個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ついにホイアンにやって来ました

    Posted on 2017年7月4日 takashi コメントはありません
    ホイアンは、私がはじめて東南アジアへの旅行をした時に訪れた街だ。ベトナムには何度か来ているが、この街に来る機会がなく、今回は2005年5月以来12年ぶりと言うことになる。でも、当時はパッケージツアーに参加し、ツアーガイドもいて、国内移動も現地での送迎も全て用意されていたので、何も考えず、予定通りに行動するのみであった。

    ダナンからホイアンへのバス

    ダナンからホイアンへのバス

    ダナンからホイアンへ路線バスで行く
    ダナンからホイアンへのバスは、ダナン市内を巡回して五行山を経由してホイアンへ向かう。所要時間1時間。運賃は一人50,000VND(約250円)だった。(現地の人は、17,000VNDで、外国人は25,000VNDと言うらしい。しかしスーツケースを持っていたので、50,000VNDと言われたのが事実)

    バスは市内を循環するので、ホテル近くのバス停で乗ることが出来る。予めホテルなどに聞いてバス停を確認しておくと良い。

    バスはホイアンの郊外にあるバスステーションに到着するので、ここからはタクシーを使って、ホテルまで行くことになる。(約50,000VND≒250円)

    ホイアンの日本橋

    ホイアンの日本橋

    日本にゆかりのあるホイアン
    16世紀頃、ここに日本人町があった時に造られた日本人橋(来遠橋)。江戸時代の鎖国政策前には日本人が貿易などを営んでいたと言う。

    ホイアンと言えばランタン

    ホイアンと言えばランタン

    夜になるとランタンに灯がともり幻想的な世界となる
    ホイアンはランタン(提灯)の街。夕方になると街の通りにあるランタンに灯がともり、幻想的な雰囲気を醸し出す。

    12年前と違い、観光客も多くまるで夏祭りの趣である。

    陶芸村タンハーの博物館

    陶芸村タンハーの博物館

    伝統陶芸の村、タンハーへ
    ホイアンから自転車で約30分のところに伝統陶芸品の村があるので行ってみた。自転車はホテルで借りる(20,000VND(≒100円)

    村全体が陶芸作業場になっており、その中に陶芸釜がある。村へは自転車を置いて入る。(パーキング3,000VND≒15円)

    タンハー村の伝統工芸品を作る

    伝統工芸品を作る村人

    陶芸品を作る村人
    タンハー村に入ると、各家単位で陶芸品を作っていたり、それをみやげ物として売っていたりしており、見ていて楽しい。

    生活用品も多いが、土産用にも素焼きのものから色づけしたものまで各種ある。

    新たなアトラクションの水上人形劇

    新たなアトラクションの水上人形劇

    新しいアトラクションの水上人形劇を見に行く
    ハノイやホーチミンではもう一般的になっているが、ここでは新しいアトラクション。ホイアンから少し北に行ったところにあるスタジアムの一角で水上人形劇をやっていた。

    街でもチケットを購入出来るが、席の予約は出来ない。当日会場に、30分から1時間早めに行ってチケットを購入し、席を確保したほうが良い。入場料80,000VND(≒400)

    水上人形劇の演者

    水上人形劇の出演者

    最後に水上人形劇の出演者が挨拶を
    会場はそれほど大きくないので、観客との距離も近く出演者との距離が近い。表情も見て取れるので親近感が沸く。

    これまでハノイ、ホーチミンで見た人形劇より、より新鮮で心に残る水上人形劇だった。

  • ジャフナでゲストハウスに泊まる

    Posted on 2016年12月10日 takashi コメントはありません
    ジャフナでは最初の1泊目のみジェットウィングに予約宿泊したが、後は現地に着いてから宿を探すことにしていた。ブッキングサイトでの事前確認では、観光客の少ないジャフナでは観光のための宿泊設備が少ないせいもあり、競争もないようで評判の良いホテル・ゲストハウスはなかった。

    到着初日、iPADを片手に宿泊施設を地図で見ながらホテル、ゲストハウスをチェックしていた。 
    今回は、5件ほど建物、部屋、値段などをチェックした。宿泊費は、AC付きで3,000ルピーほど、ACなしで2,000~2,500ルピー。朝食は別。 

     

    P1340458ゲストハウス ブルーホエール
    ジャフナ駅に到着前、列車から見えたゲストハウス。駅から東の方に位置したナッルアーコビルに近くにある。
    街の中心部から2㎞ほど離れているが、幹線道路に出ればバスが頻繁に走っているので比較的便利なところだった。

     
    P1340457ゲストハウス ブルーホエールの部屋
    部屋は簡素であるが、きれいで、バスルーム、エアコン付き、朝食なしで1部屋1泊3,000ルピー(約2,300円)だ。

    宿泊客は少なく、静か。4階建ての建物には屋上があり、周囲に高い建物がないので見晴らしは良い。

    数件当たった後、最終的にここに決めた。

     
    P1340462ゲストハウス ブルーホエールから近くの幹線道路まで出てバスに乗る
    幹線道路まで5分ほど歩くと、バスが頻繁に走っている。全てバスターミナル行なのでどれに乗っても良い。
    バスターミナルまで5分ほどの乗車。15ルピー(約12円)、

     
  • 南アジア最大の動物園 コロンボ デヒワラ動物園

    Posted on 2014年11月8日 takashi コメントはありません

    コロンボ動物園とも呼ばれているデヒワラ動物園はコロンボから南12 kmぐらいのところにある。正式にはNational Zoological Gardens of Sri Lankaと呼ばれ、南アジア最大の規模を誇ると言われる。

    3000種類の動物と水族館も持った動物園の敷地は広く甲子園球場の7.7倍(0.1平方km)あり、ゆっくり見て廻ると3時間はかかる。動物の種類は日本の普通の動物園と大きな違いはないが、世界中から集められたいろんな種類の動物が見られる。

    一方で、スリランカを代表する動物である象のショーなどが行われるのが、このデヒワラ動物園の特徴である。(残念ながら、2014/11/01訪問時は象のショーは行われていなかった)

    入場料は外国人Rs.2,500で少々高いが、コロンボからも近いので時間を都合して訪れてみてはどうだろう。
    オフィシャルWEBサイト:http://nationalzoo.gov.lk/

     

    P1140023デヒワラ動物園 (National Zoological Garden) 
    コロンボフォート駅前から路線バス 101 番に乗り、デヒワラジャンクション(Dehiwala junction)で降り、路線バス 176番で動物園前(Zoological Garden )で降りる。.

    (このページの最後に詳しい乗り方の説明がある)

    P1130601園内マップ
    動物園入口を入ってすぐ左に曲がると、1番と書かれた案内表示板がある。ここがスタート地点だ。数字で見学順序が表示されているので分かり易い。
    園内は広く、かなりの距離を歩くことになる。中にはレストランもあるので、休憩を取りながらゆっくり廻っても良い。
    P1130564アシカショー
    1番と表示された場所は、アシカのプールである。たまたま、ここでアシカショーが行われていた。土曜日だったせいもあり、観客は子供連れの家族が多く、座席はほぼ満席であった。(ショーは無料)

    P1130602ダチョウと共存するカラス
    ダチョウのケージには餌を求めてカラスが群がっている。
    日本のカラスより少し小さめで、鳴き方も澄んだ声で「カァー、カァー」と鳴いているので愛嬌がある。
    カラスは展示対象ではないが、こうしてダチョウと共存しているカラスを見ていると仲良くやっているんだからいいんじゃないのって思ってしまう。(それだけ、自然の動物園って言うことか)
    P1130645カラスだけではない 
    なんと、野生のリスも餌を失敬している。このリスは野生だが、リスのケージもあり、どっちが展示なのか、分からないくらい野生のリスモ多い。
    野生も含めて、自然の動物園と言うことでいいんじゃないでしょうか。

    P1130708あちらこちらでリスを見かける
    動物園にいる動物は日本の動物園でも見られるが、リスの方は珍しい。しかも野生のリスで、ケージに入れられているのではなく、外から入って来るのだから。

    P1130827スリランカはやはり象
    デヒワラ動物園では象のショーが行われるが、その象の飼育エリアに水浴び用のプールがある。 
    朝10:00頃に行ってみると、飼育員が象に水浴びをさせている。
    P1130801水浴びをする象
    水浴びで飼育員が体を洗っている間、象は気持ちよさそうに水の中で横たわっている。

     

    P1130823水浴びから上がる象
    すっかりきれいになったゾウ、と言ってプールから上がっていく象。
    体が大きくてゆっくり動作の象を見ていると、こちらもなんだかリラックスして落ち着いた気持ちになる。

    P1130981親ガメの背中に子ガメを乗せて、子ガメの背中に孫ガメ乗せて♪
    プールの中に3匹のカメが積み上がっている。良く見ると3匹のカメが乗っかっているのは、ワニの背中だった。
    ワニの背中に親ガメを乗せて・・・って言うことで、協力的なワニの特別参加でした。
    ちなみに、このカメ柵を乗り越え脱出しようと思っているのかな?
    P1140014動物園内の高級?レストラン
    園内には売店、キャンティーンと言う食堂、そしてレストランがある。
    このレストランは、値段が高めに設定されており、外国人観光客はまだしも、100ルピーで入場した地元の人には、もっとも低料金の飲み物(コーヒー・紅茶など)が400ルピーもするため、入らないだろう。

    P1140025デヒワラジャンクションでバスを乗り替える
    コロンボフォート駅の前から101番の路線バスに乗り、写真のデヒワラジャンクションで降りる。(写真右の方がコロンボで、バスに乗っていると高架橋が見えて来る) Rs.25程度。
    ここで降りて手前の道路(ゴール道路から東(山側)に向かう道路)に少し入る。すると176番の路線バスのバス停がある。
    176番のバスに乗ると、7~8分で動物園(Zoological Garden)に着く。(Rs.9)
    車掌にズ~(または、スーと言ってもいい)と言えば分かる。
  • ポロンナルワからアヌラダプラへ

    Posted on 2013年10月12日 takashi コメントはありません
    Polonnaruwa-Anuradhapura-Busアヌラダプラ行きのノーマルバス 
    ポロンナルワバスターミナルの75番からアヌラダプラ行きバスが出ている。インターシティはなく、ノーマルバスだ。
    インターシティはエアコン付きのマイクロバスだが、ノーマルはノンエアコンの大型路線バスで途中のバス停に停まりながら行くので時間はかかるが、値段は安い。
    アヌラダプラまで143ルピー(約110円)で約3時間半。
    Polonnaruwa-Anuradhapura-Busバスのは開けっ放し
    スリランカの路線バスは扉が開けっ放し。エアコンがないので窓も扉も開けて走るのが極自然で当たり前のようだ。
    注意するのは、乗降時。ドアが開きっぱなしなので、乗ったら直ぐに手摺を掴まないと発車してしまう。また降りるときもドアの近くにいると危ない。またスーツケースなどの荷物がある場合、ドアの近くだとバスが揺れたとき荷物が飛出すことがあるので、しっかりと持っているか、手摺等に結束しておくなどの注意が必要。

    Anuradhapura-Guesthouse-TravelLodgeゲストハウスを探す
    いつものようにアヌラダプラに着いてゲストハウスを探すことになる。
    ゲストハウスが多く集まるのは新市街と旧市街の中間辺りなので、バスの車掌に"Drop us off at the Clock Tower"とお願いして、時計塔近くでバスを降りた。
    すると2~3人の宿斡旋の人が声を掛けてきたので、エアコン付き、ホットシャワー付き、WiFi付きの部屋があるか尋ね、場所と値段と朝食の値段を聞いた。
    出来るだけ町に近くを探したが、町の中にはあまり良いゲストハウスはなかった。
    1kmほど離れたところに新しいゲストハウスがあったので部屋を見せてもらった。エアコンはなかったが、夜は涼しくファンだけで大丈夫だと言うのでここに決めた。 1部屋(2人用)1泊2,000ルピー(約1,540円)、朝食が500ルピー(約385円)だった。

    Anuradhapura-Market新市街にあるマーケット
    ゲストハウスを新市街に向けて歩くと、バスターミナルの道路向かいからひとつ裏の通りにマーケットがある。
    新鮮な野菜、果物、肉、魚の他あらゆるものが売られており、人も多く活気がある。
    また、売り子は明るく、気軽に声を掛けてくる。
    Anuradhapura-Market-Papaya果物が美味しい
    パパイヤ、マンゴー、スイカ、バナナなどトロピカルフルーツが並んでいるお店に寄ってみた。大きなパパイヤが50ルピー(約40円)だった。
    ところで、果物を買う時は食べる日を言って店の人に選んでもらうのがいい。例えば、”eat tomorrow”と言えば、明日食べごろのものを選んでくれる。そうすれば間違いなし。

    Anuradhapura-New Bus Terminal新バスターミナル
    町の南にあるのが新バスターミナル。ポロンナルワ、トリンコマリーへは、ここから発車する。
    旧バスターミナルまでは3kmほど。歩いても40分程度でいけるが、路線バスだと12ルピー(約10円)で行ける。

    Anuradhapura-Old Bus Terminal旧バスターミナル
    町の北にあるのが、旧バスターミナル。コロンボ、キャンディへは、ここから発車する。 新バスターミナルと旧バスターミナルの間は3kmほど。歩いても40分程度でいけるが、路線バスだと12ルピー(約10円)で行ける。

    Anuradhapura-Townアヌラダプラ街歩き 
    新バスターミナル前のメインストリートから歩くと、近くにはレストランやショップが並ぶ。
    しばらくすると、道路沿いの店は少なくなるが、フードシティ(スーパーマーケットでビールも販売されている)やレストランがまばらに並ぶ。時計塔辺りから少し店が増えるが、しばらくして、また閑散とする。そして旧市街の中心(市場などがある)に達する。
    道沿いにあるのは、スーパー、地元料理のレストランが多く、デパートやショッピングセンターなどはない。
  • ポロンナルワ 街歩き

    Posted on 2013年10月10日 takashi コメントはありません
    P1070937建設中の時計塔
    旧市街のハバラナロードとバッチカロアロードが交差するロータリーに時計塔が建設されている。ハバラナから来たバスはここで左折し、ニュータウンのバスターミナルや鉄道駅のカドゥルウェラ駅へと向かう。ニュータウンまでは4kmほどあるので、遺跡巡りはこの辺りに宿を取るのがベター。

    P1070946巨大な貯水池パラークラマ・サムドラ 
    時計塔を北に(ハバラナ方向)200mほど歩くと小さな川と交わる。この川の水はポロンナルワの水瓶、パラークラマ・サムドラから流れて来ている。
    ここで左に曲がるとその水門が見え、パラークラマ・サムドラへ達する。
    パラークラマ・サムドラは非常に大きく、地元の人々の生活や野生動物にかかせない水源となっている。
    朝、夕になると、ここから流れ出た川の水で、水浴びをしている光景が見られる。
    P1080191ダルサーナ ホテル
    ホテルと言ってもスリランカのホテルはレストランを指していることが多い。町の通りにある地元のレストランは全てホテル○○と言う看板が出ている。
    ポロンナルワで毎日行っていたレストランが地元の人で賑わうここダルサーナ(DARSHANA HOTEL)。
    場所はハバラナロード沿いでパラークラマ・サムドラへ曲がる道の少し南、道路の西側にある。
    (No.63 Habarana Road)
    P1080196調理場が入口直ぐ右にあり、目の前で調理 
    メニューはスリランカで良く見かける、コットゥロティ(ロティを野菜肉などと鉄板の上で細かく刻んだもの)やエラワルロティ(カレー味の野菜や肉をロティで包みあげたもの)、ホッパー(ココナツミルクをお椀状に焼いたもの)などの庶民料理の他、野菜スープなどもある。値段も1品100~150ルピーほどでお手頃。
    英語メニューもあり、英語を話す明るいおじさんが注文を聞いてくれる。

    P1070911鉄道駅・スターミナルのある繁華街へバスで
    遺跡公園近くの旧市街からバスターミナル、鉄道駅のある繁華街へバスで行くと約5分、12ルピー(約10円)。

    P1070924スターミナル 
    バスはバスターミナルに到着。この辺りが繁華街。銀行、ショッピングストア、スーパー、レストランなどがあり、旧市街に比べ人も結構多い。

    P1070923ポロンナルワ鉄道駅
    バスターミナルの向かいにあるのが鉄道駅。
    発着本数もすくない小さい駅だが、コロンボフォート行きの列車は1日3便ある。一方、東海岸方面のバッティカロア駅行きは、1日5便ある。
    P1070930スリーウィーラー
    町を歩いていると、所々でこのようなスリーウィーラーの展示を見る。
    価格が表示されており、50,000ルピーとあるので、日本円で38,500円である。こんなに安い価格で販売しているとは思えないが、誰も聞く人がいなかったので残念である。
    (誰か、知っている人教えて~)

  • コロンボ街歩き・・・その2(フォートとぺター)

    Posted on 2013年9月18日 takashi コメントはありません
    P1090365ローカルバスに乗れば・・・
    バンバラピティヤからコロンボフォートまでバスに乗った。12ルピー(約9円)で安い。
    乗ろうとするバスが目的地に行くかどうかは、乗る前に車掌に確認するのが良い。切符は乗車してからで、20ルピーも出せばお釣りがある。車内は皆マナーを守っている。子供やお年寄りには席を替わったりしている。
    ただし、注意したいことは、ドアは開けっ放しで走るので、乗車したら直ぐに何かを掴むこと。そうしないとドアから振り落とされる可能性がある。
    P1050732バジェットタクシー
    運がよければ、バジェットタクシーを拾うことが出来るかも知れない。非常に少ないが、まれに流しているのを見かける。メーターが付いており、トゥクトゥクより少し高めだが安心。
    トゥクトゥクにもメーターが付いているものもあるので、それを利用するのも良い。

    P1090374スリランカで活躍する日本の車
    いたるところで日本で役目を終えたマイクロバス、トラックなどの商用車の再利用が見られる。ボディに書かれた文字もそのままなのでよく目立つ。
    このマイクロバスには「ジャパンスイミングスクール弘前」と書かれている。

    P1090380セントラルバスターミナル近くの市場
    コロンボフォート駅を出て右に500mほど歩くとセントラルバスターミナルがある。その西隣りはおおきな市場がある。バスは市場の横の道を通りバスターミナルへ入ってくる。

    P1090404オールド・タウン・ホール
    市場を真っ直ぐ北へ歩いて行くと、オールドタウンホール(旧町役場)がある。

    P1090420ジャミ・ウル・アルファー・モスク
    メインストリートを西に300mほど進むと、モスクがある。スリランカにはイスラム教徒も多く、このようなモスクも多く見られる。

    P1090429コヴィル・ヒンドゥー寺院
    モスク前を通り、メインストリートに出て100mほど西へ進むと、今度はヒンドゥー寺院がある。

    P1090433ぺター時計塔
    メインストリートを更に西向きに歩くと、コロンボ港湾岸沿い通り(N.H.Mアブドッールカダー通り)と交差する。ここに、ぺター時計塔がある。ここから更に西に進むと運河がある。この運河を渡れば、スリランカ政治・経済の中心地、フォート地区になる。

    P1090445スーパーマーケット・カーギルスから見るワールドトレードセンター
    ヨークストリートまで真っ直ぐ歩くと、左にスーパーマーケットのカーギルスが見える。ここを左に曲がれば、ワールドトレードセンターの方へ向かう。

    P1090453ワールドトレードセンター向かいのダッチ・ホスピタル
    ワールドトレードセンターの向かいにあるダッチ・ホスピタルは、2011年にオープンしたショッピングモール。人気ブランドショップ、カフェ、レストランなどが入っている。ここは、旧オランダ統治時代に建てられた病院を改装したもので、建物と名前から来るイメージは良くないが、実際に入ってみると全く違っていて、ちょっとした都会のオアシスになっている。
    また、ここに入っているレストランではビールもおいているので、街歩きで疲れた後、ビールで!ってことも・・・。(一般のレストランではアルコール飲料は提供出来ない)