今日も上海のあちこちをぶらりと散歩した。まずホテルから西に外灘に向かった。夜の外灘と違い多くの高層ビルディングの中に租界時代の洋風のレトロな建築物が現在もなおその優雅な風貌を誇示している。
そこから南京東路へ。ここは歩行街と言って、年中歩行者天国になっている。このまま人民広場まで繋がっている。この辺りは4つ星以上の高級ホテルが多い。しかしながらSeventh Heaven Hotel (予約サイト:http://www.booking.com/hotel/cn/century-plaza-shanghai.ja.html) のような安価なホテルもあり、ロケーションを望む向きには格好だ。

人民広場からは地下鉄1号線で一駅南に下り、黄披南路で下車、新世界を散策。その後、衡山路まで歩いて、旧租界の町並みを楽しんだ。

その後、地下鉄10号線の上海図書館から豫園に行き、買物をしてホテルに戻った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。