ベトナムの避暑地ダラットを歩く

ダラットの街歩き

ダラットはホーチミンから飛行機で1時間のところ。ジェットスターやベトジェットエアーなどのLCCが飛んでいる。

今回、ジェットスターでダラット空港(リエンケオン国際空港 )に到着、空港から街までは30Kmほどで、シャトルバスが利用出来る。

街の中心部まで約40分。手荷物受取コンベアー近くにカウンターがありチケットを買う。料金は40,000VND (約200円)。

湖の街ダラット

ダラットのシンボルスアンフーン湖

ダラットにはスアンフーン湖と言う大きな湖がある。

湖畔の直ぐ近くまでホテルが林立し、ちょっとした避暑地の趣きがある。

湖は約5kmの平坦な道で囲まれており、のんびりと散歩するにはもってこいのところ。

ダラット大教会

一方で、ダラットの街は丘陵地なので平地は少なく小高い丘と谷が込み入った地形となっている。

曲がりくねった道を歩いて行くと、小高い丘の上に教会がある。

この教会は、チャントア教会と言い、フランス統治時代の1943年に建てられた。

47mの高さがあるこの教会は遠くからでも良く見える。

スアンフーン湖の湖畔を歩いて

スアンフーン湖の湖畔を一周歩くと、1時間以上かかるが、途中に公園があったり、Big-C(スーパーマーケット)があったりして、ブラブラ散歩しながら、ショッピングなども楽しめる。

あいにくの雨だったが、左回りに少し歩いてみた。

ナイトマーケット

外国人観光客が少ないダラットでは、国内の観光客がほとんど。

ナイトマーケットでは多くのベトナム人旅行者で賑わっていた。

ナイトマーケットは毎晩開かれ、夕方7時頃になると、屋台、夜店などが店開きをして賑やかになって来る。値段も国内旅行社向けのローカルプライスで安い。

屋台フードもすごい

写真は、バンチャンヌン(Banh Trang Nuong)と言う、「ベトナム風ピザ」として人気屋台フード。

ライスペーパーの上にトッピング(ウズラの卵、エビ、ネギ、ひき肉など)をして、炭火でパリパリに焼く。味付けはマヨネーズとチリソース。
色とりどりのトッピングがカラフルで地元の人に人気の屋台フード。

LangFarmでスイーツバイキング

ダラットは、花やイチゴの栽培が盛んなところ。花屋さんや果物を売る店が多い。

ここLANGFIRMは、地元で採れた果実を乾燥させ、健康食品として販売している。 
また、この店の2階では、商品のドライフルーツをバイキング形式で提供している。

コーヒー・紅茶などの飲み物の他、アイスクリームなどもある。スイーツの食べ放題で、40,000VND(約200円)。甘党や健康志向の人には大歓迎。

お鍋にダラットのワインがおススメ

ダラットはフランス植民地時代の影響もあり、ワイン醸造では有名、ベトナム国内はもちろん、海外にも輸出するほどのワイン生産国となっている。

ダラットのワインはVang Dalatと呼ばれ、赤と白のワインが手ごろな価格で楽しめる。

酒類は、Dalat Red Wine、 Dalat Wine for export、 Dalat White Wine、 Dalat Strawberry Wineなどがある。

ちなみに、お奨めはDalat Red Win(赤ワイン)、美味しくて飲みやすいし、90,000VND(約450円)と値段も手ごろ。

ダラットのこの時期は寒いので、鍋物がうまい。ワインと一緒に楽しむとその美味しさは倍増。

コメント

タイトルとURLをコピーしました