個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • ボランティア活動について(3)

    Posted on 2016年2月10日 takashi コメントはありません
    前回記事ボランティア活動について(2)(2015年9月6日付け)以降、一時帰国となり、2か月後の11月にスリランカに戻った。12月よりボランティア活動を再開した。
    P1260624 (2)メカトロニクス教科を担当する
    2014年9月に始まったボランティア活動は2年目に入り、授業を担当することになった。
    昨年1年間、メカトロニクス教材として、テキストと実習装置を開発しており、今回はこれを使っての講義と実習である。

    P1260631実習風景
    実習装置は、PIDコントロールを学ぶために考案した温度制御システムで、図面を作成し、学校の実習工場で製作してもらった。
    スリランカでは、技術関係は、ドイツの支援による学校運営が多く、実習教材の多くがドイツから輸入されている。
    今回も、教材の話をした時、校長先生から「日本から輸入しないといけないの?」と聞かれたが、「全てローカルマーケットで手に入ります」と答えた。
    週に一日フルで授業を担当することになったが、最初の日から驚きの連続。
    まず、最初に授業を行う日、少し早目に学校に行ったが、居室の鍵がかかったままで、始業時間になっても誰も来ない。
    校長先生が来られて、「今日最初の授業をすることになっているが、部屋の鍵がかかったままで入れない」と言うと、慌てて電話をして鍵の持ち主を探して連絡を取ってくれた。

    つまり、この日は、普段鍵を預かっているHOD(責任者)が休みを取っており、事務員に渡していたようだった。その事務員が15分ぐらい平気で遅刻するひとのようで、その日校長から注意されていた。

    授業は、メカトロニクス実習室で行うが、居室から必要な教材を持って15分遅れで向かった。学生は至って真面目で、5分前には席に着くよう指導されているので、全員揃って待っていた。

    英語でまず挨拶を行い、シンハラ語で自分の名前を書いた。これは前もって自分の名前だけ書けるよう練習し、反応を楽しみにしていたが、読上げるだけで特に期待するほどでもなかった。(多分、学生も最初の授業でそこまで余裕がなかったものと思われる)

    私の英語が通じているのか、心配な面もあり、”Do you understand my English?” と何度か聞いてみたが、いつも首を横に振る。これはスリランカ人が「いいよ」とか「大丈夫」とかの返事をする時にする動作で、多分通じているんだろうと解釈。

    質問に関しては、最初は同席してくれていたHODにシンハラ語で尋ね、通訳として頼っていたが、次第に学生自身が英語で質問するようになっていった。当然、こちらの方が私としても分かり易いのであるが、授業と違い、質疑となるとはなかなか難しいのもがある(日本語でも同じようなところがあるが)

    実のところ、100ページにもなる教材テキストを作成したが、書きながら、かなりの部分を調べる必要があった。まず、日本語で調べ、それを専門英語に訳すため辞書ではなく英語サイトで確認すると言う手順。なかなか理解するまでには行かず、消化不良のままテキストを作成した。

    したがって、これを講義で説明するには、幅広く理解しておく必要があり、事前準備も大変だった。質問では答えられない内容もあったので、休憩時間を利用して調べて後で解説すると言うことも多かった。

    私にとって、授業を担当することも英語で授業することも初めてであるが、ボランティア活動を通じて与えられたこの貴重な経験は、楽しくて満足感の得られるものであった。

    P1260628講義の様子
    授業は最初に講義を行い、実習に入る。講義は私の作成したテキストを主にして、出来るだけ図表を多用し、またWEB動画なども織り交ぜて分かり易く行った。
    学生は静かに聞いており、質問も過ごしずつ出て来るようになった。
    英語でのコミュニケーションに心配していた私であったが、技術系の授業では、言葉での説明だけでなく、理解するための図表、式、実例などを混ぜることで、なんとか進めて行けると思われた。
  • ボランティア活動について(2)

    Posted on 2015年9月6日 takashi コメントはありません
    以前(2015年4月3日)の記事 スリランカでのボランティア活動について で「昨年(2014年)9月26日、スリランカに来てもう半年以上が過ぎ、ボランティア活動も先が見えて来た」と紹介したが、ここはスリランカ。そんなにうまくは行かないことを実感。

    前回も「今でも実習機材の購買要求書を1月末に提出したのが、全く処理されず2か月遅れても・・・」が、更に2か月遅れ、6月になってやっと、調達部門に購買要求書が届いた。

    調達の担当者は、それでも私の購買要求書をどう処理すればいいのか、一向に発注の気配がない。ある時、見積比較を持って来て、「コメントを書いてくれ」とか、ある時、サンプルを持って来て「これが要求しているものか」とか、いろいろと努力しているようだった。その都度、私の方から懇切丁寧に仕様と型番、参考図面を書面で提出していた。

    それで、最終的に決まったと思いきや、仕様と違ったものが入荷された。型番が先頭の6文字まで同じだが、その後の4文字が違う。「これが安かったから」とか「もう返品できない」とか。あれほど言っていたのに、何をベースに仕事をしているんだろうか、全く理解できない。

    また、他の部品の例では、こちらがインターネットで探したと言ったら、「それは、ローカルマーケットでは買えない」と言って最初から聞く耳を持たない。そんなことはないだろうと、「それなら、私が部品販売店に行って、探して来る」と行って探しに出たりもした。政府機関の学校では、給料は安く、また頑張っても頑張らなくとも給料は変わらない。特に成果の出にくい管理部門では真剣に働こうと言う意欲も湧かないようだ。

    P1200877パンチカワッタ (Panchikawatta) で機械部品を探す 
    パンチカワッタは、自動車部品を始め、各種機械器具、部品、材料を扱う販売店が軒を並べている。
    中国製が多いが、ドイツ製、日本製の高性能な機械も販売されている。しかし、値段は日本より高い。

    探している部品は、パンチカワッタで見つけたが、ドイツ製で値段も高く、私の設定した予算をオーバーしていたので、購入は諦めて、部品を製作することを考えた。日本では作るより買う方が安い場合が多いが、ここでは、人件費が安いので作る方が安い場合がある。
     
    そんなこんなで、約1か月が過ぎても、何も入ってこない。 それどころか、製作品については、全くの手付かず。どこも受けてくれそうなところがない。「もう、これは自作しかない」と結論付け。早速、図面を描く準備をした。事務用品販売店に行き、B2の鉛筆やら、定規やら、製図に必要な最小限のものを買った。
     
    P1210058スリランカで手書きの製図をすることになるとは・・・
    製図をしている風景をこの学校で見たことがないので、製図用具を買いに店を探したが、明くる日、事務所で聞くと、全く新品の製図用具一式が揃っており貸してくれた。A3までの用紙に対応しており、ドイツ製らしい。
    これで作図作業が少しは捗り、10枚ほどの部品図、組立て図を作成した。

    P1200940木工加工部門で製作
    図面を作成すれば、木材であれ、金属であれ、なんでも学校で製作してくれる。
    図面を渡しているが、どうも寸法はアバウト。

    P1210191実習装置の箱
    さすがに職人技。ものの1時間ほどで実習装置のボックスが完成。

    図面通りではないが、イメージはピッタリ合っている。

    P1210272試運転
    実習装置として完成させるため、電球とファンを内部に取付け、センサーを入れた。これをPIDコントローラーに結線し試運転。

    PIDコントローラーは、インド製を選んだ。そちらの方が日本製より機能性が高いため、実習には都合が良い。

    P1220256インストラクターへの導入説明
    関連部門のインストラクター7名を対象とした、メカトロニクス教科新実習プログラムの説明会を開き、座学と実習の講義を行った。 
    インストラクターからは、予想してなかった色んな質問が出され、更に改善が必要な部分もあるが、基本的に内容は理解出来るとのことであった。

    P1240287校長へ成果品の引渡し
    1年のプロジェクト進捗報告を行った後、校長へ成果品として全教材をハンドオーバーし、プロジェクトは一旦完了することになる。

    今後は、一時帰国して、再度の派遣要請により赴任し、ボランティア活動を継続することになる。

    昨年9月以来、ボランティア活動を1年経験して、「海外ボランティア活動」について、私なりに理解出来た部分がある。「組織や他の人から依頼されてするのではなく、自発的な意志を持って、自分に出来ることを考え、実践する。対価や見返りを求めず、自分の満足感や、文化・価値観などの違いを乗り越えて得られる現地の人との人間関係などがその報酬である」がボランティア精神だ。

    私の場合、この国の色んな事情でかなりチャレンジの部分もあったが、自分の経験した分野であったことや、とても有能なコーディネーターが私の活動をサポートしてくれたことにより成果に繋がったと考える。

  • スリランカで風邪を引く

    Posted on 2015年9月1日 takashi コメントはありません

    こんな暑い国で風邪を引くとは!

