個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • インレー湖、ニャウンシュエのお奨めレストラン

    Posted on 2017年8月6日 takashi コメントはありません
    ニャウンシュエはインレー湖の北にある観光拠点の町。ローカル向けから外国人観光客向けまで多くのレストランがある。もちろん、生ビールが800チャット(≒70円)で提供しているビアレストランもある。また、ピザ専門店やインド料理店なども外国人観光客には人気のレストランである。今回紹介するのは、ローカル向けのレストランで、それぞれ特徴がある。

    ニャウンシュエのお奨めレストランマップ

    ピュエタンウインレストラン

    ピュエタンウインレストラン

    ピュエタンウイン(Pwe Tan Win)
    入口を入るとレストランの敷地は広く、右側に独立した屋根付きの座敷テーブルが並んでいる。左側の奥には、レストランの建物、そしてその奥はオーガニックの野菜農園が広がる。

    独立したコテージ風のテーブル

    独立したコテージ風のテーブル

    独立したコテージ風の座敷テーブル
    屋根付きの座敷テーブルはオープンであるが、コテージ風。
    グループ毎にくつろいで食事が出来るよう配慮された空間となっている。

    フライドフィッシュのスィートカレー和え

    フライドフィッシュのスィートカレー和え

    フライドフィッシュのスィートカレー和え
    呼び鈴を押すと係りの人がやって来るので、料理を注文する。
    トマトサラダ2,000チャット(≒170円)、インレーの電燈フライ料理3,500チャットチャット(≒300円)、写真の魚料理5,000チャット(≒420円)、マンゴー生ジュース2,000チャット(≒170円)、ミャンマービール大瓶2,000チャット(≒170円)とリーズナブル。

    鍋料理、ポートーウィン

    鍋料理、ポートーウィン

    鍋料理店、ポートーウィン(Paw Taw Win)
    街歩きで見つけた鍋料理店。食べ放題で5,500チャット(≒462円)で、他に透明ラップに包まれたお皿やお椀が出され、テーブルチャージとして200チャット(17円)付く。鍋料理でも行けるが、焼肉でも行けるコンロとなっている。

    ほとんど店員さんが面倒を見てくれるので、食べるだけ。

    ロータスレストラン

    ロータスレストラン

    ロータスレストラン
    待ちから少し離れた静かなところにあるロータスは落着いた雰囲気のレストラン。

    カレーのセットメニューなどがある他、インレー湖で捕れた魚料理などがある。

    シャン風魚の包み蒸し料理

    シャン風魚の包み蒸し料理

    シャン風魚の包み蒸し料理
    お奨めのシャン風魚の包み蒸しは4,000チャット(≒340円)、他にパンプキンスープ1,500チャット(≒125円)、トマトサラダ2,000チャット(≒170円)、ミャンマービール大瓶2,500チャット(≒210円)など。地元のワインなども置いている。

  • バガンのお奨めレストラン

    Posted on 2017年7月28日 takashi コメントはありません
    バガンでの食事は、ニャウンウー(Nyaung Oo)村が最適。レストラン街があり、メニューもミャンマー料理から、BBQ、ピザなどのイタリアンまで揃っている。

    バガンで6泊した中でお気に入りのレストランを見つけたので紹介する。(最後に、レストランマップを添付していますのでご参考に!)

    チェリーランドビアレストラン

    チェリーランドビアレストラン

    チェリーランドビアレストラン
    道路から少し奥まっており、静かで落着けるレストラン。右のテーブルの奥へ入ると更に広いガーデンスペースがある。

    ピザも本格的な味

    ピザも本格的な味

    チェリーランドビアレストランのピザ
    ここ暑いミャンマーでは昼間でもビールはウエルカム。もちろんこのビアレストランは生ビールがある。(生ビール800チャットの看板が目印)
    メニューはミャンマー料理のほか、ピザなどイタリアンフードが人気。
    写真はピザマルゲリータ。5,000チャット(≒420円)、他に野菜サラダは2,000チャット(≒170円)などとリーズナブル。ビールはジョッキーで800チャット(≒70円)

    レインビアレストラン

    レインビアレストラン

    レインビアレストラン
    ティリピサヤ4通りには、多くのレストランが軒を並べてる。その中で北から入って4つ目の通り右側にあるのが、レインビアレストラン。

    地元の人も多く、値段はリーズナブル。ビールは生ジョッキ800チャット(約70円)、スタウト(黒生ビール)ジョッキ1,100チャット(約95円)と安い。
    料理はミャンマー料理が主だがBBQやピザなどもある。特に海老カレーやポークカレーなどが美味しい。

    通りには他にも同じような店が並んでいるので、雰囲気のの良さそうな店を探してみるのも良い。

    レインのカレーは逸品

    レインのカレーは逸品

    レインのカレーは逸品
    ミャンマー料理はカレーのことだが、ここのカレーは日本のカレーと似ている。ポーク、ビーフカレーや海老カレーなど種類も豊富。

    写真はポークカレー5,000チャット(≒420円)とフライドベジタブル2,000チャット(≒170円)

    バガンのお奨めのレストランマップ

  • バガンのホテルを探そう

    Posted on 2017年7月19日 takashi コメントはありません
    バガンに泊まるには、ニャウンウー、オールドバガン、ニューバガンのエリアのいずれにするかを決める必要がある。それぞれの特徴は、
    ニャウンウー・・・交通の拠点で長距離バスが到着する。ホテル、ゲストハウス、食堂、商店なども多く、またマーケットもあり賑やか。
    オールドバガン・・・バガンから南に5km行くと、オールドバガン。ここは考古学保護区に指定されたため、ホテル、レストランなどはニューバガンに移り、数は少ない。観光には便利だが、日没後の食事などは不便。
    ニューバガン・・・オールドバガンから南に更に5kmほど行くと、ニューバガンの町。強制立退きでオールドバガンから移って来たホテル、レストランなどがあるが料金は高め。

    となっている。この中で、交通の便、観光拠点、ホテルの選択肢などの面でニャウンウーでの宿泊がお奨めである。

    バガンでお奨めのホテル ゼイン

    バガンでお奨めのホテル ゼイン

    バガンでお奨めのホテル ゼイン
    バガン近くにある観光に便利な町、ニャウンウー。バガンでの宿泊は、ニャウンウーお奨め。その中で、特に気に入ったのは、ホテルゼイン。

    ロケーションはマーケットやレストラン街に近く、歩いて6~7分ほど(約500m)。銀行は直ぐ近くにあり両替も便利。
    観光にはホテルや近くのショップで電動バイクを借りて約10分。またホテルフロントでは、観光タクシーや観光馬車の手配なども親切に対応してくれる。

    ホテル ゼインのツインの部屋

    ホテル ゼインのツインの部屋

    ホテル ゼインの部屋
    部屋はスタンダードルーム(25m2)、スーペリアルーム(30m2)、デラックスルーム(30m2でバスタブ付き)から選べるが、25m2でも十分広い。エアコンは勿論、バルコニー付き、薄型液晶テレビ、無料WiFiの電波も十分だった。
    (写真はスーペリアツインルーム、朝食付きで約3,000円)

    ホテルサイトでクチコミをチェックしてみよう。
    ホテルゼイン(Motel Zein)

    ニャウンウーのホテル予約
    ニャウンウーには約50軒のホテルがある。ロケーション、クチコミを参考に良いホテルを見つけよう。
    ニャウンウーのホテル

    ニャウンウーのホテル

    オールドバガン地区のホテル予約
    オールドバガンには、約15軒のホテルがある。
    オールドバガンのホテル

    オールドバガンのホテル

    ニューバガン地区のホテル予約
    ニューバガンでは、約40軒のホテルがある。
    ニューバガンのホテル

    ニューバガンのホテル

  • ミャンマーで見た人々、ローカルフード

    Posted on 2017年7月8日 takashi コメントはありません
    ミャンマーは、数年前まで厳しい軍事政権下で、観光には適していなかったが、最近になってようやく外国人観光客を受入れ、観光開発が進みだしたところである。
    一方、日本人にとっては、同じ仏教国としての共通点もある反面、第二次大戦時の旧日本軍の軍事侵攻で多くの命が奪われた悲しい出来事があった場所でもある。
    このような思いを抱いて、今回ミャンマーへ行ってみたが、ミャンマー人の素朴さ、純粋さを感じ取ることが出来た旅であった。

    コオロギを売る少年

    コオロギを売る少年

    ミャンマー人の日常
    街に出るとコオロギを売っている少年がいた。顔には「タナカ」を着けている。また、周りの男性は、腰にロンジーを巻いている。これがミャンマー人の一般的な服装なのだ。
    未だに伝統的な生活習慣を守り、西洋文明には迎合しない生活スタイルがミャンマーらしい。

    (マンダレー ぜーヂョーマーケットで)

    マンダレーで見た屋台

    マンダレーで見た屋台

    屋台で提供する料理はカレーが主体
    マンダレーを歩いていると、道沿いに屋台が出ている。ミャンマーのローカルフードはカレーであるが、カレーと言っても味付けにカレー粉を使っているので、日本のカレーのようにルーにしてご飯にかけるより、むしろおかずとして食べている。

    サトウキビジュースを作る少年

    サトウキビジュースを作る少年

    サトウキビジュース
    ここは旧王宮内にあるレストラン。さとうきびジュースを作っている少年がいた。手動式の搾り機を力一杯回し搾り出した果汁をグラスに注ぐ。その一杯は、僅か400チャット(約34円)。振り絞った力を回復するには十分だろうか。

    寺院でタナカを売る女性

    寺院でタナカを売る女性

    女性の身だしなみはタナカから
    ここは、マンダレーの郊外、サガインにあるカウンムドー・パヤー。ここでは、タナカが有名。寺院内の通路ではタナカを販売する店がズラリと並んでいる。
    ほとんどの女性はタナカを着けている。この女性は腕にも。

    ミャンマー料理とはカレーのこと

    ミャンマー料理とはカレーのこと

    ローカルフードと言えばカレー
    マンダレー郊外のインワに行く途中、船着場の手前にあるローカルレストランで注文したミャンマー料理。これはポークカレーだけど、スープと野菜などが一緒に付いて来る。
    タイやスリランカにあるような辛いカレーでなく、日本人にも合いそうな優しい味だった。

    生ビールが安い

    生ビールが安い

    ビール好きにはたまらないミャンマーの生ビール
    ミャンマー全国で統一料金の生ビール。いろんなメーカーがあるが、中でもミャンマービールはメジャー。黒ビールのスタウトもある。
    料金は生ビール(ジョッキー)800チャット(約67円)、スタウト生(ジョッキー)1,100チャット(約92円)。更に写真のポスターにもあるように4杯飲めば1杯がタダでもらえる。
    暑いミャンマーでは、この生ビールはたまらない。
  • 6年ぶりに訪れたホーチミン市

    Posted on 2017年1月20日 takashi コメントはありません
    初めてホーチミンを訪れたのは、2005年の5月で、11年前だった。それから2007年、2008年、2010年と1~2年間隔で行き、今回で5回目。6年ぶりのホーチミンになる。どう変わったんだろう。
     
    BitexcoFinancialTower新しいベトナムを象徴するビテクスコタワー
    世界にベトナムを発信するビルディング、ビテクスコファイナンシャルタワーは、68階建て、262mの商業ビルで、ベトナムの活力を象徴していると言われている。

