個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • 人気のホテルをお得に予約するコツ!

    滞在都市が決まれば、次はホテルを探そう。ホテル探しのポイントは人気のいいホテルをお得な料金で予約すること。これにはホテル口コミを利用しよう。その前にホテルについて概略を知っておこう。

    ホテルの分類

    ホテルの種類:

    ホテルには、設備および料金面で、高級ホテル(5つ星、4つ星)から 中級ホテル(3つ星)、エコノミーホテルなどに分類される。その他に、比較的規模が小さく個人・家族経営が多い、ゲストハウス、比較的長期での利用を目的としたサービスドアパートメント、などがある。また、B&Bベッド&ブレックファースト)はエコノミーホテルのひとつと考えられる。

    高級ホテル:設備が揃っており、レストラン、バー、あるいはプールやスポーツジムなどが付属している。また、室内もグレードの高い装飾がされている。

    中級ホテル:高級ホテルに比べやや設備規模は小さいが、室内にはテレビ、冷蔵庫(ミニバー含む)など基本的な装備が揃っている。

    エコノミーホテル:ビジネスホテルとも分類され、最小限の設備はある。室内は一般に広くはないが短期の宿泊には問題がない。エコノミーホテルは一般にロケーションがいい所か、交通の便がいい所に立地していることが多い。

    サービスドアパートメント:長期滞在などで利用するための宿泊設備で、室内は一般に広い目に作られており、料理が出来るようにキッチンが付いている。また食事のための食器類や、ナイフ・フォークなどのユーテンシルが備わっている。

    ゲストハウス:日本で言う旅館、民宿的な感じで、大規模なホテルと違って、宿泊者数も多くなく、静かで落着いた雰囲気で過ごせるメリットがある。一般に地元人の家族経営のところが多いため、料金も安く、フレンドリーな対応で接してくれるところが多い。

    B&BBed & Breakfastと言い、簡易ホテルと言うイメージが強いが、一般にロケーションが良く、ホテル設備や室内装備が簡単なだけ料金も安い。

    部屋の種類:

    部屋には、1部屋のスタディオ、リビングとベッドルームが別になったスイート、そして独立した建物になったバンガロー(シャレー、ヒュッテとも)などがある。その中にベッドルームにより、シングル(1人用)、ツイン(2つのシングルベッドで2人用)、ダブル(1つのダブルベッドで2人用)、トリプル(1つのシングルベッドと1つのダブルベッド、または3つのシングルベッドのいずれか)がある。またエクストラベッドと言って、仮設ベッドを追加することもある。

    いいホテルを探すには・・・

    ホテルには高級ホテルからエコノミーホテルまであるが、いいホテルとは、各々の宿泊者の予算内で、ホテル概観、ホテル設備、室内装飾、室内備品、清潔度、サービス、従業員の態度、ロケーション、交通の便などが宿泊者の要求に合っているかどうかで決まる。

    これを調べるには、ホテルのクチコミサイト(宿泊者の評判)が役に立つ。クチコミサイトは、トリップアドバイザーホテル予約サイトなどでが利用出来る。

    世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】 を例に見てみよう。

    トリップアドバイザー

    画面の右上の検索ボックスに都市名を入れて検索キーを押すと、その都市のホテル-クチコミランキングが表示される。(上図は「バンコク」の例)

    表示は、ホテル、B&B、その他の宿泊設備と分けられているが、各分類の上位にランキングされたホテルから順にチェックしてみよう。

    ここで掲載されている宿泊客のレビューは、宿泊者(家族連れ、グループ、単身や目的など)により感想が違うことがあるので、旅行のスタイルが自分と同じかどうかも考慮して、参考にしてみる。

     

    ホテル予約サイトの選び方

    ホテルのクチコミである程度のホテル候補や希望のホテルのイメージが出来てきたが、予約にはもう少し手間がかかる。予約に際して、候補のホテルの宿泊料金、空室状況などを調べる必要がある。また、ホテル予約サイトを見ても料金が微妙に違うし、キャンセル条件・キャンセル料も違う。そして予約料なども内訳が複雑になっていてよく分からない。ひよっとしてホテル直接申込んだ方が安いのかも知れないと考えてしまう。

