個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2016年3月21日 takashi コメントはありません
    毎年、2月のポーヤデイ(満月の日でここでは、Navam Full Moon Poya Dayと呼ばれる)にコロンボで開催されるペラヘラ祭りがある。今年(2016年)は2月21日、22日に行われた。(昨年開催のコロンボペラヘラ祭りは コロンボのペラヘラ祭り(2015) を参照ください)
    入場料などは不要で、沿道で見ることが出来る。ただし、旅行者用に観覧席が用意されており、これを利用するには、3,000ルピー(約2,400円)のチケットを購入する必要がある。しかしながら、その必要は全くなく、むしろ移動しながら写真を撮るなら定位置の座席は要らない。
    19:00スタートになっているが、30分は遅れるのがスリランカの常識。マウントラビーニアを夕刻7時前に出て、バスでガンガラーマ(寺院)まで行って着いたのが、7時半、始まったのは8時20分だった。

    P1260796ペラヘラの始まり
    さあ、始まった。
    このバナー(垂れ幕)には、「コロンボ、ナワム、ペラヘラ」(上段)「ガンガラーマ」(下段)と書かれている。
    (この程度のシンハラは読めるようになったかな?)

    最初は、WHIPPING(むちで道路を打ち、パチパチと音を立てながら行進する)から始まる。

    P1260847次にドラムス
    太鼓のリズムが聞こえてくると、いよいよペラヘラ祭りの始まりだ。
    この独特の太鼓のリズムに合わせ、金管楽器がメロディーを奏でる。

    P1270289そして象の行進が続く
    このスタイルの行進が特徴で、また次の太鼓、笛の楽団の後、象の行進が続く。

    P1270782神聖な仏陀の歯を運ぶ象
    この象の背中に乗せられたカスケットと言われる飾りケースには、仏陀の歯が乗せられている。仏陀の歯は仏教の国にとって、神聖なもので、通常寺院に納められているが、ペラヘラ祭りの行事にはこのように象の行進に登場する。

    P1270867イルミネーションで飾られた仏陀
    電飾にて飾り立てられた仏陀が搭乗。この後、寄付を募る複数台の車が続く。

    P1280298今年もファイヤーダンスで締めくくる
    ファイヤーダンスが最後を締めくくる。空中高く投げる火の輪、クルクル廻しながら近づいて来る火の輪。
    キャンディと違い直ぐ近くで見るので迫力は満点。火の粉が飛んできそうだ。

    説明かくして、20:00過ぎに始まったコロンボペラヘラ祭りは、22:00過ぎにようやく終わった。

  • スリランカ最大の祭り・・・キャンディ エサラ ペラハラ フェスティバル

    Posted on 2015年10月13日 takashi コメントはありません
    スリランカで最大の祭り、キャンディで行われるエサラペラハラ(象の行進)を見に行った。エサラと言うのは、エサラ月(8月初旬から9月頃)の期間(新月から満月までの間)に行われるため、この名前が付いた。

    P1220281キャンディへは、列車で 
    コロンボからキャンディへは、列車およびインターシティバス(エアコン付き)が利用出来る。チケットの予約は、コロンボフォート駅で2ヶ月前より出来る。
    乗車券料金は、1等座席指定で500ルピー(約450円)で安い(ちなみに、インターシティバスは285ルピー)
    1日に数本あるが、早い目の予約が好きな時間帯を選べるメリットがある。
    P1220306キャンディに到着して 
    約2時間で到着。ペラヘラ祭り期間は、宿を予約しておいた方が良いと考え、予めWEBサイトで予約を入れておいた。
    宿は、キャンディ駅から少し離れており、宿に電話を入れたところ、迎えに来てくれるとのことで昼食をしてから、来てもらった。

    P1220370ペラヘラの会場は道路 
    宿で少し時間を潰し、夕方キャンディの街へ出かけた。
    ペラヘラ祭りで象が行進するルート沿いの歩道は観客席になっており、地元の人で占められている。外国人観光客も割込んで見ても良いが、とにかく狭い。
    このため、外国人観光客のために、座席が販売されており、気に入った座席を購入して行進を見ることが出来る。
    道路を歩いていると、お兄さんから声がかかってくる。最初は一人60USD(8,000ルピー)と言うが、スタートが近づくに連れ安くなる。
    座席は、建物の2階とか3階のベランダに仮設の椅子を設置したもので、道路に面して並んでいる。
    あちらこちらの座席を見て、結局2階のベランダ座席を2,500ルピーで手に入れた。

    P1220336 (2)ペラヘラの準備に取り掛かる象使い 
    ペラヘラが始まるのは夕方7時ごろ。その1時間ほど前から、象使いは衣装の着付けに忙しい。
    座席を確保した後は、仏歯寺の周辺に出てみよう。衣装を身に付ける象が見られる。

    P1220363 (2)キャンディアンダンサーも出番を待つ 
    ペラヘラ祭りでは、象の行進はもとより、キャンディアンダンサーの踊りも見もの。
    ドラム、ラッパなどのリズムと共に、独特のキャンディダンスをしながら、街を練り歩く。 

    P1220463 (2)スタートはファイヤーダンスから
    やがて、ペラヘラが始まる。
    ここキャンディでは、ファイヤーダンスから行進が始まる。

    P1230025 (2)その後に続く、ドラム、ダンス、そして象の行進 
    ファイヤーダンスの後、 ドラムが続き、そしてやっと象の更新が始まる。
    最初は、まず一頭。衣装に身を包み、電飾を施した象がゆっくりと進んで行く。

    P1230455 (2)仏歯を載せた象が三頭立てで行進 
    仏歯を載せた象が行進。

    P1230871 (2)ブルーのイルミネーションで飾られた象 
    ドラムのリズムに合わせて、象もダンスをしながら行進。

    P1230955 (2)まだまだ続く象の行進
    19:00過ぎに始まり、2時間が過ぎようとしているが、まだまだ行進は続く。

    P1240033 (2)赤に電飾された象 
    青、黄色、赤と色とりどりに電飾が施された象の衣装。

    P1240117 (2)最後は白色LEDの電飾で飾られた三頭立ての象 
    最後の方は、シンプルながら格調の高い白色LEDで飾られた象。
    その背中には、国の宝物である仏歯が載せられている。

     

  • コロンボのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年3月8日 takashi コメントはありません

    スリランカのペラヘラは、ここコロンボでも行われる。今年は2月2~3日の夜、19:00~3時間程度続く。入場料等の料金は不要で、道路沿いからでも見学できる。ただ、席を確保しようとすると、ツーリスト用の座席料金がかかる。(3,000ルピー≒2,700円)。

    ちなみに、ペラヘラはキャンディが一番有名であるが、その他にもスリランカ各地で開催されている。時期も各地の事情によりまちまち。私の場合、ここコロンボの他に、昨年12月にベントータのペラヘラを見に行ったことがある。

    P1170657象の行進が始まる
    これまでのペラハラとは違い、象の衣装がいたってシンプル。イルミネーションが施されていない。 当然、これが元々のスタイルで、昔はこうだったんだろうなぁと思う。
    そのせいか、道路の照明を各所に設け、明るく象を照らすようになっている。

    P1180144ドラムに合わせてダンサーが踊る
    象の行進の後に続く、ドラムと管楽器の軽快なリズム。それに合わせて踊るダンサーは、民族衣装を身にまとい、独特のステップで見事なパフォーマンス。

    P1180177ツーリスト用観客席
    手前はツーリスト用に設けられた特設観客席。多くの観光客が見に来ていたが、それより地元の人が圧倒的に多い。
    ちなみに、地元の人用の座席もあり、無料。

    P1180184仏歯を乗せた象の行進は最大のイベント
    最後の方で、仏歯(Buddha’s Tooth)を乗せた象が登場。
    行進する間、地元の観客は総立ちして、祈りを捧げる。
    スリランカは70%が敬虔な仏教徒なので、
    P1180222なぜか、最後はファイヤーダンス
    いずれにしても、ファイヤーダンスがあったのは、良かった。
    他のペラヘラ祭りでは、比較的最初にあるが、ここコロンボのペラヘラ祭りでは、どうしてか、最後の締めくくりのようになっていた。

    P1170535ベイラ湖に浮かぶシーマ・マラカヤ寺院
    ベイラ湖の上に建つ小さな寺院は、シーマ・マラカヤ寺院。斬新なデザインは、地元のアーティストジェフェリー・パワの設計による。
    ペラヘラ(行進)は、このイルミネーションに飾られたこのシーマ・マラカヤ寺院からスターとする。

