ベトナムのLCC ベトジェットエアに乗る

ベトジェットエア ハノイ
ハノイ空港に到着したベトジェットエア

格安航空会社ベトジェットエアとは

ベトジェットエアは、ハノイに本社を置くベトナムのLCC会社で、2011年にベトナム国内で初就航をしたLCC(格安航空会社)である。

このベトジェットエアが、日本-ベトナム間のフライトが2018年11月に就航することを知り早速予約をし、搭乗した。

ベトジェットエアには、これまで何度かベトナム国内で利用していたので、馴染みがあった。また、以前ハノイでジェットスターを利用時、搭乗ゲートで相当な時間待った後、急きょキャンセルの案内があり、アタフタしてベトジェットエアに乗換えたと言うヒドイ経験も記憶に残っている。

関連記事:

ハノイからジェットスターでダナンへ・・・ところが、とんでもないことが!

格安航空券を予約するには

日本初就航、関西国際空港からハノイへ、ホーチミンへ

ベトジェットエアは、11月8日に関空-ハノイ間を、12月14日に関空-ホーチミン間が就航予定となっていた。したがって、正月前の12月に往路、関空-ハノイ間、そして年が明け、2月19日に復路、ホーチミン-関空の予約を入れてみた。

航空券予約は、下記のベトジェットエア公式サイトから行う。

Viet Jet Air

航空券を予約する

ベトジェットエアの予約サイト

サイトを開けると、左のウィンドウが表示される。
画面左上には、プロモションのフライトや特別価格でのセールも表示されている。
右側には、フライトの予約、オンラインチェックイン、ホテル予約のメニューがある。
フライトを予約するには、この入力画面にて、出発地、到着地、出発の日付を入れるとフライト検索が出来る。

最安値のフライトを探す

最安値運賃?にチェックを入れると日付毎の運賃が表示されるので、最安値のフライトが選べる。

フライト予約の各項目に、
出発地:関空
目的地:ハノイ
通貨:JPY
最安値運賃?:レ(チェック)
出発日:希望の日付
を入れて、フライト検索をクリックすると、左の画面が表示される。
この画面から最安値のフライトが検索できる。

フライト時間と運賃クラスを選ぶ

フライト候補から希望の時間や最安値のフライトを選択出来る。

日付を決めたら、[続く]をクリックすると左の画面になる。
この画面では、その日に複数のフライトがあれば、希望の時間を選ぶことが出来る。また、運賃クラスも金額と共に表示されるので、日付、時間、運賃などを確認して、希望のフライトを選択することが出来る。
また、右側にその運賃クラスでの合計金額が表示される。

上記の例では、関空-ハノイ往復運賃として、26,910円となっている。
このように、往復航空券の予約が可能であるが、片道で予約することも出来る。

この場合、ひとつずつ(フライト毎に)予約をする必要があるが、好きな行程を組むことが出来る。もちろん、往路と復路を別々の航空会社にしたり、周遊することも出来る。

搭乗者情報を入力する

搭乗者情報を入力する。会員登録すると入力の手間は省ける。

運賃クラスを選択し、[続く]をクリックすると、左の搭乗者情報 入力画面となる。

ここで、搭乗者情報を入力し[続く]をクリックすると、座席指定の画面が表示される。


座席指定、委託手荷物、食事のオプションを購入する

座席指定は有料。不要ならスキップしよう。

座席指定は有料なので、不要なら「いいえ、ありがとうございます」をクリックする。

座席指定をしない場合、座席番号がコンピューターで 自動割振りされる。

追加サービスをクリックして、委託手荷物の重量、食事を選択出来る

同画面で、座席指定の右のタブをクリックすると、追加サービスとして、委託手荷物の重量や食事を選択することが出来る。(全て有料サービス )
チェックインの手荷物がある場合は、空港カウンターで購入すると割高になるので、事前に購入すること。重量により料金は異なる。

予約の確定と支払い

次の画面で、旅行保険の加入を選択出来るが、加入しない場合は「いいえ、結構です」をクリックし、[続く]をクリック する。

すべての予約内容(運賃、税金、オプショナルサービスなど)を確認した後、予約を確定させると、支払の画面になる。クレジットカードでの支払いが可能である。

Eチケット(電子航空券)をメールで受取る

メールで受取ったEチケット

支払い手続きが終了後、しばらくして登録したメールアドレス宛に航空券が送信される。Eチケットと呼ばれるもので、空港のチェックイン時にこれを見せると良い。

何か変更がある時には、予約の管理画面で、予約番号を入れ、追加等が可能である。例えば、座席指定、委託手荷物の重量、食事など。

予約の管理・確認

予約の管理でフライトの確認を

[予約の管理]で予約したフライトを確認できる。
出発時間が変わることもあるので、搭乗前日に一度チェックすることをお奨めする。
なお、[予約確認]で最新のフライト情報が確認出来る。

実際に予約したフライトの内容

上の画面は実際に予約した時の予約履歴一覧である 。

旅程は、関空からハノイへ、その後バンコク経由でチェンマイへ行き、ホーチミン経由で関空へ戻る。計4都市を周遊する。

料金は、
関空-ハノイ:15,800円(含む委託手荷物15kg、座席指定、食事)
ハノイ-バンコク:8,900円(含む委託手荷物15kg、座席指定)
バンコク-チェンマイ:4,800円(含む委託手荷物15kg、座席指定)
チェンマイ-ホーチミン:8,300円(含む委託手荷物15kg、座席指定)
ホーチミン-関空:17,000円(含む委託手荷物15kg、座席指定)
合計:54,800円だった。

