中国・東南アジアの個人旅行

個人旅行で行く中国・東南アジアの旅を応援。計画から実践まで紹介します!
RSS icon Email icon

ベトナムの個人旅行

ベトナムは南北に長く、東は東シナ海、西はカンボディア、ラオスと国境を接する国。ホーチミン、ハノイなどの都市を中心に多くの観光スポットがある。北から南へは鉄道も通っており、のんびりと鉄道の旅も楽しい。ベトナム個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

ベトナムの個人旅行 ベトナムの個人旅行

台湾の個人旅行

台湾は海に囲まれた島、サンゴ礁、奇岩、大理石の浜、白いサンドビーチなどのきれいな海岸がいっぱい。また、3000~4000m級の険しい山がそびえ、美しい森林と渓谷を造り出している。一方、お腹が空けば台湾グルメ。全国いたるところで夜市が楽しめる。個人旅行の計画から実践までを応援するエンジョイアジア!

台湾の個人旅行 台湾の個人旅行

東南アジアの個人旅行

タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、カンボディア、ラオス・・・東南アジアは魅力的な国でいっぱい。日本からも近いので周遊するのもいい。いろんな国で楽しい出会いが待っている。東南アジアの個人旅行を計画から実践まで応援するエンジョイアジア!

東南アジアの個人旅行 東南アジアの個人旅行

中国の個人旅行

中国の自然遺産や文化遺産など世界遺産めぐり。また、成都のパンダや、古都を訪ねるのも楽しい。中国は広い国。鉄道、パスで個人旅行を楽しもう。個人旅行の計画から実践までのティップスを紹介するエンジョイアジア!

中国の個人旅行 中国の個人旅行
  • ハノイからジェットスターでダナンへ・・・ところが、とんでもないことが!

    Posted on 2017年7月1日 takashi コメントはありません
    ハノイで3泊した後、ジェットスターでダナンへ向かうため空港へ行った。空港でチェックインを済ませ、待合室で待っていたところ、出発時間が変更となった。その後、その時間になっても搭乗案内がないまま、1時間経過した。何度かゲートの係員に聞いてみたが、「まだ」と言うばかり。後の便が、次から次へと搭乗案内される中、この便は出発時間とゲートが何度も変更され、結局17:25の出発便が約2時間遅れの19:00に「出発」と表示された。

    そして、ついにアナウンスがありゲートに人が集まりだした。「やれやれ」と思っていたところ、何だかゲート近辺で人が騒いでいる。しかも、搭乗している気配もない。

    何かあったのかと思い、ゲートの人だかりに行ってみた。すると、「今日の便は機体にトラブルがありキャンセルとなりました。返金などの手続きは、ロビーのカウンターでして下さい」と言っている。搭乗客は、「キャンセルと言われても、どうすれば良いんだ。ハノイへ戻るのか。宿泊費は負担してくれるのか。他の飛行機はあるのか・・・」など矢継ぎ早に問いかけ、係員に詰め寄る。
    しかし係員の答えは、「詳しいことはロビーで聞いて欲しい。返金は一律200,000VND(約1,000円)です」との一点張り。
    しかしこの金額には、みんな愕然とした。7,000円ほどで買った航空券が1,000円に、それも航空会社側の問題でキャンセルされたのに、まるで詐欺にあったみたいだ。ジェットスターはもっと信頼出来る航空会社だと思っていたが、今後のフライト予定もあり、不安になって来た。

    埒が明かない・・・とにかくなんとか他のフライトを探さなければ、と出発ロビーへ戻った。これは少々大変だった。通常と逆の動きでセキュリティチェックを通過しなければならない。

    まず、返金手続きのため、ジェットスターのカウンターへ。案の定、カウンターはキャンセルされた乗客で一杯。長い列を作っていた。しかたなく、列に並び順番を待った。手続きは書類を一枚発行してくれただけだった。これで「カード会社から返金される。もし返金がない場合は、ここに電話をして下さい」との説明。全てベトナム語でかかれており、意味不明の文書だったが、とにかく受け取り、フライト予約のため、ベトジェットのカウンターへ。

