個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • コロンボで家探し

    Posted on 2015年2月1日 takashi コメントはありません
    large34新築アパートメントに引越し
    これまで、マウントラビーニアの大きな一軒家に住んでいたが、古くて快適とは言えないので、新しい家を探していたところ、卓球のメンバーが保有する新築のアパートメントを紹介され、先週ついに引越することが出来た。
    このアパートメントは1・2階が駐車場、3~13階が住居となっており、屋上にはスイミングプール、ジム、サウナ、卓球台などの施設があり、また建物は24時間セキュリティガードが常駐しており、快適で安心して過ごせる。
    場所的にはコロンボ6のウェラワッタ(Wellawatta)にあり、徒歩でショッピングセンターや中心部へで出かけられる。
    P1170432家探しは大変だった
    これまでの経験で、住宅探しは非常に大変であることが分った。新聞広告、WEBサイト、口コミ、知人の紹介など、ありとあらゆる方法を取り、納得のいく条件に辿り着くいまで、十数件は見て廻ったと思う。
    注意したいのは、WEBサイトなどで探す場合にエージェント、ブローカーなどの業者経由での物件だ。この場合、家賃半月分の手数料を支払うのが一般。口コミの場合も同様。もし要らないと言った場合、オーナーの方にその分上乗せされている。

    P1170472アパートメントは13階建て
    一番良いのは、毎日WEBサイトをチェックし、オーナーの出している物件に早い目にコンタクトを取る方法。電話でもメールでも可能なので、一方を入れておくと確保しやすい。
    住居の種類としては、一軒家、アネックス(大家さんの敷地にある離れ、または2階の独立した住居)、そしてアパートメントである。一軒家はプライバシーが保たれ落ち着いて暮らせる反面、セキュリティや近隣の状況が不案なことも出て来る。アネックスは、大家さんとの相性が大きい。うまく行けば良いが、多くの場合、日本人とスリランカ人の週間、考え方の違いで、合わせられない場合が出て来る。(例えば、故障修理、雨漏り修理などにいい加減。衛生環境が悪い。通路に物を置くなど)

    P1170495我々にはアパートメントがいい
    私の意見では、アパートメントが我々外国人には暮らしやすいと思う。建物の仕様も一定のレベルである。例えば、一般の一軒家、アネックスではAC(エアコン)はベッドルームのみで、他の部屋はファンのみ。特に蚊との戦いが大変大きな問題だが、アパートメントは通常全室にACが装備されている。
    家賃も長期契約では交渉次第で安くなる。特に日本人は、インド、モルディブ、中国、韓国など他の国の人と比べ、室内で履物を脱ぐ習慣があるので、部屋も汚れず、また清潔好きなので、更なるディスカウントをしてくれる。

    P11704673ベッドルーム2バスルームフルAC
    借りたアパートメントは、2ベッドルーム、書斎、リビングルームとキッチンがあり、2バスルーム。床はタイル仕上げ、全室エアコン装備のラグジュアリー仕様。我々2名には広すぎるくらい十分。部屋からは海(インド洋)が見える。

    P1170424インド洋に沈む夕日を見ながら
    屋上にはガーデンがあり、テーブル・チェアーが用意されている。
    屋上ではインド洋に沈む夕日を見ながらビールを見るのが最高である。
    ただし、ここスリランカは人前での飲酒は宗教上の理由ではばかられるが、静かに飲むには外国人に対しては許されている。(と信じてる)
  • プーケットの観光とは・・・

    Posted on 2013年1月1日 takashi コメントはありません

    プーケットはビーチが主体、島内で観光するところはあまりない。でも1日島内観光を試みた。町で声を掛けてきたタクシードライバーに1日チャーターはいくらか、と聞いたら800THB(約2,100円)と言うので、次の日にホテルに迎えに来てもらった。このときの交渉は、朝8時から夕方までだったが、時間を決めず、「追加なし」を条件に交渉すること。

    プーケットには、美しいビーチが各所にあるが、その眺めをオーシャンビューとともに楽しむことが出来る。まず、パトンビーチの南に位置するカロンビーチ、カタビーチ。

    DSCF1149 カロンビューポイントからパトンビーチ、カロンビーチを望む。
    DSCF1159 次に向かったのがビッグブッダ。、世界中の言語で寄付を募っていたが、なぜか日本語だけなかった。(日本人はこういうのは苦手?)
    DSCF1179 タクシーは新車で、ピカピカだった。
    DSCF1209 それから向かったのが、お寺。

     

    昼になり、プーケットタウンへ寄った。

    DSCF1263 プーケットタウンで地元の人で賑わうチャイニーズフード店「楽天」で昼食。安くて美味しい。
    DSCF1273 プーケットタウンには、ポルトガル人によるコロニアル風建築が多く残っている。

     

    DSCF1315 そして、ラワイビーチ。小さなビーチで地元の子供達が遊んでいた。
    DSCF1296 屋台では、新鮮な魚介類を販売しており、向かいのレストランで料理してくれる。

     

    DSCF1374 プロムテープ岬は、インド洋に沈む夕日を見るため多くの人が訪れる。
    DSCF1375 プロムテープ岬から見るサンセットビューが美しい。

     

    朝、ホテルを9時に出て、夕方7時ごろ戻ってきた。島内観光プライベートツアー(5時間)に参加すれば、1人800THB程度。うまくタクシーを見つければ、1台800THBで3~4人程度でシェア可能でお得。

  • 淡水、漁人碼頭の夕日がきれい

    Posted on 2011年6月3日 takashi コメントはありません

    台湾一周を終え起点の台北へ戻った。帰国まで一日あるので淡水へ向う。

    淡水は、台北からMRTで40分ほどで行ける近場の観光地で、人気のスポット。ここは一日かけてサイクリングや街歩きにゆっくり過ごし、夕刻に漁人碼頭まで渡し舟で行き、夕日を見るのが一番のお奨め。

    淡水へは、MRT淡水線の淡水駅で降りる。駅近辺は賑やかな街並みが続き、レストランからみやげ物やまで軒を並べている。

    DSCF5050

    淡水駅近くの街並み

    淡水河は渡し舟に乗って対岸の八里区に渡れる。八里からはサイクリングロードがあるので、自転車を借りて河沿いをサイクリングすれば最高。

    DSCF5069

    淡水から渡し舟で対岸の八里区へ渡る

    DSCF5109

    八里区ではサイクリングロードが整備されており、レンタルバイクを借りれば、河沿いのサイクリングを楽しめる

    淡水から紅毛城へは淡水からバスですぐ近く。

    DSCF5160

    スペイン人によって建設された紅毛城。

    ここからの夕日もきれい。

    もう一度渡し舟に乗り、漁人碼頭まで夕日を観賞に行った。

    DSCF5133

    淡水から漁人碼頭まで渡し舟で行く

    漁人碼頭から台湾海峡に沈む夕日が見られるので、観光客人気のスポット。大勢の人がシャッターチャンスをうかがっている。

    DSCF5187

    漁人碼頭の橋から夕日を眺める

    橋の上から、カメラのパノラマ撮影機能にて120度の視野を撮影した。

    DSCF5189

     

    この写真は桟橋の歩道から撮影した。写真の左右の歩道は一直線になっているのが、このように写る。

    DSCF5200

    淡水から漁人碼頭へはバスでも行ける。

    DSCF5206

    淡水の夜市も賑やかで活気がある。