個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ダラットを後に、ジェットスターパシフィックでハノイへ

    Posted on 2017年5月3日 takashi コメントはありません

    ハノイへは長距離バス(オープンバス、スリーピングバスなど)があるが、今回ジェットスターにて空路で向かった。ダラット街中からリエンケオン国際空港までは約30kmで、シャトルバスが出ている。

    シャトルバスは、ホテル、ゲストハウスに頼むと電話予約をしてくれる。料金は40,000VND(約200円)で、ホテル・ゲストハウスの近くまで迎えに来てくれるのが普通のようだ。

    こちらの飛行機の便を告げ、その2時間前に来て欲しいと言っても、1時間前になっても来ないので非常に心配になったが、実際には搭乗予定便が遅れており、その情報を知っていたシャトルバス側もそれに合わせたようだ。そもそもこの空港は便数が少ないためか、シャトルバスに乗る旅行者はほぼ同じ便に乗ることになるので、バス側もそれを承知しているようだ。

    ゲストハウスの人は「大丈夫、飛行機は遅れているそうだから」と言ってくれるが、こちらは搭乗時間に遅れるのでは、と不安がつのるばかりであった。

    やがてバス側から電話がかかって来て、近くの道路にて待っていたマイクロバスに乗ることが出来た(やれやれ)。それから更に何箇所かのホテル・ゲストハウスに寄って、ある大きなホテルの前に停車した。ここでバスを乗換えるようだ。マイクロバスから少し大きめのシャトルバスに乗換え、空港に向かった。

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    案の定、ジェットスターは遅れており、空港にてチェックインした時、まだ搭乗予定の飛行機は到着していなかった。結局17:55発のジェットスター・パシフィックハノイ行きは、20:00に搭乗することが出来た。

    1時間50分のフライトで、ハノイ空港に22:00過ぎに到着。ホテルに迎えの車をお願いしていたので、すんなりとホテルまで辿りつけた。

  • まだまだ見逃せないダラットの観光スポット

    Posted on 2017年4月22日 takashi コメントはありません

    一日観光では足りない。ダラットには歩いて行ける近場に、まだまだ観光スポットがたくさんある。

    今日訪れたのは、ダラットと言えば、そう「クレイジーハウス」。結構人気の観光スポットになっている。そして、このダラットには鉄道駅がある。ダラット駅だ。フランス統治時代に造られ、現在もなお観光用として一日2回列車が近くの駅まで往復している。

    クレイジーハウス

    定番で人気の観光スポット、クレイジーハウス

    定番で人気の観光スポット、クレイジーハウス


    この奇妙でおかしな建物は市内から歩いて行ける距離にあり、人気の観光スポットとなっている。ここはホテルとして経営されているが、むしろ一日観光コースで必ず訪れるスポットで、大型の観光バスがひっきりなしに到着し、大勢の観光客が入場して来る。

    外からはあまり見えないようになっているが、一旦入場すると、中は別世界。そこには奇妙な造りの建物が乱立しており、一見おとぎの国のようにも見える。しかし、中には怖いイメージのものもある。
    クレイジーハウスはホテルとして運営、その客室も・・・

    クレイジーハウスはホテルとして運営、その客室も・・・


    クレイジーハウスホテルとしても営業しており、数多くの部屋がある。どの部屋も同じではなく、いろいろと趣向を凝らした造りとなっている。
    おとぎ話に出てくるようなお家

    おとぎ話に出てくるようなお家


    おとぎ話に出てくるようなお家は迷路のように繋がっており、その上、屋根の上まで登れるようになっている。

    ダラット駅から観光用列車に乗る

    ベトナムで最も歴史のあるダラット鉄道駅

    ベトナムで最も歴史のあるダラット鉄道駅


    フランス統治時代の1933年に建造されたこのダラット鉄道駅は、ベトナムでは最も古いと言われ、その美しい外観は今も健在。

    ベトナム戦争で営業は廃止となったが、今は観光用に1日2本7km先のチャイマット駅まで走っている。

    ダラットからチャイマットへ行く観光列車

    ダラットからチャイマットへ行く観光列車


    チャイマット駅までは約15分、チャイマットで約1時間停車し、折り返して来る。
    料金は席により3段階あり、VIP席が150,000VND(約750円)。午前1便と午後2便がある。

    予約は出来ないので、当日駅まで来て、早めにチケットを購入する必要がある。

    チャイマットにあるリンフォックパゴダ

    チャイマットにあるリンフォックパゴダ

    のどかな野菜やお花畑を通り、約15分後にチャイマット駅に到着する。ここで降りて、近くのリンフォックパゴダに歩いて向かう。

    リンフォックパゴダまで歩いて10分ほど。ここは大きな禅寺で、観光バスも訪れる定番の観光名所となっているようだ。

  • チャータータクシーでダラット郊外を観光

    Posted on 2017年4月10日 takashi コメントはありません
    ダラットはベトナムの高原にある避暑地。湖と花、果物などの栽培が盛ん。観光地としてはあまり知られていないので、外国人観光客も多くなく、地元の人との触合いも楽しい。
    今回は、ダラットの近郊をタクシーをチャーターして廻ってみた。

    タクシーは前日に客待ちしているドライバーに声をかけ、交渉していた。ドライバーとの会話は英語でするが、それほど得意ではないので、メモに行き先と金額を書いて交渉する必要がある。予め予定している観光スポットを列記しておき、1日で廻っていくらかと言う風に値段を聞き、交渉する。何人かのドライバーに当たり、電話番号を聞いておき、後で電話するのがコツ。
     

    P1380623前日チャーターしたタクシーで郊外へ
    ダラットの観光には、シンカフェなど、地元ツアー会社の企画しているグループツアーに参加するのが一般的だ。
    しかしながら、今回は時間をゆっくりと使いたいと思い、タクシーを探した。一般的にタクシードライバーは英語でのコミュニケーションが難しく、事前に行きたいところと時間をメモに書いておき、値段交渉するのが良い。
    交渉しても必ずしもそのドライバーが来るとも限らない。

    タクシーも安心出来る会社を選ぶのが良い。
    私の交渉したタクシーはベトナム全国で展開している大手タクシー会社マイリーン(Mailinh)で、メーターも付いており安心出来る。
    今回は5箇所を巡り、約8時間の拘束時間で値段を聞き、600,000VND(約3,000円)で決めた。
    ランビアン(LanBiang)、愛の盆地/ダティエン湖(Ho Da Thien/Thung Lung Tinh Yeu)、バオダイの別荘(Din Bao Dai)、竹林禅院、そしてケーブルカー。
    観光地での入場料、乗り物など必要な費用は含まない。また、高速料金や有料の駐車場はなかった。

     
    P1380637ランビエンではジープで山頂へ登る
    まず、ダラットから北へ12kmほど行ったところにある、ランビアンと言う山に向かった。標高2163mのこの山からの展望は素晴らしく市内全域が見渡せる。
    公園入口に到着して、専用ジープに乗換え、山頂へ行くことになる。ジープは往復で一人50,000VND(約250円)。

    ちなみに、タクシーで単純往復すると400,000VND、1日ツアーに参加すると320,000VNDなので、タクシーチャーターがいかにお値打ちかが分かる。

     
    P1380660ランビアン山頂から湖を臨む 
    あいにくの曇り空で、山頂は少し寒いくらいだった。
    近くの湖が真下に見えるほか、遠くにダラットの市街が見える。

    山頂ではレストランやみやげ物などがあり、時間の許す限り、くつろげる。

    帰りのジープの集合時間は1時間だが、時間的には丁度良い。6人の乗り合いのため、時間厳守となっている。所要時間1時間20分程度。

     
    P1380701愛の盆地/ダティエン湖
    名前の通りロマンチックな雰囲気の盆地で、人口湖に面した山沿いに沢山の花が植えられ、遊園地もあり、若いカップルやグループで賑わっている。

    入園料、一人30,000VND(約150円)。所要時間1時間あれば十分。

     
    P1380741バオダイの別荘
    1938年に建てられたグエン王朝最後の皇帝バオダイの別荘。入場料一人15,000VND(約75円)。
    ヨーロッパ風の建築王指揮のこの建物は、皇帝の別荘と言うことではあるが、外観はそれほどの感じはしないものの、建物中は広い空間を活かした造りとなっており、部屋数も多い。
    最後の皇帝だけに、時代的に権力の衰退などを物語っているのかもしれない。

     
    P1380763竹林禅院
    1993年に建設され多くの参拝者が訪れるベトナム最大の禅寺。入場は無料。

    ケーブルカー山頂駅から近く、バスも通っている。

     
    P1380777ケーブルカー
    竹林禅院から直ぐ近くにケーブルカー乗り場がある。ここから山麓駅まで片道ケーブルカーに乗る。タクシーは山麓駅で待っていてくれる。
    一人片道50,000VND(約250円)。ちなみに、往復は多分80,000VNDだったと思う。
    片道は約15分の乗車。遠くの街までパノラマで見渡せるので景色は最高。

    1日貸切タクシーツアーは終了
    そして、16時半ごろ、無事街まで帰ってきた。
    朝9時に出て、約7時間半の観光。料金を600,000VND(約3,000円)支払い、本日の予定は終了。
    ダラットはまだまだ見るところが多い。近場は歩いても行ける。
     
  • ベトナムの避暑地ダラットを歩く

    Posted on 2017年4月8日 takashi コメントはありません
    ダラットはホーチミンから飛行機で1時間のところ。ジェットスターやベトジェットエアーのLCCが飛んでいる。
    今回、ジェットスターでダラット空港(リエンケオン国際空港 )に到着、空港から街までは30Kmほどで、シャトルバスが利用出来る。
    街の中心部まで約40分。手荷物受取コンベアー近くにカウンターがありチケットを買う。料金は40,000VND (約200円)。

     

    P1380560湖の街ダラット
    ダラットにはスアンフーン湖と言う大きな湖がある。湖畔の直ぐ近くまでホテルが林立し、ちょっとした避暑地の趣きがある。
    湖は約5kmの平坦な道で囲まれており、のんびりと散歩するにはもってこいのところ。
     
    P1380549ダラット大教会
    一方で、ダラットの街は丘陵地なので平地は少なく小高い丘と谷が込み入った地形となっている。
    曲がりくねった道を歩いて行くと、小高い丘の上に教会がある。

    この教会は、チャントア教会と言い、フランス統治時代の1943年に建てられた。

    47mの高さがあるこの教会は遠くからでも良く見える。

     
    P1380574湖畔を歩いて
    湖畔を一周すると1時間以上かかるが、途中に公園があったり、Big-C(スーパーマーケット)があったりで、散歩しながら、ショッピングなども楽しめる。

    あいにくの雨だったが、左回りに少し歩いてみた

     
    P1380611ナイトマーケット
    外国人観光客が少ないダラットでは、ナイトマーケットは地元の人で賑わう。

    ナイトマーケットは毎晩開かれ、夕方7時頃になると、屋台、夜店などが店開きをして賑やかになって来る。値段もローカルプライスで安い。

     
    P1380615屋台フードもすごい
    写真は、バンチャンヌン(Banh Trang Nuong)と言う、「ベトナム風ピザ」として人気屋台フード。
    ライスペーパーの上にトッピング(ウズラの卵、エビ、ネギ、ひき肉など)をして、炭火でパリパリに焼く。味付けはマヨネーズとチリソース。
    色とりどりのトッピングがカラフルで地元の人に人気の屋台フード。

     
    P1380597LangFarmでスイーツバイキング
    ダラットは、花やイチゴの栽培が盛んなところ。花屋さんや果物を売る店が多い。

    ここLANGFIRMは、地元で採れた果実を乾燥させ、健康食品として販売している。
    また、この店の2階では、商品のドライフルーツをバイキング形式で提供している。
    コーヒー・紅茶などの飲み物の他、アイスクリームなどもある。スイーツの食べ放題で、40,000VND(約200円)。甘党や健康志向の人には大歓迎。

     
    P1380474夕食は、お鍋にダラットのワイン
    ダラットはフランス植民地時代の影響もあり、ワイン醸造では有名で、ベトナム国内はもちろん、海外にも輸出するほどのワイン生産国となっている。

    ダラットのワインはVang Dalatと呼ばれ、赤と白のワインが手ごろな価格で楽しめる。 酒類は、Dalat Red Wine、 Dalat Wine for export、 Dalat White Wine、 Dalat Strawberry Wineなどがある。

    ちなみに、お奨めはDalat Red Win(赤ワイン)、美味しくて飲みやすいし、90,000VND(約450円)と値段も手ごろ。ダラットの冬は寒いので鍋物が合うが、ワインと一緒に楽しむとその美味しさは倍増。

     
  • ホーチミンから高原の街ダラットへ

    Posted on 2017年4月3日 takashi コメントはありません
    ホーチミンで3泊した後、ダラットへ向かう。ダラットは海沿いの街が多いベトナムでは珍しい高原の街。フランス統治時代に避暑地として開発されたそうだ。
     
