中国・東南アジアの個人旅行

個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon

台湾の個人旅行

台湾は海に囲まれた島、サンゴ礁、奇岩、大理石の浜、白いサンドビーチなどのきれいな海岸がいっぱい。また、3000~4000m級の険しい山がそびえ、美しい森林と渓谷を造り出している。一方、お腹が空けば台湾グルメ。全国いたるところで夜市が楽しめる。個人旅行の計画から実践までを応援するエンジョイアジア!

台湾の個人旅行 台湾の個人旅行

ベトナムの個人旅行

ベトナムは南北に長く、東は東シナ海、西はカンボディア、ラオスと国境を接する国。ホーチミン、ハノイなどの都市を中心に多くの観光スポットがある。北から南へは鉄道も通っており、のんびりと鉄道の旅も楽しい。ベトナム個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

ベトナムの個人旅行 ベトナムの個人旅行

中国の個人旅行

中国の自然遺産や文化遺産など世界遺産めぐり。また、成都のパンダや、古都を訪ねるのも楽しい。中国は広い国。鉄道、パスで個人旅行を楽しもう。個人旅行の計画から実践までのティップスを紹介するエンジョイアジア!

中国の個人旅行 中国の個人旅行

東南アジアの個人旅行

タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、カンボディア、ラオス・・・東南アジアは魅力的な国でいっぱい。日本からも近いので周遊するのもいい。いろんな国で楽しい出会いが待っている。東南アジアの個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

東南アジアの個人旅行 東南アジアの個人旅行
  • ハノイからラグジュアリーバスでサパに向かう

    Posted on 2017年5月8日 takashi コメントはありません

    ハノイでの街歩き、ナイトマーケットなどツーリストアトラクションを満喫して、いよいよ、サパに向かう。
    これまで4度ベトナムに来ていたが、サパには一度も行ったことがなかった。と言うのもサパはトレッキングが必須で、小数民族の村を巡るのがメインの観光アクティビティと聞いており、山道を何時間も歩くのは大変きついと思っていた。

    このサパ観光は、現地ツアーに参加するのが一般的で、これだと、他の人とグループ行動になるため、当方のコンディションにはお構い無く、決められたスケジュールに合わせる必要がある。以前、シンカフェのメコンデルタ現地ツアーに参加したが、途中で脱落して別行動となったことがあった。

    このような状況を避けるため、サパへは現地ツアーに参加せず、交通機関、宿泊、そして少数民族の見学も、すべて自前で手配することにした。

    まず、サパまでの交通であるが、鉄道、バスに、タクシーチャーターなどもあるが、バスに決め、宿泊ホテルでバスを頼んだ。ホテルに頼むと少し高く付くが、迎えに来てくれる。

    サパ行きのラグジュアリーバス

    サパ行きのラグジュアリーバス

    朝、6時半、ピックアップのマイクロバスがホテルに迎えに来た。このマイクロバスであちらこちらのホテルに立寄り、予約の乗客を迎えに行くようだ。やがて、バス発着所に到着。ここで大型バスに乗換える。

    ラグジュアリーバスの内部

    ラグジュアリーバスの内部

    バス車内は3列シートで、ゆったりしている。もちろんリクライニングがあり、前後のスペースは広く取られているので、かなり倒しても大丈夫。

    2時間毎にサービスエリアで休憩がある

    2時間毎にサービスエリアで休憩がある

    バスは8時に出発したが、10時と12時にトイレ休憩がある。15分ぐらい止まるので、ヌードルなど簡単な食事も可能。

    サパに近づいてくる

    サパに近づいてくる

    やがてバスはラオカイを過ぎ、サパに向かって山を登っていく。
    周りの景色は山の斜面に段々畑が広がって行くのが見える。

    サパに到着すると少数民族が待受ける

    サパに到着すると少数民族が待受ける

    そして、サパに到着。サパの街を過ぎてバスは教会近くの路上に停車する。そこでは、少数民族が歩道いっぱいに露店を出して歓迎してくれる。

  • ハノイの街歩きで、レアな観光スポットを巡る

    Posted on 2017年5月6日 takashi コメントはありません

    ハノイの街歩では、旧市街きや、ホアンキエム湖、ホアロー収容所、ハノイ大教会、また郊外には、ホーチミン廟をはじめ、タイ湖(西湖)やタイロン遺跡などがある。その中で、ハノイでもちょっとレアな観光地を巡ってみた。

