バガンからインレー湖へVIPバスで行く

バガンでの7日の観光を終わり、インレー湖に移動することにした。

インレー湖へは、飛行機、バスがあるが、ここは一番便利なバスを利用することにした。

昼間の便もあったが、7時間ほど乗るだけなので、夜行バスの方を選んだ。

バスの種類には、ミニバスからVIPまでの選択肢があるが、一番楽なBagan Prince VIPを選んだ。

このバスは、3列シートでゆったりしており、トイレも付いている。それで、ひとり18,500チャット(≒1,554円)だった。 (2019/06/09:日本円換算に間違いがあり訂正)

バガンからインレーこまでのバスルート

バガンからインレー湖へのバスルートマップ

 

バガンからインレー湖行きのVIPバスチケットを購入する

バスチケットは、ホテルで購入出来る(手数料は不要)。バスは、朝と夕方に数便出ているので、スケジュールと調整して早い目に予約しておくのが良い。

Bagan Prince Express Vip Bus
バガンからインレーへのVIPバス(チケット)

バガン発インレー湖行きバス時刻表

バガンからインレー湖へのバスの時刻表を示す。

朝出発便

  1. Bagan Prince Normal[3列x4=12 Seats]
    08:00 AM 出発 15,000チャット(≒1,260円)
  2. JJ Express VIP [3列x12=36 Seats]
    08:30 AM 出発 19,000チャット(≒1,600円)

夕方出発便

  1. Bagan Prince Normal [4列x11+1=45 Seats]
    06:00 PM 出発11,000チャット(≒930円)
  2. Bagan Prince Normal [[4列x11+1=45 Seats]
    07:00 PM 出発 11,000チャット(≒930円)
  3. Bagan Prince Normal [3列x4=12 Seats]
    07:00 PM 出発 15,000チャット(≒1,260円)
  4. Bagan Prince VIP[3列x10-1=29 Seats]
    08:00 PM 出発18,500チャット(≒1,560円)・・・今回乗車したバス

実際の運行に関しては、時期により出発時刻が30分程度前後することがあるので、正確な時間をホテルなどで聞いてみるのが良い。

VIPバスでインレー湖へ向かう

バスはニャウンウーバスステーションから出発する。1時間前になるとピックアップの車がホテルまで迎えに来てくれるので安心だ。

バスステーションに到着後、VIPバスに乗換え、定刻に出発した。

バスは途中でトイレ休憩のため20分ほど停車する。この間、軽い食事などを取ることも出来る。

Bagan Prince社の VIPバスでインレーへ
Bagan Prince社の VIPバスでインレーへ

VIPバスの行程

19:30・・・ホテルピックアップ
20:30・・・ニャウンウーバスステーションを出発
21:50・・・途中のクラウンレストランにてトイレ休憩
翌3:10・・・ニャウンシュエ入口でインレー入域料を支払う
3:30・・・ニャウンシュエバスステーションに到着(約7時間の乗車)

ニャウンシュエに到着してから

ニャウンシュエ行き(インレー湖行き)バスの場合は、ニャウンシュエに到着するので、ここで乗合タクシーに乗換え、予約しているホテルへ向かうことになる。

運賃はひとり2,000チャット(≒170円)と高めであるが、他に選択肢はない。

一方、タウンヂー行きバスを利用した場合は、ニャウンシュエのバスステーションまで来ないで、シュエニャウンジャンクションで途中下車をする。

そして、シュエニャウンジャンクションからは、ピックアップ、またはタクシーに乗換えて、ニャウンシュエのホテルまで自身で移動する必要がある。

ニャウンシュエのホテルでの早朝到着時の対応

ホテルへの到着が早朝4:00頃となるが、予約していたホテルでは、24時間フロント対応しており、タクシードライバがホテル従業員を起こしてくれ、チェックインが出来た。

ただし、時期によって、空室のない場合など、早朝チェックインが出来ないことも考えられるが、取りあえずホテル内には入れるようだ。

宿泊したホテル

宿泊したホテルは、インレーエイペックスホテルで、部屋が空いており、チェックインが出来た。

早朝4時ごろチェックインをして、9時ごろまで仮眠が出来、その日の観光には支障が無かったのは、非常にありがたかった。

また、その日の朝食は、当然付いていなかったが、別料金4,000チャット(340円)で提供して頂いたのも嬉しかった。

宿泊したインレーエイペックスホテルです。

乗合タクシーに相乗りしていた他の旅行者もそれぞれのホテルで降りており、ドライバーがホテル従業員に声をかけていたので、同様な対応になっているものと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました