ランプーンは、11世紀頃、モン族が興したハリプーンチャイ王国の都があったところで、チェンマイから南へ40kmほど行ったところにある。ランパーンの帰りに寄ってもいいし、チェンマイから日帰りで旅するのもいい。

チェンマイからはソンテオも走っているが、エアコンバスが、22バーツ(約70円)で安くて快適。バスはチャーン・プアク・バスターミナル(旧市街の北門チャーン・プアクの北にある)から20分毎に出ている。バスは、ワロロット市場を経由して、ピン川東のチェンマイ-ランパーン道路を通るので途中で乗車も出来る(バス停でなくとも、手を上げれば止まってくれる)。

終点まで乗るとランプーン・バスターミナルまで行くが、市内観光には、手前のバス停、ハリプーンチャイ博物館で降りると便利。約50分ほどの乗車。

P1010245ランプーン行きのエアコンバス

バスはチャーン・プアク・バスターミナルから出ている。始発6:30から18:10の間、20分毎に発車する。(7:30までは30分間隔)

P1010433ランプーンのハリプーンチャイ博物館前バス停

ランプーンでは、ハリプーンチャイ博物館前、(またはワット・プラタート・ハリプーンチャイ前と同じ)で降りると便利。(車掌にハリプーンチャイミュージアムと言えば降ろしてくれる。そのまま乗ると約1km南のバスターミナルまで行ってしまう)

ランプーン市内の観光

ランプーン市は小さな町で、2~3時間あれば歩いて廻れる。観光スポットとしては、ワット・プラ・タート・ハリプーンチャイ、ワット・チャームテーウィなどの寺院がある。ワット・プラ・タート・ハリプーンチャイは、ハリプーンチャイ博物館前バス停を降りた場所(ハリプーンチャイ博物館の向かい)にある。また、ワット・チャーム・テーウィはバス停で降りて博物館の角を右に曲がって、15分程度歩いたところにある。(近くになるとチェディが見えてくるので分かる)

P1010199ワット・プラ・タート・ハリプーンチャイ
メンライ王が1108年に建造。1辺20mの四角形の台座の上に建つ高さ46mの金色のチェディは、美しく見ごたえがある。現在も多くの人が参拝に訪れている。
P1010480ワット・チャーム・テーウィ
四角錐の形をした高さ21mのチェディはハリプーンチャイ様式による。表面には60体の仏像が納められ、きれいな状態に復元されている。
P1010482ワット・チャーム・テーウィのチェディ表面に納められた仏像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。