個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • 樹木が絡まる神秘的な寺院、タ・プローム

    Posted on 2018年1月18日 takashi コメントはありません

    ここタ・プロームはマストシー(MUST SEE)の観光スポット。スポアンと言う樹木が寺院の建物や外壁に絡みついて一体となっている。何百年もの永い年月を経た自然と人口の融合だ。

    スポアンに絡まれた寺院

    スポアンに絡まれた寺院

    独特の雰囲気を醸し出すタ・プローム。特に手入れをしないで放置していたためか、すごい状態になっているが、そこが幸いしてこの寺院の見所となった。
    樹木の生命力を感じる

    樹木の生命力を感じる

    樹木の生命力はすごい。
    観光客の撮影スポット

    観光客の撮影スポット

    ここは、観光客の撮影スポット。撮影用にデッキが設けられている。
  • アンコール・トムは人気の観光スポット

    Posted on 2018年1月16日 takashi コメントはありません

    アンコ-ル・ワットとアンコール・トムはアンコール遺跡群の中でも人気の観光スポット。アンコールトムはアンコールワットと違い、その中に色んな寺院、仏塔などが広い敷地に散在している。その中でもメインのスポットがバイヨンだ。

    アンコールトムの南門に並ぶ石像

    アンコールトムの南門に並ぶ石像

    アンコールワットを出て北の方に上がるとアンコールトムの南門がある。南門の入口に整然と並ぶ神々と阿修羅の石像に驚く。
    アンコール・トム入口

    アンコール・トム入口

    そこから入って真っ直ぐ行ったところにバイヨンが見える。
    アンコールトムの四面塔

    アンコールトムの四面塔

    バイヨンの中に入ると特徴的な四面塔があちらこちらに見える。その表情も違う。

    バイヨン遺跡

    バイヨン遺跡

    第一回廊から見るバイヨン。全体が見られるので美しい写真が取れる。

  • アンコールワット最上階に昇る

    Posted on 2018年1月15日 takashi コメントはありません

    アンコールワットに入ると内部に、第一回廊から第三回廊まで段々と積みあがっている構造となっている。観光スポットとして一番は、もちろん第三回廊だ。
    9年前は修復工事のため昇れなかった第三回廊に期待して、アンコールワットに入った。

    第二回廊から中央祠堂を眺める

    第二回廊から中央祠堂を眺める


    ここは、第二回廊。ここまで上がると、第三回廊が目の前にそびえ立っているのが見える。遠くから見えるのはこの部分だ。
    この急な階段を昇って第三回廊に

    この急な階段を昇って第三回廊に


    この急な階段を昇ったところが、第三回廊。第三回廊への入場は人数制限されており、長い列が出来ている。この日は、中国人団体が多く、30分以上も並んだ。
    アンコールワットの中央祠堂

    アンコールワットの中央祠堂

    第三回廊に囲まれた内側には、十字回廊があり、その中心部にある一番高い尖塔が中央祠堂である。
    第三回廊外壁のデバターと第二回廊内側

    第三回廊外壁のデバターと第二回廊内側

    9年前は修復中だったので、第三回廊へ昇ることは出来なかったが、その後、修復工事も終わり、デバダーなどもきれいに修復されている。