ベトナムでの最初の仕事として、列車のチケットを購入することであった。朝サイゴン駅に行き、ホーチミンからハノイまでのチケットを途中3箇所で宿泊するため、4つの区間に分割して購入しようとした。しかしながら、ムイネ-フエ間を除いて他の区間は全て満席であった。このため、シンツーリスト(旧シンカフェ)に行き、バスのチケットを予約した。
シンツーリストの夜行バスにはスリーピングバスと言う座席がベッドとなったバスがあり、寝台式でゆっくり眠て移動出来るそうである。(今回初めての利用)
また、シンツーリストにはメコンデルタの3泊4日のツアーを予約していたが、最低人数の8人が集まらなかったとのことで、キャンセルとなった。しかたなく、2泊3日のツアーに変更した。
このツアーは、一人当たり2泊の宿泊代込みで680,000VND(3,400JPY)とのことで非常に安い。
それから、旅行の必需品であるプリペイド式のSIMカード(ベトナム国内用)を入手するためホテルに聞いて見た。すると、隣の食料品店へ案内してくれ、60,000VND(300JPY)で購入出来た。日本の携帯電話はベトナムでも使えるが、ベトナム国内で使用すると、一旦日本を経由するため国際電話となり通話料が非常に高い。また、着信の時も着信料として負担がかかる。このため、地元の人が使っている携帯電話を使用するのがお勧めである。携帯電話本体もベーシックな機種であれば、3,000円程度で手に入る。私の場合、4月中国に行った際5,000円程度で手に入れたもので、SIMカードのみ入替えれば、東南アジアを初め世界中の多くの国で利用出来る。(日本の携帯電話に現地SIMカードが使用出来ればいいのだが、そうはなっていない)

「ホーチミン (Ho Chi Minh)・・・チケット手配」に4件のコメントがあります

  1. Thank you for your comment. Please let me know what parts in this site you are interested in, if possible.

  2. Hi!
    久しぶりにブログを見ました!
    きれいな写真がたくさんあって、すごく見やすいし
    見てて楽しかったよ!

    次はお土産コーナー、楽しみにしています!

  3. ありがとう。
    お土産コーナーも頑張ります。
    次のセブ短期ステイも計画中なので、また見てくださいネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。