個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ついにホイアンにやって来ました

    Posted on 2017年7月4日 takashi コメントはありません
    ホイアンは、私がはじめて東南アジアへの旅行をした時に訪れた街だ。ベトナムには何度か来ているが、この街に来る機会がなく、今回は2005年5月以来12年ぶりと言うことになる。でも、当時はパッケージツアーに参加し、ツアーガイドもいて、国内移動も現地での送迎も全て用意されていたので、何も考えず、予定通りに行動するのみであった。

    ダナンからホイアンへのバス

    ダナンからホイアンへのバス

    ダナンからホイアンへ路線バスで行く
    ダナンからホイアンへのバスは、ダナン市内を巡回して五行山を経由してホイアンへ向かう。所要時間1時間。運賃は一人50,000VND(約250円)だった。(現地の人は、17,000VNDで、外国人は25,000VNDと言うらしい。しかしスーツケースを持っていたので、50,000VNDと言われたのが事実)

    バスは市内を循環するので、ホテル近くのバス停で乗ることが出来る。予めホテルなどに聞いてバス停を確認しておくと良い。

    バスはホイアンの郊外にあるバスステーションに到着するので、ここからはタクシーを使って、ホテルまで行くことになる。(約50,000VND≒250円)

    ホイアンの日本橋

    ホイアンの日本橋

    日本にゆかりのあるホイアン
    16世紀頃、ここに日本人町があった時に造られた日本人橋(来遠橋)。江戸時代の鎖国政策前には日本人が貿易などを営んでいたと言う。

    ホイアンと言えばランタン

    ホイアンと言えばランタン

    夜になるとランタンに灯がともり幻想的な世界となる
    ホイアンはランタン(提灯)の街。夕方になると街の通りにあるランタンに灯がともり、幻想的な雰囲気を醸し出す。

    12年前と違い、観光客も多くまるで夏祭りの趣である。

    陶芸村タンハーの博物館

    陶芸村タンハーの博物館

    伝統陶芸の村、タンハーへ
    ホイアンから自転車で約30分のところに伝統陶芸品の村があるので行ってみた。自転車はホテルで借りる(20,000VND(≒100円)

    村全体が陶芸作業場になっており、その中に陶芸釜がある。村へは自転車を置いて入る。(パーキング3,000VND≒15円)

    タンハー村の伝統工芸品を作る

    伝統工芸品を作る村人

    陶芸品を作る村人
    タンハー村に入ると、各家単位で陶芸品を作っていたり、それをみやげ物として売っていたりしており、見ていて楽しい。

    生活用品も多いが、土産用にも素焼きのものから色づけしたものまで各種ある。

    新たなアトラクションの水上人形劇

    新たなアトラクションの水上人形劇

    新しいアトラクションの水上人形劇を見に行く
    ハノイやホーチミンではもう一般的になっているが、ここでは新しいアトラクション。ホイアンから少し北に行ったところにあるスタジアムの一角で水上人形劇をやっていた。

    街でもチケットを購入出来るが、席の予約は出来ない。当日会場に、30分から1時間早めに行ってチケットを購入し、席を確保したほうが良い。入場料80,000VND(≒400)

    水上人形劇の演者

    水上人形劇の出演者

    最後に水上人形劇の出演者が挨拶を
    会場はそれほど大きくないので、観客との距離も近く出演者との距離が近い。表情も見て取れるので親近感が沸く。

    これまでハノイ、ホーチミンで見た人形劇より、より新鮮で心に残る水上人形劇だった。

  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2016年3月21日 takashi コメントはありません
    毎年、2月のポーヤデイ(満月の日でここでは、Navam Full Moon Poya Dayと呼ばれる)にコロンボで開催されるペラヘラ祭りがある。今年(2016年)は2月21日、22日に行われた。(昨年開催のコロンボペラヘラ祭りは コロンボのペラヘラ祭り(2015) を参照ください)
    入場料などは不要で、沿道で見ることが出来る。ただし、旅行者用に観覧席が用意されており、これを利用するには、3,000ルピー(約2,400円)のチケットを購入する必要がある。しかしながら、その必要は全くなく、むしろ移動しながら写真を撮るなら定位置の座席は要らない。
    19:00スタートになっているが、30分は遅れるのがスリランカの常識。マウントラビーニアを夕刻7時前に出て、バスでガンガラーマ(寺院)まで行って着いたのが、7時半、始まったのは8時20分だった。

    P1260796ペラヘラの始まり
    さあ、始まった。
    このバナー(垂れ幕)には、「コロンボ、ナワム、ペラヘラ」(上段)「ガンガラーマ」(下段)と書かれている。
    (この程度のシンハラは読めるようになったかな?)