タイ単純往復の料金を他のLCC(例えば、エアーアジア、スクートエアーなど)や中国系の航空会社と比べるてみると、やや高めになるかも知れないが、今回の旅行の目的が、タイでのロングステイの途中で、ベトナムを旅行するつもりで、ベトジェットを選んだこともある。

逆に、ベトナム単純往復で、32,800円であることを考えると、大変お得な航空券と言えるだろう。


機内食はどんなのかと言うと

ベトジェットエアの機内食

関空からハノイへ行く便が早朝だったので、機内食を事前予約していた。内容は、 Combo Com Chien (焼き飯セット)で、600円だった。味はこの値段ではソコソコ。

内容、ボリュームとも一般の航空会社と比較するには無理がある。
ただし、機内には飲食物の持込は出来ない規則になっているので、飲食したいなら仕方ない。

航空券予約時の注意事項

クレジットカードでの支払い時に注意すること

フライト予約の支払い時に、クレジットカードを使用したが、3つ目のフライト予約の時、突然「クレジットカードが利用停止」になってしまった。

クレジットでの支払で、クレジット会社のセキュリティチェックに引っかかり利用が強制停止されたためだったがそれが分かるまで、時間がかかった。理由は、支払先がベトナムであり、利用者の通常行動パターンから外れていることで、コンピュータがストップしたのだった。

私は、利用停止になっているなんて全く気が付いてないので、購入出来たものと思い込んでいた。ところが、Eチケットのメールが一向に届かないので不安になり、ベトジェットに問合せを行った。最初Eメールを送ったが、「返事は5日以内に連絡する」とあり、電話を入れてみた。しかしながら、電話が通じない。

しばらくして、決済されたかどうかをクレジット会社に電話することを思い付き、電話してみた。すると、「セキュリティチェックに引っかかり、決済されていない」とのことであった。(30分ぐらい電話してやっとこの返事)

そして、「セキュリティを外したので、再度決済ください。ただし、2重請求のケースもあるので、相手方に1回目の請求はしないように伝えてください」「決済については、すべての責任は購入者にあります」との一方的な言い分。こちらが悪いのか?。勝手にカードの利用停止しておいて、何の連絡もなしにこの対応は何だ?、と半ば怒りの気持ちが込み上げてきた。

5日ほど待って、メールの返信が来たが、「いつ予約したのか、度のフライトを予約したのか、詳しい情報を連絡して欲しい」とのこと。こんなやり取りをしていては、その内、航空券の値段が上がって行くので、もう一度、クレジット会社に電話を入れ、「こんな状況では予約できない」と文句を言った。すると、相談していたのか、しばらくした後、「2重請求の場合、当方より全額返済します」との回答があった。そして、無事購入することが出来た。

その後、ベトジェットエアから2度目のメールが来て、「予約は一つだけ(2重に予約されていない)」との確認も取れ、安堵した次第。

トラブル時の電話対応(ベトジェットエア日本地区総代理店)

このトラブル発生時に電話で問い合わせてみた。
WEBサイトに掲載されている「日本地区総代理店」の電話番号に電話したが、「こちらはWEBの購入に対応していません」との愛想のない返事が返って来た。

また、ベトナムのホットダイヤル(+84 1900 1886)に電話したが、フリーダイヤルのようで私の携帯電話から繋がらなかった。

仕方なく、ホームページに載っているハノイ本社の電話を調べ、電話をかけて見た。すると「予約に関する問合せは、予約センターへ電話をして下さい」と、 ホットダイヤル(+84 1900 1886)を紹介された。

空港でのチェックイン時の注意点

機内持ち込み手荷物の重量には注意

空港カウンターでチェックインする時に注意したことがある。
通常、委託手荷物を計量して、当初購入した重量を超過した場合は、超過分を支払わなければならない。

機内持ち込み手荷物については、重量を計らない場合が多い。特に一般航空会社では、計ることはほとんどない。

しかしながら、LCCではこの条件は厳しくチェックするところもある。ベトジェットエアでは、機内持ち込み手荷物も計量してチェックの印にタグを付けるが、その後、搭乗者によっては計量していない荷物を機内に持ち込む人もいる。

実際に遭遇した場面だが、搭乗ゲートでこの手荷物計量用に秤を設置して計量していた。特に小型のスーツケースを持込む人が対象で、バックパックなどはスルーしていた。

二人連れの乗客が機内持込み手荷物の軽量で引っかかり、ゲートの係員と揉めていたが、結局、飛行機に搭乗できず足止めを食らった状態だった。

その他にも、日本人らしき旅行者も計量して止められていたが、その人はお金を払ったのか、荷物を分散したのか、見逃してもらったのか、不明だが搭乗できたようだった。

機内に持込む手荷物は、7㎏以内の一定サイズのバッグと小さなバッグひとつと決められているが、中にはバッグを2つ3つ持って乗込む人も見かける。

しかしながら、LCCではコストを下げるためあらゆる努力をしており、重量は燃料費に影響を与える重要なチェックポイントだから、厳しくなるのは当たり前。
つまらぬ節約で大きな代償を払うことがないよう、注意したいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました