などを売り歩いているのを見かける。特に弟や妹を背負って、痛ましい姿で声をかけてくる。値段も50~100円程度のものである。
    しかしながら、立てかけている看板には、「露店商からものを買わないで下さい。それらの製品の品質は非常に悪くサパのイメージを著しく落としています。買い物は正式なショップ、ストアから買うようして下さい」と。
    現実の世界は良く分からないが、一生懸命伝統を守り続け、底辺での生活をしている少数民族の人が観光に貢献しているのに対し、ベトナム政府の方針や、保護がどこまでされているのか、気になるところである。

    少数民族の村を訪れる

    少数民族の村を訪れる

    集落へのトレッキング方法について調べていたが、カットカットへ向かう途中、出合った少数民族の方にトレッキングのガイドをお願いした。明くる日約束の時間に待合せの場所(大教会)に行き、黒モン族の集落へ向け出発した。
    ガイドは31歳の女性で、16際に結婚して14最になる長女と11歳の長男がいる。中学校を出て高校に進みたかったが家の事情で家業である農業を手伝いながら、観光業として手工芸品を販売したり、ガイドをしたりすることを始めたそうである。英語や他の言語も外国人観光客から覚えたと言い、生活のためその努力は我々の想像を超えている。
    段々畑を見ながらのトレッキング

    段々畑を見ながらのトレッキング

    時期的には冬、雨が時折り降る曇り空で、景色はイマイチだったが、季節によって色とりどりに変化するので、別の季節にも訪れてみたい。
    少数民族の家を訪問

    少数民族の家を訪問

    やがて、少数民族の家に到着。
    家に入ると土間があるだけの単純な平屋構造だった。家の中には電灯がひとつ、テレビは置いてあった。ガス・水道などはなく、火を起こして山の水を使い炊事をする。
    私はどのような料理を作るのか興味もあって、レストランでの食事を止め、手料理を味わうことにした。
    トマト、豆腐、じゃが芋、野菜などを近くのストアで買って帰り、自宅で調理してくれた。味付けは素朴だが、なかなかいける。
    家の壁は隙間だらけで、当日は少し寒いくらい。家族一家は火の回りに集り団らん。
    現代の世界にこのように素朴な生活をしている人々がいることと言うギャップが信じられないくだいだった。
    彼らは、それを不服とせず、何かの楽しみがあるのか。都会でもっと現代的な生活を好まないのか、いろいろと聞いてみた。
    その答えは得られなかったが、それが彼らの民族・伝統を守ろうとする自然な感覚のような気がした。
  • SAPA(サパ)のトレッキング、カットカットへ

    Posted on 2017年5月17日 takashi コメントはありません

    サパは今回初めてだった。と言うのもサパと言えばトレッキング、つまり山道を登って村巡りをするイメージがあり、大変な思いをするのだろうと思っていたから。
    今回、それで現地ツアーなどにも参加せず、自力で行ける範囲での少数民族の村巡りを試みることにした。

    近くの少数民族の村、CatCat(カットカット)に向かう

    近くの少数民族の村、カットカットへの道

    ゲストハウスの女性からトレッキングについて色々と情報を聞き、まず最初に行ったのはカットカット(CatCat)と言うモン族の村。SAPAから歩いて30分で行ける。

    道路は舗装されており、少しのアップダウンはあるものの段々畑などの景色を見ながら至って楽に行ける。

    山道を歩いて行くと素晴らしい風景が広がる

    山道を歩いて行くと素晴らしい風景が広がる

    サパの街から一歩出ると、素晴らしい景色が待ち受けている。
    山肌の段々畑はシーズンによって異なる色で迎えてくれる。
    村の中を通る道すがら、土産物屋が並ぶ

    村の中を通る道すがら、土産物屋が並ぶ

    村に入ると道沿いに土産物屋さんが並び、観光客を待っている。値段は高くないが、品物を良く見ると展示期間の影響もあり汚れもあり、買う時には注意が必要。

    少数民族の住む民家がそのまま展示物となっている

    少数民族の住む民家がそのまま展示物となっている

    道沿いには今も少数民族が暮らしている民家が並び、それが展示物にもなっている。

    カットカット村にある美しい滝

    カットカット村にある美しい滝

    カットカット村を歩いて行くとテーマパークがある。
    ここでは民族舞踊や音楽などを定期的に開催しており、無料で見ることが出来る。
    また、ここにはきれいな滝が流れており、格好の撮影スポットでもある。

