個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ベトナム国境の街ラオカイから中国へ入る

    Posted on 2017年6月4日 takashi コメントはありません
    サパへ行く途中、ラオカイの街を通るがこの街は中国と国境を接しており、国境の街として知られる。
    中国側の国境の街は河口(ホンコウ)と言い、ベトナムと川を挟んでおり、徒歩で橋を渡って中国に入ることが出来る。
    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイの街から歩いて約15分、ベトナム側のイミグレーションに到着する。ベトナムでは再入国する時にはマルチエントリービザが必要となる。(つまり、14日の観光ビザで出国すると再入国するにはビザが必要)
    マルチエントリービザの取得は、日本を出国する前にベトナムの旅行会社にビザオンアライバルを申請しておけば、入国時に必要な機関のビザを得ることが出来る。
    関連記事:ベトナムのビザ取得
    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムのイミグレーションを抜けると国境の川を橋を通って渡る。
    国境を渡る多くの人は、中国から商品をベトナムへ持込む商人だったり、中国観光客である。
    日本人も欧米系観光客も見かけることはなかった。英語もほとんど通じない様子。
    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口(ホンコウ)に入ると、そこは中国。言葉も通貨も食事も全て中国だった。
    まず、街をブラブラして、中国料理のレストランに入った。メニューを見て餃子が5圓とか書いてある。
    店員に聞くと向いの両替商でベトナムドンから中国元に変えてくれると言うので、20万VNDを60元に変えてもらった(約1000円)。
    この店で餃子とビールを飲んで、32元(約500円)を支払った。
    街自体は大きくないが、中国の雰囲気を味わえる。国境の街だけに中国製品を安く売っている。ベトナムからここで安い中国製品を買い、ベトナムで売っているのだろう。少数民族の民芸品として売っているのも、安い製品は中国から来ていると少数民族の人が言っていた。

    中国側から国境を見る

    中国側から国境を見る

    中国側からベトナムを見る。国境の街を表わすモニュメントもベトナムに比べ、立派。明るい照明と大きなディスプレイで中国の偉大さをベトナムに見せている。
    過去において、越中戦争があったので、この国境は封鎖されていたが、開通後は中国がベトナムに対し威圧しているようにも見える。
    中国側から国境の川を渡る

    中国側から国境の川を渡る

    中国側からベトナムを見ると、ベトナムの建物が貧弱に見える。前の写真と比べてみても、中国はかなりお金をかけ、立派なビルディングを建て、その優位さを誇示しているように見える。

    サパからラオカイへは、バスで1時間。(30,000VND=約150円)
    ラオカイには適当なホテルが少ない。何とか探したホテルは、三ツ星のKim Cuong Hotelで朝食付き400,000VND(約2,000円)だったが、他との競争がないのか活気のないホテルだった。約2,000円も出せば、ハノイでももっと良いホテル、ゲストハウスに泊まれる。

    ラオカイも河口も英語は通じない。中国に渡った時、昔覚えた中国語を久しぶりに使ってみた。これは相手によるが、若い人には受けない(と言うか、スマホいじりで忙しく、相手をしてくれないし、そんなやる気のない若い中国人が増えているのは分かっていた)。でも、中年のおばさんには、結構この変な中国語が受ける(多分、発音が分からないので、いろいろと想像たくましく興味を持ってくるのだろう)楽しい食事の時間だった。

  • 太原市内観光・・・天龍山、晋祠公園

    Posted on 2011年9月8日 takashi コメントはありません

    晋祠公園は市内から。25kmほどのところにあり、バスで2.5元、1時間ほどで行ける。晋祠公園に到着すると乗り合いタクシーのドライバーが「天龍山」へ行かないかと声をかけて来た。

    DSCF5868 バスは804路、308路、856路が太原火車駅から晋祠公園を結んでいる。

     

    天龍山は、近くにある山で、お寺と石窟がある。一人20元と言うのでお願いしたが、片道のことで、往復40元が必要だった。山上まで車で上がり、徒歩で1時間ほどお寺と石窟を観光しながら下山すると、タクシーが待っている。これに乗って元の位置に戻ることになる。

    8kmほど急勾配の山を上って行くと、天龍山に到着した。天龍山は入場料30元が必要。入り口近くにいたガイドが30元で道案内するのでどうかと声をかけて来たのでokした。このガイド、日本語がほんの少しだけしゃべれるが、「これは、・・・」と言って後は全て中国語。しかしながら、こちらが中国語が分からないのにも関わらず、熱心に説明してくれた。そのため、普通なら1時間で下山のところ1.5倍の時間がかかった。

    DSCF5783 天龍山の山腹にあるお寺。中国人の観光客はここでお線香をあげいている。お坊さんが、我々にも何か声をかけてきたが、ガイドさんが「彼らは日本人です」と言ったので、「帰って、帰って」と日本語で言っていた。つまり、お線香をあげてお布施を払うことを意味しているのだろうが、商売気丸出しの寺だった。(観光地のお寺に多く見られる)
    DSCF5788 更に下山して行くと、石窟が並んでいた。ガイドさんが「この石窟の中の仏像の頭は旧日本軍にハツリとられ、今、日本の博物館にある」と中国語で説明した。すると、周りにいた中国人観光客が一斉にこちらに注目。思わず「不好意思」(申し訳ございません)と言ったら、みんな笑っていた。
    そして「あなた方の性ではありませんよ」とガイドさんが言って締めくくってくれた。やれやれ、こんなところで反日感情をあおらないで!と冷汗をかいた。
    DSCF5793 天龍山の石窟。
    DSCF5818 下山したところにお寺があり、ここでタクシーが待っていた。

     

    タクシーで元の地点(山のふもと)まで降り、晋祠公園を観光した。晋祠公園は入園料が70元(60歳以上は半額)必要。ガイドも別料金で30元追加してお願いした。

    DSCF5865 晋祠公園入り口はバス停から歩いて5分程度。公園の中は大変広く、宋時代に建造された建築物などが多くある。
    DSCF5273 聖母殿は国宝建築物。
    DSCF5259 ガイドさんの中国語の説明はほとんど分からなかったので、書いてもらって理解に努めた。
    DSCF5281 ここは、難老泉としても有名。
    DSCF5836 この水を飲むと難老の効果があると言う。
    DSCF5293 この旅行のため覚えたばかりの中国語で会話をしようとするが通じない。

     

    公園内の観光を終え、ガイドさんと別れた。その後バス停まで歩いて戻ったが、公園が閉まる時間でもあり、かなり混雑している。列を作っているわけではなく、どこに並んでいいのか迷う。とにかくバスの止まりそうな位置でバスを待った。

    DSCF5869 やがてバスが到着。折り返し運転のため、全ての乗客が降りてから、前方の乗車ドアが開いた。一斉に乗客がドアに詰め掛け押合いが始まった。かばんのベルトが切れる人もいた。女性が大きな声で男の人に噛み付いている。そんな中で、やっとバスに乗り込むことができたが、外はまだ黒山の人だかり。

    混雑を避けるには、もう少し早めの時間がベター。

  • 中国語をオンラインで始めよう

    Posted on 2011年7月16日 takashi コメントはありません

    日本は昔、中国から導入した漢字を表現方法として利用しているが、漢字の字体、および発音は全く異なったもので、中国語との関連性がなくなっているのが現状である。

    特に中国を個人で旅行する場合、中国語が少しでも出来ればどれだけ旅行が楽しいか、と思うと中国語を学習したくなってくる。

    私自身も昨年4月に中国旅行に初めて行った時、英語は通じないし、中国語も言葉は当然ながら、筆談してもお互いの文字が全く分からなかったと言う経験があります。

    帰ってから、NHKラジオの「まいにち中国語」やテレビの「テレビで中国語」で中国語の学習を始めたが、話すチャンスがないので、頭の中だけの学習となっていた。

    そこで、英会話でもあるようにオンライン中国語のレッスンを探し、学習を始めて見ました。先生は、中国に住んでいるネイティブ(当然)の中国人で、日本に留学した経験があり十分な日本語が話せるので抵抗なくレッスンが受けられました。

    しかしながら、最初の頃は挨拶以外は、日本語の会話のみで、「これでいいのかなぁ」と思っていたが、やがて少しずつ簡単な表現を覚えて行き、フレーズなどを覚えて使ってみると少し上達したような気になってきます。今や、次の8月の中国旅行が楽しみになって来ました。

    この中国語オンラインレッスンなら毎日自宅で好きな時間に受講できし、中国に住む本場の中国人講師とマンツーマンレッスンが格安料金でで受けられるのが大きなメリットだと思っています。