個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ベントータのウミガメ保護センター

    Posted on 2015年5月15日 takashi コメントはありません
    P1180639SEA TURTLES CONSERVATION CENTER
    Sea Turtles Conservation Research Project in Bentota south Sri Lanka と書かれ、ここでウミガメの保護研究プロジェクトが進められている。
    入場にはRs.500/=が必要。高いと思うが、ドネーションと考え、気持ちよく支払いたい。
    コロンボからインターシティバスでベントータで降りるが、インドゥルワの直前で降りると近い。ゴール道路沿いにある。
    P1180631ベイビータートル
    水槽で泳いでいるウミガメの赤ちゃんは、タッチでき、手の平ですくい上げて観察することが出来る。
    しかし、少し大きくなると、噛み付くことがあるので、注意が必要。

    P1180647ウミガメが産卵した卵の管理 
    ウミガメが砂浜で産卵したのち、外敵から保護するため、この管理区域に移される。
    各産卵毎にタグが付けられ、管理されている。

    P1180648外敵から保護するために特別のネットで囲まれている
    鳥などの外敵から守るため、このエリアはネットで覆われている。

    P1180640ハッチング(孵化)後ベイビータートルは水槽に移される
    水槽内には、生まれたばかりのベイビータートルが元気よく泳いでいる。

    P1180653ここでも赤ちゃんカメと触れ合うことが出来る
    水槽には、カバーがかけられ、鳥などの外敵から保護されるようになっているが、赤ちゃんカメと触合うことも可能。

    P1180720大きくなったウミガメは別の水槽に移される
    赤ちゃんウミガメは、海に放されるが、一部のウミガメは研究のため別の大きな水槽にて飼育されている。水槽は1匹毎に与えられ、広い水槽で気持ちよく泳ぎ回っていた。

    P1180649MARINE TURTLE EDUCATION AND RESEARCH ZONE 
    「ここでは、5種類のウミガメが生息しています。教育と研究のため、ウミガメの種毎に最大10匹の赤ちゃんウミガメを管理育成しています」と書かれています。

    ベントータから南隣の街、インドゥルワにもウミガメ保護センターがある。この辺り一帯は、ウミガメの産卵場所として知られ、多くの保護センターがあり、大学などが中心となり、教育・研究プロジェクトが進められている。
  • コロンボから南回りの旅 (コロンボから ゴール、ティッサマハーラーマ、エッラ、キャンディを周遊)

    Posted on 2015年4月27日 takashi コメントはありません

    4月11~19日はシンハラ・タミール正月にあたり、学校が休みであったため、南方面の周遊の旅に出た。周遊ルートは、コロンボ – ヒッカドゥワ – ゴール -マータラ – ティッサ – エッラ – キャンディ – コロンボ帰着の10泊11日の旅。

    まず、コロンボフォートでインターシティバスに乗車し、ベントータにて下車。ここで学校のインストラクターが我々を出迎えてくれ、彼のスリーウィーラーで、ベントータ、インドゥルワなどを案内してくれた。

    P1180641ベントータのウミガメ保護センター
    ここでは、赤ちゃんウミガメに触れたり、ウミガメを海に放したりすることが出来る。
    この辺り一帯は、ウミガメ保護センターがゴール道路沿いに数件ある。
    その後、テンプルなど数か所を案内していただき、ヒッカドゥワでゲストハウスを探して1泊した。
    P1180858ゴールまで列車で移動 
    あくる朝、ヒッカドゥワ駅まで行き、列車の時間をチェック。10時過ぎの列車で、世界遺産の街ゴールに向かった。2等車の乗車券は自由席でRs.40/=(約36円)だった。
    この日は正月の帰省客などで非常に混雑して空席はなかったが、約1時間の乗車でゴールに到着した。
    ゴールで、宿を探すのに5~6軒尋ねた後、気に行ったゲストハウスを見付け、2泊することにした。
    明くる日はスリーウィーラーをチャーターし、市内、近郊を周遊して、3時間でRs.2,000/=を支払った。

    P1190100マータラまで列車で移動 
    シンハラ・タミール正月の4月14日、ゴールからマータラまで列車で移動。この日は特別な日で、スリランカの上を太陽が通過するため、朝7:00から昼の2時過ぎまで、働くことも、食べることもしてはならない時間だそうだ。 したがって列車は外国人観光客と他の教徒(マスリム・キリスト教)の乗客のみで空いていた。
    なるほど、頭の上を太陽が通るのだから、何か良くないことが起こりそう、と12時丁度に観察をしていたら・・・

    P1190224スリランカ最南端の岬 
    マータラ到着するも、ゲストハウス、レストランは全て正月で閉まっていた。
    中に親切なゲストハウスのオーナーが居て、「私のゲストハウスは万室だが、宿を探すのを手伝ってあげよう」と、バイクの後ろに乗り5~6か所のゲストハウスを見て廻った結果、ビーチに近いRs.1,500/=の家族経営の宿を見つけた。
    ここから最南端の岬までは近い。
    P1190309ヤーラ国立公園サファリツアーの拠点ティッサマハーラーマ
    明くる日、ティッサマハーラーマまで移動し、2泊した。ここはヤーラ国立公園のサファリツアーの拠点だ。
    サファリツアーは、値段がピンキリ。我々は1台、Rs.4,500/=と言う 格安(ローカルプライス)にて3名貸切ジープをゲット出来た。
    また、ティッサはスリランカの聖地、カタラガマへの玄関口としても知られバスで30分で行ける。
    P1190516高原の街エッラ 
    翌朝、ティッサマハーラーマのバス停から8時のバスに乗り、エッラに向かった。
    バスは1日2便しかないが、空いていた。3時間後、エッラに着き、またゲストハウスを探した。
    幸い、5軒目で見晴らしのいいゲストハウスを見付けることが出来た。
    P1190505エッラでのアクティビティ
    エッラではウォーターフォール、DOWAテンプル、紅茶工場見学などがある。
    その他、エッラロック、リトルアダムスピークの山登りなどを楽しめる。
    しかし、山岳の涼しい気候なので、ゲストハウスでゆっくりして過ごすのもいい。
    P1190886バドゥッラへ
    エッラで2泊して、バドゥッラへ移動。ここは山岳鉄道でもMUST-SEEの絶景だ。
    写真はNine Arches Bridgeで多くの人がカメラを構えて列車を待っている。
    バドゥッラでの宿探しは少し大変だったが、なんとか良いところを見付け、1泊した。
    P1190806ラジャダーニでキャンディへ 
    明くる朝、10時発のラジャダーニ(一等車)でバドゥッラからキャンディへ向かう。しかしながら、この列車はキャンディには寄らず、キャンディから6kmのペラディーニヤジャンクションでコロンボへ向かうため、この駅で降りることに。 ペラディーニヤで宿を探して1泊。
    この車両は、1等車で乗客は我々3人以外、誰もいなかった。途中は高原の景色が続き、飽きることなく9時間の旅をすることが出来る。

    P11909833等車は危険な乗車
    この列車は3等車を連結しており、ローカルピープルで混雑している。ドアが開いているので、みんな振り落とされないよう手摺りにしがみ付いて乗っている。トンネルがあり、茂みがあり、切り裂いた岩があるので、非常に危険な乗車方法である。

    P1200296ペラディーニヤから列車でコロンボへ
    明くる日は、スリーウィーラーでペラディーニヤ植物園に行き、その後バスでキャンディまで行った。キャンディで、仏歯寺および周辺を見学後、15時過ぎ、ペラディーニヤジャンクション駅から列車に乗り、コロンボへ帰着した。

     
    宿泊したゲストハウス
     

    旅行中の宿泊先を下記に示す。全て現地到着後探したが、今回は非常にラッキーでもあり、数件当たることで気に入った宿を見つけることが出来た。

    下記はゲストハウスの料金(2名利用時の1室当り料金) :通貨単位はRs.1=約0.9円(Rs.3,000は約2,700円)
    ヒッカドゥワ Rosand Wave :Rs.3,000/= (A/C,WiFi,HotWater,朝食なし)
    ゴール(フォート)Secret Palace :Rs.4,000/= (A/C,WiFi,HotWater,朝食なし)
    マータラ(SKタウンビーチ) Sun Shine House:Rs1,500./= (Non A/C,WiFi,CoolWater,朝食Rs.500/=)
    ティッサマハーラーマ PALA Hotel :Rs.3,000/= (A/C,WiFi,HotWater,朝食Rs.450/=)
    エッラ Rawana Holiday Resort :Rs.3,500/= (Non A/C,WiFi,HotWater,朝食付き)
    バドゥッラ Welagama Holiday Inn :Rs.3,000/= (Non A/C,WiFi,HotWater,朝食Rs.295/=~)
    ペラデニヤ(キャンディ)SILANKA HOLIDAY HOME :Rs.1,500/=(Non A/C,WiFi,HotWater,朝食なし)

    私の場合、ゲストハウスを探す時の基準は、ホットウォーター、WiFi、A/C(エアコン)が整っているかどうかで、次に部屋を見せてもらい、清潔さ(掃除等が行き届き、シーツなどがきれいか)、広さ、テーブル・椅子などを確認する。地方や高地ではA/Cが設置されていない場合も多いが、その時は蚊帳(モスキートネット)などの有無を確認する。特に高地では夜は涼しくなり、天井ファンのみでも十分であるので、料金を考慮して決めると良い。

    今回の旅では、A/Cがない部屋のみの料金では、1室2名利用で1泊Rs.1,500~3,000/=。A/Cが付くとRs.3,000~4,000/=の範囲であった。料金は宿泊時期(ピークシーズン、オフシーズン)などによっても変動するので、詳細は確認が必要である。

    なお、スリーウィーラーで宿を紹介してもらうとドライバーにコミッション(宿がドライバーに払う紹介手数料)を支払うので、その分高くなる。自分で探せそうだったら、宿の多い近辺に止めてもらうか、または1軒を紹介してもらい、それを確保しておいて、近辺で更に良いところを探すと良い。(部屋を見せてもらい、「後で戻って来る」と言って出ると良い)

    以降の記事では、今回の10泊11日の周遊旅行について、経験と役立つ情報などを紹介して行きたい。

  • ベントータのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年1月8日 takashi コメントはありません
    P1150904ベントータ(Bentotha)のペラヘラ祭り
    キャンディのペラヘラ祭りは、スリランカで最大の規模を誇るが、ここベントータ(Bentotha)でも12月の中旬にペラヘラ祭りが行われる。
    今年は12月20日(土)に開催された。規模はキャンディに比べると非常に小さいが、その反面、すぐ近くで見ることが出来たので、別の意味で迫力があり、また違った印象を持つことが出来た。
    スリランカの常識?かも知れないが、この日も10時15分に始まると言うので、9時45分ごろ到着し、待っていた。
    P1150368ペラヘラ祭りの行進行われるメイン会場の道路
    夜9時50分、メイン会場の道路前の特設観客席には、多くの見物客が待ち構えていた。
    外国人旅行者も少なからず見られたが、ほとんどは地元の人。
    始まるのは、10時15分と聞いているが、本当は?
    P1150380行進が始まった
    9時40分から待つこと3時間、12時40分になって、やっと行進が始まった。(と言うより、地元の人の説明では、10時に寺を出て、はるばるここまでやって来たと言うことだ)
    最初は、寄付を集めるための募金箱の一団。

    P11504505歳ぐらいの子供も
    伝統的な祭りのため、小さい子供にもこのファイアーダンスを教える。
    近くで見るので、火の粉が飛んでくることや、タイマツ自体を受け損ね観客席まで落ちて来ることがある。これが迫力と言うか、安全に配慮を欠いた非常に危険な祭りだと実感する。

    P1150557足で火の輪を操る
    ファイアーダンスには、いろんな芸があるが、代表的な物のひとつに、足で火の輪を廻すものがある。

    P1150658竹馬に乗り頭で火の輪を廻す
    こちらは、3mの竹馬の上に乗り、頭につけた紐で二つの火の玉を同時に反対方向に廻すと言った離れ業。
    一度廻すと止められない非常に危険な芸当だ。

    P1150726タムタムビッター
    火のダンス(ファイアーダンス)の後に、タムタムを叩いて行進するビターの列が続く。
    独特のリズムでタムタムを打ち、祭りは盛り上がる。

    P1150823象の行進
    キャンディと違って、象は一頭づつ行進する。
    イルミネーションも控えめである。
    しかしながら、連日のペラヘラで疲れ気味のキャンディの象に比べ、こちらは一日だけなのんで、まだ元気そうに見える。
    P1150898ブルーにイルミネートされた象の行進
    象の数はそれほど多くはなく、30頭前後であるが、イルミネーションを施し、豪華さがうかがえる。

    P1150972赤にイルミネートされた象の行進
    今度は赤色のイルミネーション。
    キャンディでは3頭が並んでの行進であるが、ここは1頭づつ。



  • ■スリランカへの格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    1 位
    ¥19,800~
    格安航空券ランキング
    《羽田発着》★ 中国南方航空 ★<早割14> コロンボ他 西南アジア 2泊~1ヶ月以内FIX航空券
    航空会社:中国南方航空格安航空券
    販売会社:フレックスインターナショナル/フレックスくらべるトラベル
    2 位
    ¥20,800~
    格安航空券ランキング
    《成田発着》★ 中国東方航空 ★<早割14> アジア指定都市往復 6ヶ月FIXOPEN航空券
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:フレックスインターナショナル/フレックスくらべるトラベル
    3 位
    ¥20,800~
    格安航空券ランキング
    《羽田発着》★ 中国東方航空 ★<早割14> アジア指定都市往復 6ヶ月FIXOPEN航空券
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:フレックスインターナショナル/フレックスくらべるトラベル
    4 位
    ¥21,000~
    格安航空券ランキング
    ★羽田・成田同額★IHトラベルお薦め★乗り継ぎ便でアジアに行こう
    航空会社:未定格安航空券
    販売会社:IHトラベル
    5 位
    ¥22,000~
    格安航空券ランキング
    ◇◆ZeroOne◆◇早割り14!中国東方航空で行くアジア各地【6ヵ月有効・タイプT】※外国諸税の円換算も航空会社と同一RATEをお約束!
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:株式会社ゼロワントラベル