バガンからポッパ山・サレーへ日帰り旅行(2)・・・One Day Trip from BAGAN(2)

バガンの郊外にあるポッパ山とサレーに日帰り旅行に行った。バガン観光中に出合ったタクシードライバーと1日チャーター(プライベート)で50,000チャット(≒4,200円)で交渉した。

ポッパ山・サレー日帰り旅行ルート
スタートはホテルピックアップ7:30で、ポッパ山到着8;40、同出発11:00、サレー到着12:30、同出発13:50、バガン帰着は15:30の全工程約8時間の旅だった。

サレーヨーソー僧院の入口

サレーヨーソー僧院の入口(Salay Yoke Soun Kyaung)

サレーヨーソー僧院(Salay Yoke Soun Kyaung)に到着
ポッパ山から車で1時間半ほどで、サレー考古学博物館と書かれたヨーソー僧院の入口に到着した。
門の中に入ると、右手に事務所があり、入域料5,000チャット(≒420円)を支払う。

サレーヨーソー僧院(Yoke Soe Kaung)

サレーヨーソー僧院(Yoke Soe Kaung)

総チーク材で建造されたサレーヨーソー僧院
総チーク材で造られたこの僧院は1882年に建てられた。

高床式の建物の外壁には精巧な彫刻がなされており僧院の美しさを浮かび上がらせている。

僧院外面に施された精巧な彫刻

僧院外面に施された精巧な彫刻

僧院外面に施された精巧な彫刻
僧院建物の壁にはチーク材に彫刻がされている。特に前面は精巧な彫刻がなされ美しさが引き立っている。

僧院内部は博物館になっている

僧院内部は博物館になっている

僧院内部は博物館になっている
僧院内部は博物館となっており、彫刻工芸品、仏像、宝物箱などが展示されている他、天井の彫刻も見ごたえがある。

高床式チーク僧院の塔

高床式チーク僧院の塔

高床式チーク僧院の塔
博物館の外に出るとチーク僧院の塔がある。この中には仏像が1体安置されている。天井の彫刻も素晴らしい。

シンビンマハラバマン寺院

シンビンマハラバマン寺院

シンビンマハラバマン寺院
ヨーソー僧院を出て北側に行くと、シンビンマハラバマン寺院がある。

シンビンマハラバマン寺院の仏像

シンビンマハラバマン寺院の仏像

シンビンマハラバマン寺院の仏像
この仏像は高さ6m、竹を骨組みにした漆塗りで出来ている。内部は空洞となっているそうだが、鍵がかかっているので入れなかった。

ササナヤウンヂー僧院

ササナヤウンヂー僧院

ササナヤウンヂー僧院
シンビンマハラバマン寺院から北東に100mのところにササナヤウンヂー僧院がある。
僧院内には僧侶が2名おられた。許可を得て中に入った。生活しているかのように少し散らかっていたのと、天井など蜘蛛の巣が垂れ下がっているのが気になった。

ササナヤウンヂー僧院の僧侶

ササナヤウンヂー僧院の僧侶

ササナヤウンヂー僧院の僧侶
ひとりの僧侶が案内をしてくださ、鮮やかな装飾のタンスを開けて、ヤシの葉にかかれた経典を見せて下さった。
そして、次に写真に写っている黒い台紙の芳名帳(訪問の記念に訪問日、国籍、名前などを記入したもの)を見せて下さった。そこには、数名の日本人の名前が記載されておりました。

これを見たとき、私は驚いて「ドネーションが必要ですか」と失礼の無いように聞きました。その答えは、「そうではない」と仰っていました。

ミャンマーを旅行中このような状況は初めてでは無かったので、彼らは「日本人は金持ちだから寄附をしてくれる」と期待をしているのでは、と想像しました。

旅行者の立場で出来ることは知れているので、結局、失礼のない範囲で僅かな寄附(1,000チャット≒84円)をして、その場を去りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました