ベトナム国境の街ラオカイから中国へ入る

サパへ行く途中、ラオカイの街を通るがこの街は中国と国境を接しており、国境の街として知られる。
中国側の国境の街は河口(ホンコウ)と言い、ベトナムと川を挟んでおり、徒歩で橋を渡って中国に入ることが出来る。
ラオカイのベトナム側イミグレーション

ラオカイのベトナム側イミグレーション

ラオカイの街から歩いて約15分、ベトナム側のイミグレーションに到着する。ベトナムでは再入国する時にはマルチエントリービザが必要となる。(つまり、14日の観光ビザで出国すると再入国するにはビザが必要)
マルチエントリービザの取得は、日本を出国する前にベトナムの旅行会社にビザオンアライバルを申請しておけば、入国時に必要な機関のビザを得ることが出来る。
関連記事:ベトナムのビザ取得

ベトナムから中国へ国境の川を渡る

ベトナムから中国へ国境の川を渡る

ベトナムのイミグレーションを抜けると国境の川を橋を通って渡る。
国境を渡る多くの人は、中国から商品をベトナムへ持込む商人だったり、中国観光客である。
日本人も欧米系観光客も見かけることはなかった。英語もほとんど通じない様子。

中国側国境の街、河口

中国側国境の街、河口

中国側国境の街、河口(ホンコウ)に入ると、そこは中国。言葉も通貨も食事も全て中国だった。
まず、街をブラブラして、中国料理のレストランに入った。メニューを見て餃子が5圓とか書いてある。
店員に聞くと向いの両替商でベトナムドンから中国元に変えてくれると言うので、20万VNDを60元に変えてもらった(約1000円)。
この店で餃子とビールを飲んで、32元(約500円)を支払った。
街自体は大きくないが、中国の雰囲気を味わえる。国境の街だけに中国製品を安く売っている。ベトナムからここで安い中国製品を買い、ベトナムで売っているのだろう。少数民族の民芸品として売っているのも、安い製品は中国から来ていると少数民族の人が言っていた。

中国側から国境を見る

中国側から国境を見る

中国側からベトナムを見る。国境の街を表わすモニュメントもベトナムに比べ、立派。明るい照明と大きなディスプレイで中国の偉大さをベトナムに見せている。
過去において、越中戦争があったので、この国境は封鎖されていたが、開通後は中国がベトナムに対し威圧しているようにも見える。

中国側から国境の川を渡る

中国側から国境の川を渡る

中国側からベトナムを見ると、ベトナムの建物が貧弱に見える。前の写真と比べてみても、中国はかなりお金をかけ、立派なビルディングを建て、その優位さを誇示しているように見える。

サパからラオカイへは、バスで1時間。(30,000VND=約150円)
ラオカイには適当なホテルが少ない。何とか探したホテルは、三ツ星のKim Cuong Hotelで朝食付き400,000VND(約2,000円)だったが、他との競争がないのか活気のないホテルだった。約2,000円も出せば、ハノイでももっと良いホテル、ゲストハウスに泊まれる。

ラオカイも河口も英語は通じない。中国に渡った時、昔覚えた中国語を久しぶりに使ってみた。これは相手によるが、若い人には受けない(と言うか、スマホいじりで忙しく、相手をしてくれないし、そんなやる気のない若い中国人が増えているのは分かっていた)。でも、中年のおばさんには、結構この変な中国語が受ける(多分、発音が分からないので、いろいろと想像たくましく興味を持ってくるのだろう)楽しい食事の時間だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました