個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon
  • アユタヤ世界遺産、バーンパイン宮殿を見る

    Posted on 2013年1月18日 takashi コメントはありません

    アユタヤは世界遺産として人気の観光スポット。バンコクからもバスで2時間と近く日帰りが出来る。アユタヤでの観光はトゥクトゥクのチャーターか、レンタルバイク、レンタルサイクルが便利。

    トゥクトゥクはチャーターで1時間150~200THB、観光の範囲、時間等を考慮して交渉が必要。レンタルバイクは1日24時間250THB(約680円)だった。

    DSCF3119 ワットマハタートは人気の観光スポット。木の根に取込まれた仏塔の前で記念写真を撮る観光客でいつも混み合う。

     

    バーン・パイン宮殿はアユタヤから南に約20km行ったところにある。レンタルバイクでも十分行ける距離。道は平坦で真っ直ぐ。バーン・パインの鉄道駅が左に見えるので、駅を通り過ぎて直ぐ右に曲がれば一本道。アユタヤから約30分で行ける。

    DSCF3044 プラ・ティナン・アイサワン・ティッパヤアート
    池の中央にあるタイ建築様式の宮殿。
    DSCF3069 プラ・ティナン・ウェハート・チャムルーン
    中国建築様式の建物。中に入れと中国のついたて、壷などが飾られている。
    DSCF3103 ホー・ウィトゥン・タサナー
    物見の塔。階段を上がっていくと見晴らしが良い。
    DSCF3085 プラ・ティナン・ワローパート・ピマーン
    西洋建築様式の建物。
  • スコータイの世界遺産を見る

    Posted on 2013年1月12日 takashi コメントはありません

    スコータイの世界遺産は、スコータイ市街から西へ14kmのところにある遺跡公園(オールドタウンと呼ばれている)にある。市街からはソンテウが走っており、乗り合いで30THBほどで行ける。

    一方、市街にはレンタルバイクショップがあるので、モーターバイクを借りれば12時間250THB(約680円)、24時間300THB(約810円)で借りることが出来る。ガソリン代は、最低給油40THB(約110円)で遺跡公園内を充分走ることが出来る。

    また、遺跡公園は城壁内部、城壁北部、城壁東部、城壁西部の4つのエリアに分かれており、それぞれ100THB(約270円)が必要(バイクで入場する場合プラス20THB、約50円要)。

    気合を入れて見て回れば、丸一日で主なところ全てを見ることが出来る。

    城壁北部

    DSCF2675 ワット・シー・チュム
    スコータイのイメージとしてよく目にする
    DSCF2633 細い入口を入ると、巨大な仏像が目の前に現れる。
    DSCF2654 アチャナ仏と呼ばれている仏像はスコータイの象徴。

     

    城壁内部

    DSCF2505 ワット・トラバン・ングンの仏像。
    DSCF2372 ワット・シー・サワーイの塔堂は大きくて迫力がある。
    DSCF2398 ワットマハタートの仏像。
    DSCF2429 ワット・スラ・シーのウォーキングブッダ(遊行仏)
       

     

    城壁東部

    DSCF2518 ワット・チャーン・ローム
    32頭の象が仏塔を支えているデザインになっている。

     

    市街から遺跡公園までの道は4車線完全舗装の真っ直ぐな道、交通量も少ないので走りやすい。

    DSCF2525 レンタルバイクで廻れば、離れた遺跡にも簡単にアクセス出来、効率良く観光できる。
  • インドネシアの古都、ジョグジャの街歩き

    Posted on 2012年1月19日 takashi コメントはありません

    ジョグジャカルタはジャワ島にあり、バリ島から飛行機で1時間のところ。ジョグジャカルタは地元では省略してジョグジャと呼ばれている。

    ジョグジャはバリ島に比べ旅行者は多くないが、バリ島とは違った雰囲気を持つ街である。また、ジョグジャの近くには世界遺産のボロブドゥールやプランバナンがあるので、観光にも適している。そのため、バリ島から日帰りツアーで訪れる人も多い。

    ジョグジャのメインストリートはマリオボロ通り。この道路に沿ってショッピングセンター、レストラン、バティーク専門店などが並んでいる。

    DSCF9661 マリオボロ通りはバイク、馬車、ペチャ、バス、タクシーと色んな乗り物が走っている。道路沿いにはショッピングセンター、みやげ物屋が並ぶ。
    DSCF9663 マリオボロ通りの歩道には、Tシャツ、小物などの露天商、屋台などが延々と続いている。

     

    ジョグジャではタクシーは少ない。代わりにペチャや馬車が一般的な乗り物になっている。中でも街歩きで旅行者が一番お世話になるのはペチャである。ペチャは乗客用シートを前方に配置した自転車で、道路を走るのに少々危険な感じがするが大変便利。料金は交渉性なので事前に決めること。

    DSCF0012 ペチャは街の中を移動するには大変便利な乗り物。大体2~3kmを15,000~20,000IDR(130~170円)で行ってくれる。
    DSCF0015 地元の人がよく利用している馬車。人数が多いときは馬車の利用が安上がりだそうだ。(6人は乗れそう。距離不明だが60,000IDRと言っている)

     

    市内を走るバスは2種類ある。ローカルバスとトランスジョグジャと言うエアコンバス。旅行者にはトランスジョグジャが空港やプランバナンに行っており利用できる。

    DSCF9862 トランスジョグジャ(エアコン付きバス)はちっと遠くへ行くのに便利。3,000IDR(26円)で乗れる。
    DSCF9995 トランスジョグジャの乗り場は駅のプラットフォームのよう。

     

    バティークや影絵の人形などのみやげ物屋さんが多い。これらの店は製造製作実演をして販売する形式を取っている。また、街で声をかけてくる車のドライバー、ペチャのおじさん、通行人まで、旅行者を見つけてはみやげ物屋へ連れて行きコミッションをもらおうとする。

    DSCF0071 バティークはあちらこちらの店で製作実演販売している。
    DSCF9813 影絵のワヤンクリッも製造現場を見せて販売しているところが多い。
    DSCF9827 ペチャのおじさんから、街を歩いているとバティークを買わないかと誘われる。ついにこの店で160,000IDR(約1,400円)のバティークを買ってしまう。

     

    ジョグジャは物価が安い。ホテル、レストラン、みやげ物など、バリ島に比べて大変安い。欧米人に人気のレストラン。

    DSCF9849 ホテル近くのレストランViaViaは、外国人旅行者に人気のレストラン。雰囲気がとても良いレストランで、昼でも夜でも客がいっぱい入っている。
    DSCF9845 メニューは幅広く、おしゃれな感じ。ドリンクもフレッシュジュースからビール、ワインなどもある。1品20,000IDR(約170円)程度。
    DSCF0101 夜は生演奏を聴きながら、食事が出来る。

     

    安くておいしいレストランを見つけた。

    DSCF0088 タマンサリ近くの市場の前の通り、Jl.NgasemにあるレストランNgasemは、新装のレストランでとても安い。
    DSCF0538 店は狭いが、店内は新しくてとてもきれい。
    DSCF0086 マンゴー、グアヴァなどのフレッシュジュースが4,000IDR(約35円)。思わず、お代わりをしてしまう。
    DSCF0083 ナシゴレン、ミゴレンは5,000IDR(約45円)。一番高い魚のグリルが8,000IDR(約70円)。二人でジュース4杯飲んでお腹いっぱい食べて、全部で41,500IDR(約360円)だった。
    DSCF0545 メニューの種類は多くない。