    6年前は、まだ工事中だったが、今回は中に入ってみた。商業フロアと観光用のスカイデッキとは、別の入口になっており、スカイデッキの入口から入る。

    入場料は、大人200,000ドン(約1,000円)、65歳以上130,000ドン(約650円)を支払い、エレベータでスカイデッキまで昇る。

     
    BitexcoFinancialTowerUnderConstruction6年前の工事中の写真
    古い写真を探してみると、6年前の工事中の写真が見つかった。

    ビルの先端部に「現代」と看板が出ていることで、韓国企業が工事を請負っていることが分る。

     
    Skydeck BitexcoTowerスカイデッキからの眺望(ベンタイン市場方向)
    スカイデッキは、ビルの49階にあり、178mの高さから360度を見渡せるようになっている。

    無料で利用出来る望遠鏡もあるが、拡大してもどこを見ているのか分からない。眺望は広角の方が良い。

     
    P1380315ホーチミンのビアホール
    ここは、ホーチミンの"HOA VIEN(ホア・ヴィエン)"と言うビアホール。2001年にベトナム1号店としてオープンしたらしいが、今まで知らなかった。

    チェコ料理店としても有名らしいが、チェコのビール醸造技術らしい。

    場所は、統一会堂からだと、北側の道路(グエン・ティ・ミン・カイ)を真直ぐ10分ほど北東に歩き(850m)、HOA VIENの看板のところで、左に曲がると100mほど。住所:18 Bis. st., Nguyễn Thị Minh Khai, Đa Kao, Quận 1, Hồ Chí Minh

     
    P1380316店内には醸造設備がありホームメードのビールを提供している
    店内は、大変広く、屋内席、屋外席と合わせて470席もある。

    醸造設備もあり、ホームメードのドラフトビール(生ビール)が楽しめる。

    ついでに、マメ知識として。ここで提供している"ピルスナー・ウルケルドラフトビール"は、チェコ共和国のピルゼン(Pilsen)で1842年に開発されたビールで、その醸造技法をチェコから導入し、ホームメードとして提供しているとのこと。

    詳しくは、下記のホームページを参照ください。
    http://www.hoavien.vn/webapp/about.php

  • ジャフナのレストラン・フード

    Posted on 2016年12月8日 takashi コメントはありません
    ジャフナは魚介類の産地として有名と聞いて期待していたが、そのようなレストランを見かけることはなく、カフェスタイルのインド料理を出す庶民的なレストランを見かけるだけだった。 とにかく値段は安い。味はスリランカ料理と比べ辛くはないので、日本人としては問題ない範囲だと思う。
      
     
    P1340421TripAdvisorで探したマラヤンカフェ
    ジャフナのバスステーションに到着し、食事が出来るところを探そうとトリップアドバイザーでチェックすると、直ぐ近くにジャフナでNo2のマラヤンカフェがあった。
    庶民的な感じの店である。

     
    P1340415中へ入ると
    レストランの中は、現地の人で賑わっている。みんな入口で注文して席に着いているようだ。
    ライスアンカレーなどのメニューもあったが、入口のショーケースにあるお菓子のような食べ物を指差し注文して、席に着いた。

     
    P1340416安さにビックリ
    パラッタ(向こう側)とポテトをパンケーキで巻いたお菓子のようなもの(手前)を注文して、コーラ2本と合わせて250ルピー(約200円)とその安さにビックリ。
    ただし、セルフサービス、食べた後は自分で片付ける。

     
    P1340446TripAdvisorでジャフナNo.1のマンゴス
    トリップアドバイザーでNo.1となると、さすがに外国人観光客も見かける。(恐るべし、トリップアドバイザーの宣伝効果)
    店内には3組ほど、西洋系の旅行者を見かけた。
    店内は広く、ゆったりとしている。
     
    P1340441 (2)お手頃な値段設定
    メニューを見ると人気のマサラドーサが170ルピー、パラッタが160ルピーでお手頃。

    P1340442パラッタを注文
    マサラドーサとパラッタと飲み物(フレッシュジュース)を注文。
    合計650ルピー(約500円)を支払った。