個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ドン・コング(ラオス)を後にして、ウボン・ラーチャターニ(タイ)へ戻る

    Posted on 2013年2月3日 takashi コメントはありません

    ドン・コング(ラオスのシーパンドンにあるメコン川の最大の島)に5泊した後、タイのウボン・ラーチャターニまで一気にバスで帰ることにした。ムアン・コングからボートで対岸のハート・サイクンに渡り、バスでパクセーへ行く。ここでタイのウボン・ラーチャターニ行きの国際バスに乗って国境を越えてタイに入ることになる。チケットはゲストハウスで聞くと、国際バス込みで130,000Kip(約1,365円)だったので購入。朝11:30にムアン・コングを出て、パクセーを経由し、ウボン・ラーチャターニに到着したのが18:30頃、約7時間の旅となった。実際にバスに乗っている時間は2時間+2.5時間で疲れはなかった。

    DSCF6469 ゲストハウスのお兄ちゃんがボートで対岸まで送ってくれる。何でも出来るんだね。
    DSCF6488 ドン・コングを後に本土へ渡る。
    DSCF6501 ハート・サイクンからドン・コングを望む。
    DSCF6503 バスに乗換え、一路パクセーまで2時間の乗車。
    DSCF4982 パクセーでタイ・ウボン・ラーチャターニ行きの国際バスに乗換える。
    DSCF6509 ラオス側国境に到着して、一旦バスを降り、出国手続きをする。その後、タイ側イミグレーションへ徒歩で向かい、入国手続きを行う。
    DSCF6511 タイ国へ入国後、待機しているバスに再度乗車。一路ウボン・ラーチャターニへ向かう。
    DSCF4919 ウボン・ラーチャターニのバスターミナルに到着したのが18:30頃、タクシーでホテルへ向かった。タクシー乗り場では係員が整理券を渡してくれ、乗車を案内してくれる。タクシーはメーター制で、行き先は係員に言えば、ドライバーに伝えてくれる。
    ただ、予約したホテルは最近オープンしたばかりで、名前も知られてなく、住所を見せても分からなかった。そこで、ホテルへ電話を入れてもらい場所をドライバーに伝えてもらった。

     

    DSCF6530 宿泊のホテルは最近オープンしたばかりのアパートメントスタイルのホテル。1泊朝食なし通常600THBのところ、オープン記念価格で450THB(約1,215円)。
    DSCF6550 通路はオープンとなっており、開放感がある。
    DSCF6571 1階にはテーブルと椅子が置かれ、セルフサービスでコーヒーや朝食などが取れるようになっている。
    DSCF6522 部屋はホットシャワーの専用バスルーム、エアコンが付き、TV、冷蔵庫が備えられている。

     

    明くる日は近くの寺院をぶらぶらと廻った。ウボン・ラーチャターニには寺院がいくつあるのか。もう十ヶ所は行ったように思う。

    DSCF6546 ホテル近くにあるワット・パヤイ。たくさんの信者がお参りに訪れていた。寺院により参拝者の数がかなり違っているようだ。
    DSCF6545 この寺院はタイ寺院で良く見る孔雀ではなく、鳳凰になっている。中国様式のなかも知れない。
  • シーパンドン最大の島ドン・コングを散策

    Posted on 2013年2月2日 takashi コメントはありません

    ツーリストがハート・サイクンからドン・コング(Don Khong)へボートで渡ると、ムアン・コングと言う小さな町に到着する。ここには、ホテルとゲストハウス、そしてレストランがある。この町は観光用の町であるのに対し、島の西側(反対側)に行けば、地元の人で賑わうムアン・セーンと言う町がある。

    この大きな島には、銀行が1軒のみ、ATMは2ヶ所しかなかった。その銀行もツーリスト用であるが、両替は米ドル、ユーロ、タイバーツ、ベトナムドンのみをラオスキープに交換するが、日本円は扱っていなかった。ATMでキャッシングをしようとしてもなぜか「取扱い出来ません」とのメッセージが出てくる。他の人は使っているのでATM自身に問題はないようなので、日本発行のカードの性なのかも知れない。このため、ラオスキープが段々と底を突いて来て、慌て出したが、最終的に米ドルとタイバーツをラオスキープに買えてしのいだ。

    島にはバスやトゥクトゥクと言った公共交通機関がなく、島を廻るには旅行代理店で車をチャーターするか、レンタバイク、レンタモータ-バイクを借りる必要がある。モーターバイクなら、1時間ほどでぐるっと一周廻れる。レンタバイク(自転車)なら、暑さの性もあるので、1周廻るのはハードだが、1時間で島の西側(ムアン・セーン)辺りまではなんとか行ける。

    CCF20130202_00000 シーパンドン(4千の島と言う意味)の地図。
    中でもドン・コングはシーパンドン最大の島。
    DSCF6124 モーターバイクで走れば、ドン・コングも簡単に廻れる。交通量も少なく道は平坦なので走りやすい。モーターバイクはスズキ(日本製)で1日60,000Kip(約630円)。ガソリンは別途で、1リッター12,000KKip(約126円)。
    DSCF6366 レンタバイク(自転車)でも行けるが、暑さ対策は必要。
    レンタバイク料金は1日10,000Kip(約105円)。
    ブレーキの効き具合とチェーンの張り具合、タイヤの磨耗状況を事前に確認・・・良し!