    村の入口までサパから30分ほど。村に入るとゆっくり歩いて1時間ほどで、このテーマパークにたどり着く。ここから村の出口まで4分ほど。バイクタクシーが待っているので、それでサパに帰ることが出来る。
    もちろん、徒歩で道に迷うこともなくサパに戻ることも出来る。
    トレッキングと言っても、現地ツアーに参加する必要も全くなく、普通の街歩きと比べ少しアップダウンしている程度で舗装道路を歩く快適なトレッキングだった。

  • ハノイからラグジュアリーバスでサパに向かう

    Posted on 2017年5月8日 takashi コメントはありません

    ハノイでの街歩き、ナイトマーケットなどツーリストアトラクションを満喫して、いよいよ、サパに向かう。
    これまで4度ベトナムに来ていたが、サパには一度も行ったことがなかった。と言うのもサパはトレッキングが必須で、小数民族の村を巡るのがメインの観光アクティビティと聞いており、山道を何時間も歩くのは大変きついと思っていた。

    このサパ観光は、現地ツアーに参加するのが一般的で、これだと、他の人とグループ行動になるため、当方のコンディションにはお構い無く、決められたスケジュールに合わせる必要がある。以前、シンカフェのメコンデルタ現地ツアーに参加したが、途中で脱落して別行動となったことがあった。

    このような状況を避けるため、サパへは現地ツアーに参加せず、交通機関、宿泊、そして少数民族の見学も、すべて自前で手配することにした。

    まず、サパまでの交通であるが、鉄道、バスに、タクシーチャーターなどもあるが、バスに決め、宿泊ホテルでバスを頼んだ。ホテルに頼むと少し高く付くが、迎えに来てくれる。

    サパ行きのラグジュアリーバス

    サパ行きのラグジュアリーバス

    朝、6時半、ピックアップのマイクロバスがホテルに迎えに来た。このマイクロバスであちらこちらのホテルに立寄り、予約の乗客を迎えに行くようだ。やがて、バス発着所に到着。ここで大型バスに乗換える。

    ラグジュアリーバスの内部

    ラグジュアリーバスの内部

    バス車内は3列シートで、ゆったりしている。もちろんリクライニングがあり、前後のスペースは広く取られているので、かなり倒しても大丈夫。

    2時間毎にサービスエリアで休憩がある

    2時間毎にサービスエリアで休憩がある

    バスは8時に出発したが、10時と12時にトイレ休憩がある。15分ぐらい止まるので、ヌードルなど簡単な食事も可能。

    サパに近づいてくる

    サパに近づいてくる

    やがてバスはラオカイを過ぎ、サパに向かって山を登っていく。
    周りの景色は山の斜面に段々畑が広がって行くのが見える。

    サパに到着すると少数民族が待受ける

    サパに到着すると少数民族が待受ける

    そして、サパに到着。サパの街を過ぎてバスは教会近くの路上に停車する。そこでは、少数民族が歩道いっぱいに露店を出して歓迎してくれる。

  • チャータータクシーでダラット郊外を観光

    Posted on 2017年4月10日 takashi コメントはありません
    ダラットはベトナムの高原にある避暑地。湖と花、果物などの栽培が盛ん。観光地としてはあまり知られていないので、外国人観光客も多くなく、地元の人との触合いも楽しい。
    今回は、ダラットの近郊をタクシーをチャーターして廻ってみた。

    タクシーは前日に客待ちしているドライバーに声をかけ、交渉していた。ドライバーとの会話は英語でするが、それほど得意ではないので、メモに行き先と金額を書いて交渉する必要がある。予め予定している観光スポットを列記しておき、1日で廻っていくらかと言う風に値段を聞き、交渉する。何人かのドライバーに当たり、電話番号を聞いておき、後で電話するのがコツ。
     

    P1380623前日チャーターしたタクシーで郊外へ
    ダラットの観光には、シンカフェなど、地元ツアー会社の企画しているグループツアーに参加するのが一般的だ。
    しかしながら、今回は時間をゆっくりと使いたいと思い、タクシーを探した。一般的にタクシードライバーは英語でのコミュニケーションが難しく、事前に行きたいところと時間をメモに書いておき、値段交渉するのが良い。
    交渉しても必ずしもそのドライバーが来るとも限らない。

    タクシーも安心出来る会社を選ぶのが良い。
    私の交渉したタクシーはベトナム全国で展開している大手タクシー会社マイリーン(Mailinh)で、メーターも付いており安心出来る。
    今回は5箇所を巡り、約8時間の拘束時間で値段を聞き、600,000VND(約3,000円)で決めた。
    ランビアン(LanBiang)、愛の盆地/ダティエン湖(Ho Da Thien/Thung Lung Tinh Yeu)、バオダイの別荘(Din Bao Dai)、竹林禅院、そしてケーブルカー。
    観光地での入場料、乗り物など必要な費用は含まない。また、高速料金や有料の駐車場はなかった。

     
    P1380637ランビエンではジープで山頂へ登る
    まず、ダラットから北へ12kmほど行ったところにある、ランビアンと言う山に向かった。標高2163mのこの山からの展望は素晴らしく市内全域が見渡せる。
    公園入口に到着して、専用ジープに乗換え、山頂へ行くことになる。ジープは往復で一人50,000VND(約250円)。

    ちなみに、タクシーで単純往復すると400,000VND、1日ツアーに参加すると320,000VNDなので、タクシーチャーターがいかにお値打ちかが分かる。

     
    P1380660ランビアン山頂から湖を臨む 
    あいにくの曇り空で、山頂は少し寒いくらいだった。
    近くの湖が真下に見えるほか、遠くにダラットの市街が見える。

    山頂ではレストランやみやげ物などがあり、時間の許す限り、くつろげる。

    帰りのジープの集合時間は1時間だが、時間的には丁度良い。6人の乗り合いのため、時間厳守となっている。所要時間1時間20分程度。

     
    P1380701愛の盆地/ダティエン湖
    名前の通りロマンチックな雰囲気の盆地で、人口湖に面した山沿いに沢山の花が植えられ、遊園地もあり、若いカップルやグループで賑わっている。

    入園料、一人30,000VND(約150円)。所要時間1時間あれば十分。

     
    P1380741バオダイの別荘
    1938年に建てられたグエン王朝最後の皇帝バオダイの別荘。入場料一人15,000VND(約75円)。
    ヨーロッパ風の建築王指揮のこの建物は、皇帝の別荘と言うことではあるが、外観はそれほどの感じはしないものの、建物中は広い空間を活かした造りとなっており、部屋数も多い。
    最後の皇帝だけに、時代的に権力の衰退などを物語っているのかもしれない。

     
    P1380763竹林禅院
    1993年に建設され多くの参拝者が訪れるベトナム最大の禅寺。入場は無料。

    ケーブルカー山頂駅から近く、バスも通っている。

     
    P1380777ケーブルカー
    竹林禅院から直ぐ近くにケーブルカー乗り場がある。ここから山麓駅まで片道ケーブルカーに乗る。タクシーは山麓駅で待っていてくれる。
    一人片道50,000VND(約250円)。ちなみに、往復は多分80,000VNDだったと思う。
    片道は約15分の乗車。遠くの街までパノラマで見渡せるので景色は最高。

    1日貸切タクシーツアーは終了
    そして、16時半ごろ、無事街まで帰ってきた。
    朝9時に出て、約7時間半の観光。料金を600,000VND(約3,000円)支払い、本日の予定は終了。
    ダラットはまだまだ見るところが多い。近場は歩いても行ける。
     
  • バドゥッラから山岳鉄道に乗り、キャンディへ

    Posted on 2015年5月13日 takashi コメントはありません

    紅茶鉄道と言われる山岳鉄道の旅を満喫するため、バドゥッラからキャンディ(ペラディーニヤ)まで乗った。

    Railway&Train山岳鉄道のルートと列車の構成
    コロンボフォートからヌワラエリア、エッラ、そして終点のバドゥッラまでの鉄道は、総長約300kmある。時間にして9時間半~10時間半はかかる。
    列車は、1日に4本の定期便がある他、日によって臨時便が出ることがある。
    各列車には、予約が出来る車両が連結されているが、座席数が限られており、満席になることも多く、早い目の予約が必要である。
    1007と1008に連結されているRajadani, Expoの車両は、民間の鉄道サービス会社が提供している1等車両で、地元の人の利用は少なく、比較的空いている。予約も、駅以外に、インターネットで可能である。
    timetable列車時刻表
    コロンボフォート、キャンディから、またはバドゥッラ、エッラ、ヌワラエリアなどから列車に乗ることが出来る。
    バスなどに比べ時間はかかるが、どちらか片道をじっくりと山岳鉄道に揺られて見るのも良いだろう。
    コロンボからヌワラエリア、エッラ方面に行く列車にはキャンディを通らないのがあるので、注意。逆にエッラ、ヌワラエリアからキャンディに行く時もキャンディを通らないのがある。この場合、ペラディーニヤジャンクション駅で降りることになる。ペラディーニヤジャンクション駅からキャンディまで約6kmで、バス、スリーウィーラーで行くことが出来る。
    P1190791アップカントリーの終点駅、バドゥッラ 
    キャンディ(正確にはコロンボへ6km行ったペラディーニヤ・ジャンクション駅)からアップカントリー線の終着駅がバドゥッラである。ヌワラエリア、エッラを通過してここまで来ると、旅行者はほとんどいない。

