中国・東南アジアの個人旅行

個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon

ベトナムの個人旅行

ベトナムは南北に長く、東は東シナ海、西はカンボディア、ラオスと国境を接する国。ホーチミン、ハノイなどの都市を中心に多くの観光スポットがある。北から南へは鉄道も通っており、のんびりと鉄道の旅も楽しい。ベトナム個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

ベトナムの個人旅行 ベトナムの個人旅行

東南アジアの個人旅行

タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、カンボディア、ラオス・・・東南アジアは魅力的な国でいっぱい。日本からも近いので周遊するのもいい。いろんな国で楽しい出会いが待っている。東南アジアの個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

東南アジアの個人旅行 東南アジアの個人旅行

台湾の個人旅行

台湾は海に囲まれた島、サンゴ礁、奇岩、大理石の浜、白いサンドビーチなどのきれいな海岸がいっぱい。また、3000~4000m級の険しい山がそびえ、美しい森林と渓谷を造り出している。一方、お腹が空けば台湾グルメ。全国いたるところで夜市が楽しめる。個人旅行の計画から実践までを応援するエンジョイアジア!

台湾の個人旅行 台湾の個人旅行

中国の個人旅行

中国の自然遺産や文化遺産など世界遺産めぐり。また、成都のパンダや、古都を訪ねるのも楽しい。中国は広い国。鉄道、パスで個人旅行を楽しもう。個人旅行の計画から実践までのティップスを紹介するエンジョイアジア!

中国の個人旅行 中国の個人旅行
  • ベトナムの避暑地ダラットを歩く

    Posted on 2017年4月8日 takashi コメントはありません
    ダラットはホーチミンから飛行機で1時間のところ。ジェットスターやベトジェットエアーのLCCが飛んでいる。
    今回、ジェットスターでダラット空港(リエンケオン国際空港 )に到着、空港から街までは30Kmほどで、シャトルバスが利用出来る。
    街の中心部まで約40分。手荷物受取コンベアー近くにカウンターがありチケットを買う。料金は40,000VND (約200円)。

     

    P1380560湖の街ダラット
    ダラットにはスアンフーン湖と言う大きな湖がある。湖畔の直ぐ近くまでホテルが林立し、ちょっとした避暑地の趣きがある。
    湖は約5kmの平坦な道で囲まれており、のんびりと散歩するにはもってこいのところ。
     
    P1380549ダラット大教会
    一方で、ダラットの街は丘陵地なので平地は少なく小高い丘と谷が込み入った地形となっている。
    曲がりくねった道を歩いて行くと、小高い丘の上に教会がある。

    この教会は、チャントア教会と言い、フランス統治時代の1943年に建てられた。

    47mの高さがあるこの教会は遠くからでも良く見える。

     
    P1380574湖畔を歩いて
    湖畔を一周すると1時間以上かかるが、途中に公園があったり、Big-C(スーパーマーケット)があったりで、散歩しながら、ショッピングなども楽しめる。

    あいにくの雨だったが、左回りに少し歩いてみた

     
    P1380611ナイトマーケット
    外国人観光客が少ないダラットでは、ナイトマーケットは地元の人で賑わう。

    ナイトマーケットは毎晩開かれ、夕方7時頃になると、屋台、夜店などが店開きをして賑やかになって来る。値段もローカルプライスで安い。

     
    P1380615屋台フードもすごい
    写真は、バンチャンヌン(Banh Trang Nuong)と言う、「ベトナム風ピザ」として人気屋台フード。
    ライスペーパーの上にトッピング(ウズラの卵、エビ、ネギ、ひき肉など)をして、炭火でパリパリに焼く。味付けはマヨネーズとチリソース。
    色とりどりのトッピングがカラフルで地元の人に人気の屋台フード。

     
    P1380597LangFarmでスイーツバイキング
    ダラットは、花やイチゴの栽培が盛んなところ。花屋さんや果物を売る店が多い。

    ここLANGFIRMは、地元で採れた果実を乾燥させ、健康食品として販売している。
    また、この店の2階では、商品のドライフルーツをバイキング形式で提供している。
    コーヒー・紅茶などの飲み物の他、アイスクリームなどもある。スイーツの食べ放題で、40,000VND(約200円)。甘党や健康志向の人には大歓迎。

     
    P1380474夕食は、お鍋にダラットのワイン
    ダラットはフランス植民地時代の影響もあり、ワイン醸造では有名で、ベトナム国内はもちろん、海外にも輸出するほどのワイン生産国となっている。

    ダラットのワインはVang Dalatと呼ばれ、赤と白のワインが手ごろな価格で楽しめる。 酒類は、Dalat Red Wine、 Dalat Wine for export、 Dalat White Wine、 Dalat Strawberry Wineなどがある。

    ちなみに、お奨めはDalat Red Win(赤ワイン)、美味しくて飲みやすいし、90,000VND(約450円)と値段も手ごろ。ダラットの冬は寒いので鍋物が合うが、ワインと一緒に楽しむとその美味しさは倍増。

     
  • ホーチミンから高原の街ダラットへ

    Posted on 2017年4月3日 takashi コメントはありません
    ホーチミンで3泊した後、ダラットへ向かう。ダラットは海沿いの街が多いベトナムでは珍しい高原の街。フランス統治時代に避暑地として開発されたそうだ。
     
    P1380454タンソンニャット空港への交通
    【市内から空港までの交通機関と料金】
    1.ホーチミンのホテルで車を頼むと、旅行社のチャーター車が来るが、タクシーより高い(タクシー150,000VNDに対し,チャーター2,000,000VND、750円と1,000円)
    2.したがって、ホテル前のタクシーに乗るか、道路で捕まえる。または、フロントて「タクシーを呼んで」と依頼するのが良い。
    3.バスはシャトルバスと路線バスが利用出来る。(シャトルバス 40,000VND=200円、路線バス10,000VND=50円)

    ジェットスターは遅れることが頻繁にある。今回も15:20発予定が、20:00出発となった。(約5時間の遅れ)理由は、使用機材到着便の遅れによるものだった。

    空港では、ジェットスターがLCCのため、搭乗ゲートを出てバスで搭乗口まで移動となる。 

    1時間のフライトでダラット空港に到着した。街まではシャトルバスが走っており、手荷物受取ターンテーブル近くでバスのチケットが売られている。(一人40,000ドン=約200円)係員の指示でバスに乗るとホテル名を聞いてくる。住所等を合わせて告げるとその辺りで降ろしてくれる。 

     
    P1390134ゲストハウス 
    時間的に夜遅くなったが、降車したところで出店の人に聞くとVILLA DOC MAYに辿りついた。
    宿はVILLA DOC MAYと言う家族経営のゲストハウス。 このゲストハウスはホテル予約サイトで探して予約を入れていた。

    ホテルの写真、詳細は下記。
    Villa Doc May

    ベトナムではこのような家族経営のホームステイとか、ゲストハウス、ホテルが増えている。家族経営なので、部屋も掃除が行き届き、親切で暖かい雰囲気。しかも値段も安い。
    ちなみに、このゲストハウス、1泊1室、25USD(約2,900円)。
    今回のベトナム旅行では、ほとんどがこのような家族経営のゲストハウスに泊まった。
    支払は、現地でチェックアウト時に払うのが一般的。現地通貨で支払う方が、レートの関係では得になる。

     
    【現地通貨への両替で得をする】
    地方都市に行く前に必要となる現地通貨を両替しておいた方が、良い。ホーチミンとかハノイは外貨の扱いも多く、両替商や、やみの金融業も多くレートが良い。
    両替の実績値として、タンソンニャット空港での変換レートは、1円が193.4VND(10,000円で1,934,000 VND)
    ホーチミンの両替商(ベンタイン市場内)では、200~200.5 VND(10,000円で2,000,000 – 2,005,000 VND)
    ハノイの両替商(ハーチュン通り)では、199 VND(10,000円で1,990,000 VND)
    ちなみに、現地で使用したクレジットカードのレートは、192.5 VNDであった。
    総合的に見て、両替商のレートと同日銀行で聞いたレートを比較してみて、両替商のレートが5%以上も違うことから、両替商のレートはかなり良いと考えられる。
     

  • 6年ぶりに訪れたホーチミン市

    Posted on 2017年1月20日 takashi コメントはありません
    初めてホーチミンを訪れたのは、2005年の5月で、11年前だった。それから2007年、2008年、2010年と1~2年間隔で行き、今回で5回目。6年ぶりのホーチミンになる。どう変わったんだろう。
     
    BitexcoFinancialTower新しいベトナムを象徴するビテクスコタワー
    世界にベトナムを発信するビルディング、ビテクスコファイナンシャルタワーは、68階建て、262mの商業ビルで、ベトナムの活力を象徴していると言われている。

    6年前は、まだ工事中だったが、今回は中に入ってみた。商業フロアと観光用のスカイデッキとは、別の入口になっており、スカイデッキの入口から入る。

    入場料は、大人200,000ドン(約1,000円)、65歳以上130,000ドン(約650円)を支払い、エレベータでスカイデッキまで昇る。

     
    BitexcoFinancialTowerUnderConstruction6年前の工事中の写真
    古い写真を探してみると、6年前の工事中の写真が見つかった。

    ビルの先端部に「現代」と看板が出ていることで、韓国企業が工事を請負っていることが分る。

     
    Skydeck BitexcoTowerスカイデッキからの眺望(ベンタイン市場方向)
    スカイデッキは、ビルの49階にあり、178mの高さから360度を見渡せるようになっている。

    無料で利用出来る望遠鏡もあるが、拡大してもどこを見ているのか分からない。眺望は広角の方が良い。

     
    P1380315ホーチミンのビアホール
    ここは、ホーチミンの"HOA VIEN(ホア・ヴィエン)"と言うビアホール。2001年にベトナム1号店としてオープンしたらしいが、今まで知らなかった。

    チェコ料理店としても有名らしいが、チェコのビール醸造技術らしい。

    場所は、統一会堂からだと、北側の道路(グエン・ティ・ミン・カイ)を真直ぐ10分ほど北東に歩き(850m)、HOA VIENの看板のところで、左に曲がると100mほど。住所:18 Bis. st., Nguyễn Thị Minh Khai, Đa Kao, Quận 1, Hồ Chí Minh

     
    P1380316店内には醸造設備がありホームメードのビールを提供している
    店内は、大変広く、屋内席、屋外席と合わせて470席もある。

    醸造設備もあり、ホームメードのドラフトビール(生ビール)が楽しめる。

    ついでに、マメ知識として。ここで提供している"ピルスナー・ウルケルドラフトビール"は、チェコ共和国のピルゼン(Pilsen)で1842年に開発されたビールで、その醸造技法をチェコから導入し、ホームメードとして提供しているとのこと。

    詳しくは、下記のホームページを参照ください。
    http://www.hoavien.vn/webapp/about.php

  • ベトナムのビザ取得

    Posted on 2017年1月15日 takashi コメントはありません
    観光目的でベトナムを訪問する場合、15日以内で、前回ベトナム出国日から30日以上経過しておれば、ビザ不要(日本人国籍保有者)。 (他には、パスポートの残存期間6ヶ月以上、出国の航空券を所持が条件)

    今回のベトナム旅行は30日となるので、ビザが必要となる。しかも途中で中国へ抜けるためシングルでなく、マルチ(複数回)ビザを申請することになる。

    今回のビザ取得に際し、VisaOnArrivalを利用した。ビザオンアライバルとは、ベトナムの旅行社にApproval Letterを発行してもらい、それを空港到着時にイミグレーションに提出することで、空港でビザの発給を受ける仕組みである。

    Approval Letterを発行してもらうには、ベトナムの旅行社のWEBサイトから申込みを行うが、WEB検索で"vietnam visa on arrival"とすれば、多くの旅行社サイトがサービスを提供しているのが分かる。料金なども考え、リーズナブルなところを探した。

    利用したWEBサイトは、https://www.vietnamimmigration.org/で、最初に必要事項を入れて申込みをすると、確認のメールが返って来る。パスポート番号や名前、入国日などに間違いがあれば連絡、なければ2~3日後に、ベトナム出入国管理事務局発行のApproval LetterがPDFで送られてくる。

    これをベトナム入国時にパスポートと提出すると、Visaスタンプが押され返却される。入国時にVisa申請費として50USDを支払う。(マルチエントリーの場合で、シングルエントリーの場合は25 USD) 

     
    ApprovalLetter旅行社から来たアプルーバルレターの先頭のページ 

    このレターヘッドの次のページから、数名のビザ申込み者のリストが数ページに掲載されており、自分の名前を見つけることが出来る。

    入国日もビザの種類もマチマチで、申込み単位で行分けされている。このレターはベトナム出入国管理局が旅行社の申請書に返信した許可書である。

    メールにて送られてくる内容は、親切な説明とともに、空港での提出書類もPDFで添付されており、予め記入しておくと、空港での起債時間が省略できる。

    旅行社に申込んで、Letterを受取るのに3~5日は見ていた方が良い。追加料金を出せば特急で処理してくれる。旅行社の手数料は、1ヶ月シングルで一人8USDであった。
    料金等、詳細は、下記サイトで確認下さい。
    https://www.vietnamimmigration.org/
     
    ビザ申請には、在日ベトナム大使館にて手続き(出向くか、オンラインで申請し、パスポートを郵送で送る)する方法や、申請代行業者に依頼する方法などがある。
     
    上記に示した方法でのビザ取得は、6年前と今回の2回あり、特に問題なく発給を受けることが出来た。この方法でのビザ取得は、コスト、時間などを考えれば、非常に効率が良い方法と言える。
     
  • 6年ぶりのベトナム個人旅行

    Posted on 2017年1月14日 takashi コメントはありません
    今回、6年4ヶ月ぶり、5回目のベトナム旅行に出かけた。

    今回のスケジュールは、ホーチミンからダラットによりハノイへ。それから山岳地帯のサパへ行き、ラオカイで中国との国境を越え、またハノイに戻ってくる。
    その後、ダナン経由でホイアンに寄り、ホーチミンに戻る旅程。

    航空会社はEVA(台湾の航空会社)で台北経由のため、帰る途中に台北に3泊することにした。

    以下はダイジェスト。
     

    EVA from Taipei to Ho Chi Minh格安航空券でEVA航空に乗る
    これまではLCCを選択していたが、良く比較してみると格安航空券の方が総合的にメリットがあることが分かる。
    したがって、今回はその中でも中国本土の航空会社を避け、台湾経由の航空券を購入した。金額は、1ヶ月有効往復航空券で一人36,610円。

    LCCのエアーアジアでも、機内食、委託荷物料、座席指定などを追加すると片道18,000円では出来ないだろう。シートの広さや機内エンターテイメントなどを含めると絶対格安航空券の方がメリットあり。

     
    Ho Chi Minh City台北経由ならストレスなしの飛行時間
    ホーチミンまでのフライトは、台北経由なら疲れも少ない。関空から台北が2時間半、台北からホーチミンまで3時間、待ち時間は多くなるが、その分適度の運動も出来るので、この方が楽かも。

    さて、久しぶりのホーチミン。どう変わっているんだろう・・・

     
    Da Latフランス統治時代、避暑地として開けたダラットは高原の街
    ホーチミンから飛行機で40分ほど行ったところの高原の街、ダラット。
    美しい湖がシンボルだが、周囲の山に上れば美しい景色が見られる。

    人口約20万人の小さな街には、観光客の姿は少なく、毎夜開かれるナイトマーケットも地元の人で賑わう。ホーチミン、ハノイと違い、外国人観光客にもローカルプライスが嬉しい。

     
    Ha Noi Cathedralハノイでクリスマスを過ごす
    丁度クリスマスの時期になったハノイでは、ロシア、欧米などからの観光客が休暇で多く訪れる。

    このチャーチはハノイ大聖堂で旧市街の中心地にある。ミサなどの行事が行われ多くの信者が訪れていた。
    (写真は、フィルター処理をしています)

     
    SAPA Ethnic Minorityサパ(Sapa)少数民族の露天商
    ハノイから車で6時間ほど山岳方面に行くと少数民族の多く住むサパに着く。ここは少数民族を売り物にした観光地であり、内外の観光客に人気。

    山岳地帯が中国と国境を接している性もあり、モン族など同様な少数民族の村が点在しており、高度成長を遂げている一般のベトナム人とは違って、今も厳しい生活を強いられている。

     
    Hoi Anホイアンは11年ぶり
    11年前には、人は少なくもっと田舎の観光地だったが(それでも世界遺産だった)、すっかり観光開発されたホイアン。

    多くの白人系外国人に負けないくらいのベトナム人観光客も多い。また目だって多かったのは韓国人の団体ツアー客。看板も韓国語で書かれているところが多い。

     
    Taipei Shilin Night Market台北は夜市で楽しむ
    日本へ戻る途中、台北に3泊した。5年ぶりの台湾だが、その後の台湾経済成長と円安のためか、物価が非常に高く感じた。

    でも、やっぱり台湾は夜市で台湾グルメを楽しもう。

    というわけで、久しぶりのベトナム+台湾経由の30日の旅のブログです。;
  • ジャフナでゲストハウスに泊まる

    Posted on 2016年12月10日 takashi コメントはありません
    ジャフナでは最初の1泊目のみジェットウィングに予約宿泊したが、後は現地に着いてから宿を探すことにしていた。ブッキングサイトでの事前確認では、観光客の少ないジャフナでは観光のための宿泊設備が少ないせいもあり、競争もないようで評判の良いホテル・ゲストハウスはなかった。

    到着初日、iPADを片手に宿泊施設を地図で見ながらホテル、ゲストハウスをチェックしていた。 
    今回は、5件ほど建物、部屋、値段などをチェックした。宿泊費は、AC付きで3,000ルピーほど、ACなしで2,000~2,500ルピー。朝食は別。 

     

    P1340458ゲストハウス ブルーホエール
    ジャフナ駅に到着前、列車から見えたゲストハウス。駅から東の方に位置したナッルアーコビルに近くにある。
    街の中心部から2㎞ほど離れているが、幹線道路に出ればバスが頻繁に走っているので比較的便利なところだった。

     
    P1340457ゲストハウス ブルーホエールの部屋
    部屋は簡素であるが、きれいで、バスルーム、エアコン付き、朝食なしで1部屋1泊3,000ルピー(約2,300円)だ。

    宿泊客は少なく、静か。4階建ての建物には屋上があり、周囲に高い建物がないので見晴らしは良い。

    数件当たった後、最終的にここに決めた。

     
    P1340462ゲストハウス ブルーホエールから近くの幹線道路まで出てバスに乗る
    幹線道路まで5分ほど歩くと、バスが頻繁に走っている。全てバスターミナル行なのでどれに乗っても良い。
    バスターミナルまで5分ほどの乗車。15ルピー(約12円)、