     

    メコン川は地元の人の生活と密接に結び付いている。

    DSCF6063 メコン川に昇る朝陽と共に一日がスタートする。(ムアン・コング)
    DSCF6007 川の幸が豊富なメコン川で投げ網漁をする地元の漁師。(ムアン・コング)
    DSCF6129 Houay桟橋。対岸の本土とのフェリーが頻繁に往来している。橋のないドン・コングでは人もモーターバイクもフェリーで本土へ渡る。(ホウェイ:Houay)
    DSCF6243 年に一度の手漕ぎボートレースが開催されていた。(ムアン・コング)

     

    島のあちらこちらに水牛が放し飼いされている。

    DSCF6382 泥浴びをする水牛。暑いからね!
    DSCF6452 あちらこちらで水牛に出くわす。この子牛を連れた水牛の群れは警戒心が強いので注意。

     

    地元の子供達は明るくて元気一杯。

    DSCF6429 ゲストハウスの直ぐ近くに学校がある。。(ムアン・コング)
    DSCF6428 朝は掃除から始まる。。(ムアン・コング)
    DSCF6369 地元の子供達はカメラを向けると愛嬌を振りまいてくれる。

     

    ドン・コングには寺院はいくつあるのだろう。大きな島と言え、そのほとんどが田畑、森林で占められ、町の人口はそれほど多くないのに、立派な寺院が数ヶ所点在していた。

    DSCF6085 フア・コング(Houa Khong)村にある寺院。
    DSCF6075 本堂には仏陀の物語がカラフルに描かれている。(フア・コング)
    DSCF6079 地元の人の信仰心は厚い。(フア・コング)
    DSCF6109 なぜか、この寺院には女性の像が祭られている。(ワット・ポー)
    DSCF6112 この寺院で現在涅槃仏を建造中。(ワット・ポー)
    DSCF6101 寺院で修行中の子供の僧が手伝っている。(ワット・ポー)
    DSCF6442 ムアン・コングにある寺院の大きな仏像。(ムアン・コング)

     

    この時期は、お祭りで、ナイトマーケットが開催され、島中の人が集まっていた。

    DSCF6163 服屋さんが多い。(ムアン・コング)
    DSCF6162 警察の取締り。道端にはみ出している屋台があればビシビシと厳しく注意する。(ムアン・コング)
    DSCF6175 こちらは賭けダーツ。子供がお客。1,000Kipを数字の上に賭け、矢をダーツに投げ、その数字に当たれば、かけ金が何倍かで帰って来る。これは公認で、警察は取り締まらないんだ。(ムアン・コング)
    DSCF6338 ナイトマーケットが終わった後は、ゴミの山。誰が掃除するんだろう。(ムアン・コング)

     

    川沿いレストランでは地元の人がビール(ビア・ラオ)を楽しんでいる。(飲酒運転だょ!)それにしても、どこに行ってもビア・ラオ。政府はラオス人をビア・ラオ漬けにする気?

    DSCF6147 昼間からビール(ビア・ラオ)を飲む人が多い。そのままモーターバイクに乗って帰るみたい。(ホウェイ)
    DSCF6323 地元の人の集まりに声をかけられ、一緒にビール(ビア・ラオ)で乾杯。英語を話す人はホテルに勤めている人で2~3人だけ。
    なんでも祭りで若者が出稼ぎから村に帰ってきているそうだ。
    (ムアン・コング)
    DSCF6070 途中のお店で昼食。(フア・コング)
  • シーパンドン最大の島ドン・コングへ

    Posted on 2013年2月1日 takashi コメントはありません

    ドン・デットで4泊した後、シーパンドンで一番大きい島、ドン・コングへ向かうことにした。ドン・デットはバックパッカーの聖地だけに、地元の住民より欧米人が多かった。さて、ドン・コングはどうだろうか。もっと素朴な姿を見せてくれるだろうか。

    ドン・デットからドン・コング行きのボート&バスチケットは70,000Kip(約735円)。ゲストハウスや旅行代理店などで売ってるが、微妙に値段が違う。一般に桟橋に近い方が高く、離れて行くと安くなって行くようだ。

    DSCF5957 ドン・デットの桟橋では、多くの欧米人バックパッカーがボートを待っていた。対岸のナーカサンからカンボジアや向かう人、ラオスの各地へ行く人など、それぞれが次の目的地に向かう。
    DSCF5363 ナーカサンからバスで約15分乗車すると、ドン・コングへの渡し舟の桟橋、ハートサイクンへ着く。ここでボートに乗換え、ドン・コングへ渡る。
    DSCF5982 ハートサイクンからボートに乗り、ドン・コングの桟橋、ムアン・コングに向かう。約10分で到着。

     

    ムアン・コングに着いて昼食を取った後、宿を探すためレンタバイクを借りた。4~5軒のゲストハウス、ホテルを廻り、部屋を見せてもらい、良いゲストハウスを見つけることが出来た。

    DSCF6304 コン・ビュー(Khone View)と言うゲストハウス。ここで5泊することにした。
    DSCF5991 部屋はリバービューのエアコン付き。ホットシャワーの専用バスルームがある。
    DSCF6293 何より良い所は、部屋を出ると直ぐにメコン川が一望できるレストランがあり、食事をしながらメコン川を楽しむことが出来る。
    DSCF6064 朝6時、レストランからメコン川に昇るサンライズを拝む。
    DSCF6473 メコン川から見たゲストハウス。
  • ドン・デット、ドン・コーンでサイクリングを楽しむ

    Posted on 2013年1月31日 takashi コメントはありません

    ドン・デットとドン・コーンは隣通しの島で、橋が架かっているため、自由に往来できるようになっている。ただし、橋を渡るのに、通行料を1日間有効で25,000Kip(約260円)を払う必要がある。

    このため、宿をどちらに取るかは悩むところだが、一般にドン・デットの方はレストランやゲストハウスが多く、賑やかでのに対し、ドン・コーンは静かではあるが、観光スポットは多い。

    いずれにしても、レンタバイク(自転車)を借りれば島を行き来し、のどかな風景を見ながらサイクリングを楽しむことが出来る。

    ドン・コーン

    DSCF5707 ドン・デットからドン・コーンへ渡る鉄道橋。フランス統治時代にフランスが建造。
    通行料25,000Kip(約260円)が必要。(当日のみ有効)
    ただし、夕方5時以降は係員が引き上げ、無料となる。
    DSCF5714 鉄道橋は文字通り鉄道用の橋のため欄干がなく、低い段差があるだけ。
    DSCF5725 ドン・コーンの町並み。レストラン、ゲストハウスが並ぶ傍ら、学校や民家もある。
    DSCF5509 レンタバイクは1日10,000Kip(約105円)。ブレーキの効き具合、チェーンの弛み、タイヤの損耗状況を事前確認するのを忘れないよう。
    途中で故障した自転車を押して帰っている人を何人か見た。(チェーントラブルがほとんど)
    DSCF5430 鉄道橋を渡ったところに蒸気機関車が展示されている。
    DSCF5431 ドン・コーン付近の地図。島と島の間は滝か急流となっている。
    その一番大きいのがコーン・パペンの滝。次にソム・パミットの滝。
    DSCF5441 ドン・コーンにあるソム・パミットの滝。鉄道橋から自転車で約15分。
    入場料は25,000Kip(約260円)
    DSCF5489 ソム・パミットの滝から更に奥に進むとサンセットビーチがある。
    岩肌の河川沿いから急に現れる細かい砂のビーチに驚き。
    欧米人はビーチが好き。泳いだり、日光浴を楽しんでいた。
    DSCF5582 鉄道橋からソム・パミットの滝へ行く途中の分かれ道を真っ直ぐ進むと、ドルフィンウォッチングのステージがある。ここでドルフィンウォッチングボートに乗ってイルカを見に行くことが出来る。一隻チャーターで60,000Kip(約630円)。イルカはいるが、期待していたほど頻繁に川面に姿を見せることはない。しかも写真に収めるのは至難の業。
    この流域は、カンボジアとの国境。向こうに見える島はカンボジア。
    DSCF5579 ドルフィンウォッチングは朝早くか、夕方近くが一番良いとか。
    特に夕方はカンボジア側に沈んでいく夕日が見られる。

     

    ドン・デット

    DSCF5601 鉄道の物資を積み出す埠頭の跡。
    DSCF5603 観光用の遊覧カーが走っている。ゲストハウスで申込み出来る。ドン・コーンの観光スポットを廻って1人15,000Kipぐらいか?(未確認)
    DSCF5675 川沿いにはレストランが並んでいる。メコン川を見ながらビールを飲むのが定番。
    DSCF5694 バンガローだけでなく、レストランの中にもハンモックを吊るしているところがある。
    のんびりと時間を過ごすのに良い。

     

    コーン・パペン

    コーン・パペンは島から本土に渡ってトゥクトゥクを探す必要があり、ツアーサービスを利用した。料金は80,000Kip(約840円)で、ドン・デットからボートで対岸のナーカサンまで行き、トゥクトゥクでコーン・パペンへ送ってくれる。約2時間後、逆のコースを戻って来る。コーン・パペンの入場料は含まれず、1人30,000Kip(約315円)が必要。

    DSCF5799 島から本土への橋がないので、一度ナーカサンへボートで渡る。
    DSCF5890 ナーカサンからトゥクトゥクで約20分でコーン・パペンに到着。

     

    シーパンドーンの最大の滝、コーン・パペンの滝。幅が広く、迫力がある。(幅300m高さ15m) DSCF5879

  • チャンパサックからシーパンドンへ

    Posted on 2013年1月29日 takashi コメントはありません

    チャンパサックからメコン川を更に南下するとシーパンドン(四千の島と言う意味)がある。メコン川流域の中で川幅が広く、数千もの島々が点在することからそう呼ばれている。ここはバックパッカーの聖地と呼ばれ、古くから欧米人(西洋人)バックパッカーが多く訪れるスポットでもある。

    チャンパサックからシーパンドンへはボート&バスのツーリストバスが出ており、ホテルでチケットを購入出来る。シーパンドンには、主なツーリストスポットとして、ドン・コング、ドン・デット、ドン・コーンの3ヶ所がある。ドン・コングへはハート・サイクンで途中下車し、ボートで島に渡る。ドン・デット、ドン・コーンへはナーカサンまで行き、ボートでいずれかの島へ渡ることになる。

    ホテルでナーカサン行きのバスを前日予約した。70,000Kip(約735円)。朝8:00、迎えに来たミニバンでホテルを出発、近くの桟橋まで行った。

    DSCF5331 近くの桟橋からボートに乗込み、メコン川を対岸へ渡る。近くに橋がないため、車も人もボートで渡ることになる。
    DSCF5359 約10分して対岸へ到着。バスに乗換える。
    DSCF5361 待つこと30分、ようやくバスが来た。全員座れるが、荷物用トランクがないので、車内前部シートに高く積み上げている。
    DSCF5366 1時間40分後ナーカサンに到着し、桟橋まで歩くこと2~3分。チケットを買いボートに乗る。15,000Kip(約160円)
    DSCF5386 約15分後、ドン・デット(デット島)に到着。
    DSCF5388 細い道沿いにレストラン、バンガローが並んでいる。ドン・デットはバックパッカーの聖地と呼ばれるほど、バックパッカーが多い。ほとんどが欧米人。

     

    ドン・デット到着し、宿を探すことから始まる。

    DSCF5785 川沿いにバンガローが並んでいる。バンガロー形式のゲストハウスで、1泊30,000Kip(約315円)~と安いのだが、・・・
    DSCF5413 数件当たって、決めたゲストハウスが、ここ。木造のバンガローではないが、タイル張りのコンクリート造り。
    DSCF5776 部屋はまあまあ広いが、シンプル。ホットシャワーのバスルームは付いているが、テーブルや椅子はなく、テレビや冷蔵庫もない。
    この部屋はエアコン付きだが、現在故障中とのことで、1泊朝食なし80,000Kip(約840円)だった。
    DSCF5408 入口にレストラン建屋があり、周りはちょっとした庭になっている。

     

    ドン・デットでは、地元の人の生活に触れながら同じ時間を過ごすことになる。

    DSCF5514 子供達が伸び伸びと遊んでいる。
    DSCF5910 ゲストハウスの裏では牛の放牧。
    DSCF5704 川のあちらこちらで、小舟に乗って漁が行われる。
    DSCF5741 子供も水牛も川の中で一緒に水浴び。


  • ■ラオスへの格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    1 位
    ¥21,000~
    格安航空券ランキング
    ★羽田・成田同額★IHトラベルお薦め★乗り継ぎ便でアジアに行こう
    航空会社:未定格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    2 位
    ¥30,000~
    格安航空券ランキング
    【羽田・成田同料金】★IHトラベルお薦め★乗り継ぎ便でアジアに行こう
    航空会社:未定格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    3 位
    ¥31,000~
    格安航空券ランキング
    ★ホテル・地上手配もお任せ★ベトナム乗継利用 東南アジア 1ヶ月@10-12月@期間限定フェアー♪
    航空会社:ベトナム航空格安航空券
    販売会社:グリフィンツアー
    4 位
    ¥31,080~
    格安航空券ランキング
    【販売期間12/30まで】ベトナム航空/羽田発/プノンペン♪/1ヶ月FIX/ベトナムの途中降機可!
    航空会社:ベトナム航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    5 位
    ¥31,500~
    格安航空券ランキング
    ★ホテル・地上手配もお任せ★ベトナム乗継利用 東南アジア 1ヶ月@10-12月@期間限定フェアー♪
    航空会社:ベトナム航空格安航空券
    販売会社:グリフィンツアー