    ベトジェットはベトナム航空の系列会社で、ジェットスターと競合するLCCだ。最初からここにすれば良かったと思いながら、ジェットスターをキャンセルした乗客が並んでいるカウンターへ並んだ。ハノイからダナンの便は2便あり、幸い後の便に空席があり、チケットを手に入れることが出来た。そして、チェックインのため、ラゲッジをコンベアから受取らなければならない。
    到着ロビーに行き、荷物受取コンベアへ入るが、係員にパスポートを見せ事情を説明して中に入る。他の乗客も身振り手振りで入っている。やっとの思い出ラゲッジをコンベアから取出し、ベトジェットのチェックインカウンターへ行き、チェックインが終了。出発まで1時間以上ある。

    ジェットスターからベトジェットへ乗り換える

    ジェットスターからベトジェットへ乗り換える

    ジェットスターが機体にトラブルがあり、キャンセルとなった。そのため、ベトジェットのカウンターでフライトを予約、やっとチェックインが出来、ダナンへ向かうことが出来た。

    結局、23時過ぎの飛行機に乗り、ダナンに到着したのは0時を過ぎていた。

    ちなみに、2月22日、クレジットカード会社から銀行口座に返金があった。1月7日のキャンセル発生から1ヶ月半後だった。手数料が引かれているのは納得行かないが、返金されるかどうか、不安だったので、その点では取合えず良かった。
  • サパでの宿泊とハノイまでの交通

    Posted on 2017年6月27日 takashi コメントはありません
    宿泊したサパロマンスホテル

    宿泊したサパロマンスホテル

    サパでの宿泊は、Booking.comの評価スコア、ロケーション、プライス、クチコミなどを参考にホテルを決めて予約した。

    ホテルを選択する場合、クチコミが非常に参考になるが、特にこのホテルは、ロケーションが良く、部屋が広くて、朝食もメニューが豊富だった。

    このホテルのクチコミ: Sapa Romance Hotel

    サパからハノイへリムジンバスで

    サパからハノイへリムジンバスで

    サパへは大型ラグジュアリーバスで向かったが、帰りは街で見つけたリムジンバスがプロモーション価格で安かったので、これを予約した。料金はハノイまでの片道で、₫280,000(約1,400円)。通常価格は、₫320,000(約1,600円)となるそうだ。ちなみに往路のラグジュアリーバスはホテル経由で予約したこともあり、₫470,000(2,350円)と非常に高かった。街で見かけるツアー会社だともっと安い。

    往路の大型ラグジュアリーバス:ハノイからラグジュアリーバスでサパに向かう

    このリムジンは運転席と助手席以外に3列の座席があり、2人、2人、3人の7人の乗客が乗車出来る。特に、外国人旅行者用にサービスを始めたようだが、まだそれほど認知されていないせいか、途中で地元の人を乗降させながらのハノイまでのドライブだった。

    途中は、往路と同じドライブインに2回立寄り、ハノイのホテルを指定するとホテルまで送ってくれる。

  • サパ(sapa)の街歩きを楽しむ

    Posted on 2017年6月5日 takashi コメントはありません
    サパの街には、多くのツーリストスポットがある。路上には少数民族の露店商が溢れ、彼らの手作りの民芸品を売っている。また、民芸品専門のショップでのショッピングや、レストランでベトナムフードの食事などを楽しむことも出来る。
    まず、手始めにハムロンの丘に行ってみた。
    ハムロン丘で民族舞踊を楽しむ

    民族舞踊を楽しむ

    ハムロン丘を登って奥の方にある会場で民族舞踊をやっている。1日2回の講演で時間が決まっている。
    民族舞踊の催しは、歌、踊りなどが披露される。
    ベトナムの歌や踊りはあまりなじみのない芸能であるが、そこそこ楽しめる。
    ハムロンの丘で民族舞踊を楽しむ(2)

