スリランカで風邪を引く

こんな暑い国で風邪を引くとは!

日本では風邪を引いても医者に行くことはなく、十分な睡眠を取ったり、いつもより厚めの服を着て過ごせば、2~3日で治っていたが、ここスリランカではいったん熱が出ると中々治まらない。

丁度、仏陀の誕生日の日(ウェサック・ポーヤデイと言う)の前日で、声もおかしくなり、頭痛がしていた。休みに入るとマズいと思い、医者にお世話になることにした。

11日間の国内旅行から帰って来て、ビールとアラックの消費量が増えているのに気が付いていたが、どうやらこれが引き金になっていたようだ。旅行中は昼食時にも飲むことが多く、夕食時は、ビールの後アラックを飲む、と言うのが習慣になり、旅行から帰ってもこの生活が続いていた。そして、A/C・天井ファンを付けたまま、うたた寝することも多くなり、それが原因で風邪を引いたようだ。

近くのパーク病院に行って、まず初診料Rs.500/=を払い、体温を測るよう言われる。その後、先生の問診が有り、処方箋を出してくれた。病院に付属の薬局で薬を買い、Rs.1,380/=ほど支払った。抗生物質が一番高く、後は咳止め、解熱剤などだった。アパートメントに帰って、抗生物質だけ飲んだ。その結果、38℃の熱は明くる日には36℃に下がっていた。

その後は、アルコール量も控えるようにして、健康管理に努めるようにした。

KaigaiSinryo治療代を保険新生する
さて、スリランカへ来て、医者には結構お世話になっている。やけどで総合病院に1回、歯医者が3回、今回の病院で1回の計5回。使ったお金は知れているが、歯医者以外は、海外旅行保険が適用され支払いを受けた。

歯医者は通常海外旅行保険では保険対象外であるが、国民健康保険に加入している場合、市役所・町村役場に申請すれば保険適用が受けられる。
詳しくは、市町村の健康保険窓口で教えてくれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました