個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ポロンナルワからアヌラダプラへ

    Posted on 2013年10月12日 takashi コメントはありません
    Polonnaruwa-Anuradhapura-Busアヌラダプラ行きのノーマルバス 
    ポロンナルワバスターミナルの75番からアヌラダプラ行きバスが出ている。インターシティはなく、ノーマルバスだ。
    インターシティはエアコン付きのマイクロバスだが、ノーマルはノンエアコンの大型路線バスで途中のバス停に停まりながら行くので時間はかかるが、値段は安い。
    アヌラダプラまで143ルピー(約110円)で約3時間半。
    Polonnaruwa-Anuradhapura-Busバスのは開けっ放し
    スリランカの路線バスは扉が開けっ放し。エアコンがないので窓も扉も開けて走るのが極自然で当たり前のようだ。
    注意するのは、乗降時。ドアが開きっぱなしなので、乗ったら直ぐに手摺を掴まないと発車してしまう。また降りるときもドアの近くにいると危ない。またスーツケースなどの荷物がある場合、ドアの近くだとバスが揺れたとき荷物が飛出すことがあるので、しっかりと持っているか、手摺等に結束しておくなどの注意が必要。

    Anuradhapura-Guesthouse-TravelLodgeゲストハウスを探す
    いつものようにアヌラダプラに着いてゲストハウスを探すことになる。
    ゲストハウスが多く集まるのは新市街と旧市街の中間辺りなので、バスの車掌に"Drop us off at the Clock Tower"とお願いして、時計塔近くでバスを降りた。
    すると2~3人の宿斡旋の人が声を掛けてきたので、エアコン付き、ホットシャワー付き、WiFi付きの部屋があるか尋ね、場所と値段と朝食の値段を聞いた。
    出来るだけ町に近くを探したが、町の中にはあまり良いゲストハウスはなかった。
    1kmほど離れたところに新しいゲストハウスがあったので部屋を見せてもらった。エアコンはなかったが、夜は涼しくファンだけで大丈夫だと言うのでここに決めた。 1部屋(2人用)1泊2,000ルピー(約1,540円)、朝食が500ルピー(約385円)だった。

    Anuradhapura-Market新市街にあるマーケット
    ゲストハウスを新市街に向けて歩くと、バスターミナルの道路向かいからひとつ裏の通りにマーケットがある。
    新鮮な野菜、果物、肉、魚の他あらゆるものが売られており、人も多く活気がある。
    また、売り子は明るく、気軽に声を掛けてくる。
    Anuradhapura-Market-Papaya果物が美味しい
    パパイヤ、マンゴー、スイカ、バナナなどトロピカルフルーツが並んでいるお店に寄ってみた。大きなパパイヤが50ルピー(約40円)だった。
    ところで、果物を買う時は食べる日を言って店の人に選んでもらうのがいい。例えば、”eat tomorrow”と言えば、明日食べごろのものを選んでくれる。そうすれば間違いなし。

    Anuradhapura-New Bus Terminal新バスターミナル
    町の南にあるのが新バスターミナル。ポロンナルワ、トリンコマリーへは、ここから発車する。
    旧バスターミナルまでは3kmほど。歩いても40分程度でいけるが、路線バスだと12ルピー(約10円)で行ける。

    Anuradhapura-Old Bus Terminal旧バスターミナル
    町の北にあるのが、旧バスターミナル。コロンボ、キャンディへは、ここから発車する。 新バスターミナルと旧バスターミナルの間は3kmほど。歩いても40分程度でいけるが、路線バスだと12ルピー(約10円)で行ける。

    Anuradhapura-Townアヌラダプラ街歩き 
    新バスターミナル前のメインストリートから歩くと、近くにはレストランやショップが並ぶ。
    しばらくすると、道路沿いの店は少なくなるが、フードシティ(スーパーマーケットでビールも販売されている)やレストランがまばらに並ぶ。時計塔辺りから少し店が増えるが、しばらくして、また閑散とする。そして旧市街の中心(市場などがある)に達する。
    道沿いにあるのは、スーパー、地元料理のレストランが多く、デパートやショッピングセンターなどはない。
  • ポロンナルワ 街歩き

    Posted on 2013年10月10日 takashi コメントはありません
    P1070937建設中の時計塔
    旧市街のハバラナロードとバッチカロアロードが交差するロータリーに時計塔が建設されている。ハバラナから来たバスはここで左折し、ニュータウンのバスターミナルや鉄道駅のカドゥルウェラ駅へと向かう。ニュータウンまでは4kmほどあるので、遺跡巡りはこの辺りに宿を取るのがベター。