    最初は、WHIPPING(むちで道路を打ち、パチパチと音を立てながら行進する)から始まる。

    P1260847次にドラムス
    太鼓のリズムが聞こえてくると、いよいよペラヘラ祭りの始まりだ。
    この独特の太鼓のリズムに合わせ、金管楽器がメロディーを奏でる。

    P1270289そして象の行進が続く
    このスタイルの行進が特徴で、また次の太鼓、笛の楽団の後、象の行進が続く。

    P1270782神聖な仏陀の歯を運ぶ象
    この象の背中に乗せられたカスケットと言われる飾りケースには、仏陀の歯が乗せられている。仏陀の歯は仏教の国にとって、神聖なもので、通常寺院に納められているが、ペラヘラ祭りの行事にはこのように象の行進に登場する。

    P1270867イルミネーションで飾られた仏陀
    電飾にて飾り立てられた仏陀が搭乗。この後、寄付を募る複数台の車が続く。

    P1280298今年もファイヤーダンスで締めくくる
    ファイヤーダンスが最後を締めくくる。空中高く投げる火の輪、クルクル廻しながら近づいて来る火の輪。
    キャンディと違い直ぐ近くで見るので迫力は満点。火の粉が飛んできそうだ。

    説明かくして、20:00過ぎに始まったコロンボペラヘラ祭りは、22:00過ぎにようやく終わった。

  • ベントータのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年1月8日 takashi コメントはありません
    P1150904ベントータ(Bentotha)のペラヘラ祭り
    キャンディのペラヘラ祭りは、スリランカで最大の規模を誇るが、ここベントータ(Bentotha)でも12月の中旬にペラヘラ祭りが行われる。
    今年は12月20日(土)に開催された。規模はキャンディに比べると非常に小さいが、その反面、すぐ近くで見ることが出来たので、別の意味で迫力があり、また違った印象を持つことが出来た。
    スリランカの常識?かも知れないが、この日も10時15分に始まると言うので、9時45分ごろ到着し、待っていた。
    P1150368ペラヘラ祭りの行進行われるメイン会場の道路
    夜9時50分、メイン会場の道路前の特設観客席には、多くの見物客が待ち構えていた。
    外国人旅行者も少なからず見られたが、ほとんどは地元の人。
    始まるのは、10時15分と聞いているが、本当は?
    P1150380行進が始まった
    9時40分から待つこと3時間、12時40分になって、やっと行進が始まった。(と言うより、地元の人の説明では、10時に寺を出て、はるばるここまでやって来たと言うことだ)
    最初は、寄付を集めるための募金箱の一団。

    P11504505歳ぐらいの子供も
    伝統的な祭りのため、小さい子供にもこのファイアーダンスを教える。
    近くで見るので、火の粉が飛んでくることや、タイマツ自体を受け損ね観客席まで落ちて来ることがある。これが迫力と言うか、安全に配慮を欠いた非常に危険な祭りだと実感する。

    P1150557足で火の輪を操る
    ファイアーダンスには、いろんな芸があるが、代表的な物のひとつに、足で火の輪を廻すものがある。

    P1150658竹馬に乗り頭で火の輪を廻す
    こちらは、3mの竹馬の上に乗り、頭につけた紐で二つの火の玉を同時に反対方向に廻すと言った離れ業。
    一度廻すと止められない非常に危険な芸当だ。

    P1150726タムタムビッター
    火のダンス(ファイアーダンス)の後に、タムタムを叩いて行進するビターの列が続く。
    独特のリズムでタムタムを打ち、祭りは盛り上がる。

    P1150823象の行進
    キャンディと違って、象は一頭づつ行進する。
    イルミネーションも控えめである。
    しかしながら、連日のペラヘラで疲れ気味のキャンディの象に比べ、こちらは一日だけなのんで、まだ元気そうに見える。
    P1150898ブルーにイルミネートされた象の行進
    象の数はそれほど多くはなく、30頭前後であるが、イルミネーションを施し、豪華さがうかがえる。

    P1150972赤にイルミネートされた象の行進
    今度は赤色のイルミネーション。
    キャンディでは3頭が並んでの行進であるが、ここは1頭づつ。