個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • スリランカ長期滞在のための事前準備

    Posted on 2014年5月26日 takashi コメントはありません

    予防接種を受ける

    先日行った健康診断の結果特に問題がなかったので予防接種を受けることになった。予防接種は、A型肝炎、B型肝炎、破傷風の三つを受ける。

    予防接種については、世界各国の推奨予防接種をリストアップした厚生労働省検疫所の関連サイト フォートラベラーズヘルスFORTH が参考になる。

    スリランカの場合、上記の3種の他、日本脳炎、狂犬病を受ける方がいいとされているが、上記3種のみ受けることにした。予防接種は2回でセットになっており、初回を受けてから1ヶ月後に2回目を受けて終了。料金は医療機関により異なるが私の場合、加古川ノザキクリニックで初回16,700円だった。保険は適用されない。

    スリランカへの滞在で推奨されている予防接種:
    A型肝炎B型肝炎破傷風、(狂犬病*1)、(日本脳炎*2)
    • *1:犬や野生動物との接触が予想される場合には推奨
    • *2:農村部に長期滞在する場合は推奨

     

    留守宅のメンテナンス

    今回のロングステイに際して、自宅を健全な状態にしておきたいので、家屋の点検修理(屋根、外壁、シロアリ予防など)、防犯対策(ドア、勝手口など)、庭木伐採、外構工事などを行っておく。

    後は、誰かに留守宅の管理を委託する。ただし、重要書類は全て貸し金庫で保管しておく。

    また、自家用車の譲渡、携帯電話の停止または解約処理(スリランカで使えないので)なども必要。

    海外からの国内アクセス

    スリランカから日本国内への必要なアクセスとして、日本国内への電話、銀行管理、郵便物、日本のテレビ視聴、現地での現金入手などがある。

    • 電話連絡・・・ SKYPEでの通話。(日本の携帯電話は停止または解約)
    • 銀行管理・・・インターネットバンキング
    • 郵便物・・・管理人とSKYPEにて現物確認、必要により処理を依頼。
    • 日本のテレビ視聴・・・自宅テレビをインターネット経由で視聴・録画。
      (参考記事・・・海外で日本のテレビ放送を見る
    • 現地での現金入手・・・クレジットカードによるキャッシング、SBIレミットによる国際送金。
      (参考記事・・・チェンマイ・ロングステイを計画する
  • ニゴンボから列車でコロンボへ

    Posted on 2013年9月16日 takashi コメントはありません
    P1050532ニゴンボ駅から列車に乗る
    ニゴンボからコロンボまで列車で行く。料金は、3等で42ルピー(約32円)、1時間半の乗車。バスでもいいが、交通渋滞が深刻なコロンボでは時間帯によっては、列車の方が速い。

    P1050526列車のドアーは開けっ放し
    「えっ~!」っと驚いたのは、発車して直ぐ。ドアが開いたままで走っている。日本では考えられない。
    でも、スリランカではこれがノーマル。列車内では楽器演奏に合わせ、女性が歌を歌い、チップを集めていた。まだ、お金の種類に慣れていなかったので、2ルピー(約1.5円)のコインを渡したら、後で楽器演奏の男性に何か話して笑っていた。

    P1050537コロンボ駅に到着
    1時間半の乗車後、ようやくコロンボ駅に到着。さすがにコロンボの駅は広い。この駅からスリランカの各地方へ列車が出ている。

    P1050542コロンボフォート駅
    コロンボ市内には駅がいくつかあるので、この中心駅はコロンボフォート駅と呼ばれる。

    P1050544携帯電話のSIMカードを買う
    まず、携帯電話のSIMカードを入手することからはじめる。駅向かいに並ぶ道路沿いの店の多くは、携帯電話本体は売っているが、SIMカードは置いていない。1軒1軒訪ね歩いて一番奥の店でやっと見つけた。
    SIMカードを100ルピー(約77円)で購入し、通話料のチャージを100ルピー(同じく約77円)した。これで、SIMカードをSIMフリーの携帯電話に差込めば準備完了。

  • 携帯電話のSIMカードチャージと鉄道チケット入手・・・北京で最初にすること

    Posted on 2011年8月27日 takashi コメントはありません

    まず、最初に携帯電話のSIMカードへチャージをしなければならない。昨年10月成都で買ったプリペイドSIMカードの残額が今年8月に0元となり利用停止していた。日本からは、中国の銀行口座がないと振込むことが出来ない。したがって、中国でプリペイドカードを購入し、プリペイドSIMカードへのチャージを行う必要がある。

    ホテルのフロントで携帯電話SIMカードへチャージしたい旨を言うと近くのスーパーへ連れて行ってくれ50元でプリペイドカード(充值卡)を購入した。プリペイドカードは番号が書かれた紙切れなので、この番号を携帯電話会社へ送りチャージする必要があるが、方法がよく分からなかったので、店の人にお願いすると1元でやってくれた。これで問題なく携帯電話が使えるようになった。

    プリペイドカード;充值卡(チョンジーカー)
    チャージをしてくれますか:你能帮我充一下吗(ニーナンバンウオチョンイーシャマ?)

    次に鉄道チケット。日本から購入しようと数サイトを試したが、支払が銀行振込か中国の銀行発行クレジットカードに限られていたため、不可であった。日本で利用できるチケット購入代行業者もあるが、手数料が非常に高く、チケット1枚あたり20元(250円)プラスホテルまでの配達料が必要である。時間がない場合は別として、中国に到着してからでも遅くない場合は、ホテルのフロントで頼む方法が一番簡単で確実。この場合、旅行社により料金は異なるが、大体1枚10元プラス配達用を請求される。

    一方、中国でならいっそうのこと駅に行って直接買うこともできる。

    今回は北京北駅へ行き、北京-太原の高速鉄道チケットを購入することにした。

    DSCF5258 いつものことながら、駅のチケット購入窓口は長い列が出来ている。1時間は覚悟しなければならない。
    窓口はたくさんあってもほとんど閉まっている。
    今年6月からの搭乗者記載により時間がかかりその分より混雑しているらしい。
    DSCF5253 購入には、乗車駅と降車駅、時間、枚数、等級(1等車は軟座、2等車は硬座と言う)をあらかじめメモに書いて提示したほうがいい。
    今年6月より乗車券購入には本人確認書(身分証明書)が必要で、外国人はパスポートを提示する。
    駅員が证件(ジョンジエン)と聞いてくるので、パスポートを提出する。

     

    最初に並んだ窓口の駅員は、こちらの第一希望の座席がないと、「没有」と言って他の列車を調べてくれなかった。しかたなく、別の方法でメモを作成し、時間、1等2等などの希望を細かく指定せず幅広く検索できるようにして、他の窓口に並んだ。これにより、希望する列車の2等車のチケットが購入できた。(初回は1等車を指定していた)

    チケット予約は、出来るだけ早めが肝心と反省。

  • 台湾一周29日の旅(その4)・・・SIMカードを購入

    Posted on 2011年4月2日 takashi コメントはありません

    海外でも携帯電話があると便利である。ホテルとの到着時間の連絡、航空会社のフライトの連絡、また、現地ツアーとかレストラン予約などにも連絡用として使える。ただし、日本の携帯電話は通話料金が高いため、現地の人には敬遠される。となれば、現地で購入した携帯電話の利用がお奨めである。

    現地で携帯電話を購入して利用するには、ここを参照。

    私の場合、現地で購入した携帯電話を使っており、SIMカードの入替えだけで日本と韓国以外のほぼどこの国でも使える。今回は、台湾のプリペイドSIMカードに差換えればOKである。

    DSCF2301そこで、台湾のSIMカードをどこで買えばいいかホテルのフロントに聞くと、近くの「台湾大哥大myphone」(タイペイダーガダー)を教えてくれた。この店はチェーン店らしく、台北のいたるところに見られる。

    購入に際しては、身分証明としてパスポートと別にIDカード(運転免許書など)を要求される。これまで購入した中国、ベトナム、フィリピンでは、身分証明書の提示はなかったが、台湾は日本と同じで、本人確認が厳しそうだ。(犯罪に使用されないように?)

    DSCF2364

    価格は600NTDで、これが一番安いと言う。もっと安いのがあると思って何度か安いものを要求したが、言葉の限界であきらめた。地元の人の協力が得られれば、また違うと思うが、仕方なく購入。(でも、満足)

    その場でSIMカードの装着と電話の発信と受信の確認をしてもらい完了した。

    【関連記事】

    携帯電話

  • セブ最大の祭りスィヌログ (Sinulog Festival in Cebu)

    Posted on 2011年1月16日 takashi コメントはありません

    毎年1月の第三日曜日に行われるセントニーニョ(幼きイエス)の祭りで、色取り取りの衣装を身につけた人々が踊りながら通りをパレードする。今年は1月16日で身動きが取れないほどの賑わい。

    STO NINO

    セント・ニーニョ(幼きイエス)は、フィリピンで広く信仰されている。

    当日は、道路を封鎖しており、フェスティバルを見るためには会場の中心であるフェンテ・オスメニア(オスメニアサークル)の近くまでタクシーで行き、そこから歩いて行かざるを得ない。

     DSCF0231

    今はレイニーシーズンで今日もあいにくの雨であったが、パレードの道路沿いは黒山の人だかり。なんとか、間をスリ抜け道路に出て写真を撮った。

    その後、ロビンソンズプラザのスーパーマーケットでこれからの生活に必要な日用品の購入と夕食の食材等を買った。また、現在使用している中国製の中古携帯電話用の充電器(ベトナムで購入)が充電中にバーンと大きな音を出して破損してしまったので、新しい携帯を探していたところ、NOKIA製携帯電話が1,070php(約2,000円)で陳列されていたので、早速購入。SIMカードを差込み動作OK。やっとあの怪しげな中国製携帯電話からおさらば出来ホッとした。

  • 南の島で英会話(その1)・・・セブへロングステイに出発

    Posted on 2011年1月13日 takashi コメントはありません

    今回は、フィリピンのセブに英語学習とバケーションを目的に34日間のショートステイを計画した。まず、フライトは格安航空会社で知られるセブパシフィックの航空券をインターネットで予約。航空運賃は関空からマニラまで一人片道14,000円程度。マニラからセブまでは約1,750円で安い。機内のシートはレザー張りで清掃はフライトアテンダントが行うなど徹底的なコストダウンを実施しており、機内食も有料である。でも、これまで安全上の問題はなく、費用を抑えるには最適だと思う。

    宿はホテル、サービスドアパートメントを探していたが、1ヶ月50,000php(フィリピンペソ)で日本円で約100,000円のサービスドアパートメントを約70.000円にて交渉し予約した。

    1月13日いよいよ出発の日。空港のチェックイン時にちょっとした出来事があった。セブパシフィックはチェックインで預ける荷物は15kgの制限があり、それを超えると1kg当り2,000円の料金を支払うことになる。これに無頓着であった我々は完全に超えていると思われるスーツケースを開け、重そうな物を取出し、機内持込みのリュックに入替えた。

    どれくらい重量が軽減されたか不明のまま、オーバーしても仕方ないと腹を決め、カウンターで計量してもらうと、3人分合計で44.4kg(3人合計で45kg以内であればOK)であり、一安心をした。ところが、機内持込みは7kgまでの制限がることもカウンターで知らされたが、なんとか収まっていた。

    Cebu Pcific Airlines の機内

    ルールが細かく設定されているセブパシフィックだが、格安料金のため満席に近い。乗客はほとんどがフィリピン人。

    機内食の無料サービスはないものの、簡単なミールや飲物を販売している。特にカップラーメンが好評のようだ。

    我々はサンミゲルビアを注文した。(100php=約200円)

    しばらくして、機内誌を見ていたら、SIMカードの機内販売を紹介していたので、フライトアテンダントを呼んで1枚購入した。SUN Cellular のSIMで10USDだった。

    マニラのニノイアキナ国際空港に10:30 PMに到着。10,000円を両替をタクシークーポンを買って、ホテルへ向った。空港の両替は最小限が基本。ホテルまでのタクシー代と両替までの当面使いそうな金額に絞るべき。(ちなみに空港では、0.48php/jpy)

    ホテルはシティガーデンスイートマニラをBooking.comで予約。シングル48USD, ツイン52USDであった。ホテルはマビン通りに面しており非常にロケーションとしてはいいところである。