    コースとしては、旧市街→タイロン遺跡(ベトナム軍事歴史博物館やホーチミン廟が近くにある)→タイ湖周辺、鎮国寺、鎮武観などを巡った。ハノイ旧市街から2〜3kmの範囲にあるので、歩いて3〜4時間ほどで回れる。

    タイロン遺跡

    タンロン遺跡の正門

    タンロン遺跡の正門

    ここは、ベトナム王朝時代に栄えたタンロンと言う都市の城跡で、ベトナムの世界遺産の一つである。
    南口の入場には入場時間が限られており、昼間は10:30〜13:30は入場できない。(見学時間は8:00〜12:00、午後13:30〜17:00)。最終は16:00の入場になる。

    入口近くの建物は、博物館のようになっており、旧王朝時代からベトナム戦争時代までの歴史的な資料が展示されている。

    正門から国旗掲揚塔を臨む

    正門から国旗掲揚塔を臨む

    正門に入ると階段で屋上に出ることが出来る。
    周囲はまだ発掘調査をしている場所もあり、屋上からその様子が窺える。

    地元学生の人気の撮影スポット

    地元学生の人気の撮影スポット

    女子学生が団体で入場して来た。彼女たちは、いろんな場所でポーズを決め、写真を撮っていた。アオザイと遺跡のマッチングが良い。

    ベトナム戦争時代の地下作戦司令部

    ベトナム戦争時代の地下作戦司令部

    ベトナム戦争時代に地下約10mの深さに造られた、当時の作戦司令部も公開されている。
    通信設備や作戦会議室、またガス攻撃に備えた空気浄化装置なども提示されている。

    ホアンジエウ遺跡

    ホアンジエウ遺跡

    タンロン遺跡を西側に出て、道路を渡ると、ホアンジエウ遺跡がある。入場料は無料。
    場内はだだっ広く、その中で、発掘調査が行われているのが見える。

    タイ湖(西湖)

    きれいな湖、タイ湖

    きれいな湖、タイ湖

    タイロン遺跡から北に10分ほど歩くと、タイ湖に出る。ハノイでは一番大きな湖であり、観光用に電気カーが運行しており湖畔を見て回ることが出来る。

    タイ湖にある鎮国寺

    タイ湖にある鎮国寺

    タイ湖を少し北に行ったところにベトナムで最古の寺とされる鎮国寺がある。
    開門時間が限られているので、ので、注意。特に11:30から13:30の間は、閉門されている。

    李朝時代の英雄が祀られた鎮武観

    李朝時代の英雄が祀られた鎮武観

    タイ湖を南に少し下ったところに鎮武観がある。ここは道教の寺院で内部には、李朝時代の英雄(神)が祀られている。
    その門構えは厳かで、力強く感じるものがある。

  • ホーチミン・ハノイで日本円を高レートで両替するには・・・

    Posted on 2017年5月4日 takashi コメントはありません

    海外での支払いには、現金が一番お得。クレジットカード、キャッシング、銀行口座からの現地通貨引き出しなどもあるが、私はもっぱら現金で決済する。そのほうが断然有利だ。ところが、それも交換レート(手数料込み)に関わる。日本円をいかに有利に現地通貨に換えるかが問題である。

    ホーチミンに到着した時、空港で少額の日本円をベトナム・ドン(VND)に換えていた。その時のレートが、10,000円に対し1,934,500VND(5.17円/1,000VND)であった。

    明くる日、両替商を探そうと街に出た。最初に銀行でレートを確認すると、10,000円に対し1,880,000VND(5.32円/1,000VND)だった。その後、ベンタイン市場でたまたまレートの良い両替商を見つけた。
    交換レートは、10,000円で、2,005,000VND(4.99円/1,000VND)だった。ドンコイなど他もあたってみたが、これより良いレートの両替商はなかった。

    ホーチミンでの両替は、ベンタイン市場が良い。
    場所:ベンタイン市場の西ゲートから中に入る。たくさんのお店が並んでいるが、最初の小さな通路を左に折れると、右手すぐに両替商が見つかる。

    次に、ハノイ。
    ハノイでは、ハーチュン通りに両替商が多い。他にハンガイ通りなども確認したが、旅行者相手でレートは悪い。ハーチュン通りでは、通り沿いに数十件の両替商が並んでいる。一軒一軒交換レートを尋ね歩き、一番良かったのが、10,000円で、1,990,000VND(5.03円/1,000VND)だった。銀行や旅行代理店はレートが悪い。特にハノイでは、偽物のシンカフェが多く、旅行者相手に両替をしているところも多く、レートが銀行より更に悪いので注意しよう。

    この通りは宝石・貴金属店が多く並び、その傍らで、外貨の両替もしているようだ。店によりレートが大きく違うので、数件聞いてみて決めると良いだろう。店により得意・不得意の通過があるようだ。

    ちなみに、この前後でフライトチケット購入に使用したクレジットカードの交換レートは、10,000円で、1,887,000VND(5.3円/1,000VND)だった。率にすると、6%も高くなっているのが分かる。もちろん、同じ日でもないので為替レートの影響もあるが、一般的には銀行が3〜4%の手数料を取ることから、クレジットカードも同程度の手数料を取っていると考えられる。

    差が5〜6%となると、旅行費用への影響は大きい。仮に10万円を使ったとすると、5〜6千円の差となりホテル1泊、ゲストハウスなら2泊分浮くことになる。

    ハノイでの両替は、ハーチュン通りが良い。
    この通りは宝石・貴金属店が多く並び、両替もしているようだ。
    店によりレートが大きく違うので、数件聞いてみてレートの良いところを見つけて決めると良いだろう。

    現金を持ち歩く不安もあるが、旅行費を節約するには、現金が一番有利だ。ただ、注意も必要。いつも全財産を持ち歩くのはあまりにも危険過ぎる。日本円を持ち歩く時は、必要最小限の額にするのが大切。残りは、ホテルなど安全な場所に置いておく。(室内の金庫は、大きなホテルほど信用できないので、使用しないのがベター)

    海外での現地通貨支払いでは、次の順で利用するのが、レート面で有利だ。
    1.日本円をレートの良い両替商にて現地通貨に換える(日本円を持ち歩くリスクがある・・・1%以下)
    2.クレジットカードのキャッシングを使い、ATMで現地通貨を得る(2〜3日で銀行振込にて全額返済すると、利子分は非常に小さく、ATM使用手数料などを入れても、交換レートとしては良い・・・1%以下)
    3.クレジットカードでの支払い(その時点での為替レートと手数料で精算される・・・4〜6%)
    4.日本の銀行口座から現地通貨での引出し(新生銀行など・・・4%)

  • ダラットを後に、ジェットスターパシフィックでハノイへ

    Posted on 2017年5月3日 takashi コメントはありません

    ハノイへは長距離バス(オープンバス、スリーピングバスなど)があるが、今回ジェットスターにて空路で向かった。ダラット街中からリエンケオン国際空港までは約30kmで、シャトルバスが出ている。

    シャトルバスは、ホテル、ゲストハウスに頼むと電話予約をしてくれる。料金は40,000VND(約200円)で、ホテル・ゲストハウスの近くまで迎えに来てくれるのが普通のようだ。

    こちらの飛行機の便を告げ、その2時間前に来て欲しいと言っても、1時間前になっても来ないので非常に心配になったが、実際には搭乗予定便が遅れており、その情報を知っていたシャトルバス側もそれに合わせたようだ。そもそもこの空港は便数が少ないためか、シャトルバスに乗る旅行者はほぼ同じ便に乗ることになるので、バス側もそれを承知しているようだ。

