個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • バガン観光・・・寺院・仏塔 定番スポット

    Posted on 2017年7月25日 takashi コメントはありません
    前回、および前々回の記事ではMust-Visit1,2についてを、今回では、それ以外の定番スポットを紹介する。
    Must-Visit1:アーナンダ寺院、シュエズィーゴォンパヤー、ティーローミィンロー寺院、スラマニ寺院、ダマヤンヂー寺院の5つを紹介。
    Must-Visit2:プーパヤー、シュエグーヂー寺院、タビィニュー寺院、ゴドーパリン寺院、シュエサンドーパヤーの5つを紹介した。

    マハーボディーパヤー

    マハーボディーパヤー

    マハーボディーパヤー
    マハーボディーパヤーは、タラバー門を通過して右に折れた所にある。

    この中央の塔を良く見ると、沢山の小さな仏像が埋め込まれているのが分かる。インドの寺院を模したもので、バガンでは珍しい。
    また、壁面にも同様に多くの仏像が窪みの中に埋め込まれていて非常に手の込んだ造形を生み出している。

    バガン王朝最後の仏塔 ミンガラゼティ

    バガン王朝最後の仏塔 ミンガラゼティ

    バガン王朝最後の仏塔 ミンガラゼティ
    1284年に建立されたバガン王朝最後の仏塔 ミンガラゼティは、オールドバガンからミィンカバ村への道路に入って直ぐ右側にある。

    この仏塔は、素焼きのレンガを積み上げた3層の台座とその上にそびえる釣鐘状の仏塔とがうまく調和し、美しい光景を作り出している。残念ながら、現在は、全体が鉄条網のフェンスで囲まれ、ゲートにも鍵がかけられ入場は出来ない。

    グービャウッヂー寺院

    グービャウッヂー寺院

    グービャウッヂー寺院
    ミンガラゼティを出て、ミィンガラ村方向へ少し行くと、村の手前、左側にグービャウッヂー寺院がある。

    内部には壁画があるが、薄暗く、はっきりと見えない。懐中電灯を持参すると良い。また内部は撮影禁止となっている。
    また、この直ぐ東隣りに、ユネスコ世界記憶に登録されている石碑を展示しているミャゼディ寺院がある。

    箱形の寺院マヌーハ寺院

    箱形の寺院マヌーハ寺院

    箱形の寺院マヌーハ寺院
    他の寺院と比べ全く寺院らしくない形状をしたこの箱型の寺院はマヌーハ王により1059年に建造された。
    寺院の中には手前に3体の座仏像が、裏手には、1体の涅槃仏像が祭られているが、いずれも窮屈な状態で安置されている。

    マヌーハ寺院の涅槃像

    マヌーハ寺院の涅槃像

    マヌーハ寺院の涅槃像
    建物の裏にある入口を入ると、涅槃像が安置されている。室内は隙間がなく、非常に窮屈そうである。

    ナガーヨン寺院

    ナガーヨン寺院

    ナガーヨン寺院
    マヌーハ寺院から南に下がったところにあるナガーヨン寺院は小規模ながら美しい形状をしている。ただし、周囲は草木に覆われ入ることも出来ない。

    ソーミンヂー僧院

    ソーミンヂー僧院

    ソーミンヂー僧院
    レンガ造りの珍しい僧院。廃墟となっているが、階段を昇ってテラスに上がると、素晴らしい景色が待っている。

    ローカナンダーパヤー

    ローカナンダーパヤー

    ローカナンダーパヤー
    ニューバガンの南端のエーヤワディ川沿いに建つローカナンダー寺院。
    金色の仏塔は遠くからも見え、バガンのシンボルとなっている。

    バガン観光モデルコース
    このブログでは、バガン観光を次の4つのコースに分けて紹介している。
    各スポットでの滞在時間として、各寺院、仏塔の大きさ、内部への入場可否、展望の可否などを参考に下記に分類している。(ゆっくり見て廻る時間)
    L:大型寺院または展望がある・・・1時間程度
    S:小型寺院、または展望の無い仏塔・・・30分程度
    また、移動時間は、スポット間を一律約10分として計算している。(自転車、Eバイク、馬車など)

    急いで廻りたい場合は、各スポット滞在時間の半分でも可能だろう。

    Must-Visitコース1: アーナンダ寺院(L)、シュエズィーゴォンパヤー(L)、ティーローミィンロー寺院(L)、スラマニ寺院(L)、ダマヤンヂー寺院(L)・・・(約6時間)
    Must-Visitコース2: プーパヤー(S)、シュエグーヂー寺院(L)、タビィニュー寺院(S)、ゴドーパリン寺院(S)、シュエサンドーパヤー(L)・・・(4時間30分)
    定番コース1: マハーボディーパヤー(S)、ミンガラゼティ(S)、グービャウッヂー寺院(S)、マヌーハ寺院(S)、ナガーヨン寺院(S)、ソーミンヂー僧院(S)、ローカナンダーパヤー(S)・・・(4時間30分)
    定番コース2:次回に記載

  • バガン観光・・・寺院・仏塔 MUST-VISIT(2)

    Posted on 2017年7月23日 takashi コメントはありません
    前回(Must-Visit1)では、バガンを代表する寺院、仏塔である、アーナンダ寺院、シュエズィーゴォンパヤー、ティーローミィンロー寺院、スラマニ寺院、ダマヤンヂー寺院の5つを訪れた。
    バガンには、まだまだMust-Visitの寺院・仏塔がある。

    エーヤワディ川岸に建つプーパヤー

    エーヤワディ川岸に建つプーパヤー

    エーヤワディ川岸に建つプーパヤー
    オールドバガンの城壁内のエーヤヤワディ川岸に建つプーパヤーはバガン王朝以前の9世紀頃に造られた仏塔といわれている。

    形状は、他の仏塔に比べとてもシンプルで、エーヤワディ川の背景と調和して実に美しい光景を演出している。

    シュエグーヂー寺院

    シュエグーヂー寺院

    シュエグーヂー寺院
    アーナンダ寺院の直ぐ西にあるシュエグーヂー寺院は、階段でテラスに上がれる。バガンで照らすに上れる寺院は少ないが、シュエグーヂー寺院はその中でも、眺めが素晴らしい絶好の撮影ポイント。
    特に夕日の撮影スポットして人気がある。

    シュエグーヂー寺院から見るタビィニュー寺院
    階段を上がりテラスに出ると、南の方にタビィニュー寺院が見える。その高さは65mでバガンで最も高い。
    シュエグーヂー寺院から見るタビィニュー寺院

    シュエグーヂー寺院から見るタビィニュー寺院

    シュエグーヂー寺院から見るゴドーパリン寺院

    シュエグーヂー寺院から見るゴドーパリン寺院

    シュエグーヂー寺院から見るゴドーパリン寺院
    西の方を見るとバガンで2番目に高いゴドーパリン寺院が見える。高さは55mだ。

    バガンで最も高いタビィニュー寺院

    バガンで最も高いタビィニュー寺院

    バガンで最も高いタビィニュー寺院
    65mの高さを誇るタビィニュー寺院の1階には金の仏像が4体納められている。

    ゴドーパリン寺院

    ゴドーパリン寺院

    バガンで2番目に高いゴドーパリン寺院
    高さ55mのゴドーパリン寺院はバガンでは2番目に高い。内部には4体の仏像が納められているが、その表情は先ほどのタビィニュー寺院の仏像と違って目を開いている。

    夕日の撮影スポット シュエサンドーパヤー

    夕日の撮影スポット シュエサンドーパヤー

    夕日の撮影スポット シュエサンドーパヤー
    このシュエサンドーパヤーは、絶好の夕日の撮影スポット。夕方になると多くの観光客が集まってくる。
    この塔の外側に階段が造られており、昇っていける。階段は急なので手摺を持って昇ろう。

    シュエサンドーパヤーからの眺め

    シュエサンドーパヤーからの眺め

    シュエサンドーパヤーからの眺め
    あいにくの曇り空だけど、遠くにエーヤワディ川を望んでの眺めは素晴らしい。

  • バガン観光・・・寺院・仏塔 MUST-VISIT

    Posted on 2017年7月20日 takashi コメントはありません
    パガン王朝が栄えた11~12世紀、バガンに造られた仏塔や寺院は10,000を越えると言われている。その中で2,200もの仏塔や寺院が今も歴史的建造物として残っている。

    バガンの仏塔、寺院は散在し歩いて廻るのは広すぎる。自転車か電動自転車(Eバイク)の利用、もしくは馬車などを利用するのがベター。
    料金について、自転車は、1,500~2,500チャット(≒130~210円)、Eバイクは1日6,000~8,000チャット(≒500~670円)、馬車は、25,000~30,000チャット(≒2,100~2,500円)。

    観光には電動自転車(Eバイク)が便利

    観光には電動自転車(Eバイク)が便利

    観光には電動自転車(Eバイク)が便利
    バガンの観光エリアは、オールドバガン近辺に5~10kmの範囲内に散らばっているので、Eバイクを借りて観光するのがお奨め。道路は舗装されており、交通量も少ない。(ただし、ところどころ未舗装の道があるので、雨が降った後などはぬかるみに注意が必要)
    Eバイクは、ホテルまたは近くのレンタルバイクショップで、1日、または半日単位でのレンタルができる。通常、日の出から夜8:00頃まで貸し出しをしている。
    注意したいのは、Eバイクが中国製なので、整備がちゃんとされていないと、色々と問題が起きることがある。サイドミラーががたついて固定出来なかったり、方向指示器が動作しなかったり。出発前に点検し、動作確認をしておくのが望ましい。

    私が実際に経験したのは、ホテルで借りたEバイクを利用中、ハンドルロック(バイクが盗難に遭わないようハンドルを固定する機能)を解除しようとした時、キー穴がつぶれ、使えなくなったことがある。近くにレストランを探し、店の人にホテルへ電話をしてもらった。ホテルが依頼しているEバイク屋の担当者が来るのを待ち、Eバイクを交換するため再度ホテルまで戻ることになった。(約1時間のロス)
    キー穴はアルミ鋳造品で粗悪品に見えたが、その時、Eバイク屋は修理代を要求してきた。何と?と驚き、「既に壊れていた」と断った。この日以降、ホテルで借りるのは止め、近くのレンタルバイク屋で借りることにした。

    美しいアーナンダ寺院

    美しいアーナンダ寺院

    美しいアーナンダ寺院
    約900年前の1105年に建造されたアーナンダ寺院はバガンの代表的な寺院。

    残念なことに2016年12月の地震による損傷で一部修復中だったが。全体的な構造物自体は健在だ。

    西方を向く釈迦牟尼仏

    西方を向く釈迦牟尼仏

    西方を向く釈迦牟尼仏
    本堂は4方の参道からアプローチできるよう十字形状をしており、それぞれの中心には仏像が納められている。
    写真は西の方向を向いた釈迦牟尼仏像。br />
    シュエズィーゴォンパヤー(Shwezigon Paya)

    シュエズィーゴォンパヤー(Shwezigon Paya)

    シュエズィーゴォンパヤー(Shwezigon Paya)
    ミャンマーを代表する仏塔のひとつがシュエズィーゴォンパヤー(Shwezigon Paya)である。

    ティーローミィンロー寺院

    ティーローミィンロー寺院

    ティーローミィンロー寺院
    シュエズィーゴォンパヤーからオールドバガン方向へ少し進むとティーローミィンロー寺院がある。

    2階層構造のこの寺院の外観は非常に美しく、細やかな彫刻とともに手の込んだ造りは見ごたえがある。

    スラマニ寺院

    スラマニ寺院

    スラマニ寺院
    アーナンダ寺院から広い道路を渡って真っ直ぐ行ったところにスラマニ寺院がある。
    2階層構造のこの寺院は内部に階段があるが、現状保存のため2階への昇降禁止となった。

    ダマヤンヂー寺院

    ダマヤンヂー寺院

    ダマヤンヂー寺院
    ダマヤンヂー寺院はスラマニ寺院の少し西(幹線道路へ戻る途中、左に見える)にある。

    四角い石を積んだだけのピラミッド型をしたこの寺院は、外観は未完成のまま。しかしながら、寺院の中には4体の仏像が納められているが、1体を除いて、3体は本来の位置ではなく、手前に置かれた格好になっている。

    ダマヤンヂー寺院の仏像

    ダマヤンヂー寺院の仏像

    ダマヤンヂー寺院の仏像
    寺院の中の4体の仏像の中の1体。もともとの仏像の位置ではなく、未完成であるため本来あるべき位置の手前に仏像が置かれた形にになっている。

    天井、壁、床などに装飾はなく、レンガの上に石膏を塗ったままの状態となっている。

  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;
  • 初めての沖縄旅行・・・那覇市内

    Posted on 2015年11月9日 takashi コメントはありません
    一時帰国中、ビザ取得までの期間に、沖縄へプチ旅行に出かけた。沖縄は私にとって初めてで、ある意味ワクワクした楽しい旅だった。
    沖縄はどこか異国情緒を感じるがやはり日本。日本語は通じるし、街はきれい。道路コンディションも良く、レンタカードライブは快適。 しかしながら物価は、日本国内と同じで高い。 感覚的には、直ぐ隣りの台湾の方が安いんではと思う。

    費用のことは、さておき、今回の沖縄旅行の概略は、神戸空港から那覇空港へスカイマークを利用(往復約15,000円)、ホテルは最初の3泊を那覇のウィークリーマンション(1泊4,300円)、観光はレンタカーを6日間借り、島内周遊(6日間で14,300円)、途中の宿は、前日か前々日にWEBサイトで予約(1泊平均6,000~7,000円)しながら、最終的に那覇に戻り、2泊して神戸に帰った。 合計11日間の旅。

    以下、行程順に沖縄の観光スポットを紹介したい。

    P1240540首里城
    モノレールの首里駅(終点)で降りると、10分ほど歩いて行ける定番の観光スポット。
    モノレールの1日券、2日券があれば、団体割引料金になる。
    琉球王朝時代のお城であるが、本土の多くの城と違い、戦うための城と言うより、城壁で囲まれた豪邸の感じがある。
    P1240513首里城内の書院でお茶室
    書院・鎖之間(さすのま)では、有料のお茶サービスがある。
    琉球王朝時代の王子などの控所であった鎖之間では、昔から伝わる琉球菓子をお茶と共に振舞ってくれる。花ぼうる、くんぺん、ちいるんこう、ちんすこうの4種類の代表的なお菓子にサンピン茶がセットで、310円。
    庭園に面した座敷でくつろぎながら、建物やお茶菓子についての説明もあるので、休憩えを兼ねて訪れるのも良い。
    P1240494琉球舞踊
    首里城の前では琉球王朝時代の伝統舞踊が披露されている。
    1日3回の公演で無料。
    時代ごとの踊りの変化などが解説され、琉球音楽の音色とともに民族衣装に着飾った踊り子の舞踊が見られる。
    P1240563玉陵とは琉球王朝のお墓
    ここもモノレール1日・2日券で入場料が団体割引料金となる。
    入場者は少ない。中に入っても、お墓の前(写真の位置)までしか入れない。つまりお墓の中には入れない。詳細は、展示室の説明を見るしかない。
    首里城を西に出て直ぐ。
    P1240578やちむん通り
    壷屋焼きと言って、陶器の焼き物を製作販売する店が並ぶのが、ここやちむん通り。
    廃業しているところもあるが、老舗の壷屋焼き屋さんが並ぶ。金額は国際通りと比べ、作者が明記されており結構高い。
    気に入ったものがあれば、記念に買うのもいいだろう。
    国際通りから平和通りを南に折れる。
    P1240601波上宮
    那覇港と泊港の間にある神社。明治天皇の銅像もあり歴史の風格を感じる。 
    また、 お宮さんを左に出て降りていくと、きれいな砂浜で知られる波の上ビーチに出る。
     
    モノレール旭橋駅から徒歩15分程度。
  • ゴール郊外をスリーウィーラーで!

    Posted on 2015年4月29日 takashi コメントはありません
    P1180981ウナワトゥナの日本のお寺
    日本と同じ仏教の国、スリランカに日本のお寺があると言うので、行ってみた。
    場所はゴール近くのウナワトゥナと言うところ。ゴールフォートからも東の方に白いダーガバが良く見える。
    住職は日本から来られた日蓮宗妙法寺の僧侶。しばらく話をしていたが、ここスリランカに20年以上も居られ、日本式の仏教寺院で平和を祈願して人々にお経をあげている。
    P1180985世界平和を祈るダーガバ 
    スリランカの日本寺は他にもあるらしいが、ここは日本山妙法寺と呼ばれている。
    ゴールフォートからも見える東側の半島ウナワトゥナにあり、スリーウィーラーで行く。

    P1180888ロックテンプル
    ここはロックテンプルと言われ、岩の中に作ったお寺だ。
    入場料はなく、お布施(ドネーション)を要求される。(金額は自由だが、自分で記入して支払う仕組み。前の人の見せ金に惑わされることなく、少額を支払えば良い)

    P1180939ドライバーが連れて行きたがる定番のスパイスガーデン
    スリーウィーラーなどで街を案内してもらうと、必ずと言っていいほど、宝石店、スパイスガーデン、土産物店などに連れて行かれる。まあ、買う気がないのを確認して参考に寄ってみるのも面白い。
    ここは、ドライバーから「アーユルヴィーダヴィレッジがあり、昔から医者も多く、ハーブの栽培もしている」と言って、連れて行ってもらった。結局はスパイスガーデンだったが。
    この説明員、HISのガイドをしている日本人女性と結婚したそうで、写真を見せてくれた。今は、ベトナムにいるらしいが、日本へ行ってアーユルヴィーダの仕事を始めるのが夢だと言う。

    ところが、園内の案内が終わり、土産でも買ってあげようかと思っていた時、彼は、「私は日本に行きたいので、ドネーションをして欲しい」とおねだりをして来た。この瞬間、何も買う気がしなくなり、そこを去った。

    P1180871マガラ橋
    ゴール近くの道路で見た、日本のODAにより建設された橋。
    「2004年12月26日に発生したインド洋津波災害後の復興のため日本国とスリランカ国の友好と協力の証として日本国民により再建された 2006」とある。

    P1180986スリーウィーラーでのトリップ
    ゴールフォートのメインゲート近くで客待ちをしていたドライバーに街までの値段を聞き、Rs.100/=で乗った。途中で、市街トリップの案内を2時間Rs.1,200/=でオファーして来たので、そのままトリップをお願いすることにした。追加も、最初に1時間Rs.300/=と交渉していたので、最終的に3時間半のトリップに対し、Rs.1,800/=のところ、チップを加えてRs.2,000/=を支払った。