個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • インレー湖、ニャウンシュエのお奨めレストラン

    Posted on 2017年8月6日 takashi コメントはありません
    ニャウンシュエはインレー湖の北にある観光拠点の町。ローカル向けから外国人観光客向けまで多くのレストランがある。もちろん、生ビールが800チャット(≒70円)で提供しているビアレストランもある。また、ピザ専門店やインド料理店なども外国人観光客には人気のレストランである。今回紹介するのは、ローカル向けのレストランで、それぞれ特徴がある。

    ニャウンシュエのお奨めレストランマップ

    ピュエタンウインレストラン

    ピュエタンウインレストラン

    ピュエタンウイン(Pwe Tan Win)
    入口を入るとレストランの敷地は広く、右側に独立した屋根付きの座敷テーブルが並んでいる。左側の奥には、レストランの建物、そしてその奥はオーガニックの野菜農園が広がる。

    独立したコテージ風のテーブル

    独立したコテージ風のテーブル

    独立したコテージ風の座敷テーブル
    屋根付きの座敷テーブルはオープンであるが、コテージ風。
    グループ毎にくつろいで食事が出来るよう配慮された空間となっている。

    フライドフィッシュのスィートカレー和え

    フライドフィッシュのスィートカレー和え

    フライドフィッシュのスィートカレー和え
    呼び鈴を押すと係りの人がやって来るので、料理を注文する。
    トマトサラダ2,000チャット(≒170円)、インレーの電燈フライ料理3,500チャットチャット(≒300円)、写真の魚料理5,000チャット(≒420円)、マンゴー生ジュース2,000チャット(≒170円)、ミャンマービール大瓶2,000チャット(≒170円)とリーズナブル。

    鍋料理、ポートーウィン

    鍋料理、ポートーウィン

    鍋料理店、ポートーウィン(Paw Taw Win)
    街歩きで見つけた鍋料理店。食べ放題で5,500チャット(≒462円)で、他に透明ラップに包まれたお皿やお椀が出され、テーブルチャージとして200チャット(17円)付く。鍋料理でも行けるが、焼肉でも行けるコンロとなっている。

    ほとんど店員さんが面倒を見てくれるので、食べるだけ。

    ロータスレストラン

    ロータスレストラン

    ロータスレストラン
    待ちから少し離れた静かなところにあるロータスは落着いた雰囲気のレストラン。

    カレーのセットメニューなどがある他、インレー湖で捕れた魚料理などがある。

    シャン風魚の包み蒸し料理

    シャン風魚の包み蒸し料理

    シャン風魚の包み蒸し料理
    お奨めのシャン風魚の包み蒸しは4,000チャット(≒340円)、他にパンプキンスープ1,500チャット(≒125円)、トマトサラダ2,000チャット(≒170円)、ミャンマービール大瓶2,500チャット(≒210円)など。地元のワインなども置いている。

  • バガンのお奨めレストラン

    Posted on 2017年7月28日 takashi コメントはありません
    バガンでの食事は、ニャウンウー(Nyaung Oo)村が最適。レストラン街があり、メニューもミャンマー料理から、BBQ、ピザなどのイタリアンまで揃っている。

    バガンで6泊した中でお気に入りのレストランを見つけたので紹介する。(最後に、レストランマップを添付していますのでご参考に!)

    チェリーランドビアレストラン

    チェリーランドビアレストラン

    チェリーランドビアレストラン
    道路から少し奥まっており、静かで落着けるレストラン。右のテーブルの奥へ入ると更に広いガーデンスペースがある。

    ピザも本格的な味

    ピザも本格的な味

    チェリーランドビアレストランのピザ
    ここ暑いミャンマーでは昼間でもビールはウエルカム。もちろんこのビアレストランは生ビールがある。(生ビール800チャットの看板が目印)
    メニューはミャンマー料理のほか、ピザなどイタリアンフードが人気。
    写真はピザマルゲリータ。5,000チャット(≒420円)、他に野菜サラダは2,000チャット(≒170円)などとリーズナブル。ビールはジョッキーで800チャット(≒70円)

    レインビアレストラン

    レインビアレストラン

    レインビアレストラン
    ティリピサヤ4通りには、多くのレストランが軒を並べてる。その中で北から入って4つ目の通り右側にあるのが、レインビアレストラン。

    地元の人も多く、値段はリーズナブル。ビールは生ジョッキ800チャット(約70円)、スタウト(黒生ビール)ジョッキ1,100チャット(約95円)と安い。
    料理はミャンマー料理が主だがBBQやピザなどもある。特に海老カレーやポークカレーなどが美味しい。

    通りには他にも同じような店が並んでいるので、雰囲気のの良さそうな店を探してみるのも良い。

    レインのカレーは逸品

    レインのカレーは逸品

    レインのカレーは逸品
    ミャンマー料理はカレーのことだが、ここのカレーは日本のカレーと似ている。ポーク、ビーフカレーや海老カレーなど種類も豊富。

    写真はポークカレー5,000チャット(≒420円)とフライドベジタブル2,000チャット(≒170円)

    バガンのお奨めのレストランマップ

  • バガンのホテルを探そう

    Posted on 2017年7月19日 takashi コメントはありません
    バガンに泊まるには、ニャウンウー、オールドバガン、ニューバガンのエリアのいずれにするかを決める必要がある。それぞれの特徴は、
    ニャウンウー・・・交通の拠点で長距離バスが到着する。ホテル、ゲストハウス、食堂、商店なども多く、またマーケットもあり賑やか。
    オールドバガン・・・バガンから南に5km行くと、オールドバガン。ここは考古学保護区に指定されたため、ホテル、レストランなどはニューバガンに移り、数は少ない。観光には便利だが、日没後の食事などは不便。
    ニューバガン・・・オールドバガンから南に更に5kmほど行くと、ニューバガンの町。強制立退きでオールドバガンから移って来たホテル、レストランなどがあるが料金は高め。

    となっている。この中で、交通の便、観光拠点、ホテルの選択肢などの面でニャウンウーでの宿泊がお奨めである。

    バガンでお奨めのホテル ゼイン

    バガンでお奨めのホテル ゼイン

    バガンでお奨めのホテル ゼイン
    バガン近くにある観光に便利な町、ニャウンウー。バガンでの宿泊は、ニャウンウーお奨め。その中で、特に気に入ったのは、ホテルゼイン。

    ロケーションはマーケットやレストラン街に近く、歩いて6~7分ほど(約500m)。銀行は直ぐ近くにあり両替も便利。
    観光にはホテルや近くのショップで電動バイクを借りて約10分。またホテルフロントでは、観光タクシーや観光馬車の手配なども親切に対応してくれる。

    ホテル ゼインのツインの部屋

    ホテル ゼインのツインの部屋

    ホテル ゼインの部屋
    部屋はスタンダードルーム(25m2)、スーペリアルーム(30m2)、デラックスルーム(30m2でバスタブ付き)から選べるが、25m2でも十分広い。エアコンは勿論、バルコニー付き、薄型液晶テレビ、無料WiFiの電波も十分だった。
    (写真はスーペリアツインルーム、朝食付きで約3,000円)

    ホテルサイトでクチコミをチェックしてみよう。
    ホテルゼイン(Motel Zein)

    ニャウンウーのホテル予約
    ニャウンウーには約50軒のホテルがある。ロケーション、クチコミを参考に良いホテルを見つけよう。
    ニャウンウーのホテル

    ニャウンウーのホテル

    オールドバガン地区のホテル予約
    オールドバガンには、約15軒のホテルがある。
    オールドバガンのホテル

    オールドバガンのホテル

    ニューバガン地区のホテル予約
    ニューバガンでは、約40軒のホテルがある。
    ニューバガンのホテル

    ニューバガンのホテル