麗江古城にはたくさんの旅行社があり、航空券手配、現地ツアーの斡旋などをしている。今回、虎跳峡へ行くのに、前日、4~5件の旅行社を当たり、情報を集めた。

気になるところは、ショッピングの有無。中国の現地ツアーは、一般的に宝石、真珠、お茶、シルクなどのショッピングが含まれ、最低でも2箇所、多いと4箇所5箇所も回ることがある。ガイドへのリベートがあるのか、観光よりショッピングに重点を置いている場合も多い(特に安いツアーは)。

しかしながら、この虎跳峡ツアーは、ショッピングがなく、大体が200~220元ぐらい。昼食が付いているツアーと、付いてないのもあった。その中で、丽江风光旅行社は、昼食付きで200元だったので、最終的にここに決めた。また、この旅行社は正式な契約書を作成してくれたので、非常に安心感があった。

朝、8:00大水車前に集合とのことで、5分前に行った。係員のような人が名簿を持ってツアー参加者に呼びかけているが、中国語が分からない。近づいて見ると、電話番号リストだった。なるほど、ここは名前でなく電話番号が個人識別用に使われているんだ。そして私の電話番号を見せると、リストと照合確認して、しばらく待つようにと言った。

朝から、あいにく雨が振っていた。バス駐車場まで少し歩き、乗車、出発した。ガイドは先ほどの男性の係員で車内でツアーの案内を始めたようだが、中国語が分からない。

途中でバスは一度停車し、何名かの参加者を乗せてまた動き出した。やがてバスは目的地に到着したようだが、何を言っているのか分からない。皆の行動に合わせてバスを降りた。どうやらここが「長江第一湾」のようだ。そのまま後を付いて行くと、ボート乗り場にたどり着いた。

DSCF6950 雨の中、バスに乗込む。
DSCF6964 長江第一湾に到着。
長江第一湾のパノラマ写真。ボートで長江を自然漂流するアクティビティがある。DSCF6960

 

次に目指すは虎跳峡。でもその前に、バスは途中のレストランで止まり、昼食が始まった。

DSCF6967 8名ぐらいがひとつのテーブルを囲み食事する。
ご飯に面包、スープにおかずが5品ぐらい、ボリュームは十分あった。

 

昼食後、中虎跳峡へ向け出発。

DSCF6969 食事後、別のワゴン車に乗換え、中虎跳峡を目指す。

道路は断崖絶壁上を走っている。そこをかなりのスピードで突っ走って行く。

約30分後、中虎跳峡への降り口に到着。

DSCF6973 ここから斜面を降りていく。帰って来る人は、みんな汗でびっしょり。この崖を水面まで降りて行くようだ。
DSCF6978 あの川の岩が突き出して細くなっているところまで?
DSCF7015 ついに「中虎跳峡」の川辺まで降りてきた。 (上の写真の岩が突き出しているところ)

写真の上部に虎が飛び越えたと言われる部分が見える。虎跳峡には、ここ中虎跳峡の他に、上流の上虎跳峡、下流の下虎跳峡がある。ツアーでは上虎跳峡も選べるが、こちらの方がより美しいと言われている。旅行社もこちらを勧めていた。

断崖絶壁を降りて汗びっしょりになったが、迫力ある長江の景色を見て疲れは消えてしまった。(まだ帰り道があると言うのに)

DSCF7026 長江の川幅が狭くなっており、流れは非常に速い。
ここで、360度パノラマ写真を撮る。 DSCF7002
DSCF7045 さあ、帰り道。行きと違って、帰りはこの梯子を昇って行くようだ。
 DSCF7053 振り向けば雄大な長江の景色。
 DSCF7054 登ること40分以上、ようやく駐車場まで戻ってきた。
そして麗江古城へ戻る。

 

18:00頃、無事に麗江に到着。朝の雨は止み、いい天気になっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。