    ハムロンの丘で民族舞踊を楽しむ(2)

    このような民族舞踊には付き物である観衆飛び入り参加のバンブーダンスもあった。
    また、最後には一緒に写真撮影も出来る。

    時間が合えばハムロンの丘で民族舞踊を楽しむのも良いかも知れない。

    ハムロンの丘からの眺めは素晴らしい

    ハムロンの丘からの眺めは素晴らしい

    ハムロンの丘は広く、入口からは丘と言うか山を登って行く感じ。

    その一角に見晴らし展望台があるので、寄ってみた。ここからはサパの街が一望出来る。(あいにくの天気でしたが)

    路上に溢れる少数民族の露店

    路上に溢れる少数民族の露店

    サパの街には露店商があふれている。少数民族が村からやって来て彼らの作った手芸品を売っている。
    露店と言うこともあり、その製品は雨の日に濡れ、晴れの日には埃をかぶり、かなりくたびれている。値段は安いが良く商品を見極めた方が良い。
    でも、その生活を見て同情してしまうこともあり、衝動買いも度々。
    サパはベトナムでは人気の観光スポットで、少数民族の街として知られ、ベトナム国内をはじめ、世界中の旅行者が訪れる。
    そこに住んでいる少数民族の彼らは、伝統を守りながら昔ながらの生活を強いられており、現状から抜け出せないでいる。彼らの生活のベースは農業であるが、一方で観光客相手に現金収入も得ようとしている。
    ところが一方で、少数民族を観光資源として活用する観光開発事業者は、サパにホテル、レストランなどを建設し、開発投資を事業として行っている。そして、観光客に目立つように大きな看板には「少数民族の露店商から物品を買わないようにして下さい。かれらはサパのイメージを低下させています」と書いている。これには複雑な思いがする。(民主国家なら、こうはならないと思うが、共産主義国家の勝手な法律がそういう仕組みを作っているのか)
    事業者にとって都合の良い理屈の看板

    事業者にとって都合の良い理屈の看板

    この看板には一見もっとものように見える内容が書かれているが、本当に少数民族のことを考えて、あるいは少数民族の人々が納得した内容か、疑問を感じる。
    共産主義でありながら、資本主義の論理を至る所に適用しているベトナムでは、観光産業も然り。少数民族を観光資源として利用し、彼らのことを置き去りにして金儲けを考えているように見える。
    小さいころから物売りをさせられている少数民族の子供

    小さいころから物売りをさせられている少数民族の子供

    街中ではこのような小さい子供が観光客を相手に物を売ったり、写真の被写体になってお金をもらっている。親から言われてしているのだろうが、小さい子供を背負い、見るからに可哀想な情景である。
    「子供を学校に行かせるため、正式な商店から買い物しましょう。現地の人にキャンディやお金を与えないで下さい。彼らを物乞いにさせないため」って言う前に、彼らの生活を考えた観光開発が必要ではないのかと思う。
  • ベトナム国境の街ラオカイから中国へ入る

    Posted on 2017年6月4日 takashi コメントはありません
    サパへ行く途中、ラオカイの街を通るがこの街は中国と国境を接しており、国境の街として知られる。
    中国側の国境の街は河口(ホンコウ)と言い、ベトナムと川を挟んでおり、徒歩で橋を渡って中国に入ることが出来る。
    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイのベトナム側イミグレーション

    ラオカイの街から歩いて約15分、ベトナム側のイミグレーションに到着する。ベトナムでは再入国する時にはマルチエントリービザが必要となる。(つまり、14日の観光ビザで出国すると再入国するにはビザが必要)
    マルチエントリービザの取得は、日本を出国する前にベトナムの旅行会社にビザオンアライバルを申請しておけば、入国時に必要な機関のビザを得ることが出来る。
    関連記事:ベトナムのビザ取得
    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムから中国へ国境の川を渡る

    ベトナムのイミグレーションを抜けると国境の川を橋を通って渡る。
    国境を渡る多くの人は、中国から商品をベトナムへ持込む商人だったり、中国観光客である。
    日本人も欧米系観光客も見かけることはなかった。英語もほとんど通じない様子。
    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口

    中国側国境の街、河口(ホンコウ)に入ると、そこは中国。言葉も通貨も食事も全て中国だった。
    まず、街をブラブラして、中国料理のレストランに入った。メニューを見て餃子が5圓とか書いてある。
    店員に聞くと向いの両替商でベトナムドンから中国元に変えてくれると言うので、20万VNDを60元に変えてもらった(約1000円)。
    この店で餃子とビールを飲んで、32元(約500円)を支払った。
    街自体は大きくないが、中国の雰囲気を味わえる。国境の街だけに中国製品を安く売っている。ベトナムからここで安い中国製品を買い、ベトナムで売っているのだろう。少数民族の民芸品として売っているのも、安い製品は中国から来ていると少数民族の人が言っていた。

    中国側から国境を見る

    中国側から国境を見る

    中国側からベトナムを見る。国境の街を表わすモニュメントもベトナムに比べ、立派。明るい照明と大きなディスプレイで中国の偉大さをベトナムに見せている。
    過去において、越中戦争があったので、この国境は封鎖されていたが、開通後は中国がベトナムに対し威圧しているようにも見える。
    中国側から国境の川を渡る

    中国側から国境の川を渡る

    中国側からベトナムを見ると、ベトナムの建物が貧弱に見える。前の写真と比べてみても、中国はかなりお金をかけ、立派なビルディングを建て、その優位さを誇示しているように見える。

    サパからラオカイへは、バスで1時間。(30,000VND=約150円)
    ラオカイには適当なホテルが少ない。何とか探したホテルは、三ツ星のKim Cuong Hotelで朝食付き400,000VND(約2,000円)だったが、他との競争がないのか活気のないホテルだった。約2,000円も出せば、ハノイでももっと良いホテル、ゲストハウスに泊まれる。

    ラオカイも河口も英語は通じない。中国に渡った時、昔覚えた中国語を久しぶりに使ってみた。これは相手によるが、若い人には受けない(と言うか、スマホいじりで忙しく、相手をしてくれないし、そんなやる気のない若い中国人が増えているのは分かっていた)。でも、中年のおばさんには、結構この変な中国語が受ける(多分、発音が分からないので、いろいろと想像たくましく興味を持ってくるのだろう)楽しい食事の時間だった。

  • サパ(Sapa)少数民族黒モン族のお家を訪れる

    Posted on 2017年5月25日 takashi コメントはありません
    サパの街に出ると、多くの少数民族の人々が村から出て来て商売をしている。主に露店商で内職で作った刺繍製品などを販売しているが、それ以外にもガイドをしたりもしている。
    それも小さい頃から始める子供もおり、普通のベトナム人との生活のレベルに大きな差を感じることが出来る。
    小さいころから金儲けを覚える少数民族の子供

    小さいころから金儲けを覚える少数民族の子供

    教会周辺を歩いていると、幼い子供がお土産などを売り歩いているのを見かける。特に弟や妹を背負って、痛ましい姿で声をかけてくる。値段も50~100円程度のものである。
    しかしながら、立てかけている看板には、「露店商からものを買わないで下さい。それらの製品の品質は非常に悪くサパのイメージを著しく落としています。買い物は正式なショップ、ストアから買うようして下さい」と。
    現実の世界は良く分からないが、一生懸命伝統を守り続け、底辺での生活をしている少数民族の人が観光に貢献しているのに対し、ベトナム政府の方針や、保護がどこまでされているのか、気になるところである。

    少数民族の村を訪れる

    少数民族の村を訪れる

    集落へのトレッキング方法について調べていたが、カットカットへ向かう途中、出合った少数民族の方にトレッキングのガイドをお願いした。明くる日約束の時間に待合せの場所(大教会)に行き、黒モン族の集落へ向け出発した。
    ガイドは31歳の女性で、16際に結婚して14最になる長女と11歳の長男がいる。中学校を出て高校に進みたかったが家の事情で家業である農業を手伝いながら、観光業として手工芸品を販売したり、ガイドをしたりすることを始めたそうである。英語や他の言語も外国人観光客から覚えたと言い、生活のためその努力は我々の想像を超えている。
    段々畑を見ながらのトレッキング

    段々畑を見ながらのトレッキング

    時期的には冬、雨が時折り降る曇り空で、景色はイマイチだったが、季節によって色とりどりに変化するので、別の季節にも訪れてみたい。
    少数民族の家を訪問

    少数民族の家を訪問

    やがて、少数民族の家に到着。
    家に入ると土間があるだけの単純な平屋構造だった。家の中には電灯がひとつ、テレビは置いてあった。ガス・水道などはなく、火を起こして山の水を使い炊事をする。
    私はどのような料理を作るのか興味もあって、レストランでの食事を止め、手料理を味わうことにした。
    トマト、豆腐、じゃが芋、野菜などを近くのストアで買って帰り、自宅で調理してくれた。味付けは素朴だが、なかなかいける。
    家の壁は隙間だらけで、当日は少し寒いくらい。家族一家は火の回りに集り団らん。
    現代の世界にこのように素朴な生活をしている人々がいることと言うギャップが信じられないくだいだった。
    彼らは、それを不服とせず、何かの楽しみがあるのか。都会でもっと現代的な生活を好まないのか、いろいろと聞いてみた。
    その答えは得られなかったが、それが彼らの民族・伝統を守ろうとする自然な感覚のような気がした。
  • SAPA(サパ)のトレッキング、カットカットへ

    Posted on 2017年5月17日 takashi コメントはありません

    サパは今回初めてだった。と言うのもサパと言えばトレッキング、つまり山道を登って村巡りをするイメージがあり、大変な思いをするのだろうと思っていたから。
    今回、それで現地ツアーなどにも参加せず、自力で行ける範囲での少数民族の村巡りを試みることにした。

    近くの少数民族の村、CatCat(カットカット)に向かう

    近くの少数民族の村、カットカットへの道

    ゲストハウスの女性からトレッキングについて色々と情報を聞き、まず最初に行ったのはカットカット(CatCat)と言うモン族の村。SAPAから歩いて30分で行ける。

    道路は舗装されており、少しのアップダウンはあるものの段々畑などの景色を見ながら至って楽に行ける。

    山道を歩いて行くと素晴らしい風景が広がる

    山道を歩いて行くと素晴らしい風景が広がる

    サパの街から一歩出ると、素晴らしい景色が待ち受けている。
    山肌の段々畑はシーズンによって異なる色で迎えてくれる。
    村の中を通る道すがら、土産物屋が並ぶ

    村の中を通る道すがら、土産物屋が並ぶ

    村に入ると道沿いに土産物屋さんが並び、観光客を待っている。値段は高くないが、品物を良く見ると展示期間の影響もあり汚れもあり、買う時には注意が必要。

    少数民族の住む民家がそのまま展示物となっている

    少数民族の住む民家がそのまま展示物となっている

    道沿いには今も少数民族が暮らしている民家が並び、それが展示物にもなっている。

    カットカット村にある美しい滝

    カットカット村にある美しい滝

    カットカット村を歩いて行くとテーマパークがある。
    ここでは民族舞踊や音楽などを定期的に開催しており、無料で見ることが出来る。
    また、ここにはきれいな滝が流れており、格好の撮影スポットでもある。

    村の入口までサパから30分ほど。村に入るとゆっくり歩いて1時間ほどで、このテーマパークにたどり着く。ここから村の出口まで4分ほど。バイクタクシーが待っているので、それでサパに帰ることが出来る。
    もちろん、徒歩で道に迷うこともなくサパに戻ることも出来る。
    トレッキングと言っても、現地ツアーに参加する必要も全くなく、普通の街歩きと比べ少しアップダウンしている程度で舗装道路を歩く快適なトレッキングだった。