    P1380454タンソンニャット空港への交通
    【市内から空港までの交通機関と料金】
    1.ホーチミンのホテルで車を頼むと、旅行社のチャーター車が来るが、タクシーより高い(タクシー150,000VNDに対し,チャーター2,000,000VND、750円と1,000円)
    2.したがって、ホテル前のタクシーに乗るか、道路で捕まえる。または、フロントて「タクシーを呼んで」と依頼するのが良い。
    3.バスはシャトルバスと路線バスが利用出来る。(シャトルバス 40,000VND=200円、路線バス10,000VND=50円)

    ジェットスターは遅れることが頻繁にある。今回も15:20発予定が、20:00出発となった。(約5時間の遅れ)理由は、使用機材到着便の遅れによるものだった。

    空港では、ジェットスターがLCCのため、搭乗ゲートを出てバスで搭乗口まで移動となる。 

    1時間のフライトでダラット空港に到着した。街まではシャトルバスが走っており、手荷物受取ターンテーブル近くでバスのチケットが売られている。(一人40,000ドン=約200円)係員の指示でバスに乗るとホテル名を聞いてくる。住所等を合わせて告げるとその辺りで降ろしてくれる。 

     
    P1390134ゲストハウス 
    時間的に夜遅くなったが、降車したところで出店の人に聞くとVILLA DOC MAYに辿りついた。
    宿はVILLA DOC MAYと言う家族経営のゲストハウス。 このゲストハウスはホテル予約サイトで探して予約を入れていた。

    ホテルの写真、詳細は下記。
    Villa Doc May

    ベトナムではこのような家族経営のホームステイとか、ゲストハウス、ホテルが増えている。家族経営なので、部屋も掃除が行き届き、親切で暖かい雰囲気。しかも値段も安い。
    ちなみに、このゲストハウス、1泊1室、25USD(約2,900円)。
    今回のベトナム旅行では、ほとんどがこのような家族経営のゲストハウスに泊まった。
    支払は、現地でチェックアウト時に払うのが一般的。現地通貨で支払う方が、レートの関係では得になる。

     
    【現地通貨への両替で得をする】
    地方都市に行く前に必要となる現地通貨を両替しておいた方が、良い。ホーチミンとかハノイは外貨の扱いも多く、両替商や、やみの金融業も多くレートが良い。
    両替の実績値として、タンソンニャット空港での変換レートは、1円が193.4VND(10,000円で1,934,000 VND)
    ホーチミンの両替商(ベンタイン市場内)では、200~200.5 VND(10,000円で2,000,000 – 2,005,000 VND)
    ハノイの両替商(ハーチュン通り)では、199 VND(10,000円で1,990,000 VND)
    ちなみに、現地で使用したクレジットカードのレートは、192.5 VNDであった。
    総合的に見て、両替商のレートと同日銀行で聞いたレートを比較してみて、両替商のレートが5%以上も違うことから、両替商のレートはかなり良いと考えられる。
     

  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;


  • ■ベトナムへの格安航空券を探そう

    格安航空券最安値ランキング
    1 位
    ¥18,900~
    格安航空券ランキング
    アクトトラベル☆安さで勝負!☆東京⇔アジア各国●最大1ヶ月滞在●カード決済可●中国語対応可能●EGG-ASIA
    航空会社:中国南方航空格安航空券
    販売会社:アクトトラベル
    2 位
    ¥20,400~
    格安航空券ランキング
    【LTK】 女性ならではの、きめ細やかな手配ならおまかせ!!☆中国東方航空で行く東南アジア☆
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:LTK福岡
    3 位
    ¥20,500~
    格安航空券ランキング
    成田発/中国東方航空/バンコク他♪/6ヶ月有効/上海での途中降機無料!
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    4 位
    ¥20,700~
    格安航空券ランキング
    羽田発/中国東方航空/バンコク他♪/6ヶ月有効/上海での途中降機無料!
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:CAN TOUR/キャンツアー
    5 位
    ¥20,800~
    格安航空券ランキング
    《成田発着》★ 中国東方航空 ★<早割14> アジア指定都市往復 6ヶ月FIXOPEN航空券
    航空会社:中国東方航空格安航空券
    販売会社:フレックスインターナショナル/フレックスくらべるトラベル