    P1190754バドゥッラのバスターミナル
    バスでバドゥッラへ来ることも出来る。鉄道とはルートが違うので景色も異なるが、コロンボ、ゴールなどから出ており、鉄道より本数もある。

    P1190793ラジャダーニ
    朝10:00バドゥッラ発の列車1008のRajadani(ラジャダーニ)に乗車。この列車は昨日夕刻到着し、朝出発することになる。
    その日の日帰り(とんぼ返り)は、不可能で1泊する必要がある。
    この列車には2等車、エコノミークラスも連結しており、地元の人はその車両に乗っているので、ラジャダーニの車両は空いている。
    P1190806ラジャダーニの車内
    ラジャダーニは1等車でキャンディまでRs.1,150/=(約1,000円)。
    ここバドゥッラからの乗客はいなかったが、エッラ、ナヌ・オヤ(ヌワラエリア)から2~3人の欧米系旅行者が乗車して来た。
    この車両はA/C付き、WiFi付きとの振れ込みであったが、発電機故障による停電のため利用できなかった。
    車両のメンテナンスが十分されていないようだ。
    P1190856ナインアーチブリッジ
    やがて見えてくる「ナインアーチブリッジ」。エッラとバドゥッラの中間にあるこの橋は鉄道ファンの人気の撮影スポット。
    これが見たくて、バドゥッラまで来た。

    P1190887鉄道ファンの撮影スポット
    なんとこんなに近くで写真撮影ができるのも、この国ならでは。
    お坊さんもこの撮影スポットから写真撮影。

    P1200166鉄道沿いに広がるお茶のプランテーション 
    列車は紅茶畑を通って行く。鉄道に沿って多くの茶畑が広がり、あちらこちらで、茶摘みの光景が見られる。

    P11909862等車は少々危険が伴う 
    2等車では座席指定がなく、このような乗車となる。
    トンネルや切り開いた岩間に入るときは、注意が必要だ。

    P1200049懐かしい単線のタブレット
    日本で見られなくなった懐かしい光景。
    単線の鉄道を上りと下りの両列車が使用するため、このタブレットにより線路使用権の管理行っている。タブレットを得た運転手のみが鉄道線路に入ることが許されるため、鉄道線路内の列車はひとつだけとなり、安全が確保される仕組みだ 

    昔、日本でも良く見られた光景だが、今は信号によるコントロールに変わった。

    P1200289ペラディーニヤジャンクション駅
    やがて、列車はペラディーニヤジャンクション駅に着いた。ここで、キャンディ行きとコロンボフォート行きが分かれる。キャンディへ行くにはここで降りて、鉄道か、バスに乗り換える必要がある。

    P1200292重要な鉄道駅
    ここペラディーニヤジャンクション駅では、コロンボフォート、キャンディ、バドゥッラの3方向の切換えを行う重要な駅になっている。
    切換えは全て手動となっており、運転手にタブレットを渡し、安全を確保する方式だ。
    駅員は「スリランカの全ての列車のコントロールは、タブレットを使用しており、安全な運行をしている」と自慢げに話していた。
    P1200226ペラディーニヤジャンクション駅近くのゲストハウス
    当初、ここペラディーニヤジャンクション駅からキャンディまで行く予定であったが、近くに宿を探すことにした。
    なぜなら、キャンディまではバス(Rs.35/=)が走っているが、宿を探すには遅すぎるし、スリーウィーラーに聞いてみるとRs.700/=も言う。(コロンボなどメーターがあるところならキロ40~50のところだが、交渉となると外国人には100ルピーは言って来る)
    で結局、1泊Rs.1,500/=の宿を近くに見つけ1泊した。