個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • スリランカで風邪を引く

    Posted on 2015年9月1日 takashi コメントはありません

    こんな暑い国で風邪を引くとは!

    日本では風邪を引いても医者に行くことはなく、十分な睡眠を取ったり、いつもより厚めの服を着て過ごせば、2~3日で治っていたが、ここスリランカではいったん熱が出ると中々治まらない。

    丁度、仏陀の誕生日の日(ウェサック・ポーヤデイと言う)の前日で、声もおかしくなり、頭痛がしていた。休みに入るとマズいと思い、医者にお世話になることにした。

    11日間の国内旅行から帰って来て、ビールとアラックの消費量が増えているのに気が付いていたが、どうやらこれが引き金になっていたようだ。旅行中は昼食時にも飲むことが多く、夕食時は、ビールの後アラックを飲む、と言うのが習慣になり、旅行から帰ってもこの生活が続いていた。そして、A/C・天井ファンを付けたまま、うたた寝することも多くなり、それが原因で風邪を引いたようだ。

    近くのパーク病院に行って、まず初診料Rs.500/=を払い、体温を測るよう言われる。その後、先生の問診が有り、処方箋を出してくれた。病院に付属の薬局で薬を買い、Rs.1,380/=ほど支払った。抗生物質が一番高く、後は咳止め、解熱剤などだった。アパートメントに帰って、抗生物質だけ飲んだ。その結果、38℃の熱は明くる日には36℃に下がっていた。

    その後は、アルコール量も控えるようにして、健康管理に努めるようにした。

    KaigaiSinryo治療代を保険新生する
    さて、スリランカへ来て、医者には結構お世話になっている。やけどで総合病院に1回、歯医者が3回、今回の病院で1回の計5回。使ったお金は知れているが、歯医者以外は、海外旅行保険が適用され支払いを受けた。

    歯医者は通常海外旅行保険では保険対象外であるが、国民健康保険に加入している場合、市役所・町村役場に申請すれば保険適用が受けられる。
    詳しくは、市町村の健康保険窓口で教えてくれる。

  • コロンボで卓球を習う!

    Posted on 2015年5月18日 takashi コメントはありません

    ロングステイとなると、日常生活としてのアクティビティも必要である。スリランカで卓球が出来る場所を探していたが、卓球台はあっても、プレーする相手を見つける必要があったりで、なかなか見つけられない。そこで、学校のコーディネーターに頼み、調べてもらった。

    P1160129オッターズアクアクラブ 
    Otters Aqua Clubにて見つけた卓球場は、会員専用であるが、ビジターであれば、100ルピーでプレーが出来る。 
    ここでは、スリランカナショナルチームのコーチが毎週日曜日、一般の人を相手に卓球教室を開いていると言うので、見学に行ってみた。

    P1160063ナショナルチームコーチの指導を受ける
    スリランカの卓球チームを率いるラリス(Lalith)さんは、スリランカのナショナルチームのコーチ。
    普段は、学校などで卓球の指導を行っているが、日曜日は一般の人を対象に卓球指導をしている。
    毎週日曜日、2時間程度のレッスンであるが、料金は格安。
    練習が終わって、ビールをご馳走になることも多く、レッスン代がビール代になっていることも。

    P1150079モラトゥワのYMCAにある卓球台
    一方、モラトゥワのYMCAにも卓球台がある。
    特にクラブもなく、日頃は誰もしていないので、卓球するには誰かと一緒に行く必要がある。

    P1130466セントトーマスカレッジのスポーツコンプレックス
    マウントラビーニアにあるセントトーマスカレッジにスポーツジムがあり、体育館の中にかなりの数の卓球台が備えられている。
    会員になる必要があるが、卓球クラブ等はなく、誰かプレーをする相手を探す必要があると言う。
    また、ここは学校も使用しているので、利用時間が制限され、午前中と夕方6時以降のみプレー可能である。
    その他、日本人会、各種スポーツクラブなどもあたってみたが、卓球をしていると言う情報には辿り着かなかった。 今のところ、オッターズアクアクラブに毎週日曜行くのが、唯一卓球する時間となっている。ちなみに、スリランカは世界ランキングで60位そこそこである。日本のランキング2位と比べるのは酷であるが、それでもコーチの技術レベルはピカイチ。何の文句もありません。
     

    ところで、今住んで居るアパートメントのルーフトップにもジムがあり、卓球台が設置されるとのことで期待していたが、いっこうに設置されない。それどころか、屋上のタイルをめくっては張り直す工事を何か月もかけてしている。さすが、スリランカ。ここでは、この程度のことは、いたって普通。スリランカ人の言葉を鵜呑みにすると、後になってガッカリすることになる。

  • コロンボで歯医者に行く (2)

    Posted on 2015年4月22日 takashi コメントはありません

    スリランカの歯治療の現状:
    コロンボで歯医者を探している時、ローカルコーディネーターに別の歯医者の紹介もあったので行ってみることにした。(既に治療は行っていた後であるが、彼は日本に居て、状況が少し伝わっていなかったようだ)

    ここはDental Hospitalと言う国立病院で、医療費は外国人も全額タダ。スリランカでは国立病院に行くと医療費は無料であると聞いていたが、実際そうであった。しかしながが、多くの人が朝早くから列を作り、長時間またされる。

    P1180597紹介されたDental Hospital 
    この歯医者は、大変古い建物で、なんか怪談話に出て来る雰囲気をもった病院だ。隣に新しい病院を建てていて、関係者は「この4月25日に移転する」と言っていたが、そのビルディング、まだ内装どころか、外装も出来ていない。あと、2週間少しで?それは、絶対無理。でも政府だから、公にそう言っているんだろう。約束出来ないことを平気で言ってしまうのが、スリランカン スタイル だ。
    訪れた日は、土曜日の午後で休診だったので、医者とは話しできなかったが、看護婦と話をした。
    やる気のなさそうな若い看護婦とヌシのようなベテラン看護婦がいた。
    「治療室を見せてくれ」と言って頼んだら、中に入れてくれた。「この設備は何年くらいになるの?」って聞くと、「5年ほど」。「どこの製品?」「フロム チャイナ」
    5年ほど前にチャイナの中古を入れたようだ。国立は予算が少ないため、新品はほとんどなく、日本で使われた古い器具とかが使われている。
    それで、「ここではクラウンなどの処置はするの?」に対し、「出来ない」と答えた。つまり、私が私立病院で受けている治療は、ここでは受けれないと言うことだ。私立病院で3万ルピーもする治療を国立で無料では予算的に出来ないのだろう(歯の治療は日本でも保険適用対象が限定されるくらい、治療によっては高価になる)
     
    スリランカで、歯の治療に関して、2つの市立病院と一つの国立病院に行って、治療方法、医療レベルを確認したが、国立病院では、高度で金のかかる治療は受けられず、簡単な治療方法を取るのが一般的だと考えられる。それは、政府も国民も歯の健康に対する意識が低いためと考えられる。しかしながら、国立病院の先生も、ある時間国の病院で義務として働いた後、私立病院にて働くのが普通で、国の安月給を、民間の病院で補っているらしい。したがって、先生の技術レベルは同じとも考えられる。
     
    スリランカで歯の問題が起きた場合、まず、短期の旅行なら、我慢して日本へ戻って治療をするのが良いだろう。ある程度の期間滞在する必要があり、スリランカでの治療を検討する場合、国立病院は絶対に避け、民間の病院に行ってみる。私の探したところ以外にも、良い病院(設備と医者)もあると思われるので、2~3か所行ってみて、治療方法を聞き、設備・器具などを確認して決めるのが良いだろう。