中国・東南アジアの個人旅行

個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon

中国の個人旅行

中国の自然遺産や文化遺産など世界遺産めぐり。また、成都のパンダや、古都を訪ねるのも楽しい。中国は広い国。鉄道、パスで個人旅行を楽しもう。個人旅行の計画から実践までのティップスを紹介するエンジョイアジア!

中国の個人旅行 中国の個人旅行

東南アジアの個人旅行

タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、カンボディア、ラオス・・・東南アジアは魅力的な国でいっぱい。日本からも近いので周遊するのもいい。いろんな国で楽しい出会いが待っている。東南アジアの個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

東南アジアの個人旅行 東南アジアの個人旅行

台湾の個人旅行

台湾は海に囲まれた島、サンゴ礁、奇岩、大理石の浜、白いサンドビーチなどのきれいな海岸がいっぱい。また、3000~4000m級の険しい山がそびえ、美しい森林と渓谷を造り出している。一方、お腹が空けば台湾グルメ。全国いたるところで夜市が楽しめる。個人旅行の計画から実践までを応援するエンジョイアジア!

台湾の個人旅行 台湾の個人旅行
  • タイフードを楽しむ

    Posted on 2013年1月4日 takashi コメントはありません

    タイフードといえば、トムヤンクンやパパイヤサラダを思い浮かべる。タイに来たからには少々辛くてもタイフードに挑戦。

    DSCF1791 まず、パパイヤサラダ。青いパパイヤの千切りが歯ごたえがあり美味しい。
    DSCF1792 次に、トムヤンクン。タイでは辛いのが美味しいのだが、あまりも辛い。・・・で、いつも「ノットスパイシー」と言ってしまう。
    DSCF1793 そして、パドタイ。タイ風焼きそばで少し甘いけど美味しい。
    DSCF1948 フライドライスは日本の焼き飯とほぼ同じ。
    DSCF1488 フライドベジタブル(野菜炒め)にはカシューナッツが入っている。
    DSCF1691 フライドパパイヤは、千切りの青パパイヤを油であげたもの。ビールのおともに!

     

    DSCF1598 汗をかきながら食べるグリーンカレー。ご飯と良く合う。

     

    DSCF3424 魚のソテーを頼んでみると、こんなのが出てきた。ソースやらマヨネーズやら、やたらとかけ過ぎでは?

     

    DSCF6549 焼き鳥はタイ全土で見られるが、炭火焼きは東部がオリジナルらしい。屋台などでもよく見かける。
  • カンチャナブリには悲しい歴史が・・・

    Posted on 2013年1月3日 takashi コメントはありません

    ここカンチャナブリ駅近くに戦没者共同墓地がある。第二次大戦で旧日本軍の捕虜となり泰緬鉄道建設中に過酷な労働により命を落とした多くの兵士が眠っている。

    DSCF1822 一つ一つの墓石には名前、階級、出身地などが刻まれており近親者からの言葉が添えられていた。
    ここには約7000人の連合軍兵士が祀られ日本兵はいない。オランダ人旅行者が日本の兵士が祀られていないのは日本が戦争に負けたからか?と聞いてきた。複雑な思いで「日本も戦没者の遺骨収集には積極的で、我々の祖先のことを大切にしている」と答えた。
    DSCF1923 チュンカイ戦争墓地にも多くの戦没者が祀られている。多くはイギリス人兵士とオランダ人兵士で、旧日本軍が行った捕虜への強制労働とは言え、日本人としてそこですれ違う欧米人に対し、複雑な気持ちを感じた。

     

    クウェー川を少し下がったところに日本人の銅像があり、少し気を取り直した。

    DSCF1953 彼の名前は、ナガセタカシ(旧姓フジワラ)。戦争中、彼は大学生であったが、旧日本軍の通訳として泰緬鉄道建設に従軍した。戦後、彼は建設中に亡くなった外国人捕虜の遺骨を収集するため遺骨収集団に参加した。それがきっかけとなり、旧日本軍の行いについて心を痛め、僧侶となって社会貢献に身をささげることに決心し、クウェー川平和基金を設立した。
    DSCF1754 クウェー川鉄橋近くの戦争博物館には、戦時中に使われた武器などが展示されている。また、この建物から鉄橋を見渡すことが出来る。
  • カンチャナブリで、泰緬鉄道の旅を楽しむ

    Posted on 2013年1月2日 takashi コメントはありません

    タイのカンチャナブリは、バンコクからバスで約2時間のところ。鉄道でも行けるが1日2本と本数が少ないので、ミニバン利用が便利。ミニバンはBTSのビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)から出ている。カンチャナブリまで120THB(約300円)。20THBを追加すれば、宿泊先のホテルまで送ってくれる。

    DSCF1447 BTSビクトリーモニュメント駅を降りたところにある、ミニバンのステーション。3社ほどが軒を並べている。行き先は、カンチャナブリの他、パタヤ、アユタヤなど近郊の観光地をカバーしている。
    DSCF1466 ミニバンは、15人乗り程度のワゴン車で、乗客はほとんどが地元の人。スーツケースなどの大きな荷物を載せるスペースはない。

     

    カンチャナブリと言えば、映画「戦場に架ける橋」で有名だが、その舞台となったクウェー川鉄橋を渡る泰緬鉄道の列車の旅が楽しめる。カンチャナブリ駅から終点ナムトク駅まで約2時間の列車の旅。終点で降り、ソンテウに乗換え、サイヨクノイまで約5分。ここは公園となっている。ここで時間を潰した後、路線バス(8203)でカンチャナブリまで戻ってくるコースが一般的。

    DSCF1768 映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクウェー川鉄橋。
    DSCF1499 列車にはカンチャナブリ駅から乗車すると良い。
    DSCF1527 バンコクから来た列車がカンチャナブリ駅で客車を追加連結してナムトクに向け出発する。
    DSCF1546 乗客は、グループツアーの欧米人がほとんど。
    DSCF1535 やがて、クウェー川鉄橋に差し掛かる。
    DSCF1727 クウェー川鉄橋は観光客が徒歩で渡ることが出来るが、列車が来たときには退避エリアに入る。(しかし、危険なので十分注意が必要)
    DSCF1734 退避エリアから写真を撮る。
    DSCF1572 しばらくして、列車は崖からはみ出して建造された木造橋の上を走っていく。(怖い怖い!)
    DSCF1596 約2時間して、終点のナムトク駅に到着。ここからは、同じ列車に乗って帰るか、ソンテウでサイヨクノイまで行って、路線バスで帰るかの選択となる。
    DSCF1641 ソンテウに乗ってサイヨクノイに行くと国立自然公園となっており滝がある他、レストラン、みやげ店などもある。滝では子供達が水浴びを楽しんでいる。
    ソンテウの料金は乗合で10THB、チャーターしても50THB。
    DSCF1684 8203の路線バスに乗れば、カンチャナブリのバスターミナルまで帰ってこれる。

     

    ライトアップのクウェー川鉄橋。

    DSCF2113 クウェー川鉄橋は夜間ライトアップされており、美しい。