    ゲストハウスの人は「大丈夫、飛行機は遅れているそうだから」と言ってくれるが、こちらは搭乗時間に遅れるのでは、と不安がつのるばかりであった。

    やがてバス側から電話がかかって来て、近くの道路にて待っていたマイクロバスに乗ることが出来た(やれやれ)。それから更に何箇所かのホテル・ゲストハウスに寄って、ある大きなホテルの前に停車した。ここでバスを乗換えるようだ。マイクロバスから少し大きめのシャトルバスに乗換え、空港に向かった。

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    2時間遅れで到着したジェットスターに乗る

    案の定、ジェットスターは遅れており、空港にてチェックインした時、まだ搭乗予定の飛行機は到着していなかった。結局17:55発のジェットスター・パシフィックハノイ行きは、20:00に搭乗することが出来た。

    1時間50分のフライトで、ハノイ空港に22:00過ぎに到着。ホテルに迎えの車をお願いしていたので、すんなりとホテルまで辿りつけた。

  • まだまだ見逃せないダラットの観光スポット

    Posted on 2017年4月22日 takashi コメントはありません

    一日観光では足りない。ダラットには歩いて行ける近場に、まだまだ観光スポットがたくさんある。

    今日訪れたのは、ダラットと言えば、そう「クレイジーハウス」。結構人気の観光スポットになっている。そして、このダラットには鉄道駅がある。ダラット駅だ。フランス統治時代に造られ、現在もなお観光用として一日2回列車が近くの駅まで往復している。

    クレイジーハウス

    定番で人気の観光スポット、クレイジーハウス

    定番で人気の観光スポット、クレイジーハウス


    この奇妙でおかしな建物は市内から歩いて行ける距離にあり、人気の観光スポットとなっている。ここはホテルとして経営されているが、むしろ一日観光コースで必ず訪れるスポットで、大型の観光バスがひっきりなしに到着し、大勢の観光客が入場して来る。

    外からはあまり見えないようになっているが、一旦入場すると、中は別世界。そこには奇妙な造りの建物が乱立しており、一見おとぎの国のようにも見える。しかし、中には怖いイメージのものもある。
    クレイジーハウスはホテルとして運営、その客室も・・・

    クレイジーハウスはホテルとして運営、その客室も・・・


    クレイジーハウスホテルとしても営業しており、数多くの部屋がある。どの部屋も同じではなく、いろいろと趣向を凝らした造りとなっている。
    おとぎ話に出てくるようなお家

    おとぎ話に出てくるようなお家


    おとぎ話に出てくるようなお家は迷路のように繋がっており、その上、屋根の上まで登れるようになっている。

    ダラット駅から観光用列車に乗る

    ベトナムで最も歴史のあるダラット鉄道駅

    ベトナムで最も歴史のあるダラット鉄道駅


    フランス統治時代の1933年に建造されたこのダラット鉄道駅は、ベトナムでは最も古いと言われ、その美しい外観は今も健在。

    ベトナム戦争で営業は廃止となったが、今は観光用に1日2本7km先のチャイマット駅まで走っている。

    ダラットからチャイマットへ行く観光列車

    ダラットからチャイマットへ行く観光列車


    チャイマット駅までは約15分、チャイマットで約1時間停車し、折り返して来る。
    料金は席により3段階あり、VIP席が150,000VND(約750円)。午前1便と午後2便がある。

    予約は出来ないので、当日駅まで来て、早めにチケットを購入する必要がある。

    チャイマットにあるリンフォックパゴダ

    チャイマットにあるリンフォックパゴダ

    のどかな野菜やお花畑を通り、約15分後にチャイマット駅に到着する。ここで降りて、近くのリンフォックパゴダに歩いて向かう。

    リンフォックパゴダまで歩いて10分ほど。ここは大きな禅寺で、観光バスも訪れる定番の観光名所となっているようだ。

  • チャータータクシーでダラット郊外を観光

    Posted on 2017年4月10日 takashi コメントはありません
    ダラットはベトナムの高原にある避暑地。湖と花、果物などの栽培が盛ん。観光地としてはあまり知られていないので、外国人観光客も多くなく、地元の人との触合いも楽しい。
    今回は、ダラットの近郊をタクシーをチャーターして廻ってみた。

    タクシーは前日に客待ちしているドライバーに声をかけ、交渉していた。ドライバーとの会話は英語でするが、それほど得意ではないので、メモに行き先と金額を書いて交渉する必要がある。予め予定している観光スポットを列記しておき、1日で廻っていくらかと言う風に値段を聞き、交渉する。何人かのドライバーに当たり、電話番号を聞いておき、後で電話するのがコツ。
     

    P1380623前日チャーターしたタクシーで郊外へ
    ダラットの観光には、シンカフェなど、地元ツアー会社の企画しているグループツアーに参加するのが一般的だ。
    しかしながら、今回は時間をゆっくりと使いたいと思い、タクシーを探した。一般的にタクシードライバーは英語でのコミュニケーションが難しく、事前に行きたいところと時間をメモに書いておき、値段交渉するのが良い。
    交渉しても必ずしもそのドライバーが来るとも限らない。

    タクシーも安心出来る会社を選ぶのが良い。
    私の交渉したタクシーはベトナム全国で展開している大手タクシー会社マイリーン(Mailinh)で、メーターも付いており安心出来る。
    今回は5箇所を巡り、約8時間の拘束時間で値段を聞き、600,000VND(約3,000円)で決めた。
    ランビアン(LanBiang)、愛の盆地/ダティエン湖(Ho Da Thien/Thung Lung Tinh Yeu)、バオダイの別荘(Din Bao Dai)、竹林禅院、そしてケーブルカー。
    観光地での入場料、乗り物など必要な費用は含まない。また、高速料金や有料の駐車場はなかった。

     
    P1380637ランビエンではジープで山頂へ登る
    まず、ダラットから北へ12kmほど行ったところにある、ランビアンと言う山に向かった。標高2163mのこの山からの展望は素晴らしく市内全域が見渡せる。
    公園入口に到着して、専用ジープに乗換え、山頂へ行くことになる。ジープは往復で一人50,000VND(約250円)。

    ちなみに、タクシーで単純往復すると400,000VND、1日ツアーに参加すると320,000VNDなので、タクシーチャーターがいかにお値打ちかが分かる。

     
    P1380660ランビアン山頂から湖を臨む 
    あいにくの曇り空で、山頂は少し寒いくらいだった。
    近くの湖が真下に見えるほか、遠くにダラットの市街が見える。

    山頂ではレストランやみやげ物などがあり、時間の許す限り、くつろげる。

    帰りのジープの集合時間は1時間だが、時間的には丁度良い。6人の乗り合いのため、時間厳守となっている。所要時間1時間20分程度。

     
    P1380701愛の盆地/ダティエン湖
    名前の通りロマンチックな雰囲気の盆地で、人口湖に面した山沿いに沢山の花が植えられ、遊園地もあり、若いカップルやグループで賑わっている。

    入園料、一人30,000VND(約150円)。所要時間1時間あれば十分。

     
    P1380741バオダイの別荘
    1938年に建てられたグエン王朝最後の皇帝バオダイの別荘。入場料一人15,000VND(約75円)。
    ヨーロッパ風の建築王指揮のこの建物は、皇帝の別荘と言うことではあるが、外観はそれほどの感じはしないものの、建物中は広い空間を活かした造りとなっており、部屋数も多い。
    最後の皇帝だけに、時代的に権力の衰退などを物語っているのかもしれない。

     
    P1380763竹林禅院
    1993年に建設され多くの参拝者が訪れるベトナム最大の禅寺。入場は無料。

    ケーブルカー山頂駅から近く、バスも通っている。

     
    P1380777ケーブルカー
    竹林禅院から直ぐ近くにケーブルカー乗り場がある。ここから山麓駅まで片道ケーブルカーに乗る。タクシーは山麓駅で待っていてくれる。
    一人片道50,000VND(約250円)。ちなみに、往復は多分80,000VNDだったと思う。
    片道は約15分の乗車。遠くの街までパノラマで見渡せるので景色は最高。

    1日貸切タクシーツアーは終了
    そして、16時半ごろ、無事街まで帰ってきた。
    朝9時に出て、約7時間半の観光。料金を600,000VND(約3,000円)支払い、本日の予定は終了。
    ダラットはまだまだ見るところが多い。近場は歩いても行ける。