オランウータン (Orang Utan)

自力で生活できなくなったオランウータンを森に返すための施設(セメンゴ野生生物リハビリセンター)に行くとすぐ近くでオランウータンが見られる。午前と午後餌付けをしており、台の上に餌を置いておくと、オランウータンが森から出てくる。檻も柵もなく、眼と眼が合うと怖い。でも赤ちゃんのオランウータンはやはり可愛い。

オスは自力で餌を取れるようで、あまり餌付け場所に姿を現さないが、メスは特に赤ちゃんがいる場合、栄養補給のため必ずやって来ると言う。

クチン市内からバスが出ているが、オランウータンの食事時間に合わせた送迎ミニバスが便利、入場料込みで25RM(約700円)。

「オランウータン (Orang Utan)・・・ボルネオ島(マレーシア)」に2件のコメントがあります

  1. I encountered a book mark to this blog site from Christian Dillstrom – you are doing a fantastic job as mobile and social media marketing guru is pointing towards you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。