    一般に、ホテルの予約には下記の手段がある。

    • ホテル予約サイトで予約
    • 各ホテルのWEBサイトで直接予約(オンライン)
    • ホテルへEメールで直接予約(オフライン)

    ホテル料金は経由するホテル予約サイトや予約方法によって違ってくる。それは予約サイトとホテルとの契約で、集客力のある予約サイトや旅行代理店は有利な仕切価格で契約していることが多い。そして、その分予約サイトでのホテル料金が安くなっていることもある。が、一方で中小規模のホテルでは、直接予約することで安く交渉できることもある。

    予約サイトを利用する場合、ホテル料金の内訳サービス料など)、予約手数料キャンセル条件キャンセル料料金支払のタイミング(予約時かホテルチェックアウト時か)などが予約サイト毎に違うため、予約者にとってメリットのある予約サイトを選ぶことが重要である。例えば、日程がはっきりしていないが、早い目にホテルを確保しておきたい場合、キャンセル料が無料の予約であれば、後々の日程変更には便利である。また、現地での支払を少なくしたい場合、予約時点で支払を済ませたいなどの場合は予約時支払が便利である。

    このようにホテル予約サイトを利用するには、それぞれのホテル予約サイトの特性や強み・弱みを知っておきたい。ホテル予約サイトの手数料、キャンセル料、変更料、支払時期、提携ホテル件数、長所、短所、利用上のポイント、使い易いホテル予約サイトをランキングで表示。

    ホテル予約サイトの強み・弱みをホテル予約サイト徹底比較で調べる。

    一方で、中級ホテルやエコノミーホテルなど小規模のホテルでは直接予約(WEBサイトかEメール)の方が安い場合もある。また、ホテルのディスカウントパッケージなども用意されていることが多くチェックしてみる価値はある。これらのホテルは、ホテル名で検索すれば見つけることが出来るので、そのWEBサイトにRESERVATION(予約ページ)か、CONTACT(連絡先)が書いてあるので問合せをしてみよう。

    ホテルへの問合せ時は、まず、希望宿泊日、宿泊日数、宿泊人数、部屋・ベッドの仕様、禁煙/喫煙などの希望を伝え、空室状況を聞く。その他にホテル設備、チェックイン時間、チェックアウト時間などもWEBサイトなどで情報がなければ聞いておく。また、宿泊者側の情報として到着予定時間、ホテルまでの交通手段、送迎の要否なども連絡しておくと良い。

    ホテル空室照会・予約・キャンセル英文Eメール(例文)を、海外旅行に役立つ英語 で見る。

     

    ホテル予約の実際

    ホテル予約サイトの徹底比較でホテル予約サイトを調べ、宿泊希望のホテルの料金やキャンセル条件などを調べてみよう。ここではホテル予約サイトとしてBooking.comを使用してホテルの予約手順を確認してみよう。下のホテル検索ボックスにホテル名が決まっている場合にはホテル名を、未定の場合は宿泊地名を入力する。

    検索ボタンをクリックすると下記の画面が表示される。

    Booking.comのホテル予約サイト画面の上部にある「おすすめ」「星」「ロケーション」「料金」「クチコミのスコア」を選択すれば、並び替えをすることが出来、より早くホテルを探すことが出来る。

    ホテルを探す条件としては、まず、クチコミをクリックして並べ替えてみよう。予算での絞り込みをするには、左サイドにある絞り込み検索を予算金額にあわせると良い。

    次にロケーションを確認しよう。短期滞在には交通の便が良い所、少し長い滞在では町外れにあるリゾートのような所が静かでいいかも知れない。ロケーションは左サイドの地図上に現れる。

    また、ホテルの設備(例えば、プールなど)や室内の装備(エアコン、バスタブ、冷蔵庫など)が各ホテルの概要に表示される。

    ホテル料金を見る上で確認するのは、料金の内訳税・サービス料込みか)、朝食込み予約手数料キャンセル料支払時期などである。

    もし、現在調べている予約サイトの予約条件が希望に合わないなら他の予約サイトでも調べ、比較してみる。これらの条件を確認し、予約者にとって最も有利な予約サイトでの予約が一番お得な予約と言うことになる。