    P1070946巨大な貯水池パラークラマ・サムドラ 
    時計塔を北に(ハバラナ方向)200mほど歩くと小さな川と交わる。この川の水はポロンナルワの水瓶、パラークラマ・サムドラから流れて来ている。
    ここで左に曲がるとその水門が見え、パラークラマ・サムドラへ達する。
    パラークラマ・サムドラは非常に大きく、地元の人々の生活や野生動物にかかせない水源となっている。
    朝、夕になると、ここから流れ出た川の水で、水浴びをしている光景が見られる。
    P1080191ダルサーナ ホテル
    ホテルと言ってもスリランカのホテルはレストランを指していることが多い。町の通りにある地元のレストランは全てホテル○○と言う看板が出ている。
    ポロンナルワで毎日行っていたレストランが地元の人で賑わうここダルサーナ(DARSHANA HOTEL)。
    場所はハバラナロード沿いでパラークラマ・サムドラへ曲がる道の少し南、道路の西側にある。
    (No.63 Habarana Road)
    P1080196調理場が入口直ぐ右にあり、目の前で調理 
    メニューはスリランカで良く見かける、コットゥロティ(ロティを野菜肉などと鉄板の上で細かく刻んだもの)やエラワルロティ(カレー味の野菜や肉をロティで包みあげたもの)、ホッパー(ココナツミルクをお椀状に焼いたもの)などの庶民料理の他、野菜スープなどもある。値段も1品100~150ルピーほどでお手頃。
    英語メニューもあり、英語を話す明るいおじさんが注文を聞いてくれる。

    P1070911鉄道駅・スターミナルのある繁華街へバスで
    遺跡公園近くの旧市街からバスターミナル、鉄道駅のある繁華街へバスで行くと約5分、12ルピー(約10円)。

    P1070924スターミナル 
    バスはバスターミナルに到着。この辺りが繁華街。銀行、ショッピングストア、スーパー、レストランなどがあり、旧市街に比べ人も結構多い。

    P1070923ポロンナルワ鉄道駅
    バスターミナルの向かいにあるのが鉄道駅。
    発着本数もすくない小さい駅だが、コロンボフォート行きの列車は1日3便ある。一方、東海岸方面のバッティカロア駅行きは、1日5便ある。
    P1070930スリーウィーラー
    町を歩いていると、所々でこのようなスリーウィーラーの展示を見る。
    価格が表示されており、50,000ルピーとあるので、日本円で38,500円である。こんなに安い価格で販売しているとは思えないが、誰も聞く人がいなかったので残念である。
    (誰か、知っている人教えて~)

  • ポロンナルワ 遺跡巡り

    Posted on 2013年10月3日 takashi コメントはありません
    P1080022宮殿跡
    遺跡公園の入場チケットは、ポロンナルワ博物館で販売している。(入場料:3250ルピー、約2,500円)
    遺跡公園観光は、自転車で1日あれば十分廻れる範囲。レンタルサイクルショップは、遺跡公園入口付近かハバラナロードからポロンナルワ博物館へ曲がる交差点の南側(水路を渡る)付近にある。(レンタル料:300ルピー/日)
    チケットを買って遺跡公園入口から入り、真っ直ぐ進んで突き当りのT字路を右に曲がると、宮殿跡に向かう。
    突然、右前方に高さは14~15mぐらいの厚みのある壁が出現する。ここが宮殿跡。当時の権力者のパワーが窺い知れる。
    P1080028閣議場跡
    宮殿跡の直ぐ東側輪に閣議場跡がある。入口の階段や場内の多くの石柱には動物などの彫刻が残っている。

    P1080035沐浴場
    閣議場跡の更に東に、ニッサンカ・マーラ王子の沐浴場がある。水は藻で緑色となっているが、石に彫られた彫刻などが鮮明に残っており、当時の王宮の生活ぶりが伝わってくる。

    P1080071ワタダーゲ
    遺跡公園入口を入って直ぐ左にあるのが、クワドラングル(四角形)と呼ばれる城壁に囲まれた寺院郡。
    その中で、最も存在感のある寺院が、ワタダーゲ。円形の形状をしており、東西南北の四つの方向に入口がある。それぞれの入口には、ムーンストーンとガードストーンで構えられ、階段を上がって行くと正面に座仏像が見える。
    なお、入場には靴を脱ぐ必要があるが、日中は石の表面が大変熱くなっており歩くことも困難だ。靴下を持参して履き替えるのも良い。
    P1080097ランコトゥ・ヴィハーラ
    ワタダーゲを北に行くと大きな仏塔ランコトゥ・ヴィハーラが見える。高さ55m、直径55mもあり、ポロンナルワでは一番大きい仏塔である。

    P1080136ランカティラカ
    ランコトゥ・ヴィハーラの北に17~18mほどの高さの建物が見える。
    ランカティラカは、細長い建物で、その高い壁が残っているだけだが、奥には、巨大な立仏像の姿がある。見上げるような壁と、仏像は近くで見れば見るほど迫力がある。

    また、壁の外側には建物や動物の細かい彫刻が施されている。

     
    P1080154キリ・ヴィハーラ
    ランカティラカの北隣りにある真っ白な仏塔が、キリ・ヴィハーラ。
    現在、漆喰による修復が終わり、白さを取り戻した大きな仏塔は遠くからも目を引く。

    P1080115ガル・ヴィハーラ
    キリ・ヴィハーラの北直ぐに売店等がある。ここで自転車を置いて北に歩けばガル・ヴィハーラがある。
    ここには岩石に彫られた座仏像、立仏像、寝仏像が並んでいる。
    高さが7mもある巨大な岩石の上に彫刻されたものである。
    P1080165パバル・ヴィハーラ 
    クワドラングルの東側の道を北に上がると、十字路があり、これを東に進むとパバル・ヴィハーラに出る。
    仏塔の入口には、立仏像、座仏像が配置され、ガードストーンなども見られる。保存状態は良くないが、崩れかけた建物に時の流れを感じさせる。

    P1080172シヴァ・デーワラーヤ
    パバル・ヴィハーラを更に東に進むとシヴァ・デーワラーヤがある。
    この建物はヒンドゥー寺院で他の仏教寺院との違いがはっきりと見て取れる。

    P1080181立石像 
    貯水池パラークラマ・サムドラの湖岸道路を博物館から2kmほど南に下ったところに、遺跡公園があり、その中に立石像がある。

    P1080182ポトグル・ヴィハーラ
    立石像の南150mほどのところにあるポトグル・ヴィハーラは、図書館だったと言う。四隅には仏塔が建ち、その中央にドーム状の建物がある。何か不思議な空間を醸し出している。

  • シーギリヤからポロンナルワへ

    Posted on 2013年9月26日 takashi コメントはありません
    P1070867ポロンナルワへトゥクトゥクで向かう
    前日、数人のトゥクトゥクドライバーにポロンナルワまでの料金を聞いて、最安値のドライバーを見付けていた。
    朝9:30、ゲストハウスに迎えに来てもらい、出発した。
    シーギリヤからポロンナルワまで2,500ルピー(約1900円)、約2時間半。
    P1070876ミネリヤ国立公園
    シーギリヤからポロンナルワの途中、ミネリヤ国立公園の横を通る。ここミネリヤ国立公園は野生の象を見ることが出来るので、ジープで園内を観察するサファリツアーと言うのがあるらしい。 ゲストハウスやトゥクトゥクドライバーなどで申込めば、ジープ1台5,000ルピー(約4240円)前後でチャーター出来るようである。
    ツアーを経験した人は、「遠くに象が見えるだけなので迫力がない。近くで、おおきな象を見たり、触れたりしたことのある人には物足りないだろう」と話していた。

    P1070893ポロンナルワのゲストハウス
    トゥクトゥクドライバーが「宿は決めているのか」と聞いてきたので、「まだだ。どこか良いところあるか?」と返事したところ、この「ARIYA REST HOUSE」に案内してくれた。 
    町から2kmと少し離れておりロケーションは良いとは言えないが、ホットシャワー、エアコン、WiFi可なので条件としては満足。町までのトゥクトゥク送迎無料にすることを条件に、朝食付きで4,500ルピーを4,000ルピー(約3,080円)に値切って、2泊することにした。

    P1070898レストラン併設でお客は多い
    このレストハウスはレストランも営業しており、ドライバーが昼食や夕食に客を連れて来るところのようで、昼は結構客が入っていた。
    ビュッフェーランチが800ルピー(約620円)は、少々高いか?(多分、飲み物別)

    P1070900ARIYAレストハウスの室内
    部屋は広くはないが、2泊程度なら問題ない。室内は、よく掃除が行き届いていて、きれいだった。また、エアコン、ホットシャワーがあり、室内でのWiFiもOKだった。

    P1080200ブレックファスト
    スリランカのゲストハウスの一般的な朝食で、 トースト、バター&ジャム、オムレツ、カットフルーツまたはフルーツジュース、コーヒーまたは紅茶となるが、十分な量だ。
     



  • ■スリランカへの格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。