    日本では風邪を引いても医者に行くことはなく、十分な睡眠を取ったり、いつもより厚めの服を着て過ごせば、2~3日で治っていたが、ここスリランカではいったん熱が出ると中々治まらない。

    丁度、仏陀の誕生日の日(ウェサック・ポーヤデイと言う)の前日で、声もおかしくなり、頭痛がしていた。休みに入るとマズいと思い、医者にお世話になることにした。

    11日間の国内旅行から帰って来て、ビールとアラックの消費量が増えているのに気が付いていたが、どうやらこれが引き金になっていたようだ。旅行中は昼食時にも飲むことが多く、夕食時は、ビールの後アラックを飲む、と言うのが習慣になり、旅行から帰ってもこの生活が続いていた。そして、A/C・天井ファンを付けたまま、うたた寝することも多くなり、それが原因で風邪を引いたようだ。

    近くのパーク病院に行って、まず初診料Rs.500/=を払い、体温を測るよう言われる。その後、先生の問診が有り、処方箋を出してくれた。病院に付属の薬局で薬を買い、Rs.1,380/=ほど支払った。抗生物質が一番高く、後は咳止め、解熱剤などだった。アパートメントに帰って、抗生物質だけ飲んだ。その結果、38℃の熱は明くる日には36℃に下がっていた。

    その後は、アルコール量も控えるようにして、健康管理に努めるようにした。

    KaigaiSinryo治療代を保険新生する
    さて、スリランカへ来て、医者には結構お世話になっている。やけどで総合病院に1回、歯医者が3回、今回の病院で1回の計5回。使ったお金は知れているが、歯医者以外は、海外旅行保険が適用され支払いを受けた。

    歯医者は通常海外旅行保険では保険対象外であるが、国民健康保険に加入している場合、市役所・町村役場に申請すれば保険適用が受けられる。
    詳しくは、市町村の健康保険窓口で教えてくれる。

  • スリランカでのボランティア活動について

    Posted on 2015年4月3日 takashi コメントはありません

    昨年(2014年)9月26日、スリランカに来てもう半年以上が過ぎ、ボランティア活動も先が見えて来た。

    ボランティア活動までの経緯
    2013年10月、タイ、スリランカ2か月間の旅から帰って来て、さあ、次は?と考えていたところ、もう少し現地と深く関わりを持ってロングステイが出来ないかとインターネットで探していたところ、シニアボランティアの支援団体を見つけた。早速、会員登録をした。応募には提供できる経験・技術を記入するところがあり、メカトロニクス技術と水処理技術の経験があると記載。その後、しばらくして、電話があり技術者の派遣を要請している国があるとのことで、面接となった。その後、健康診断、家族面接などを経て、昨年2014年9月に現地へ赴いた。

    ボランティア活動概要
    9月末に活動先であるスリランカ政府機関の職業訓練校へ赴き、10月から活動スタートとなった。現地に入るまでは何をするのかも明確でなく、単にメカトロニクス技術の指導とだけ聞かされていた。

    そこで、初めての日、校長先生をはじめ、関係者から何を要望しているのかを聞き出した。そうすると、部門の責任者は、「メカトロニクス技術に関する実習内容を、産業界のニーズに沿ったものにしたい」とのことであった。現状は、ドイツが資本援助してメカトロニクス実習機材を入れているが、実はあまり使われて活用されておらず、メカトロニクスと言っても、PLC (Programable Logic Controller) を教えている状況であった。

    早速、要望を細かく分析、具体化して、パワーポイントにまとめた後、校長を始めインストラクター10名ほどを集め、「関係者のヒアリングを通じて得た内容から、このようなメカトロニクス新教材を開発する」と説明した。大筋その内容が了承されたので、その方向で進めることになった。始めるに際して、スリランカのメカトロニクス技術の実態、および卒業生がどの立場で産業界の現場で働いているのかを知る必要があると思い、産業界調査(工場見学)を申し入れた。その結果、卒業生が毎年入る企業を中心に数社への工場見学を実施することが出来た。

    P1130095関係者へのプレゼンテーション
    校長室で「メカトロニクス新教材の開発」についてパワーポイントを使ってプレゼンを行う。
    校長(U字テーブルの真ん中の女性)を始め10名のインストラクターが出席。

    スケジュール的には、少し余裕を見た形にしていて、結果的には正解であった。実際、スリランカと日本の仕事の仕方違いで戸惑う部分も多く、また大統領選の影響もあったりして、中々思うように行かなかった。当初は3か月もあれば大丈夫だろうと思っていたが、提出直前に半年に延ばして4月中旬の完成予定としていた。これは私の責任ではないが、今でも実習機材の購買要求書を1月末に提出したのが、全く処理されず2か月遅れても、公知もされていない。(政府機関なので、公知があって、これに応募する形で業者が決まる)

    今後のボランティア活動予定
    メカトロニクス新教材開発の内容は「プロセス分野へのメカトロニクス技術の応用」と言うタイトルでの座学と実技実習用のマニュアルと実習機材を開発すること。教材開発後は、インストラクターへの説明と実際の学生に指導する要領などを解説することになる。

    マニュアルは全て英文にて作成する必要があり、専門用語や技術表現を調べながらの作成で、非常に時間がかかる。約2か月かけ、英文で約70ページの座学用マニュアルを作成した。この中には、MS-EXCELのシート内でPID制御の学習ができる自作PIDシミュレータも含まれている。

    スリランカ人と仕事をする時の難しさ
    スリランカでは、多くの人がスケジュール感を持っていない。何をいつまでにと言う感覚がない。約束も出来ないし、しても直ぐに反故にされてしまう。こんなスリランカの仕事のやり方を見て、「郷に入らば郷に従え」と、この流れに身を任せる分けには行かず、日本人として、日本人のやり方を見せてやりたかったので、まず目標を明確にし、スケジュールを立て、その通りに実行することを常に心掛けた。思ったことが全て出来たわけではないが、まずまず、計画通りに進んだことで、ホッとしている。

    この辺りは、国民性と言うより、季節感のない東南アジアの多くの国に共通した行動パターンではないか、と思うようになった。

  • 生徒はまじめで礼儀正しい

    Posted on 2014年10月16日 takashi コメントはありません

    私の通っている職業訓練校は、国の管理で、生徒は18~22歳ぐらいの若者で非常にまじめで礼儀正しい。

    私が教室に入るとみんな起立して迎えてくれる。日本では珍しくなった光景だが、先生とか目上の人に敬意を表すのは自然に身に付いているマナーなようだ。特に驚くのは、生徒が帰るとににする挨拶。ひとりひとり、先生の前でひざまずいてお礼をする。先生は立ったまま「ブッドュサラナイ(仏様のご加護を)」と言って挨拶する。私の場合、直接生徒を教えることはないのであるが、よく顔を見かけるので、私にも挨拶をしてくれる。その時、私も同じように「ブッドュサラナイ」と言って挨拶をする。

    P1120964座学の授業を受ける生徒たち 
    授業は20%が座学で理論を学び、80%は実習教室で実技を学ぶ。
    授業では交流理論を勉強していたが、ノートには難しい数式を書き写し、真剣に取り組んでいる様子がうかがえた。
    「Is it difficult? (どう、難しい?)」と2~3の生徒に聞いてみたが、なぜか英語は通じなかった。(発音が違うみたいだ)
    校長が私に冗談で「授業はシンハラ語で行っているので、シンハラ語を勉強して下さい」と言ていたが、英語では授業は難しいようだ。
    P1120953実習教室での授業風景
    実習教室では6人の生徒が授業を受けていた。
    授業内容はPLCについての基本機能とプログラミングだった。
    PLCはドイツのSIEMENS製である。この学校はドイツの資本援助を受けているので、教材はほとんどドイツ製である。
    P1120488メカトロニクス実習教室 
    私の担当するメカトロニクスの実習教室には、6つの実習ユニットがあり、2人1組で12人まで授業が出来るようになっている。
    メインはニューマチック(空気圧制御)とPLC(シーケンス制御)で、基本からプログラミングまでをテキストにしたがって学んでいる。

    P1120560電気科の実習風景
    私の所属する電気科ではパネル(制御盤など)を組み立てる実習を行っている。
    配線を行うための電線の端末処理を、如何にきれいに仕上げるかが課題で、評価につながる。
    理論は座学で学んでいるが、実習に重点が置かれているようだ。
  • マウントラビーニアに住む

    Posted on 2014年10月11日 takashi コメントはありません

    派遣先から提供された住居は、マウントラビーニアの山側にある静かな住宅街の一軒家。広い敷地の入り口にはゲートがあり、24時間常駐のセキュリティガードが開閉を行ってくれる。また、敷地内の庭は広く、バナナ、マンゴー、ザクロ、ジャックフルーツ、ココナツなど、いろんなトロピカルフルーツが生い茂っている。

    家は少し古いが、ゴールロードに近く、交通の便も良い。

    P1120721広い敷地の一軒家
    かつてのお屋敷のような、広い敷地にはゲートがある。このゲートは、24時間常駐のガードマンが開閉してくれる。 

    車はゲートを入って玄関まで横付け出来る。

    P1120729広い庭
    広い庭にはバナナ、マンゴー、ジャックフルーツ、ザクロ、ココナツなどのトロピカルフルーツが出来ている。
    もちろん産地直送で頂ける。

    P1120847リビングルームは広い 
    リビングルームは大変広く、34m2もある。ダイニングテーブルと応接セットがあり、椅子は12客。
    卓球台をもってくれば、卓球が出来そう。

    P1120711キッチン
    流し台の他、冷蔵庫、ガステーブルなどが備え付けであった。マイクロウェーブ(電子レンジ)、トースターなどは持込みが必要。

    P1120701ベッドルーム 
    この部屋のみエアコンが備えられている。
    寝室はカギがかけられるようになっており、貴重品などの管理には最適だ。

    これ以外に、バスルーム、洗濯室などがあるが、一人には広過ぎる。
    もちろん家賃もタダだし、水道代、電気代も払ってくれるのでは?と期待している。
     
    ここから学校まではバスで20分程度。料金は17ルピー(約15円)