  • ベントータのペラヘラ祭り

    Posted on 2015年1月8日 takashi コメントはありません
    P1150904ベントータ(Bentotha)のペラヘラ祭り
    キャンディのペラヘラ祭りは、スリランカで最大の規模を誇るが、ここベントータ(Bentotha)でも12月の中旬にペラヘラ祭りが行われる。
    今年は12月20日(土)に開催された。規模はキャンディに比べると非常に小さいが、その反面、すぐ近くで見ることが出来たので、別の意味で迫力があり、また違った印象を持つことが出来た。
    スリランカの常識?かも知れないが、この日も10時15分に始まると言うので、9時45分ごろ到着し、待っていた。
    P1150368ペラヘラ祭りの行進行われるメイン会場の道路
    夜9時50分、メイン会場の道路前の特設観客席には、多くの見物客が待ち構えていた。
    外国人旅行者も少なからず見られたが、ほとんどは地元の人。
    始まるのは、10時15分と聞いているが、本当は?
    P1150380行進が始まった
    9時40分から待つこと3時間、12時40分になって、やっと行進が始まった。(と言うより、地元の人の説明では、10時に寺を出て、はるばるここまでやって来たと言うことだ)
    最初は、寄付を集めるための募金箱の一団。

    P11504505歳ぐらいの子供も
    伝統的な祭りのため、小さい子供にもこのファイアーダンスを教える。
    近くで見るので、火の粉が飛んでくることや、タイマツ自体を受け損ね観客席まで落ちて来ることがある。これが迫力と言うか、安全に配慮を欠いた非常に危険な祭りだと実感する。

    P1150557足で火の輪を操る
    ファイアーダンスには、いろんな芸があるが、代表的な物のひとつに、足で火の輪を廻すものがある。

    P1150658竹馬に乗り頭で火の輪を廻す
    こちらは、3mの竹馬の上に乗り、頭につけた紐で二つの火の玉を同時に反対方向に廻すと言った離れ業。
    一度廻すと止められない非常に危険な芸当だ。

    P1150726タムタムビッター
    火のダンス(ファイアーダンス)の後に、タムタムを叩いて行進するビターの列が続く。
    独特のリズムでタムタムを打ち、祭りは盛り上がる。

    P1150823象の行進
    キャンディと違って、象は一頭づつ行進する。
    イルミネーションも控えめである。
    しかしながら、連日のペラヘラで疲れ気味のキャンディの象に比べ、こちらは一日だけなのんで、まだ元気そうに見える。
    P1150898ブルーにイルミネートされた象の行進
    象の数はそれほど多くはなく、30頭前後であるが、イルミネーションを施し、豪華さがうかがえる。

    P1150972赤にイルミネートされた象の行進
    今度は赤色のイルミネーション。
    キャンディでは3頭が並んでの行進であるが、ここは1頭づつ。

  • ペラヘラ祭り・・・その2

    Posted on 2013年9月21日 takashi コメントはありません
    P1060087ファイヤーダンスでスタート
    8月19日、10日間開催されるペラヘラ祭りも盛り上がり9日目を迎える。
    観客席にて待つこと1時間半、ペラヘラが始まった。
    7時半に仏歯寺をスタートするが、見る場所によってはそうとう待つことになる。
    手に松明の輪をを持って、振り回しながら踊ることで、火の輪が出来る。
    P1060313キャンディアンダンサーの後に象の行進が始まる
    ファイヤーダンス、ドラムの響きの後、イルミネーションを取り付けた衣装で着飾った象の行進が始まる。

    P1060593仏歯寺の象が仏歯を載せて登場する
    仏歯寺の象は特別で、この象が仏歯を載せて町を練り歩く。

    P1060743黄色に着飾った象の行進
    各神殿の象が後を続く。象の背中には御神体が載せられている。

    P1060868青色のイルミネーションで行進する象
    別の神殿の象が青い色の衣装とイルミネーションで登場。同じく背中には御神体が載せられている。

    P1060921ピーコックダンス(マユラ・ナトゥマ)
    スリランカの勝利の象徴である孔雀の衣装を身にまとい、戦いの神が勝利することをイメージしながら踊る。

    P1060998赤色のイルミネーションで行進する象
    続いて、別の神殿の象が赤色の衣装とイルミネーションで行進。同じく背中には御神体が載せられている。

    P1070124最後の神殿の象は赤い衣装に白のイルミネーション
    最後に赤の衣装に白いイルミネーションで着飾った象が御神体を背に載せ、行進を続ける。

    P1070157ペラヘラの締めくくりはキャンディ王の行進
    総勢100頭にもおよぶ象とキャンディアンダンスの締めくくりは、キャンディ王国の王の行進。

    P1070201祭りが終わって
    3時間に渡るペラヘラ祭りが終わり、沿道の観客は家路に向かう。 2kmに渡る沿道にはかなりの人で埋め尽くされた。
    沿道の観客席は、歩道は地元の人で2時ごろから席取りが始まり、3時ごろには満席となる。スタートの7時半頃まで炎天下を4時間以上も待っている。このため、救急車で運ばれる人も多い。
    一方、外国人観光客はホテル前とかレストラン前に準備された観覧席のチケットを販売している。インターネットでの前売りで5,000ルピーから。また、当日券は8,500ルピーと、法外な値段に上がる。
    リーズナブルにチケットを入手するには、当日6時ごろから、ペラヘラのルートに沿って歩いていくと良い。売り子が席のチケットを買わないかと声をかけて来るので、値段を確認する。時間が迫るにつれ、また場所が遠ざかるにつれ、値段が下がって行く。6時では5,000ルピーだったのが、6時半で3,000ルピー、2,000ルピーと下がって行く。座席はちゃんと椅子があるので問題ない。ただし、見る位置がビルの4階だったりすると見辛いので、場所と位置、値段をよく考えてネゴすれば良いだろう。ちなみに、この写真を撮った場所は、建物の3階で2,200ルピーだった。

    Esala Perahera Festival Kandy in 2013
    Esala Perahera Festival Kandy in 2013

    ペラヘラ祭り実況録音版(2013年8月20日収録)
  • スリランカ最大のイベント ペラヘラ祭り・・・その1

    Posted on 2013年9月18日 takashi コメントはありません
    P1050784イルミネーションで着飾った象が行進するペラヘラ祭り 
    象に衣装を着せ、青、黄色、赤のイルミネーションを飾り、町を練り歩く。それが、ペラヘラ祭りだ。
    スリランカへの機内情報誌で知ったこのペラヘラ祭りは、丁度始まったばかりだった。
    ペラヘラ祭りは B.C.300年頃に始まり、毎年7,8月のエサラ月の新月から満月までの約2週間開催される。今年(2013年)は8月11日から21日の11日間。行進は仏歯寺を出て市内を練り歩き、再び仏歯寺へ戻って来る。日を重ねるに連れ、行進のルートが長くなって行く。
    P1050788ドラムの音とファイヤーダンスが熱狂的
    キャンディアンダンスが祭りを盛り上げる。ドラムの響き、ファイヤーダンスで踊るダンサー。次第と祭りは熱狂的になって行く。
    通りの両側に設けられた仮説の観客席には、多数の僧侶が見入っている。これは仏教徒の行事である。

    P1050797赤に着飾った象の行進
    次は赤色に着飾った象の行進。

    P1050803仏歯(tooth relic)を象の背に
    仏歯寺から運び出された仏歯は市内を練り歩いた後、再び仏歯寺へ戻ってくる。

    P1050959仏歯寺 
    全ては、仏歯寺から始まる。仏歯寺には仏陀の歯を祀られているが、この仏歯はスリランカ人の誇り、スリランカの象徴でもある。 それは、イギリスに制圧される前のシンハラ王朝時代王の権威を象徴するものであった。
    仏歯寺は八角形の外観をした仏教寺院で、内部は博物館のように展示物があり、上の階に上がると仏歯を祀った本堂がある。本堂前では多くの信者が御参りをしている。

    P1050955仏歯を背に載せる象が衣装を付け準備をしている
    仏歯寺の入口では、大役を務める仏歯を載せる象が衣装を身に付け準備をしているのが見学できる。

    P1050973衣装をまとい準備をする象
    電飾の付いた衣装をまとう象。

    P1060004準備が完了した象がペラヘラ祭りのスタートを待つ
    約100頭の象が仏歯寺の周りに待機し、行進に参加する。

    P1050994キャンディアンダンサー
    ペラヘラ祭りの始まりを待つキャンディアンダンサー達。
    彼らは色々なグループを構成し、ドラムのリズム、ファイヤーダンスなど、独特なスタイルでパーフォーマンスを行いながら、行進をする。